通信307 韓国語の読書は大変 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第307号 (2019年11月11日発行) 韓国語の読書は大変 アイケーブリッジ外語学院 幡野 泉 ====================== 昨日、横浜のコリ文語学堂さんにお招きいただき、5月末に出版した翻訳書『無礼な人にNOと言う44のレッスン』に関する講演会を行いました。 コリ文さんは金順玉先生のスクールです。こうして韓国語学校を運営する運営者同士が交流し、仲良くしている姿を学習者に見せられることは、韓国語学習界をみんなで一緒に盛り上げようとしている気持ちが伝わり、とても良いことだと思います。 順玉先生、貴重な機会をいただき、ありがとうございました! 講演はこの書籍の原書『무례한 사람에게 웃으며 대처하는 법』が韓国でベストセラーになった背景、著者の生い立ち、日本女性と韓国女性、キーワードとなった韓国語、そして原書を味わってみよう、という柱で進行しました。 目玉は「原書を味わう」というところですが、仮に韓国語の上級レベルに達しても韓国語の書籍を一作品読む、というのはかなりハードルが高いんですよね。分からない言葉もでてくるし、どうしても日本語のようなスピードで読めないので、億劫になってきてしまうんです。 以前、とある韓国語教授法のセミナーで、著名な韓国語の先生(日本人)が、韓国語のホームページ画面を表示させながら、「韓国人の先生には実感しにくいと思いますが、こうして画面いっぱいに韓国語がびっしりと出てくると、けっこうウッとくるものなんですよ」とおっしゃり、そのとき私は、「あ、〇〇先生のような方でもそう思うのか」と半ば安心したような覚えがあります。 そこで、この日の講演会では、その本の背景を充分に説明した上で、持ち帰ってほしい内容の韓国語の部分だけをピックアップし、日本語訳を付けて、みんなで一緒に両方を読んでみました。 そして、こんなふうに、私なりの考えを伝えました。まず、私の現在の本業は語学学校の経営で、職業翻訳家(例えば週5日、一日8時間以上翻訳に没頭できる人間)ではないと冒頭で伝えてある、ということが前提になります。 「私が一つの文学作品や書籍を翻訳できるくらい熟読したと自信を持って言えるのは、『소나기』と『우리들의 일그러진 영웅』。そして、今回翻訳したこの書籍くらいです。 (ちなみに、ビジネス翻訳ならたくさん経験があります) ソナギとウリドゥレ~は、語学堂のイルキの教科書に載っていて、授業で読みました。二つとも韓国人なら誰でも知っている本当に素晴らしい作品で、本当に良かったと思っています。 (2作品の解説を簡単に)そして今回翻訳したこの本、実はそんなものなんです。 当校には、一つの作品読むために、プライベートレッスンで先生と一緒に読んでいるという方が何名かいらっしゃいます。そこまでしないと読まないから、読めないから、なんですよね。 皆さんは韓国語の勉強をしていて、上級になると、韓国語の本を読んだ方がいいと言われたり、読んでいる人を見ては自分も読まなきゃと焦ったりするかもしれませんが、韓国語の読書が趣味の方でないかぎりは、なかなか大変なことなので、読み進められないからといって、自分を卑下したり落ち込んだりしないでください。」 以上です。あなたがそんなこと言ってはだめ、原書の読書を勧めないと、と言われてしまうかもしれませんが、あまり気負わずにまずは翻訳書を手に取って、韓国について理解や見聞を深める、そして原書に興味が湧いてきたら原書を味わう、で良いのではないか、と。 参加者の皆さんのアンケートを見ると、私が伝えたかったことを充分くんでくださった反応が伺え、とても嬉しく思いました。 先週末、ロシア語通訳の大御所先生の特別講座がありましたが、先生は「文学作品で通訳訓練はできない。文学作品は、作家が他人は使わない表現を選んで書くから」とおっしゃっていて、なるほど、と思いました。 外国語の文学作品を読み込むことが億劫になってしまうのは、そのような理由もあるのかもしれません。 読書自体は心から薦めたいですし、私も常に一冊は鞄の中に本が入っています。しかし、忙しい社会人が隙間時間で読むには外国語の原書はなかなか手が伸びません……。 恥ずかしながら、プチ暴露でした。

