通信337 「オンライン授業だからこそ必要な片々の技術」前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第337号 (2020年11月9日発行)

オンライン授業だからこそ必要な片々の技術
ミレ韓国語学院 前田 真彦
=====================================

ちょっとした工夫によって授業の進行や活動の引き締まり具合が変わってきます。教室の対面授業でも基本的には同じですが、オンラインならではの工夫など、思いつくままに書いてみます。

対面授業でも同じですが、「指示の明快さ」が何より大事です。対面授業の場合は、多少分からなくても、周りの受講生の様子を見ると活動内容がわかるということがありますが、オンラインの場合はそういうわけにはいきませんので、「指示の明快さ」がより必要です。

4色ボールペンディクテーションはやり方が明快で、定番の活動として、いろんなレベルのクラスで活動させています。4色ボールペンディクテーション(以下4BD)とは、同じ音声を聞いて、聞くたびに書き加えて4回で完成させる方法です。(+音読シャドーイングで聞き取り力を飛躍的にアップさせる。詳しくは前田の書籍を参照してください。)

活動内容が分かりやすく、効果も体感しやすいので、オンラインの活動には大変有効です。
以下、4BDの授業の時の、授業の片々の工夫について少しだけ紹介します。

4回ディクテーションするうちの、3回目が終わったら「次は○○さん」と指名して、4回目を聞いた後に答えを言ってもらいます。3回目で指名された受講生は、ミュートを解除して、発言する準備をしておきます。これによって、指名されてからミュート解除する「間延び」が解消できます。指名する順番は、一定ではなく、ランダムにしますが、指名表を作って偏らないようします。

また、ディクテーションの時に、間違いやすいと予測される個所は、「今書いたところを見せてください」といって、ノートのその部分を指さしてカメラの前にかざしてもらいます。
綴りをチェックするためです。聞いて書くだけだと、どのくらい書けているのか、講師が把握できません。こうやって時に見せてもらうと、授業にも変化があっていいものです。定番の活動にしておくと、受講生のとまどいも少ないです。

また、時に、「顔を上げてください」といって、板書(私の場合は、背面にホワイトボードを設置して、ホワイトボードにマジックで書きます)を見てもらいます。最近は1時間に1回はわざとでも立って板書します。それによって受講生の顔が正面を向きます。うつむきがちな受講生に顔を上げてもらう機会になります。女子学生はうつむきがちです。社会人学生との大きな違いです。

オンライン授業は教室での対面授業のように、受講生の活動がつぶさに観察できるわけではありませんが、ちょっとした工夫で、指示が分かりやすく、授業に変化が生まれ、テンポよく活動が流れます。

ハイブリッド(オンラインと教室の融合授業)は、授業の質が高まります。講師に動きが出るからです。オンラインだけだと講師が座って立たないケースが多くなりますが、ハイブリッドだと動きのある授業が可能です。講師の動きが大きい分、受講生もうつむき加減ではなく、顔を上げて講師を見るようになります。

また教室にいる受講生に聞こえるように、声もしっかり出すようになります。教室生も同じことです。相乗効果でより明るく活発な活動になります。しっかり声を出す、伝わるように話す。リアクションをはっきりする、など、ハイブリッド授業ならではの、エチケットが自然に身に付きます。

動きがあり、声が届くスペースが広くなると、マイクやカメラの設置にも工夫が必要です。これについてはまた次に書きます。

11月15日(土)17時30分~ 「メアリの会」では、ハイブリッドでライブ授業を実施します。
竹多講師:間接話法基礎
前田:ハイブリッド授業での片々の技術

韓国語講師のための学習会メアリの会

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください