2018年7月1日現在の通信のアクセス状況

2018年7月1日現在の通信のアクセス状況(ビューア数20以上)を集計しました。 通信no 通信タイトル 筆者 20180701 068 日本人が間違えやすい面白い韓国語 伊藤耕一                  1000 124 方言で韓国語訳を考える 伊藤耕一                    190 062 トイレの水にオタマジャクシ 伊藤耕一                    159 203 名古屋ハンセミ「会話レッスン」について考えよう 吉川寿子                    149 051 韓国語で話してみる 林鳩順                    135 161 作文指導: 量を豊富にし、書くスピードを上げるには? 幡野泉                    133 220 私の韓国語講師奮闘記12: 発音について考えてみた 宮本千恵美                    125 229 私の韓国語講師奮闘記13: 日本で韓国語(外国語)を学ぶ 宮本千恵美                    119 129 […]

通信101-150 [14年1月-15年6月]

  no 題名 筆者 発行 101 私の大学入試のころ 伊藤耕一 1.20 102 断捨裏 林鳩順 1.27 103 外国語の教材 김영우 2.03 104 本屋さんとのイベント 前田真彦 2.10 105 2月22日のハンセミ 林鳩順 3.11 106 2月の大雪 김영우 3.17 107 カウンセリングは大事 前田真彦 3.25 108 韓国語と日本語の数詞と助数詞 伊藤耕一 4.11 109 コミュニケーションカードの利用を始めました 阪堂千津子 6.09 110 春学期のはじまり 林鳩順 6.16 111 国の名? 会社の名? 김영우 6.25 112 韓国語群読のすすめ 前田真彦 7.01 113 […]

通信51-100 [12年9月-14年1月]

no 題名 筆者 発行 51 韓国語で話してみる 林鳩順 9.17 52 こんな時期だからこそ 阪堂千津子 9.24 53 第3回himeさんとミレのコラボレーション 前田真彦 10.01 54 SNSを育てていくには 幡野泉 10.12 55 ある学生たちとの出会い 林鳩順 10.15 56 韓国語教育能力試験の最終回 김영우 10.22 57 はじめまして 伊藤耕一 10.29 58 高知のハングルは熱いぜよ 阪堂千津子 11.11 59 いろんなこと 林鳩順 11.29 60 n/a 61 한국 영화 써니 김영우 12.04 62 トイレの水にオタマジャクシ 伊藤耕一 12.10 63 2012年を振り返って 阪堂千津子 […]

通信01-50 [11年6月-12年8月]

no 題名 筆者 発行 1 長崎で韓国語教室の運営を始めて6年 池上和芳 6.06 2 楽しく学ぶクラスにするためには? 阪堂千津子 6.13 3 何を教えるか? 前田真彦 6.20 4 語学学校の先生は話さなくても良い!? 幡野泉 6.27 5 韓国に最も近い玄海原発を止めましょう 池上和芳 7.04 6 在日2.5世の自己紹介 林鳩順 7.11 7 楽しく学ぶ学校にするためには? 阪堂千津子 7.21 8 両輪 前田真彦 7.25 9 間違いは本人に直させる 幡野泉 8.01 10 講師の役割 林鳩順 8.08 11 二往復会話での会話練習 池上和芳 8.15 12 札幌研修2011 阪堂千津子 8.22 13 臨機応変力 前田真彦 […]

通信142 ハングル体験講座

【週刊ハンガンネット通信】第142号  (2015年3月25日発行) 「ハングル体験講座」 林鳩順 京都市生涯教育総合センターアスニー 회원 여러분 안녕하세요? 4月からの新年度、皆さんの教室では新入生(新受講生)を迎えられますか? 私が受け持っている講座のひとつ、京都市生涯教育総合センターでは、 去る3月15、16日と21、22日に文化祭を開催し、 いろんな講座(語学はハングルと中国語)の体験や デモンストレーションなどを披露する機会がありました。 私は10年以上このセンターでハングル講座を担当してきましたが、 文化祭は初めての体験でした。 個人的なイベントを主催する場合は、会場の予約から内容まで すべて自分で決めて準備をしてきたので、 京都市の行事の一環としての催しにハングル講座の体験があることは とても嬉しいことで、私もワクワク、ドキドキしていました。 15日、当日の会場は大きな会議室の半分をビデオ鑑賞ルームとして区切り、 大型画面が準備されていて、韓流スターがでるミュージックビデオを ゆっくり観賞できるようにしてありました。(DVDとCDは持ち込み) 韓国茶とお菓子は職員の方がわざわざ鶴橋まで買いに行ってくださったり、 無料で提供もしました。 カフェのような雰囲気を作るため、 韓紙やポジャギなど家にあった小物を飾り、映画のパンフレットや 雑誌等を大量に持ち込んで、自由に見られるように展示しました。 1時間しかない短時間でしたが、 ワンポイントレッスンや簡単な会話のレッスンをすることにより、 4月からの新規の入門申し込みが数人あり、 個人的にも中、上級に関しての問い合わせもありまして、 その効果ははっきりと分かりました。 緊張感が漂いそうな雰囲気でしたが、 期待感に満ちた真剣な眼差しに、意欲が感じ取れました。 教室離れや現象が著しいと言われる中、 こんな風にコツコツと、 先ずは講座の内容や講師を知ってもらう事が大事だと感じました。 その一方で、個人でこのような催しをするのは いろんな面で大変だろうと思いましたが、 まだまだ、韓国語を本気で学ぼうとする方がたくさんいらっしゃるので、 小規模でも、体験講座のような催しを定期的に行いたいです。 講師としても貴重な体験講座となり、 初心にかえってがんばれと励ましをいただいた 有り難い一日でした。 以上です。 私は月に1回ほどのペースでソウルへ出張に行く機会があり、 発信の日が遅れてしまいました。 今後は信頼している後輩のチャン・ビョンホン先生にバトンタッチし、 私は今回が最後のメルマガ発信とさせていただきます。 지금까지 제 글을 읽어주시고 때로는 귀중한 의견과 […]

