通信295 お湯を沸かす 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第295号 (2019年2月25日発行)

お湯を沸かす

伊藤耕一

=================

先日、高校生の子供の英語の宿題を見ていたら、こんな文章を英語に訳す課題がありました。
「私が、毎日お風呂のお湯を沸かして入ります。」

「お風呂」という日本の文化をどうやって訳すのだろう?
「毎日沸かす」という習慣的な行動を、ちゃんと現在形で表現できるだろうか?

などと思いながら、子供が鉛筆を走らせるのを見ていました。
すると、boil という単語と hot water という単語が紙の上に現れました。

その時は「お湯を沸かす」だから「boil some hot water」で良さそうな気がしましたが、後になってよく考えると「水を沸かすとお湯になるのだから、お湯を沸かすと英語で書くと、変な感じになるな。」ということに気付きました。

「韓国語も 물을 끓이다 だから、英語も boil some water が正しいな。」と思い「日本語はこういう表現をする言語だったんだ。」などと思っていました。

その後、調べてみるとこのような用法は「結果目的語」という用法とのことでした。
https://www.alc.co.jp/jpn/article/faq/03/205.html
穴を掘る、糸を紡ぐ、ご飯を炊く、家を建てる、幸運を祈る、風呂を沸かす、などなど数多くあるようです。

このいくつかの例文を見て「あれ!」とあることに気付きました。

韓国語では「家を建てる」は「집을 짓다」、「風呂を沸かす」は「목욕을 끓이다」で良いし、英語でも「穴を掘る」は「dig a hole」、糸を紡ぐは「spin yarn」で行けるじゃないか!

でも、どうして「お湯を沸かす」は韓国語と英語では不自然なんだろう? などと考えていたら、その夜は遅くまで眠れなくなってしまいました。

「お湯を沸かす」はNGだけど「家を建てる」はOK、使いこなすには経験とセンスが必要だなというのが結論で、その日は寝ました。

このような表現をうまく教える方法などあったら、知りたいものだと思いました。

通信293 発表会の成果 金英う

【週刊ハンガンネット通信】第293号 (2019年2月4日発行)

発表会の成果

韓教室 金英う

================

안녕하세요.
마에다 선생님, 하타노 선생님 두 분이 연이어 스피치대회에 대한 감상을 들려주셨는데요, 재미있게 읽었습니다.

오늘은 하타노 선생님의 글을 읽으면서 제가 공감했던 부분들에 대해 얘기해 볼까합니다.
제 교실에서 작년에 있었던 발표회인데요,
올해 창립 10주년 맞아 갑자기 발표회를 여는 것보다는 예행연습을 하는 게 좋을 것 같아 작년에 발표회를 가져 봤어요.

4년 전에 발표회를 한 후로는 한 적이 없어서 수강생들의 반응이 어떨까 걱정하고 있었어요. 하지만 적극적인 수강생들의 덕택으로 무사히 끝낼 수 있었지요.

발표회 일정이 발표되면 참가할까 말까 망설이는 학습자들이 있어요.
이런 사람들에게는 전에 발표회에 참가했던 사람의 경험 얘기가 큰 도움이 됐어요. 어느 학습자가 4년 전 발표했던 내용을 아직까지 다 암기하고 있고 발표회 덕분에 발음도 좋아졌다고 하면서 참가하는 것이 한국어 공부에 얼마나 도움이 되었는지를 망설이는 사람들에게 얘기하는 거였어요. 결국은 같은 학습자의 경험을 바탕으로 한 권유에 망설이던 사람들도 다 참가하게 되었죠.

그리고 제가 사회 진행을 부탁한 초급레벨 수강생(-아/어요 활용 학습을 막 끝낸 레벨)은 정말 열심히 사회자 대본을 읽고 연습한 것 같았어요. 발표회가 끝나고 며칠 지나서 사회를 진행했던 학습자에게서 연락이 왔어요. 대본에 있었던 것과 같은 표현이 한국드라마에 나왔을 때 알아 들을 수 있어서 기뻤다면서 감사하다는 말을 전해 왔어요. 물론 저도 기뻤지요.

이렇게 학습자들의 자발적인 참가로 이번 발표회는 4년 전에 비해 내용이 다양해져 퀴즈 뿐만 아니라 촌극, 동요나 동화를 한국어로 번역해서 발표하는 등… 그리고 그림, 의상, 소품 등을 준비하는 데도 학습자(들)의 아이디어, 재능이 나타나 교실 안에서만 보던 것과는 다른 면을 볼 수 있었던 것 같아요.

