通信405 「いつでもここに」幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第405号 (2022年8月29日発行)

いつでもここに
アイケーブリッジ外語学院 幡野泉
=================================================

当校は韓国語講座だけでなく、中国語講座とロシア語講座を運営しています。

昨今のロシアとウクライナをめぐる問題でお気遣いいただいたり、
心配してくださる方もいらっしゃいますが、特に嫌がらせのようなものはなく、
ロシア語を学習する方は、何かしらの必要性があって学ぶ方が多いので、
受講生の大きな増減もありません。

アイケーブリッジを創業して20年、韓国に関しては李明博氏の竹島訪問や
天皇発言、そして近年の日韓の不仲。中国は尖閣諸島問題、ロシアに関しては
昨今の情勢などがあり、そのたびごとに報道が過熱します。

そのような報道により、「○○という国はけしからん」となり、「○○なんて
国のことをビジネスにしていて、大変じゃない?」という目を向けられます。

しかし、私には韓国にも、中国にも、ロシアも大好きな文化があり、
そして、その国の人々はただ目の前の幸せだけを求めている。
当校の韓国人、中国人、ロシア人の先生たちも、言葉と文化を教えつつ、
日本とそれぞれの国が仲良くなるように日々努力している。

韓国語、中国語、ロシア語は、日本を取り巻く近隣諸国の言語です。
近いながらの軋轢、歴史的、地理的な問題などは山積していますが、
人の往来は深く、長く、だからこそ、その国の言葉で語り合える日本の人々を
育てようという意思を持って、日々切磋琢磨しています。

これらの国々に、国々と何があっても、
「いつでもここに」アイケーブリッジはある。
20周年を迎え、そんな企業でいたいと思っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。