通信286 他教室とのつながりの重要性(2) 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第286号 (2018年11月5日発行)

他教室とのつながりの重要性、その2

アイケーブリッジ外語学院 幡野泉

===============

先週、金英う先生が「他教室とのつながりの重要性」というテーマで通信を書いてくださいました。他の教室の先生とお話ししたことが契機となり、教室の受講生の方と、普通では味わえないような韓国旅行に行くことにした、という素敵なお話しでした。

私もその昔、教室を運営していて悩むことも多く、まだハンガンネットのように、韓国語学校の先生と横のつながりを持てる場所がなかったころ、門をたたいたのが、現在、当校が加盟している「全国外国語教育振興協会(全外協)」です。

http://www.zengaikyo.jp/

加盟したのは2007年です。この協会は文科省や経産省と連携を取りつつ運営していて、講師の体制や財務状況などを審査され、審査に通過すると加盟することができます。

……というと、お堅い団体と思われるかもしれませんが、定期的に開かれる勉強会や交流会に参加すると、教室を運営している方々との情報交換ができ、とても有意義です。

この団体の良いところを2つ挙げますと、一つ目は、小規模から大規模の外国語スクールの経営者や運営者に会えることです。個人経営的なスクールから、上場企業の幹部の方にも気軽に会え、交流会では何でも聞いて、何でも話せるような信頼感があります。小さいところ、大きいところ、それぞれから学べるところは計り知れません。

それから、「全国外国語」というだけあって、自然と加盟校は英語スクールが多くなります。「英語学校は参考にならない」ということはまったくなく、むしろ逆で、運営のすべてにおいて「さすが、英語教育」と思うことは山ほどあります。「規模の経済」という言葉を以前、ビジネススクールで聞いたことがありますが、(市場)規模が大きいと、運営に好循環が生まれるため、英語のスクールには追いかけたいポイントがたくさん見つかります。

全外協に加盟してからしばらくして、ハンガンネットが発足し、こちらでも会員となりました。全外協では主に英語スクールに運営・経営の理想を見て、ハンガンネットでは、韓国語、アジア言語ならではの教育法の共有や、共通した受講生層への対応法など奥深い話ができます。

日々の運営で忙しいと、このような会に加盟する気持ちの余裕が生まれなかったりもしますが、急がば回れで、是非、参加をお勧めします。

(全外協にご興味のある方は、幡野までご連絡ください!)

通信285 他教室とのつながりの重要性 金英う

【週刊ハンガンネット通信】第285号 (2018年10月30日発行)

他教室とのつながりの重要性

韓教室  金英う

———-

안녕하세요.

아침 저녁으로 기온이 많이 내려가, 기온차가 많은 날씨가 계속되고 있는데요,
벌써 10월말, 올해도 2개월 밖에 남지 않았네요.

2개월 밖에 남지 않았다고 생각하니까 마음이 조급해지기도 하고… 올 한 해는 무엇을 했는지, 그리고 또 내년에는 뭘 어떻게 할 것인지를
구상하는 시기이기도 합니다.

내년에 할 일을 생각하고 있는 중에 오랜만에 한국 여행을 교실의 학생들과 함께 가는 걸 생각하고 있어요. 한국 여행이라면 서울? 하고
생각하시겠지만 서울은 언제든지 가볍게 갈 수 있는 곳이잖아요?

그래서 별 의미가 없을 것 같아 제주에 가는 여행을 생각하고 있어요. 지금은 제주 여행 상품도 많아져서 팩키지 여행이나 자유 여행으로도
갈 수 있죠.

그렇지만 제가 기획하고 있는 건 좀 다른 여행이에요. 그냥 언제든지 가면 볼 수 있는 여행이 아니라 목적이나 뜻이 있는 여행 즉,
concept이 있는 여행을 계획하고 있습니다. 

실은 이 여행을 기획하게 된 건 다른 한국어 교실의 선생님과 얘기할 때 들었던 게 힌트가 됐어요. 그 선생님이 학생들과 함께 간 한국
여행에 대해 얘기를 많이 해 주셨는데요, 그 얘기를 들으면서 생각해 낸 여행이었어요. 교실 운영 얘기도 하고 여행 얘기도 하면서 정보
교환을 하다가 보니 이런 힌트를 얻게 된 거죠.

언제든지 가면 볼 수 있는 여행이 아니라 외국인이 혼자서 가기 힘들고 흥미를 유발할 수 있는 기획이 아니면 학생들이 안 간다는
거였어요. 실제로 학생들에게 운을 띄어 보니 가 보고 싶다는 의견도 있고, 심지어는 지금부터 비행기 예약을 해 두겠다는 사람도 있어,
‘역시나’였어요.

그 선생님과 만나서 여행의 힌트 외에도 교실 운영에 대한 힌트도 많이 얻게 됐고 정말로 유익한 시간이었어요. 때로는 이렇게 개인적으로
다른 교실의 선생님이랑 얘기하면서 정보 교환을 하면서 힌트를 얻는 것도 좋은 방법이 될 수 있다라는 생각이 들었어요. 다시 한 번 한국어
교실 간의 유대 관계가 중요하다는 걸 새삼 느끼게 됐습니다.

通信284 学び方が変わってきた 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第284号 (2018年10月8日発行)

学び方が変わってきた

ミレ韓国語学院 前田 真彦

——-

9月30日の「松本ハンセミ」に行く予定でしたが、台風の接近に伴って、電車が止まることがわかり、行くことができませんでした。ちょうどミレの授業の谷間で、竹多講師と一緒に行くつもりで特急券など取って楽しみにしておりましたのに残念でした。次の機会にみなさまにお目にかかれるのを楽しみにしております。

さて、今日はミレの最近の受講生の動向を見ながら感じていることなど、ちょっと書いてみることにいたします。

スマートフォンの普及で、この1年ぐらいで急速に「学び方」が変わってきたように感じています。週に1度決められた曜日、決められた時間に教室に集まって学ぶという従来のスタイルが、スマートフォンを使って好きな時間に個人で学ぶ、そんな志向が強くなっているのではないかと思います。

以前はPCでしかできなかったことが、スマートフォンの機能がアップして、動画による授業、音声や、データのやり取りなど、より手軽にできるようになってきました。また、中高年の方もスマートフォンの操作に慣れてきて、電話やメールだけでなく、様々な機能を使いこなすスキルを身に付けてきたようです。

そのような理由からか、ミレのオンライン教室生がじわじわ増えてきています。今までは首都圏に韓国語教室が集中し、地方にはなかなか多様なレベルの教室がありませんでしたが、今やオンラインで、自分のレベルにあった教室を選べる時代になってきたのです。地方にいながら、自宅で学べるのです。地方と言いましたが実は地域にかかわらず、仕事で教室に通える時間が取れない方や、子育て・介護中で家から出られない方なども同じです。自分に合った時間に、自宅で学べる時代になってきたのです。

こういう個人型の学びのスタイルを応援するシステムの構築が必要です。オンライン教室で様々なレベルの授業を準備することはもちろん、学習しやすいオンラインに適した教材の開発や、課題の受け渡し、カウンセリング、学習者同士の交流会、講師との交流会、オンラインイベントなども、オンラインならではの課題がたくさんあります。

対面の授業がもちろん一番良いんでしょうが、オンラインで学べる可能性をもっと多くに人に知ってもらい、より多くの人に、便利な学びのシステムを提供していきたいです。

通信283 松本ハンセミの報告 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第283号 (2018年10月3日発行)

松本ハンセミの報告

伊藤 耕一

============

9月30日、松本でハンセミを開催しました。

今回もライブ授業を行い、より良い教授法について意見交換する形で企画しました。

韓国語教師参加者は7人、ライブ授業の生徒役は13人、世話人3人の合計23人の催しとなりました。

ライブ授業の1本目は阪堂千津子先生による「고と서の使い分け」でした。

고と서の使い分け

まず、生徒役の皆さんを4つのグループに分けて、簡単な自己紹介をした後、二つの文章の間のブランクに고を入れるのか、서を入れるのかをメンバー間で話し合ってもらい、どちらが適切なのかを確かめるという方法で授業が進みました。

