通信307 韓国語の読書は大変 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第307号 (2019年11月11日発行) 韓国語の読書は大変 アイケーブリッジ外語学院 幡野 泉 ====================== 昨日、横浜のコリ文語学堂さんにお招きいただき、5月末に出版した翻訳書『無礼な人にNOと言う44のレッスン』に関する講演会を行いました。 コリ文さんは金順玉先生のスクールです。こうして韓国語学校を運営する運営者同士が交流し、仲良くしている姿を学習者に見せられることは、韓国語学習界をみんなで一緒に盛り上げようとしている気持ちが伝わり、とても良いことだと思います。 順玉先生、貴重な機会をいただき、ありがとうございました! 講演はこの書籍の原書『무례한 사람에게 웃으며 대처하는 법』が韓国でベストセラーになった背景、著者の生い立ち、日本女性と韓国女性、キーワードとなった韓国語、そして原書を味わってみよう、という柱で進行しました。 目玉は「原書を味わう」というところですが、仮に韓国語の上級レベルに達しても韓国語の書籍を一作品読む、というのはかなりハードルが高いんですよね。分からない言葉もでてくるし、どうしても日本語のようなスピードで読めないので、億劫になってきてしまうんです。 以前、とある韓国語教授法のセミナーで、著名な韓国語の先生(日本人)が、韓国語のホームページ画面を表示させながら、「韓国人の先生には実感しにくいと思いますが、こうして画面いっぱいに韓国語がびっしりと出てくると、けっこうウッとくるものなんですよ」とおっしゃり、そのとき私は、「あ、〇〇先生のような方でもそう思うのか」と半ば安心したような覚えがあります。 そこで、この日の講演会では、その本の背景を充分に説明した上で、持ち帰ってほしい内容の韓国語の部分だけをピックアップし、日本語訳を付けて、みんなで一緒に両方を読んでみました。 そして、こんなふうに、私なりの考えを伝えました。まず、私の現在の本業は語学学校の経営で、職業翻訳家(例えば週5日、一日8時間以上翻訳に没頭できる人間)ではないと冒頭で伝えてある、ということが前提になります。 「私が一つの文学作品や書籍を翻訳できるくらい熟読したと自信を持って言えるのは、『소나기』と『우리들의 일그러진 영웅』。そして、今回翻訳したこの書籍くらいです。 (ちなみに、ビジネス翻訳ならたくさん経験があります) ソナギとウリドゥレ~は、語学堂のイルキの教科書に載っていて、授業で読みました。二つとも韓国人なら誰でも知っている本当に素晴らしい作品で、本当に良かったと思っています。 (2作品の解説を簡単に)そして今回翻訳したこの本、実はそんなものなんです。 当校には、一つの作品読むために、プライベートレッスンで先生と一緒に読んでいるという方が何名かいらっしゃいます。そこまでしないと読まないから、読めないから、なんですよね。 皆さんは韓国語の勉強をしていて、上級になると、韓国語の本を読んだ方がいいと言われたり、読んでいる人を見ては自分も読まなきゃと焦ったりするかもしれませんが、韓国語の読書が趣味の方でないかぎりは、なかなか大変なことなので、読み進められないからといって、自分を卑下したり落ち込んだりしないでください。」 以上です。あなたがそんなこと言ってはだめ、原書の読書を勧めないと、と言われてしまうかもしれませんが、あまり気負わずにまずは翻訳書を手に取って、韓国について理解や見聞を深める、そして原書に興味が湧いてきたら原書を味わう、で良いのではないか、と。 参加者の皆さんのアンケートを見ると、私が伝えたかったことを充分くんでくださった反応が伺え、とても嬉しく思いました。 先週末、ロシア語通訳の大御所先生の特別講座がありましたが、先生は「文学作品で通訳訓練はできない。文学作品は、作家が他人は使わない表現を選んで書くから」とおっしゃっていて、なるほど、と思いました。 外国語の文学作品を読み込むことが億劫になってしまうのは、そのような理由もあるのかもしれません。 読書自体は心から薦めたいですし、私も常に一冊は鞄の中に本が入っています。しかし、忙しい社会人が隙間時間で読むには外国語の原書はなかなか手が伸びません……。 恥ずかしながら、プチ暴露でした。