通信304 続・オンライン授業の可能性 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第303号(2019年7月17日発行) 続・オンライン授業の可能性 アイケーブリッジ外語学院 幡野泉 ================ 前号の前田先生のメールマガジンですが、同様の内容のものを、YouTubeでも制作されていたのですね。拝見しました! 前田先生のようにYouTubeで授業等を配信している方のお話を少なからず聞きますが、「ものすごく時間がかかる」という話をよく聞くため尻込みしています。 しかし、サラッとこのような動画を配信される前田先生には脱帽です。 前田先生のおっしゃる、オンライン同士の方々だけの授業でなく、通常の授業に、オンラインの方が加わる、という方式を、 当校でも最近行いました。ロシア語の入門講座だったのですが、通常の東京の教室に、関西の方が加わりました。 音声や顔の見え方だけでなく、フラッシュカードの見せ方や板書の書き方については、前田先生のおっしゃるように、 工夫しなければならない点は多かったですが、「意外と、いける」という実感を得ました。板書は見えにくそうだったので、システムからテキストを送信したりしました。 終了後に、「画面では講師の口元までよく見えないことがあり、慣れない(ロシア語の)発音だったのでカタカナで補助があると良かった」と言われましたが、そのようなお声をもとにどんどん改善していきたいと思いました。 プロジェクターでオンライン参加の受講生を映し出すのは良い考えです。当校でも試してみたいと思います。 文明の利器を使って、いろいろ工夫していければいいですね。 「ちょっと苦手……」なんて言ってられません!

通信301-350 [19年6月-

301. きっかけ 伊藤耕一 302. 読解力 寄田晴代 303. オンライン授業の可能性 前田真彦 304. 続・オンライン授業の可能性 幡野泉 305. バラエティに富む発音 伊藤耕一 306. 韓国語に思いをのせて 前田真彦 307. 韓国語の読書は大変 幡野泉 308. 309. 310. 311. 312. 313. 314. 315. 316. 317. 318. 319. 320. 321. 322. 323. 324. 325. 326. 327. 328. 329. 330. 331. 332. 333. 334. 335. 336. 337. 338. 339. 340. 341. 342. 343. 344. 345. 346. 347. 348. […]

通信297 「実践通訳講座オンライン」開始にあたり 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第297号 (2019年3月28日発行) 「実践通訳講座・オンライン」開始にあたり        アイケーブリッジ外語学院 幡野 泉================なんだか肌寒く感じる日々ですが、東京は桜が咲き始めました。と思えば、そろそろ満開になるのだとか。あれよあれよという間に、本格的な春の到来ですね。花粉症の方々は本当にお辛そうですが……。 小栗さんがリニューアルしてくださったハンガンネットのページは春真っ盛りのデザインです。 https://hangangnett.com/ さて、この春、当校では満を持して……!オンラインの通訳講座をスタートさせることになりました。 以前からお問合せやご要望を頂戴していたのですが、システムなど技術的なところでなかなか自信を持ってサービスをスタートさせることができずにいました。 学習塾などは先生の講義を流すだけでオンライン講座が成り立ちますが、語学学校は双方向、そして意思疎通が難しい外国語を用いるところからしてハンディがあります。 これまでSkypeを通じ、通常のプライベートレッスンは行っていたのですが、通訳訓練という、音声が命というような授業でSkypeその他のツールを使いこなす自信がなく、それぞれが異なるネット環境、機械環境の中、一定の質を保ちつつ授業をしなければならない…と考えれば考えるほど、実施が遠くなっていました。 踏ん切りがついたのは、良いシステムに巡り合い、これならいけそうだ思えたためです。利用にはコストがかかりますが、技術者一人採用したと思ったら、できないことではありません。 今後、うまくシステムと付き合い、良い講座を提供していきたいと思っています。状況は、またご報告いたします!

通信292 スピーチ大会の成果 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第292号(2019年1月14日発行) スピーチ大会の成果 アイケーブリッジ外語学院 幡野泉 =========== アンニョンハシムニカ?前号の前田先生のメールマガジン、ミレ韓国語学院さんのスピーチ大会のご様子でした。 スピーチ大会のテーマを決め、それに沿った発表をするというのは面白いですね。ミレの受講生の皆さんの人生、人生に影響を与えた韓国語学習のこと、是非聞いてみたいです。書籍も楽しみにしています! 私も当校スピーチ大会の感想を一つ……。 当校も毎年年末にスピーチ大会を開催しますが、その多様なテーマの面白さ、味わいもさることながら、今回特に感じたのは、「発音の向上」でした。 毎年開催していると、当然「毎年出場する」方が出てきます。そういった方は、当然のことながら、年々レベルアップしているわけですが、その中でも特にそういった「常連さん」は、発音の向上が目に見えていました。 先生方もよくお分かりかと思いますが、授業の中だけで発音を矯正するのは難しい面もあります。グループレッスンだったりすると特に……。すると、どうしても妥協してしまったりもしますね。 しかし、スピーチ大会に出るとなると、お互い妥協することなく、徹底的に向上に向けた練習ができ、また、語学に必要な度胸もつき、発話に自信が持てます。 スピーチ大会の運営に当たっては、勧誘、指導、当日の運営など、大変なことはたくさんありますが、「やってみて、良かった!」という受講生の笑顔と上達を見ることが何よりの励みになりますね。