どうしてそうなるのかを、いくつかのテキストに出てくる説明を引用しながら確かめてみたり、韓国語ネイティブの参加者に確認してみたりしました。

例文によっては고を使っても서を使っても良いケースがあるのではないか、その違いをどのように学習者に説明すれば分かりやすいかといった議論が展開されました。

日本人学習者の傾向として、서を多用する傾向があり、고を使うべき場面で서を使ってしまうことに対し、「人のシルエットが変わる動詞」「知覚を表す動詞」の後には서を使うという覚え方を提案してくださり、アンケートではこの説明が分かりやすかったという感想がいくつかありました。

ただ、その一方でこの使い分けには多少の個人差があることの言及に対しては「少し分かりにくかった」という感想もありました。

最後に「むすんでひらいて」の動揺を韓国語に訳して歌うアクティビティをしました。

歌詞に出てくる「て」を訳す時に「고」になるのか「서」になるのか、手を使いながら解説した時にはすんなりと理解できたようでした。

2本目は金順玉先生による「ネイティブにとって聞き取りづらい発音ワースト3」でした。

ネイティブが聞き取りにくいノンネイティブの発音

韓国語の学習者が実際に韓国で話をしてみると通じないことがあったり、学習者と話をした時にネイティブの先生が聞き取りづらい発音があったりする現象をいくつかのパターンに分けた中から最も聞き取りづらい3つの類型についてのお話しでした。

それは「①母音/ㅓ/と/ㅗ/が入れ替わる」「②平音・激音・濃音が入れ替わる」「③パッチム(終声子音)の発音」の3つで、これをどのように直すかを実際にやってみました。

生徒役の皆さんに伝言ゲームのアクティビティをしてもらい、音としての文章が最後まで正確に伝わるかどうかを確かめてもらったのですが、うまく伝わった文章もあれば、伝わらなかった文章もあり、/ㅓ/と/ㅗ/の発音の違いを、発声時のあごの高さで比べてみるといった分かりやすい解説もあり、とても勉強になったという感想もありました。

あいにくの台風24号接近

当日は運悪く台風24号が近づいてくる日となってしまい、開催自体をどうするか世話人で話し合いました。9月30日のハンセミ終了の段階では松本が暴風圏に入らない見込みと判断し開催を決め、実際に当日の風雨の影響は小さかったのですが、鉄道の運休が予想よりも早くハンセミ終了時刻よりも前に実施されることがセミナー進行中に発表され、急遽の判断でライブ授業のみを行って終了することとなってしまいました。

ライブ授業の振り返りの議論を行い、懇談会や懇親会も行う予定だったのですが、残念な結果となってしまいました。

それでも、ご参加いただいた皆さんからは「勉強になった」「今後の授業に活かしてみたい」という声も聞かれ、一定の良い結果も残せたものと思っております。

今後もハンセミ、交流会などを予定しています。企画が決まりましたら随時お知らせしますので、是非多くの皆様にご参加いただきたいと思います。

最後に、松本ハンセミの運営にご尽力いただいた皆様、ご参加くださった皆様に感謝申し上げます。

通信281 続けていれば 金英う

【週刊ハンガンネット通信】第281号(2018年8月27日発行)

続けていれば

金英う

———-

안녕하세요

8월 말인데도 아직도 계속되는 더운 날씨! 빨리 서늘한 가을이 왔으면 하는 바램으로 하루하루를 보내고 있는 요즘입니다.

지난 회에 요리타 선생님이 말씀하신 「英語教育改革 まず検証を」라는 기사, 맞는 말이라고 봅니다.

한국 여행을 갔다온 일본 사람들 중에는 자신의 한국어가 통하지 않아 영어로 했더니 통했다고 말하는 사람들을 만날 때가 있어요.

한국에서는 영어 교육이 초등학교 때부터 이루어지고 있기 때문에 젊은 사람이라면 간단한 회화 정도는할 수 있어요

제가 본 한국과 일본의 영어 교육의 다른 점은 ‘정부의 적극성’에서 기인하고 있다고 봅니다.