짧은 시간 동안의 준비였지만 정말 참신하고 정성이 어려있었습니다. 발표회가 끝난 후 재미있었다고 하면서 올해도 하고 싶다는 사람도 있었구요. 그래서 올해는 창립 10주년이 되는 해인 만큼 좀 더 특별하고 풍성한 발표회를 가지려고 합니다.

하타노 선생님 말씀대로 이런 행사를 준비하려면 강사나 학습자 모두 시간, 노력이 필요하지요. 그렇지만 발표회를 하면서 학생들의 유대관계도 돈독해지고 한국어 공부도 되니 일석이조의 효과를 올린 것 같아요. まさに「やってみて、良かった!」でした。

通信292 スピーチ大会の成果 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第292号(2019年1月14日発行)

スピーチ大会の成果

アイケーブリッジ外語学院 幡野泉

===========

アンニョンハシムニカ?前号の前田先生のメールマガジン、ミレ韓国語学院さんのスピーチ大会のご様子でした。

スピーチ大会のテーマを決め、それに沿った発表をするというのは面白いですね。ミレの受講生の皆さんの人生、人生に影響を与えた韓国語学習のこと、是非聞いてみたいです。書籍も楽しみにしています!

私も当校スピーチ大会の感想を一つ……。
当校も毎年年末にスピーチ大会を開催しますが、その多様なテーマの面白さ、味わいもさることながら、今回特に感じたのは、「発音の向上」でした。

毎年開催していると、当然「毎年出場する」方が出てきます。そういった方は、当然のことながら、年々レベルアップしているわけですが、その中でも特にそういった「常連さん」は、発音の向上が目に見えていました。

先生方もよくお分かりかと思いますが、授業の中だけで発音を矯正するのは難しい面もあります。グループレッスンだったりすると特に……。すると、どうしても妥協してしまったりもしますね。

しかし、スピーチ大会に出るとなると、お互い妥協することなく、徹底的に向上に向けた練習ができ、また、語学に必要な度胸もつき、発話に自信が持てます。

スピーチ大会の運営に当たっては、勧誘、指導、当日の運営など、大変なことはたくさんありますが、「やってみて、良かった!」という受講生の笑顔と上達を見ることが何よりの励みになりますね。

通信291 韓国語学習が私にもたらしたもの 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第291号 (2019年1月7日発行)

韓国語学習が私にもたらしたもの

ミレ韓国語学院 前田真彦

===========

ミレの年末のスピーチ大会のテーマがこれでした。

毎年スピーチ大会では、感動するのでが、今年はひとしおでした。

韓国語学習がみなさんの生活を変え、性格を変え、人生を変えているのがよくわかりました。みなさんそれぞれ多様で、人生的な意味合いが異なっていて、発表を聞くのが楽しみでした。

発表を聞き、今さらながら、韓国語学習がみなさんの人生にこれほどまで影響をあたえているのか、と驚いた次第です。

次のような書籍を現在準備中です。みなさんに協力していただけたらと思います。

ミレ生でなくても結構です。学習者としてでも、教える立場として、どちらでも結構です。

<みなさんへのお願い>

  • 「韓国語学習が私たちにもたらしたんの」という書籍を計画中です。前田個人の著作物です。
  • 書籍の構成は80%は前田の語りです。最後に学習者の思いを100人分列挙しようと思います。その投書です。
  • 200字、日本語で投稿してください。メールで、データで。
  • タイトル不要、いきなり本文からお書きください。
  • ペンネームまたはイニシャルで。
  • 連絡先として「本名フルネーム」「携帯番号」をお書きください。
  • 採用、不採用はこちらにお任せください。
  • 2019年1月15日締め切り
  • 2019年中の発刊を目標にしています。
  • 発刊した際はご連絡差し上げます。献本はできません。

参考動画 https://youtu.be/q78eXn2jHng

ハンガンネットセミナー&懇親会のお誘い

2月11日(月祝) 大阪駅前第4ビル地下1F

  1. セミナー
  2. ライブ授業 (1)前田真彦 (2)飯田華子
  3. 授業の話し合い
  4. 懇談会 韓国語教室の現状と今後の展望
  5. 懇親会 あります

http://mire-k.jp/hangan201902.htm

通信289 通じなくなってしまう単語 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第289号 (2018年12月10日発行)