「通信」

ハンガンネット通信はハンガンネット世話人ほかが執筆しています。執筆者名をクリックすると、その人が執筆した記事や名前の入ったページが表示されます。 池上和芳 伊藤耕一 林鳩順 임구순 金順玉   김순옥 김현근 金玄謹 金英う   김영우 朴珍榮 박진영 幡野泉 阪堂千津子 前田真彦 松﨑真日 宮本千恵美 寄田晴代 吉川寿子   2011年の創刊から最近までの目次は以下のとおりです。 通信251-300[17年11月-19年4月 通信201-250 [16年9月-17年11月] 通信151-200 [15年6月-16年9月] 通信101-150 [14年1月-15年6]月] 通信51-100 [12年9月-14年1月] 通信01-50 [11年6月-12年8月]

通信132 ハンコン in オオサカ イモジョモ

【週刊ハンガンネット通信】第132号 (2014年12月22日発行) 「ハンコンinオオサカ イモジョモ」 京都市生涯教育総合センターアスニー ハングル講師 林鳩順 12月21日、昨日午後4時から大阪梅田のど真ん中、 駅前第4ビル地下会議室でハンガンネット懇談会がありました。 休日の地下街は少し物々しい気配さえ感じましたが、平日は会社員で 大変賑わっているとのことでした。 このビルには前田先生のミレの教室があるんです。 立派です。 正式な議事録は事務局から発信されますので、 初めての試みとなった今回の懇談会について、 今日は私の目線でざっくばらんにお伝えいたします〜(今回は日本語で) 懇談会の準備をずっと頑張ってこられた伊藤先生が インフルエンザで欠席されることになり、 代表の阪堂千津子先生が代わりに司会進行を。 これだけでも大変なのに、 プロジェクターをとおして議事録を ライブで見れるように打ち込んでいる阪堂先生、 その素早さと正確さ、すごかったです!! 15名が参加した会議場では、 来年5周年を迎えるハンガンネットの存在価値を問い、 問われる真摯な意見交換が行われました。 参加者は非会員の方が半数以上を占めました。 教室を運営されている方々の率直なご意見は迫力がありました。 途中参加の先生方は、透けて見えるガラス越しからも伝わる あまりにも真剣な雰囲気に圧倒され、 入らずに帰ろうかと思ったとおっしゃっていたほどです。 懇談会は休憩なしで3時間、7時過ぎに終わり、 お待ちかねの懇親会開場のイタリアンレストランへ~ さっきまでの緊張感がウソのように、 教室運営から縁談話しまで、いろんなお話で盛り上がりました。 「こうして集まって話し合う事が大切だ、 関西でもっと集まる機会をつくろう~ それなら、ハンガンネット関西支部を立ち上げよう~」 片手を振りかざし、みんなで叫んでいた事は覚えていますが・・・ 楽しく語り合いながら、来年2月11日、 東京で行われる5周年記念行事には みんな一緒に参加しようと約束しました。 阪堂先生、遠方から日帰りでのご参加、本当にお疲れさまでした。 阪堂先生がハンガンネットの代表でいらっしゃることに 誇りと頼もしさを感じた一日、 そして清々しい一日、元気をいっぱいいただいた一日でした。 PS:当日朝に具合が悪くなって欠席された京都の村山俊夫先生が書かれた本 「インスタントラーメンが海を渡った日」/ー日韓・麺に賭けた男たちの挑戦ーが、 河出書房新社から出版されました。 (明星食品の創業者・奥井清澄と三養食品の創業者・全仲潤の国境を越えた友情と信頼、 そして営利を越えた技術提携により韓国初のインスタントラーメンが誕生した-知られざる日韓交流史) ハンコンでは、この本を出版するきっかけなどもお話していただく予定でした。 以上、ハンコン大阪でのイモジョモでした。