한국에서는 초등학교부터 영어 전담교사가 필수로 상주해 있고, 그 교사들을 평가/감독하는 것도 정부 기관이 하고 있어요

하지만 일본은 영어 교사에 대한 자격 기준과 대우가 정해져 있지 않아 지역에 따라서는 자원봉사자쯤으로 생각하고 있다는 것이 크게 다른
것 같아요.

정부의 적극적인 금전적인 투자와 철저한 관리를 위한 개혁없이는 일본의 영어 교육은 지금과 거의 다름없는 상태가 계속될 것이라고 봐요.

서론이 길어졌는데요, 오늘은 제 교실에서 하고 있는 팟캐스트에 대한 얘기입니다.

제 교실에서 하고 있는 팟캐스트 podcast

창립이후 계속해서 한국어로 팟캐스트를 올리고 있는데요, 지난번이 226호째였어요.

하지만 오랜 기간에 비해 그동안 팟캐스에 대한 문의나 의견은 손가락으로 셀 수 있을 정도로 아주 적었어요.

그래서 팟캐스트 원고를 쓸 때마다 이쯤에서 그만둘까라는 생각을 한 게 한 두번이 아니었어요.

그런데 요전에 팟캐스트를 계속하길 잘 했다는 걸 일깨워 준 일이 있었어요.

학생들이랑 같이 점심을 먹고 있을 때 한통의 전화가 걸려 왔어요.

제가 초창기에 올린 속담에 관한 팟캐스트 내용에 대해 물어 보고 싶다는 거였어요.

제 기억 속에서 조차 가물가물한 내용을 어떤 사람이 전화로 물어 오다니! 예상도 못한 일이었죠.

그 분은 무슨 연구를 하는데 제가 올린 속담의 내용을 확인해 보고 싶어서 전화한 거라고 했어요

아주 기뻤지요! 이외로 제 팟캐스트가 누군가에게 도움을 주고 있구나라는 걸 알게 돼서 보람도 느꼈구요.

청취자의 반응이 없어 읽는 사람이 없다고, 듣는 사람이 없다고 생각하고 있었는데, “제 팟캐스트를 봐주는 사람이 그래도 있었구나,
계속하길 잘 했어!”라고 조그만 달성감을 느끼는 것과 동시에 계속 꾸준히 하고 있으면 언젠가는 자신이 만든 걸 읽어 주고, 들어 주는
사람이 생길 거라는 낙천적인 생각을 이 전화를 계기로 가지게 됐답니다.

通信280 「話す力」求め一直線: 英語教育から考える 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第280号 (2018年8月18日発行)

「話す力」求め一直線: 英語教育から考える

寄田晴代

————

学校の夏休みも後半になりました。我が家では、夏休みの宿題に焦りを見せ始めている人がいます。

うちの子どもと同じクラスに、韓国人の友達がいます。その友達が夏休みに韓国に研修に行くと聞き、てっきり韓国語に磨きをかけるためかと思っていたら、英語のTOEFLの集中講座を受けるというのです。午前9時から午後4時まで、日曜日以外毎日授業があるそうです。

そのお母さんによると、韓国の学生は普通4週間コースだけれど、うちは日本から行くから日程が合わなくて2週間、なのだそうです。ちなみに、中学生の話です。

夏休みのTOEFL集中講座には海外在住の韓国人子弟たちが、あちこちの国からソウルへやって来るというのにも驚きました。アメリカに住んでいる子どもも来るそうで、やはり生活で外国語を使えるということと、試験で得点を取るということは別なのでしょうか。

夏休みの計画といえば、家族で遊びに行くことしか考えたことのない私は、韓国人の教育熱心さに改めて感心させられました。

英語と言えば日本では2020年度からの大学入試改革で英語の民間試験を活用するなど、英語教育が大きく変わろうとしています。

英語教育改革、まず検証を

今年6月4日の日経新聞で、立教大学の鳥飼玖美子名誉教授が書いた「英語教育改革 まず検証を」という記事を読みました。韓国語教育にも通じるところがあると思い、紹介させていただきます。