通じなくなってしまう単語

伊藤耕一

============

先日、私が高校生の頃によく聞いていたプリンセス・プリンセスのライブがテレビで放送されていて、子供と一緒に聞いていました。

歌詞を見なくても、ほとんど歌える曲ばかりだったのですが、その後、歌詞を子供に見せたら、思いもよらない質問を浴びることになりました。

「ブラウン管」って何?
「針がおりる瞬間」ってミシンのこと?
https://www.uta-net.com/song/2899/

「消せないアドレス、Mのページを指でなぞってるだけ」ってスマホにはページがないけど。
https://www.uta-net.com/song/880/

ブラウン管

今、大学生の長男が保育園に通っていた頃(12年ほど前)、ブラウン管のテレビが映らなくなって、液晶テレビに買い替えたのを思い出しました。

なので、子供たちの記憶にはブラウン管のテレビがおそらくないのだろうということに気が付きました。

「昔のテレビはブラウン管で観ていたんだ」とスマートフォンでブラウン管の写真を見せて説明しましたが、ちゃんと理解したかどうかはよく分かりません。

私の世代は「ブラウン管」と聞けば「テレビ」を連想できますが、今の大学生以下の世代はこの連想ができないのかなあと、改めて思いました。

針がおりる瞬間

レコードはもっと昔に遡らなければなりません。

私が高校生だった頃が、レコードからCDに移り変わった時期でした。
高校2年の時にアルバイトで貯めたお金で「CDラジカセ」を買ったので、よく覚えています。

「昔はレコードで音楽を聴いていて、レコードの溝に針をおろすと、針が振動を読み取って音を出していた。」みたいな説明をしました。

「針をおろすと、音楽が聞こえてくるまで何秒間か待たないといけなかったから、その何秒間かにドキドキしたんだよね。」
今のCDやiPodでは、このようなドキドキは感じることがないですね。

消せないアドレス

アドレス帳を書かなくなって、久しいことに改めて気づかされました。

私が大学生の頃まではアドレス帳を使っていましたが、その後、パソコンの中にスプレッドシートでアドレス帳を打ち直したことを思い出しました。

さらにその後は住所管理ソフトにそれを読み込ませて、今ではパソコンのソフトウェアで管理しています。

「必要でなくなった連絡先はボールペンで消したりしていたなあ。」とこちらは思わず感傷に浸ってしまいました。

きっと今の若い人たちはスマートフォンのアプリケーションか何かで管理しているのでしょう。

わずか数十年の間に通じなくなってしまう単語が結構ありそうな気がします。

思いつくところでは「ダイヤルを回す」「チャンネルを回す」「巻き戻し」「ダビング」など。今度、機会があったら、子供たちに尋ねてみようと思います。

通信287 高齢者と外国語教育 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第287号 (2018年11月25日発行)

「高齢者と外国語教育」

寄田晴代

——————–

先日、自分が韓国語の講師をしているという話を近所の人にしたところ、「この間韓国に初めて行ったの。すごく楽しかったからまた行きたい。韓国語も勉強したい」という反応が返ってきました。

一緒に旅行に行ったお友達は、文化センターのようなところで既に韓国語を習い始めているそうです。そこには、K-POPが好きで韓国語を始めた若い女子たちもいるらしいのですが「あの人たちには負けたくない!」と、お友達は言っているそうです。

私が「へぇー」と思ったのは、私だったら「若い人より覚えが悪くても当たり前。同じようにはできない」と考えるところを、その方は「負けたくない!」と言ったところです。(おそらく50代後半の方です。)みんな、自分のように考えるだろうと思うのは、思い込みですね。

講師が「この人はこの年齢だから、ここまでしたくないだろう」とか、受講生に対して勝手な思い込みを元に指導していなかったか、振り返るきっかけになりました。

そんなとき、ちょうど年齢と外国語学習に関する記事を読んだので、ご紹介します。スコットランドにある、高齢者向けのバイリンガル教育を行う社会的企業「リンゴ・フラミンゴ*」の話です。*Lingo Flamingo

複数の言語を話すバイリンガルの人は、そうでない人に比べて認知症の発症が最大5年遅い」という研究結果が、2013年、神経系医学の学術誌「ニューロロジー」に掲載され、この研究を受けて「リンゴ・フラミンゴ」は誕生しました。

