【週刊ハンガンネット通信】第190号 (2016年5月30日発行)

「T大学での発音クリニック」 ミレ韓国語学院

前田 真彦

今日T大学の2年生の中間テストでした。

この学年は今年4月から担当しています。

15人が登録し、TOPIKⅠ(初級)の演習授業をしています。

大学2年生にしてはかなりできる学生が集まっています。

中間テストは今まで授業でやってきたTOPIK過去問の総復習です。

ペーパーテストを実施しつつ、教室の後ろの空きスペースに

一人ずつ呼んで、「音読テスト」をしました。

これも予告済みで、音読課題も3種、先週提示していました。

15人の大学2年生を一気に発音クリニックをするのは初めてです。

音読テストをしつつ、簡単なクリニックをしました。

感じたことを。

①「激音の息が出ない」

②「오어の区別ができない」

③「ㅂ니다がムニダ」になる。(パッチムの発音に母音が混じる)

この3つができていないワースト3です。

3つとも社会人にも共通している、いわば

日本人学習者に共通する韓国語発音上の3大弱点です。

②③はミレで教えている時とそう違いは感じなかったのですが、

激音は、女子大生だからなのか何なのか、恥ずかしがってか、

社会人以上に出ませんね。これはミレのおば様たちの方が、

思いっ切りがいいように感じました。

教室全体で声を出すときは、それなりに聞こえますが、

一人ひとり見るといろいろ不十分なところが良く見えます、聞こえます。

まだこの学年とは2か月もたっていませんから、

これからしっかり鍛えていきましょう。