通信286 他教室とのつながりの重要性(2) 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第286号 (2018年11月5日発行) 他教室とのつながりの重要性、その2 アイケーブリッジ外語学院 幡野泉 =============== 先週、金英う先生が「他教室とのつながりの重要性」というテーマで通信を書いてくださいました。他の教室の先生とお話ししたことが契機となり、教室の受講生の方と、普通では味わえないような韓国旅行に行くことにした、という素敵なお話しでした。 私もその昔、教室を運営していて悩むことも多く、まだハンガンネットのように、韓国語学校の先生と横のつながりを持てる場所がなかったころ、門をたたいたのが、現在、当校が加盟している「全国外国語教育振興協会(全外協)」です。 http://www.zengaikyo.jp/ 加盟したのは2007年です。この協会は文科省や経産省と連携を取りつつ運営していて、講師の体制や財務状況などを審査され、審査に通過すると加盟することができます。 ……というと、お堅い団体と思われるかもしれませんが、定期的に開かれる勉強会や交流会に参加すると、教室を運営している方々との情報交換ができ、とても有意義です。 この団体の良いところを2つ挙げますと、一つ目は、小規模から大規模の外国語スクールの経営者や運営者に会えることです。個人経営的なスクールから、上場企業の幹部の方にも気軽に会え、交流会では何でも聞いて、何でも話せるような信頼感があります。小さいところ、大きいところ、それぞれから学べるところは計り知れません。 それから、「全国外国語」というだけあって、自然と加盟校は英語スクールが多くなります。「英語学校は参考にならない」ということはまったくなく、むしろ逆で、運営のすべてにおいて「さすが、英語教育」と思うことは山ほどあります。「規模の経済」という言葉を以前、ビジネススクールで聞いたことがありますが、(市場)規模が大きいと、運営に好循環が生まれるため、英語のスクールには追いかけたいポイントがたくさん見つかります。 全外協に加盟してからしばらくして、ハンガンネットが発足し、こちらでも会員となりました。全外協では主に英語スクールに運営・経営の理想を見て、ハンガンネットでは、韓国語、アジア言語ならではの教育法の共有や、共通した受講生層への対応法など奥深い話ができます。 日々の運営で忙しいと、このような会に加盟する気持ちの余裕が生まれなかったりもしますが、急がば回れで、是非、参加をお勧めします。 (全外協にご興味のある方は、幡野までご連絡ください!)

通信279 大ベテランも悩む、クラスのレベル差 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第279号 (2018年7月30日発行) 大ベテランも悩む、クラスのレベル差 アイケーブリッジ外語学院 幡野 ———- 猛暑の中、東京のハンガンネットセミナーを開催しました。ご参加下さった先生方、どうもありがとうございました。 金順玉先生によるライブ授業には11名の受講生役の方があつまり、スムーズで臨場感あふれる授業を体験することができました。 その後、受講生は退場し、講師のみで振り返りを行い、その後は、ハンコンということで、普段の悩みやアイデアを出し合う場を設けました。 ハンセミ・ハンコンの振り返りとして、ひろば語学院の丹羽先生が、添付のようにまとめてくださいましたので、是非ご覧下さい。 このハンコンのテーマ「受講生間でレベル差のあるクラスをどのように運営するか、その秘訣」ですが、今回のハンセミ・ハンコンについての話し合いの際に、私が提案しました。 というのは、以前、私が韓国で大変お世話になった延世語学堂の先生に、 「いちばん苦労していることは何ですか?」と聞いたときに、このことを挙げていらしたためです。 先生は語学堂で一番長いキャリアを持つ大ベテランだったのですが、その先生が、「너~무 힘들어요.」と首を振りながら感情を込めて 話されていた姿が忘れられません。先生曰く、例えば夏期講習的な1か月の単発講座等で、1級と3級の人が共存するようなクラスの担当を任されることもあるのだとか。 さすがに1級と3級は差があり過ぎますが、先生のような方でもそうなのか、と思いました。やはり、複数人数のクラスには付きまといがちな問題ですね。 ハンコン当日は、添付の振り返りをご覧いただくとお分かりのように、先生方のちょっとした機転やコツについて情報交換ができ、 有意義なひと時でした。講師の技術論あり、受講生のキャラクターや、捉え方による、という点あり、いろんなケースがあるなぁ、と思いました。 そんな現場の状況がわかるだけでも、有意義ですよね。 今後も、いろいろな情報交換ができたら、と思います。 9月30日(日)は、長野県松本市でハンセミ・ハンコンが開催されます。 金順玉先生の講義が行われ、ハンコンでも似たテーマが話されることになるでしょう。 近隣にお住まいの先生方をお誘いの上、是非ご参加ください! レポートを楽しみにしています。

