通信338 「通訳クラスのオンライン授業、3つの課題点」幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第338号 (2020年11月16日発行)
通訳クラスのオンライン授業、3つの課題点
アイケーブリッジ外語学院 幡野 泉
=====================================

10月11日のハンガンネットセミナーで、教室参加の受講生と、
オンライン参加の受講生が共存するハイブリッド授業について話題になりました。

「(質を保つのが)なかなか難しい」という発言が多かったところ、
前田真彦先生が「工夫次第だ」とご一喝(?)。目の覚めるような思いがしました。

昨日のメアリの会はそのハイブリッド式の配信で行われるということで、
残念ながら私は参加できなかったのですが、スタッフが参加し、
勉強させていただきました。これから当校も工夫を重ねたいと思っています。

さて、最近、通訳クラスの先生から、「通訳者同士の勉強会で、
オンライン授業について取り上げるんだけれども、普段運営していて
気付く点があれば教えてほしい」と尋ねられました。
そこで、私から3つの課題点(問題点)をお伝えしました。

一つ目は、前田先生が前号で触れていらっしゃった「指示の明快さが必要」
という点です。以前、通訳クラスの受講生からこんな話を聞きました。

「自分の番で訳出しをしたら、’凄いですね!’と褒められた。
私はメモを見ながら訳出ししたのだが、どうやらメモを見ないで訳出し
するものだったらしい」と。

先生は指示を出したのに、受講生が聞き逃した、という可能性が大きいですが、
先生や受講生同士の微妙な目線や手元が見えないため、
サラッと言うだけだったりすると、このようなことが起こります。

二つ目は、先生がメモを取る手元が見えず、またメモ取りの雰囲気を
感じられないことです。通訳者のメモの取り方は独特です。紙の扱い方から、
そこにどのように情報を落とし込んでいるか(その過程を生で見られるか)。
スピード感から筆圧、そして「一言も聞き逃すまい!」という気合…。
これらはどうしても、同じ空間にいないと分かりません。

三つ目は、授業の前後のふとした受講生同士のやり取りができないことです。
例えば先生が教室に来る前に、「今日の課題、分からない単語だらけで
難しかったよ」と、受講生がポロッと言ったりする、すると他の受講生が、
「私はこんなサイト見つけて、サクサク準備出来たよ」と言う。
もしくは、授業後に「全然できなくて落ち込む…」とぼそっと言う受講生に対し、
「私もだよ、大丈夫!」と言ったりする、というようなふとしたやり取りですね。

通訳クラスに限らず、どのクラスも同じではありますが、通訳クラスのように
「楽しい」ばかりでない、先生から指摘されてなんぼのクラスはどうしても
落ち込むことが多く、それまで「上手、上手」と褒められてきた方々にとって
モチベーションの低下に繋がります。

もちろん、受講生カウンセリングや受講生だけのオンライン交流会などで
お話する機会を設けていますが、これだと「ふとした会話」になりにくい
んですよね。

いま通訳クラスは全オンライン開講ですが、コロナを抑え込むことができたら
教室での授業もまた復活させたいと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください