オンラインで開催!ハンガンネットセミナーのお知らせ

040-03韓国語市民講座講師のネットワーク「ハンガンネット」が開催する本年度のセミナーをオンラインで行います。
前半は「オンライン授業の実践例」について具体的な事例をテーマにしたワークショ ップ、後半は「オンライン授業のお悩み相談会」でお互いの悩み事の解決を目指します。
これを機会に、韓国語教育についてみんなで考えてみませんか。みなさんで韓国語教育の現 状と未来について楽しく語り合いましょう!

開催日時:2020 年 10 月 11 日(日) 14 時~16時
開場:13時30分にオープン【開会 14時00分】
司会進行:寄田晴代(東京文化学習センターハングル講座講師)

講義と実践
◆1時間目セミナー
「Zoomを使った文法の使い分けの授業について」(20分間 14:05~14:25) 質疑応答(20分間 14:25~14:45)
授業講師:金玄謹(ミリネ韓国語教室主宰)
質疑司会:伊藤耕一(ハンガンネット世話人)
実際に学生に事前にどんな宿題を出し、練習問題についての回答を学生からどう集め、また実際に授業をした内容を例にあげてどうやって画面共有を通して文法説明をするのか説明します。

◆2時間目セミナー
「韓国語授業 ズームでできること、できないこと」(20分間 14:50~15:10) 質疑応答(20分間 15:10~15:30)
授業講師:阪堂 千津子(ハンガンネット 代表)
質疑司会:伊藤耕一(ハンガンネット世話人)
「Zoomを使ったウォーミングアップ」「Zoomでできる会話授業」「Zoomを使っての応用編」といった内容の実践例を共有したいと思います。

◆オンライン授業のお悩み相談会(30分間)
「オンライン授業での悩み」への解決策のアイデアを共有します。
司会:寄田晴代
コロナウィルスの影響で教育界全体がオンラインによる授業を強いられ、授業展開の巧拙がズーム等のツールを駆使する力に左右されるといった状況が見られます。

参加条件:
・現役の韓国語講師(今回は大学等の大人数向けでなく韓国語教室等の小規模 授業を対象とした内容となります)
・会員/非会員は問いません。
参加申込:こちらよりお申し込みください。悩みや課題に思っていることや現況も一言添えてください。
https://forms.gle/scVPnsnLh218QpW48

申込締め切り2020年10月5日(月)
定員:50人(申込順に受付)
参加費:ハンガンネット会員:1,500 円 非会員:2,000 円
【参加費は事前に銀行振込(手数料はハンガンネット負担)によりお支払いください。】
⇒振込先 ジャパンネット銀行 本店 普通 2174994 ハンガンネットマエダタダヒコ

ハンガンネットのZoomによるオンラインお茶会開催のご案内

韓国語の講師の皆さまへ

韓国語市民講座講師のネットワーク「ハンガンネット」がオンライン上でZoomによる気軽なお茶会を開催致します。ぜひお気軽にご参加ください。

参加条件】
・現役の韓国語講師(所属先や個人かどうかなどは問いません)
・韓国語教室などの経営者、事務など韓国語教育に携わっておられる方
・会員/非会員は問いません

【お茶会内容】
新型コロナウイルスの感染拡大により韓国語学習環境も大きく変わってきました。韓国語教育における影響や対応などについて気軽に意見交換を行いませんか。現在の皆さんのお悩みや課題点、または良かった点などを共有するだけでもとても参考になるかもしれません。オンライン授業をこれからやってみる、もしくはやってみてこうだった、などのお話しもぜひお伺いしたいです。

【お茶会の流れ】
1.ハンガンネット代表の挨拶(阪堂千津子)
2.皆さんの自己紹介
3.皆さんの近況報告
4.気軽に先生同士お話しましょ
5.まとめの挨拶
※当日は飲み物、お茶菓子などご自身でご準備の上、ご参加ください。

開催日時:2020年5月24日(日)15時から(1時間半から2時間程度)
参加方法:お申込み頂いた方に事務局よりZoomお茶会のURLをお送り致します。お茶会の20分前から開けておきますので、接続を必ずお茶会のスタート時間までに試しておくようお願い致します。
※参加者の皆さまは無料版Zoomで参加が可能です。

申し込みページ
受付締め切りました

9/30(日)ハンセミ、松本市で開催

今年度2回目のハンセミ・ハンコンのご案内をいたします。今回は9月30日(日)に長野県松本市で開催することとなりました。前半はライブ授業を2本行います。

ひとつは「聞き取れない発音ワースト3」というテーマで会員の金順玉先生のライブ授業を、もうひとつは「고と서行使い分け」というテーマで同じく会員の阪堂千津子先生の授業を行います。

ライブ授業は、実際に学習者の方を前に、授業をライブで展開していただき、効果的な教授方法や学習法について研究する内容です。

ライブ授業終了後、学習者の皆さんにはご退席いただき、講師である参加者の皆さんで意見交換を行いながらライブ授業を振り返ります。

後半はハンコン、「受講生間で理解度に差がある場合、どのようにフォローするか、その秘訣」というテーマで、今後のより良い教室運営について話し合います。進行は会員の丹羽裕美先生です。

日時は9月30日(日)の13時からです。ハンガンネット会員でない方もご参加いただけますので、お知り合いにもご紹介いただきながら、多くの皆様にご参加いただきたいと思います。

また、ライブ授業を受けていただく学習者の皆さんも募集していますので、是非皆様の生徒や受講生の方々にもお知らせいただければと思います。

お申し込みはメールでお願いいたします。多くの皆様のお申し込みをお待ちしています。

お申込みはこちらまで。samuguk@gmail.com
氏名、教室名、連絡先をメールでご連絡ください。悩みや課題に思っていることや現況も一言添えてください。

ハンガンネット世話人 伊藤耕一

松本ハンセミ開催要項

6/18 ハンコン&ハンセミ

2017年度の第1回ハンガンネットセミナーと懇談会を以下のとおり開催します。
日時 6月18日(日) 13時~17時
場所 東京外国語大学本郷サテライト
   4階会議室
内容
①ライブ授業
  1. 寄田晴代先生の授業 -(으)ㄴ/는지 알다 を教える
  2. 伊藤耕一先生の授業 日本語母語話者が間違えやすい韓国語作文の指導
②講師による話し合い(ハンコン)
  • ライブ授業についての質疑応答、
  • 韓国語教室の現状・展望など
  • 17時から別会場で懇親会(参加費別途)
③参加申し込み
 氏名、連絡先、教室名、懇親会の参加有無をメールでご連絡ください。授業や教室運営にたいする一言(現状や悩みなど)もお願いします。
④参加費
  • 講師・講師志望の方、ハンガンネット会員  3,000円
  • 非会員  4,000円
  • 学習者の方  500円  (ライブ授業のみ)
*参加申し込み・お問い合わせ
ハンガンネット事務局
チラシポスター20170618-1

3月26日(日) 大阪にてハンガンネットセミナー&懇談会

みなさん、韓国語の授業は、楽しく実践できていますか?

ハンガンネットセミナー&懇談会で、韓国語講師のみなさんと授業のお話をしませんか?

今回は、「作文の基礎力を付けるための模擬授業」と「日本語母語者が間違いやすい作文のポイントをどう教えるか」という話題提供の2本立てで行います。

セミナーの後は懇談会も行います。ふだんの悩みを交流するチャンスです。ぜひ、ご参加ください。

日時:2017年3月26日(日)

  • ハンガンネットセミナー 13時~15時50分
  • ハンガンネット懇談会 16時~17時30分 *食事会19時まで(希望者のみ)

場所:大阪駅前第4ビル地下1階展示室(梅田)

  • 参加費:ハンセミ ハンガンネット会員3,000円 非会員4,000円
  • ハンコン 無料  *食事会は別途
  • 定員:20名
ハンガンネットセミナー
 司会進行:前田真彦
  • 13時~ <模擬授業>書く力を養う作文の授業 飯田華子(ミレ韓国語学院講師) *質疑応答含め13時50分まで
  • 14時~ <レポート>日本語母語話者の間違いやすい表現 伊藤耕一   *質疑応答含め14時50分まで
  • 15時~ 全体会 作文授業の効果的な方法
ハンガンネット懇談会
 司会進行:阪堂千津子
  • 16時~(韓国語講師のための懇談会)  *韓国語教室をめぐる現況と今後の展望
  • 17時30分 食事をしながら懇談   *梅田地下街・場所未定
  • 19時終了予定

お申込み・お問合わせは ⇨ http://mire-k.jp/maedata/post_lp/hansemi/

通信203 名古屋ハンセミ「会話レッスン」について考えよう

【週刊ハンガンネット通信】第203号 (2016年9月26日発行)

名古屋ハンセミ「会話レッスン」について考えよう

吉川寿子

ハンガンネット会員の皆さま
アンニョハセヨ?世話人の吉川です。
秋夕も終わり、いよいよ秋到来ですね。

さて、秋のハンガンネットセミナーのお知らせです。

ちょうど1年前の今日、中国地方で初級者のアウトプットについて
リスニング、発音、作文と3つの方向からアプローチいたしましたが

今回はズバリ

「会話レッスン」がテーマです。昨年に引き続きアウトプットがテーマになっております。

語学を勉強するにあたって、きっかけや動機はいろいろあると思います。

その中でも「その言葉がペラペラになりたい」という動機は大きいものと考えられます。

もちろん「ペラペラ」の定義はいろいろあると思います。
会話内容のレベルにもよりますが、適切なインプットとアウトプットのバランスが大切です。

しかしながら、講師としては頭ではわかってはいるけどうまく授業進行できなくて
悩みの多いテーマでもあります。

何年も勉強しているのに
「じゃあ、もう韓国語ペラペラよね?」という無邪気な問いに
うんといえない学習者を少しでも減らしたい。
韓国語で言葉を交わすことで生まれる何かを感じてもらいたい。

そのために講師ができることは何か、一緒に考えて意見交換をしませんか?

今回のハンセミは初めての名古屋開催です!

韓国語教材専門店ハングルの森さんの運営されている韓国語会話教室

マルマダンさんの全面協力により

会話レッスンの実例を見せていただいて、意見交換を予定しております。

有名な西江大学のテキストを駆使して大好評の会話レッスンを見せてもらえる貴重な機会です!

中部地方の皆さまはもちろん、いろんな地方からのご参加を心よりお待ちしております^^
セミナーの後は、懇親会も予定しておりますので、交流を深める機会になればと思っております。
ふるってご参加下さいませ。

/////////////////////////////////////////////

ハンガンネットセミナー名古屋

テーマ

「『会話レッスン』について一緒に考えませんか?」

講師; 韓国語会話教室マルマダン

田聖実 先生

日時; 2016年11月27日(日) 13;30~16;30

場所; 名駅モリシタ名古屋駅前中央店 第1会議室

愛知県 名古屋市中村区名駅三丁目13-31名駅モリシタビル7階
(地下鉄「名古屋駅」1番出口より徒歩2分)

参加費;会員3,000円 / 非会員4,000円

当日会場受付にてお支払い願います

※ お申し込みフォームのメッセージ欄に下記ご記入をお願いします。
1.会話レッスンの経験の有無
2.経験ありの場合、授業をしながら悩んでいる点など
3.懇親会参加のご予定(別途実費になります)

お申し込みはこちらをクリック願います

会場でお会いできるのを心待ちにしております!

9月4日東京ハンセミのお知らせ

テーマ
「一緒に考えよう!学習者の語彙力向上のために、いま教師ができること」

語彙情報はどのように提示をするのが効果的なのでしょうか。
それを理解してもらうまでは何とかなるけど、発話などアウトプットができるようになるにはどうすれば良いかについて皆さんの実践でのお話を伺いたいです。

さらに、生徒のつまづきに気づくにはどうしたらよいか、どうフォローするかなどといったことも含めて、明日から教室で活用できる実践方法を皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

プログラム
14:00〜14:30
いくつか語彙教育についての先行研究を紹介します。

14:30〜15:00
皆さんが実践の場で直面した問題点や課題を出し合い、議論の土台を共用します。

15:00〜16:00
グループで議論しながら実践的な方法を模索していきます。

16:00〜17:00
グループで模索した方法を発表します。

講師;丹羽 裕美 先生(ひろば語学院)

場所;東京外大 サテライト(先着25名様)

参加費;会員3,000円 非会員4,000円

当日受付でお支払い願います