通信283 松本ハンセミの報告 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第283号 (2018年10月3日発行) 松本ハンセミの報告 伊藤 耕一 ============ 9月30日、松本でハンセミを開催しました。 今回もライブ授業を行い、より良い教授法について意見交換する形で企画しました。 韓国語教師参加者は7人、ライブ授業の生徒役は13人、世話人3人の合計23人の催しとなりました。 ライブ授業の1本目は阪堂千津子先生による「고と서の使い分け」でした。 고と서の使い分け まず、生徒役の皆さんを4つのグループに分けて、簡単な自己紹介をした後、二つの文章の間のブランクに고を入れるのか、서を入れるのかをメンバー間で話し合ってもらい、どちらが適切なのかを確かめるという方法で授業が進みました。 どうしてそうなるのかを、いくつかのテキストに出てくる説明を引用しながら確かめてみたり、韓国語ネイティブの参加者に確認してみたりしました。 例文によっては고を使っても서を使っても良いケースがあるのではないか、その違いをどのように学習者に説明すれば分かりやすいかといった議論が展開されました。 日本人学習者の傾向として、서を多用する傾向があり、고を使うべき場面で서を使ってしまうことに対し、「人のシルエットが変わる動詞」「知覚を表す動詞」の後には서を使うという覚え方を提案してくださり、アンケートではこの説明が分かりやすかったという感想がいくつかありました。 ただ、その一方でこの使い分けには多少の個人差があることの言及に対しては「少し分かりにくかった」という感想もありました。 最後に「むすんでひらいて」の動揺を韓国語に訳して歌うアクティビティをしました。 歌詞に出てくる「て」を訳す時に「고」になるのか「서」になるのか、手を使いながら解説した時にはすんなりと理解できたようでした。 2本目は金順玉先生による「ネイティブにとって聞き取りづらい発音ワースト3」でした。 ネイティブが聞き取りにくいノンネイティブの発音 韓国語の学習者が実際に韓国で話をしてみると通じないことがあったり、学習者と話をした時にネイティブの先生が聞き取りづらい発音があったりする現象をいくつかのパターンに分けた中から最も聞き取りづらい3つの類型についてのお話しでした。 それは「①母音/ㅓ/と/ㅗ/が入れ替わる」「②平音・激音・濃音が入れ替わる」「③パッチム(終声子音)の発音」の3つで、これをどのように直すかを実際にやってみました。 生徒役の皆さんに伝言ゲームのアクティビティをしてもらい、音としての文章が最後まで正確に伝わるかどうかを確かめてもらったのですが、うまく伝わった文章もあれば、伝わらなかった文章もあり、/ㅓ/と/ㅗ/の発音の違いを、発声時のあごの高さで比べてみるといった分かりやすい解説もあり、とても勉強になったという感想もありました。 あいにくの台風24号接近 当日は運悪く台風24号が近づいてくる日となってしまい、開催自体をどうするか世話人で話し合いました。9月30日のハンセミ終了の段階では松本が暴風圏に入らない見込みと判断し開催を決め、実際に当日の風雨の影響は小さかったのですが、鉄道の運休が予想よりも早くハンセミ終了時刻よりも前に実施されることがセミナー進行中に発表され、急遽の判断でライブ授業のみを行って終了することとなってしまいました。 ライブ授業の振り返りの議論を行い、懇談会や懇親会も行う予定だったのですが、残念な結果となってしまいました。 それでも、ご参加いただいた皆さんからは「勉強になった」「今後の授業に活かしてみたい」という声も聞かれ、一定の良い結果も残せたものと思っております。 今後もハンセミ、交流会などを予定しています。企画が決まりましたら随時お知らせしますので、是非多くの皆様にご参加いただきたいと思います。 最後に、松本ハンセミの運営にご尽力いただいた皆様、ご参加くださった皆様に感謝申し上げます。

9/30(日)ハンセミ、松本市で開催

今年度2回目のハンセミ・ハンコンのご案内をいたします。今回は9月30日(日)に長野県松本市で開催することとなりました。前半はライブ授業を2本行います。 ひとつは「聞き取れない発音ワースト3」というテーマで会員の金順玉先生のライブ授業を、もうひとつは「고と서行使い分け」というテーマで同じく会員の阪堂千津子先生の授業を行います。 ライブ授業は、実際に学習者の方を前に、授業をライブで展開していただき、効果的な教授方法や学習法について研究する内容です。 ライブ授業終了後、学習者の皆さんにはご退席いただき、講師である参加者の皆さんで意見交換を行いながらライブ授業を振り返ります。 後半はハンコン、「受講生間で理解度に差がある場合、どのようにフォローするか、その秘訣」というテーマで、今後のより良い教室運営について話し合います。進行は会員の丹羽裕美先生です。 日時は9月30日(日)の13時からです。ハンガンネット会員でない方もご参加いただけますので、お知り合いにもご紹介いただきながら、多くの皆様にご参加いただきたいと思います。 また、ライブ授業を受けていただく学習者の皆さんも募集していますので、是非皆様の生徒や受講生の方々にもお知らせいただければと思います。 お申し込みはメールでお願いいたします。多くの皆様のお申し込みをお待ちしています。 お申込みはこちらまで。samuguk@gmail.com 氏名、教室名、連絡先をメールでご連絡ください。悩みや課題に思っていることや現況も一言添えてください。 ハンガンネット世話人 伊藤耕一 松本ハンセミ開催要項