今では、英国中の老人ホームやデイサービスで語学講座を開いて、認知症の進行や脳の老化を遅らせる革新的な取り組みとして注目されているそうです。

主に70~80代の人を対象にしていますが、研究者チームと協力して言語学習の効果を測ったり、講座の内容を開発してきました。

高齢者が学びやすいように大きい文字の教科書を作ったり、記憶術を取り入れたり、また、料理をしながら関連する単語を学ぶなど、体を動かし五感を働かせる活動も行います。

数独(number placement puzzle)やクロスワードパズルは脳の一部しか使いませんが(中略)外国語の学習は、認識力や判断力などあらゆる知能を総動員します。その人に言語学習能力があるかは関係なく、外国語を理解しようと努力すること自体が脳に良い働きをし、脳全体の運動になるのです。」という創業者のことばは、外国語を仕事にしている私たちにとっても嬉しいことばではないでしょうか。

そして、実際、重度の認知症で言葉も出なかった受講者が、外国語で「こんにちは」と発した事例も紹介されています。

高齢者は外国語学習に向かない、というステレオタイプに挑んだ活動を知ったことで、小さな積み重ねが変化をもたらすことを再確認しました。
ビッグイシュー日本版 vol.345 より)

通信286 他教室とのつながりの重要性(2) 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第286号 (2018年11月5日発行)

他教室とのつながりの重要性、その2

アイケーブリッジ外語学院 幡野泉

===============

先週、金英う先生が「他教室とのつながりの重要性」というテーマで通信を書いてくださいました。他の教室の先生とお話ししたことが契機となり、教室の受講生の方と、普通では味わえないような韓国旅行に行くことにした、という素敵なお話しでした。

私もその昔、教室を運営していて悩むことも多く、まだハンガンネットのように、韓国語学校の先生と横のつながりを持てる場所がなかったころ、門をたたいたのが、現在、当校が加盟している「全国外国語教育振興協会(全外協)」です。

http://www.zengaikyo.jp/

加盟したのは2007年です。この協会は文科省や経産省と連携を取りつつ運営していて、講師の体制や財務状況などを審査され、審査に通過すると加盟することができます。

……というと、お堅い団体と思われるかもしれませんが、定期的に開かれる勉強会や交流会に参加すると、教室を運営している方々との情報交換ができ、とても有意義です。

この団体の良いところを2つ挙げますと、一つ目は、小規模から大規模の外国語スクールの経営者や運営者に会えることです。個人経営的なスクールから、上場企業の幹部の方にも気軽に会え、交流会では何でも聞いて、何でも話せるような信頼感があります。小さいところ、大きいところ、それぞれから学べるところは計り知れません。

それから、「全国外国語」というだけあって、自然と加盟校は英語スクールが多くなります。「英語学校は参考にならない」ということはまったくなく、むしろ逆で、運営のすべてにおいて「さすが、英語教育」と思うことは山ほどあります。「規模の経済」という言葉を以前、ビジネススクールで聞いたことがありますが、(市場)規模が大きいと、運営に好循環が生まれるため、英語のスクールには追いかけたいポイントがたくさん見つかります。

全外協に加盟してからしばらくして、ハンガンネットが発足し、こちらでも会員となりました。全外協では主に英語スクールに運営・経営の理想を見て、ハンガンネットでは、韓国語、アジア言語ならではの教育法の共有や、共通した受講生層への対応法など奥深い話ができます。

日々の運営で忙しいと、このような会に加盟する気持ちの余裕が生まれなかったりもしますが、急がば回れで、是非、参加をお勧めします。

(全外協にご興味のある方は、幡野までご連絡ください!)

通信285 他教室とのつながりの重要性 金英う

【週刊ハンガンネット通信】第285号 (2018年10月30日発行)

他教室とのつながりの重要性

韓教室  金英う

———-

안녕하세요.

아침 저녁으로 기온이 많이 내려가, 기온차가 많은 날씨가 계속되고 있는데요,
벌써 10월말, 올해도 2개월 밖에 남지 않았네요.

2개월 밖에 남지 않았다고 생각하니까 마음이 조급해지기도 하고… 올 한 해는 무엇을 했는지, 그리고 또 내년에는 뭘 어떻게 할 것인지를
구상하는 시기이기도 합니다.

