通信015 秋夕

 【週刊ハンガンネット通信】《第15号》(2011年9月18日発行)
林 鳩順(Lim Koosoon)
ハンガンネット会員の皆様、ごきげんいかがですか?
季節はずれの話題で申し訳ございません。
先週のつもりで書いていまして・・・そのまま送ります。
今からソウルへ発ちますので。4ヶ月ぶりです。
大阪のハンセミ、10月2日午後2時から「大阪韓国文化院」で開催されます。
お近くの方はぜひご参加ください。
 「秋夕」
 ハンガンネット会員の皆様
京都で講師をしている林です。
残暑が厳しいですが、いかがお過ごしですか?
今日は秋夕ですね。
昨夜は♪月がとっても青いから~~♪(古~い歌です^^)と、
歌いだしたくなるほど、明るい空に満月が光っていました。
今日は最近感じたことをつぶやいてみます。
私の講座の受講生は男性が5%に満たないのですが、
その中のお一人が、度々訪ねていた全羅南道・順天市に
今年春ごろから住み着く形をとり、日本にあまり帰って来なくなりました。
居心地がよくて、毎日が楽しくて帰りたくないようです。
最近までは「心の病」を患っていて、みんなを心配させた人です。
人はここまで変われるのか・・・と思うほど生き生きした姿に
人生を大きく変えた「韓国」が更に頼もしく思えます。
9月11日から13日までの休暇期間、
学生は皆家族の元へ帰ってしまい、
順天お世話になっている寮の皆さんは家族旅行にでかけたそうです。
秋夕には贈り物・プレゼントを送るのが一般的ですよね。
そしてそこに一言を添えて・・・
黄土の塩をもらったというこの方には、
「秋夕を迎え、愛と感謝の気持ちをおくります。」
と書かれていたそうです。
「楽しい秋夕を迎え、ご家族にいつも笑顔が満ち溢れますように
願っています。」
「喜びを分かち合うと二倍になり、
悲しみを分かち合うと半分になりますね。
いつも愛しています。そして尊敬しています。
楽しい休日をお過ごしください。」
などのメッセージが届いたそうです。
ステキな韓国語に訳してみてくださいね。
ドラマや映画でもよく見受けられる
暖かいメッセージ、
ステキなフレーズ、
私は授業でも時々、役者になった気分で語ってみましょう!!
と言っていますが、大変盛り上がります。
秋は勉強に最適な季節ですね。
秋からのハングル講座は
お申込が一番多い時期ではないでしょうか?
講師は新規募集にアイデアを絞り、
学習者は体験講座に参加したりHPなどで最適な教室を物色し・・・
韓国語の需要は益々高まっていることに間違いありませんね。