2018年7月1日現在の通信のアクセス状況

2018年7月1日現在の通信のアクセス状況(ビューア数20以上)を集計しました。 通信no 通信タイトル 筆者 20180701 068 日本人が間違えやすい面白い韓国語 伊藤耕一                  1000 124 方言で韓国語訳を考える 伊藤耕一                    190 062 トイレの水にオタマジャクシ 伊藤耕一                    159 203 名古屋ハンセミ「会話レッスン」について考えよう 吉川寿子                    149 051 韓国語で話してみる 林鳩順                    135 161 作文指導: 量を豊富にし、書くスピードを上げるには? 幡野泉                    133 220 私の韓国語講師奮闘記12: 発音について考えてみた 宮本千恵美                    125 229 私の韓国語講師奮闘記13: 日本で韓国語(外国語)を学ぶ 宮本千恵美                    119 129 […]

通信277 語族について 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第277号 (2018年7月16日発行) 語族について 伊藤 耕一 ———- 先日、このような記事を目にして、思わずブックマークしてしまいました。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00224181-toyo-soci 語族がどのように広がったり滅んだりしてきたのか、学生時代の私にはとても興味深い話で、「インド・ヨーロッパ語族は、どう拡散したのか」は是非読んでみたいと思いました。 教室を運営していて数回を経ると、受講生の集中力が段々と低くなったり、やる気の個人差が顕著になったりすることがあると思います。 そのような表情や仕草が見えた時には、その時に授業で扱っている内容からなるべく自然に逸脱して、間接的に雑談に移るようにして、受講生の集中力を取り戻す試みをしたことがあります。 例えば、「語族」に関連した話として、こんな話をしたことがあります。 日本語と韓国語はよく似ているが、学問的には、いつ枝分かれしたのかがはっきりと分かっていない。 日本語と韓国語のほかに似ている言語はモンゴル語、トルコ語、ハンガリー語、フィンランド語と言われている。(モンゴル人力士が上手に日本語を話すのはその証左) ハンガリーやフィンランドの言葉がアジアの言葉と似ているのは、昔のモンゴル帝国の版図拡大と関係がある。 ハンガリー人の赤ちゃんには蒙古斑があり、実は人種的にもアジア系である。 もし話せる外国語を増やしたいなら、モンゴル語やトルコ語を勧める。(モンゴル人力士みたいに話せるはず) インドの言葉とパキスタンの言葉はとても似ていて、大阪弁と神戸弁くらいの違いしかない。(学生時代の先輩の話によると) でも、インド人はデーヴァナーガリー文字を使い、パキスタン人はアラビア文字を使う。(宗教の影響) インド人に道を尋ねると必ず答えてくれるが、正しいとは限らない。(インド人は質問に答えられないことをとても恥ずかしいと感じる人たち。日本人が悲しい時でも笑顔を見せようとする気持ちに似ている。全く悪気はないんだけど結果的に嘘をついてしまう。) 韓国人に道を尋ねると親切に教えてくれる。だから韓国で道に迷ったら、迷うことなく近くの人に尋ねましょう。 学生時代、宿泊先がどうしても分からなくて、近くにいた初老の紳士に道を聞いたら、親切にもホテルまで連れて行ってくれた。 話をしていくと、たいがい思いつくままに話してしまうので、最後は語族と関係のない話になってしまうことが多いのですが、話しているうちに受講生の目がこちらに向き、集中力がよみがえってくるので、頃合いを見て授業に戻るようにしていました。 自分の学生時代を思い出してみると、こういう雑談の多かった先生のことはよく覚えていて、雑談を思い出すと、それを引き出しに当時教えてもらったレベルの高い授業内容を思い出したりすることがあります。 この本からも、今後に使える何らかの新しいネタを見つけられるのではないかと思っています。 受講生の集中力が低くなってしまったような時、雑談以外にも何らかの手段があると思いますが、皆様はどんな対応をされているでしょうか。 是非お伺いしてみたいと思いました。 最後に、7月29日(日)には、東京でハンセミが行われます。Twitterを使った韓国語短作文から会話レッスンへとつながる、ライブ授業とハンコンが予定されています。 ライブ授業の講師は世話人のキムスノク先生、ハンコンの司会進行は世話人の幡野泉先生です。 皆様のご参加をお待ちしています。