記事では「英語を話せるようになりたい」という長年に渡る日本人の願いを背景に、1986年臨時教育審議会第2次答申が、中学高校では「文法知識の習得と読解力の養成に重点が置かれすぎている」と糾弾し、それを受けての教育改革の流れを紹介しています。

高校に「オーラルコミュニケーション」という教科の新設、小学校での「外国語(英語)活動」必修化、高校での英語授業は「英語で行うことを基本とする」という指示など、みなさんもご存知だと思います。

「コミュニケーションに使える英語」を目指して30年近く改革は続けられてきましたが、政府による達成目標(中3英検3級以上、高3英検準2級以上、それぞれの割合50%以上)には達しておらず「生徒の英語力はむしろ下がった感がある」「現実に多くの大学では、英語を話すどころか読めない、書けない入学生の対応に追われている」と筆者は述べています。

そして、これまでの英語教育の改革を検証し、改革の方向は適切であるのか、思い込みを捨てて議論すべき時が来ている、と結んでいます。

これは中学高校での話なので、やる気満々の市民講座受講生の場合と同じには考えられません。しかし、なかなか思うように韓国語が話せない、と思っている受講生は少なくないでしょう。

具体的に話す場面や内容を思い浮かべる

漠然と「話せるようになりたいなあ~」と夢見るのではなく、この外国語でこんな話がしたい、と具体的に話す場面や内容を思い浮かべてみてはどうでしょう。話す力は、発信したい意欲に負うところが大きいと思うからです。

中高生も、質問したり意見を言う習慣と、安心して発言できる場があれば、外国語を話す力の助けになるのでは、とも思いました。また、記事の中で「読み書きの基礎力があれば、大学入学後に話すことの指導は可能である」と述べられているのですが、この基礎力なしに話す力は伸びないことは、講師のみなさんも共感できるのではないでしょうか。

そういうことも、学習者にうまく伝えられると学習効果が上がるのでしょうね。何かの思い込みが私たちの学習を邪魔していないか、考えるきっかけになりました。

通信279 大ベテランも悩む、クラスのレベル差 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第279号 (2018年7月30日発行)

大ベテランも悩む、クラスのレベル差

アイケーブリッジ外語学院 幡野

———-

猛暑の中、東京のハンガンネットセミナーを開催しました。ご参加下さった先生方、どうもありがとうございました。

金順玉先生によるライブ授業には11名の受講生役の方があつまり、スムーズで臨場感あふれる授業を体験することができました。

その後、受講生は退場し、講師のみで振り返りを行い、その後は、ハンコンということで、普段の悩みやアイデアを出し合う場を設けました。

ハンセミ・ハンコンの振り返りとして、ひろば語学院の丹羽先生が、添付のようにまとめてくださいましたので、是非ご覧下さい。

このハンコンのテーマ「受講生間でレベル差のあるクラスをどのように運営するか、その秘訣」ですが、今回のハンセミ・ハンコンについての話し合いの際に、私が提案しました。

というのは、以前、私が韓国で大変お世話になった延世語学堂の先生に、

「いちばん苦労していることは何ですか?」と聞いたときに、このことを挙げていらしたためです。

先生は語学堂で一番長いキャリアを持つ大ベテランだったのですが、その先生が、「너~무 힘들어요.」と首を振りながら感情を込めて

話されていた姿が忘れられません。先生曰く、例えば夏期講習的な1か月の単発講座等で、1級と3級の人が共存するようなクラスの担当を任されることもあるのだとか。

さすがに1級と3級は差があり過ぎますが、先生のような方でもそうなのか、と思いました。やはり、複数人数のクラスには付きまといがちな問題ですね。

ハンコン当日は、添付の振り返りをご覧いただくとお分かりのように、先生方のちょっとした機転やコツについて情報交換ができ、

有意義なひと時でした。講師の技術論あり、受講生のキャラクターや、捉え方による、という点あり、いろんなケースがあるなぁ、と思いました。

そんな現場の状況がわかるだけでも、有意義ですよね。

今後も、いろいろな情報交換ができたら、と思います。

9月30日(日)は、長野県松本市でハンセミ・ハンコンが開催されます。

金順玉先生の講義が行われ、ハンコンでも似たテーマが話されることになるでしょう。

近隣にお住まいの先生方をお誘いの上、是非ご参加ください!

