通信209 はっきり伝える

【週刊ハンガンネット通信】第209号 (2016年11月14日発行)

「はっきり伝える」        幡野 泉

第207号の通信で伊藤先生の、「広島に勝ってほしい」という日本語は、

場合によって「広島が勝ってほしい」とも、「広島が負けてほしい」とも、

どちらにも解釈できるのでは、というお話、興味深く読みました。

 

言葉を扱う仕事をしているせいか、「相手に分かりやすく話す」という

ことに関しては常日頃意識しています。

 

それに関し、これまでこんなコラムを書いたことがあります。

 

○「‘察してもらおう’とする日本人の日本語を、

どう通訳・翻訳するべきか」

http://www.hicareer.jp/chinese/korean/9.html

 

○「にんじんも取ってもらいなさい」

http://www.ikbridge.co.jp/mail/m563.htm

 

以上は是非お時間のあるときにお読みいただければと思いますが、

以前、子供の小学校の懇談会で担任の先生が話していたことで

印象的なことがあったのでご紹介します。

 

「お母さん、のどかわいた」

「お父さん、はい、テスト」

 

例えばこれに、

 

「お母さん、のどがかわいたからお水が飲みたい。ちょうだい」

「お父さん、今日テストがあったよ。見て」

もしくは、

「お父さん、このテストを引き出しにしまってくれない?」

 

という心理が背景にあるとして、それをきちんと言葉にしないと

いけない、言葉にする習慣を付けさせないといけないと思っています、

と、先生がおっしゃいました。

 

確かにそうだな、と。

 

親だったら簡単な一言でも子供が何を言いたいのか汲めるので

つい行動に出てしまいますが、私は子供にはいろんな外国語を

話し、いろんな外国の人と直接コミュニケーションをとってほしいと

思っているので、伝えたいことはきちんと言う、ということを教育しないと、

と思っています。

 

ただ、日本には「あうんの呼吸で通じる仲」というような間柄を重宝する

風潮があると思います。ハッキリ言われなくても、その裏を読む、

もしくは先を読んで行動するのが美徳、とも。

 

いま当校で責任者として働いていますが、周囲のスタッフや講師が

私の意向を汲んで動いてくれたりするとやっぱり嬉しいですし、

有難いですし……。でも、それに甘えずに、きちんと、ハッキリと

伝えていく、ということを実践しないといけないなと思っています。