내년에 할 일을 생각하고 있는 중에 오랜만에 한국 여행을 교실의 학생들과 함께 가는 걸 생각하고 있어요. 한국 여행이라면 서울? 하고
생각하시겠지만 서울은 언제든지 가볍게 갈 수 있는 곳이잖아요?

그래서 별 의미가 없을 것 같아 제주에 가는 여행을 생각하고 있어요. 지금은 제주 여행 상품도 많아져서 팩키지 여행이나 자유 여행으로도
갈 수 있죠.

그렇지만 제가 기획하고 있는 건 좀 다른 여행이에요. 그냥 언제든지 가면 볼 수 있는 여행이 아니라 목적이나 뜻이 있는 여행 즉,
concept이 있는 여행을 계획하고 있습니다. 

실은 이 여행을 기획하게 된 건 다른 한국어 교실의 선생님과 얘기할 때 들었던 게 힌트가 됐어요. 그 선생님이 학생들과 함께 간 한국
여행에 대해 얘기를 많이 해 주셨는데요, 그 얘기를 들으면서 생각해 낸 여행이었어요. 교실 운영 얘기도 하고 여행 얘기도 하면서 정보
교환을 하다가 보니 이런 힌트를 얻게 된 거죠.

언제든지 가면 볼 수 있는 여행이 아니라 외국인이 혼자서 가기 힘들고 흥미를 유발할 수 있는 기획이 아니면 학생들이 안 간다는
거였어요. 실제로 학생들에게 운을 띄어 보니 가 보고 싶다는 의견도 있고, 심지어는 지금부터 비행기 예약을 해 두겠다는 사람도 있어,
‘역시나’였어요.

그 선생님과 만나서 여행의 힌트 외에도 교실 운영에 대한 힌트도 많이 얻게 됐고 정말로 유익한 시간이었어요. 때로는 이렇게 개인적으로
다른 교실의 선생님이랑 얘기하면서 정보 교환을 하면서 힌트를 얻는 것도 좋은 방법이 될 수 있다라는 생각이 들었어요. 다시 한 번 한국어
교실 간의 유대 관계가 중요하다는 걸 새삼 느끼게 됐습니다.

通信284 学び方が変わってきた 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第284号 (2018年10月8日発行)

学び方が変わってきた

ミレ韓国語学院 前田 真彦

——-

9月30日の「松本ハンセミ」に行く予定でしたが、台風の接近に伴って、電車が止まることがわかり、行くことができませんでした。ちょうどミレの授業の谷間で、竹多講師と一緒に行くつもりで特急券など取って楽しみにしておりましたのに残念でした。次の機会にみなさまにお目にかかれるのを楽しみにしております。

さて、今日はミレの最近の受講生の動向を見ながら感じていることなど、ちょっと書いてみることにいたします。

スマートフォンの普及で、この1年ぐらいで急速に「学び方」が変わってきたように感じています。週に1度決められた曜日、決められた時間に教室に集まって学ぶという従来のスタイルが、スマートフォンを使って好きな時間に個人で学ぶ、そんな志向が強くなっているのではないかと思います。

以前はPCでしかできなかったことが、スマートフォンの機能がアップして、動画による授業、音声や、データのやり取りなど、より手軽にできるようになってきました。また、中高年の方もスマートフォンの操作に慣れてきて、電話やメールだけでなく、様々な機能を使いこなすスキルを身に付けてきたようです。

そのような理由からか、ミレのオンライン教室生がじわじわ増えてきています。今までは首都圏に韓国語教室が集中し、地方にはなかなか多様なレベルの教室がありませんでしたが、今やオンラインで、自分のレベルにあった教室を選べる時代になってきたのです。地方にいながら、自宅で学べるのです。地方と言いましたが実は地域にかかわらず、仕事で教室に通える時間が取れない方や、子育て・介護中で家から出られない方なども同じです。自分に合った時間に、自宅で学べる時代になってきたのです。

こういう個人型の学びのスタイルを応援するシステムの構築が必要です。オンライン教室で様々なレベルの授業を準備することはもちろん、学習しやすいオンラインに適した教材の開発や、課題の受け渡し、カウンセリング、学習者同士の交流会、講師との交流会、オンラインイベントなども、オンラインならではの課題がたくさんあります。

対面の授業がもちろん一番良いんでしょうが、オンラインで学べる可能性をもっと多くに人に知ってもらい、より多くの人に、便利な学びのシステムを提供していきたいです。