通信279 大ベテランも悩む、クラスのレベル差 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第279号 (2018年7月30日発行) 大ベテランも悩む、クラスのレベル差 アイケーブリッジ外語学院 幡野 ———- 猛暑の中、東京のハンガンネットセミナーを開催しました。ご参加下さった先生方、どうもありがとうございました。 金順玉先生によるライブ授業には11名の受講生役の方があつまり、スムーズで臨場感あふれる授業を体験することができました。 その後、受講生は退場し、講師のみで振り返りを行い、その後は、ハンコンということで、普段の悩みやアイデアを出し合う場を設けました。 ハンセミ・ハンコンの振り返りとして、ひろば語学院の丹羽先生が、添付のようにまとめてくださいましたので、是非ご覧下さい。 このハンコンのテーマ「受講生間でレベル差のあるクラスをどのように運営するか、その秘訣」ですが、今回のハンセミ・ハンコンについての話し合いの際に、私が提案しました。 というのは、以前、私が韓国で大変お世話になった延世語学堂の先生に、 「いちばん苦労していることは何ですか?」と聞いたときに、このことを挙げていらしたためです。 先生は語学堂で一番長いキャリアを持つ大ベテランだったのですが、その先生が、「너~무 힘들어요.」と首を振りながら感情を込めて 話されていた姿が忘れられません。先生曰く、例えば夏期講習的な1か月の単発講座等で、1級と3級の人が共存するようなクラスの担当を任されることもあるのだとか。 さすがに1級と3級は差があり過ぎますが、先生のような方でもそうなのか、と思いました。やはり、複数人数のクラスには付きまといがちな問題ですね。 ハンコン当日は、添付の振り返りをご覧いただくとお分かりのように、先生方のちょっとした機転やコツについて情報交換ができ、 有意義なひと時でした。講師の技術論あり、受講生のキャラクターや、捉え方による、という点あり、いろんなケースがあるなぁ、と思いました。 そんな現場の状況がわかるだけでも、有意義ですよね。 今後も、いろいろな情報交換ができたら、と思います。 9月30日(日)は、長野県松本市でハンセミ・ハンコンが開催されます。 金順玉先生の講義が行われ、ハンコンでも似たテーマが話されることになるでしょう。 近隣にお住まいの先生方をお誘いの上、是非ご参加ください! レポートを楽しみにしています。

2018年7月1日現在の通信のアクセス状況

2018年7月1日現在の通信のアクセス状況(ビューア数20以上)を集計しました。 通信no 通信タイトル 筆者 20180701 068 日本人が間違えやすい面白い韓国語 伊藤耕一                  1000 124 方言で韓国語訳を考える 伊藤耕一                    190 062 トイレの水にオタマジャクシ 伊藤耕一                    159 203 名古屋ハンセミ「会話レッスン」について考えよう 吉川寿子                    149 051 韓国語で話してみる 林鳩順                    135 161 作文指導: 量を豊富にし、書くスピードを上げるには? 幡野泉                    133 220 私の韓国語講師奮闘記12: 発音について考えてみた 宮本千恵美                    125 229 私の韓国語講師奮闘記13: 日本で韓国語(外国語)を学ぶ 宮本千恵美                    119 129 […]

ご感想や教室情報をお送りください

ハンガンネットのサイトに対するみなさまのご意見ご感想などをお寄せください。お問い合わせもご遠慮なくお送りください。サイトに反映させたいと考えています。 また、本サイトの韓国語教室リストに載っていない教室について、情報をご提供ください。リスト記載の教室等に修正や変更がある場合もお知らせください。確認後、更新いたします。 ハンガンネット世話人より ありがとうございます  대단히 감사합니다.  ご協力に深く感謝申しあげます。 伊藤耕一 個人指導 キム スノク(金順玉) コリ文語学堂 キム ヨンウ(金英う) 韓教室 전성실 韓国語会話教室マルマダン 丹羽裕美 ひろば語学院 阪堂千津子 ハンガンネット 代表 前田真彦 ミレ韓国語学院 寄田晴代 駿台外語&ビジネス専門学校 (カタカナ読み50音順)

通信201-250 [16年9月-17年11月]