通信110 春学期のはじまり

【週刊ハンガンネット通信】《第110号》 2014年6月16日 春学期のはじまり 林鳩順 ハンガンネット会員の皆さん、いかがおすごしですか? 春学期のはじまりと書きましたが、もう半分は過ぎてしまいました。 私は現在、少人数の個人的な教室(初級〜上級)と週1回、京都市の生涯教育総合センターのハングル講座で教えています。個人的な教室となったのは、以前は一般の方が対象の大手文化講座/教室で教えていた のですが、いろんな都合で定期/定時の授業をもつのが難しくなってきたのがきっかけです。 大きく分けて公共施設の市民講座と個人の教室、どちらも魅力のある大切な現場です。 現在は交通の便が良い知り合いのアロマの教室を定期的にお借りしていて、他にも貸し教室を予約したり、カフェでレッスンしたりしています。 余談ですが、この春韓国でおこったセウォル号沈没事故と関連して、新聞やビデオの解読や分析のためにテレビ局に出入りする機会が増えてしまい、 不定期かつ不定時なスケジュールが続きましたが、決まっていた授業を最優先しながらどうにかやり遂げることができました。 今回の惨事に関しては 当然話題にのぼり、同じ年頃のお子さんやお孫さんをお持ちの方が多くて、授業中に涙ぐむ方もたくさんいらっしゃいました。 春学期というのは市民講座だけで、90分12回で入門編を終了するのですが、年齢差がある分、個人差が著しいのは仕方がないのかもしれませんね。 9月の秋学期が始まるまでにハングルの読み書きを完璧にマスターできるように、今年は夏休みの宿題を具体的に与えてみようかと思います。 続ける事に意義がある、何かを始めるとっかかりになるようにという市民講座の在り方に基づいて、無理なくゆっくりとすすめて行こうと思っています。 以上、久しぶりでしたが、私のつぶやきだけで終わ るメルマガを発信させていただきました。会員の皆さん、これからもよろしくお願いいたします。

通信105 2月22日のハンセミ

【週刊ハンガンネット通信】《第105号》  (2014 年3月11日発行) 2月22日のハンセミ 京都市生涯教育総合センターアスニー他 講師 林鳩順 私は前回、1月27日の通信で今年こそは断捨離すると宣言し、現在も実行中です。 今まで、多くの研修などに参加して大切に保存していた資料なども、思い切って手放しました。 捨てることにより得る物も多いです。 何事も有言実行をモットーにすると言いながら、ちょっと無理していますが・・・ さて、今日は2月22日午後1時から、大阪で開催されたハンガンネットセミナーに参加した感想などを 簡単にご報告したいと思います。 実は、当日は世話人というのは名前だけで、世話をしてもらうる人になってしまい、 面目ありませんでした(笑) パソコンを持参して参加された8〜9 人と、ミレ韓国語学院のスタッフの皆さんが 5〜6人、教室はゆったりとしていて、交通の便が良い大阪梅田で行われました。 講師は前田真彦先生、テーマは”「Praat」を使った音読分析”でした。 「Praat」というソフトは始めて知りましたが、皆さんはご存知でしたか? 韓国語のアクセントを抑揚=高低(たかひく)と呼び、 その原則と効果的な指導方法を一緒に考えるという目的で講義は進められました。 パソコンの種類は様々でしたが、スタッフの皆さんのアドバイスで順調に操作ができ、 自分の声を録音してグラフでみたり、モデルの声と比べてみたり、線で高低を表したり、 始めての体験で、あっという間の2時間でした。 パ ソコンの操作も慣れた頃に講義も終わり、 机を四角に囲んで参加者全員の感想を聞いて、3時20分頃に終了しました。 はるばる神奈川や名古屋からも来られていて、なかなか聞けない講義なので、 参加して本当によかったと。 私はもちろんハンガンネットへのお誘いだけはしっかりと話しました。 これまで、ピッチパターンという言葉を使った事がありませんでしたが、 この日、参加してみて発音とアクセント、ピッチパターンを常に意識して、 日本語母語話者の特徴をしっかり分析した上で、日々の指導をしていこうと 思いました。 前田先生のこの日の熱心なご指導と、「発音クリニック」という独自の講座は、 なるほど〜 〜と、感心させられました。以上、簡単ですが私個人の感想でした。 詳しくは、前田先生のホームページなどをご覧になってみてくださいね。