201  東京ハンセミの報告 伊藤耕一  2016.9.12 202  합창으로 단체 교류는 어떠세요? 金順玉  2016.9.19 203  名古屋ハンセミ「会話レッスン」について考えよう 吉川寿子  2016.9.26 204  韓国留学ショウケースに行ってきました 阪堂千津子  2016.10.10 205  タングニの韓国人生劇場 金玄謹  2016.10.17 206  スペインから”¡Hola!(やぁ!)” 宮本千恵美  2016.10.24 207  広島に勝って欲しい! 伊藤耕一  2016.10.31 208  聞き取りは受講生の状態が把握しにくい 前田真彦  2016.11.8 209  はっきり伝える 幡野泉  2016.11.14 210  想像の翼 김영우  2016.11.21 211  名古屋ハンセミ: 会話レッスンについて考えよう 吉川寿子  2016.12.2 212  スペインから・講師のあり方 宮本千恵美  2016.12.19 213  確定申告の準備を始めましょう 伊藤耕一  2016.12.26 214  근하신년 – 세미나에 참석해서 리프레시를 阪堂千津子  2017.1.9 215  新しい学習のスタイル 前田真彦  2017.1.16 216  お次はインスタグラム 幡野泉  […]

通信193 交流授業

【週刊ハンガンネット通信】第193号 (2016年7月11日発行) 「交流授業」 金順玉 ハンガンネット会員の皆さま アンニョンハセヨ? コリ文語学堂の金順玉です。 先週、非常勤で教えている神奈川県の大学と 韓国の木浦第一女子高校とで交流授業を始めました。 こちらの学生たちはハングルの読み書きができ、 「最新チャレンジ韓国語」で5課まで学んでいます。 相手は女子高の日本語サークルの5名です。 日本へ関心は高いですが日本語の実力は それほどでもありません。 こちらからは「우유송」のダンスを撮影した動画を 送りました。向うからはその感想と日本についての 質問が返ってきました。 5人で5つの質問です: 1.오사카에서는 칼을 찌르는 척하면 찔린 척을 하나요? 大阪では刀を打つと打たれたふりをするのですか? 2. 일본 귀신은 몇 종류가 있나요? 日本のお化けは何種類ありますか? 3. 일본 사람들은 대체로 다 소심한가요? 日本人は大体みんな気が小さいのでしょうか? 4. 일본의 급식은 어떤가요? 日本の給食はどんな感じですか? 5. 일본에도 사투리가 있나요? 日本にも方言がありますか? ぶしつけな質問もありますが、韓国の若い世代が 何に興味をもっているかがわかって面白いです。 大学生たちがどのような答えを用意してくるか楽しみです。 選択必修科目として半年学ぶと韓国語と縁が 切れてしまう学生も多いですが、交流を通して […]

通信183 どうしたら会話ができるようになりますか?

【週刊ハンガンネット通信】第183号 (2016年3月21日発行) どうしたら会話ができるようになりますか? コリ文語学堂  金順玉 안녕하세요? 코리분 어학당 대표 김순옥입니다. 最近学習歴2年のある女性学習者から悩みのメールをいただきました。 韓国語を習いはじめたキッカケはK-POPだったのですが、韓国語を勉強しているうちに、韓国という国、そして人柄に興味がわいてきまして、だったら会話して気持ちをかよわせたい! という思いで、今はやっております。 ですが、会話になった途端、聞き取れない〜答えられない、というのが悩みでございます、とのことです。 このような悩みを持った学習者は少なくないと思いますが、ハンガンネットの会員の皆さまの運営している学校ではどのように対処していらっしゃいますか? 文法や、一つひとつの発音はとても大切ですが、会話を続けるにはそれだけでは解決できない壁があるようです。 独学で勉強していらっしゃる方にはCDや動画を使って音読やシャドーイング、単作文の練習などをお勧めしますし、スカイプlessonの可能性や、留学生との交流などをお勧めしています。 ですが、教室に来てくださる学生さんには「会話を実現する場」を提供するのが教室の存在意義ではないかと考えます。 「文型が正確に使えること」や「定型文の丸暗記」はもちろん大切なことです。しかし、実際の会話は「定型文の流れ」通りには決していかないものです。 相手から思ってもみない反応が返ってきたとき、それにどのように対処するか、「会話のストラテジー」を学べるのが教室の強みではないでしょうか。 相手の話が理解できないときは聞き返す能力、適切な語彙が思い浮かばないときは、言い換えて言ってみる練習などができる場所が教室なのではないでしょうか? しかしながらテクニックだけ身についたからと言って、それを使える場所が、教室の外には無い現状では教室の中で、先生や仲間同士でコミュニケーションを達成するために根気よく会話を続ける必要があります。 「いつか使える韓国語を学ぶ」のではなく、その都度解決せざるを得ないやり取りをする場が教室だということを忘れないで授業の準備をすると、授業は変わってくると思います。 「教室に来る生徒さんの激減」などが話題になっていますが、「教室に来ないと得られないメリット」をもう一度考え直して元気を取り戻してみませんか? 連休の最終日、静かな時間が流れています。 한강넷트 회원 여러분, 좋은 하루 되세요!