レポートを楽しみにしています。

通信278 教室での楽しさを次につなげるために 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第278号 (20187月23日発行)

教室での楽しさを次につなげるために  

ミレ韓国語学院 前田真彦

———-

僕が担当している授業で、最近特に楽しいのが、1「通訳メソッドできたえる中級韓国語」と2「話せない人のための初中級会話」です。 

1は、4色ボールペンディクテーションで聞き取ったニュースを、音読練習、通訳練習した後、「伝える」活動をします。「伝える」活動とは、「今聞き取ったニュースを知らない友達に伝えてみよう」という活動です。これが実に楽しい。受講生の表情が生き生きとして、声も大きくなります。エアコンが効きすぎて肌寒かった教室が、汗ばむほど暑くなります。それだけ受講生のみなさんが活発に活動して、熱を発散しているのです。 

2は、7月から始めたオンライン授業です。そのタイトルのように、「話せない人」ばかりが集まっています。自己紹介を繰り返し、そのたびごとに1分、130秒、2分と時間を延ばして、内容を濃くしていきます。自分を語り、よく使う表現に習熟してもらうのが目的です。上達が目に見えて、本当に楽しいです。 

教師としては、楽しい活動をし、手応えも十分感じられるので、うれしくて仕方がないというところです。 

しかし、です。1の「伝える」の活動のあと、宿題として、その内容を作文に整理して提出してもらいました。2の「自己紹介」をきちんと書いて提出してもらいました。 

これが、ちょっと、想像とは違いました。基本的な間違いや、物足りなさが目につきます。教室活動が、とびっきり楽しくても、きちんと細部を見て個別にフォローをしないと、いろんな問題点がそのまま放置されてしまうということがよくわかりました。 

活動の楽しさにだけ目を奪われるといけません。「伝える」も「会話」もすごく楽しいので、油断すると、それだけで満足してしまいかねないほどです。しかし本当に力が付くのは、ここから先なんですね。 

楽しさを定着させるためにも、その場限りの活動で終わらせてはいけません。 

今度、「伝える」活動の時に、受講生に頼んで、口元にマイクを置いて、録音させてもらおうと思います。それを文字起こしして、本当に、「伝える」活動がしっかりと行えているのか、どういう表現があいまいに発話されているのかを、きちんと分析してしばらくためていこうと思います。 

「伝える」活動を、ミレの定番活動にしていくためには、受講生分析・活動分析が必要だと、つくづく感じています。 

教室での楽しさを次につなげるために、教師がしなければいけないことは何かということを考えています。

通信277 語族について 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第277号 (2018年7月16日発行)

語族について

伊藤 耕一

———-

先日、このような記事を目にして、思わずブックマークしてしまいました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00224181-toyo-soci
語族がどのように広がったり滅んだりしてきたのか、学生時代の私にはとても興味深い話で、「インド・ヨーロッパ語族は、どう拡散したのか」は是非読んでみたいと思いました。

教室を運営していて数回を経ると、受講生の集中力が段々と低くなったり、やる気の個人差が顕著になったりすることがあると思います。
そのような表情や仕草が見えた時には、その時に授業で扱っている内容からなるべく自然に逸脱して、間接的に雑談に移るようにして、受講生の集中力を取り戻す試みをしたことがあります。

例えば、「語族」に関連した話として、こんな話をしたことがあります。

  • 日本語と韓国語はよく似ているが、学問的には、いつ枝分かれしたのかがはっきりと分かっていない。
  • 日本語と韓国語のほかに似ている言語はモンゴル語、トルコ語、ハンガリー語、フィンランド語と言われている。(モンゴル人力士が上手に日本語を話すのはその証左)
  • ハンガリーやフィンランドの言葉がアジアの言葉と似ているのは、昔のモンゴル帝国の版図拡大と関係がある。
  • ハンガリー人の赤ちゃんには蒙古斑があり、実は人種的にもアジア系である。
  • もし話せる外国語を増やしたいなら、モンゴル語やトルコ語を勧める。(モンゴル人力士みたいに話せるはず)
  • インドの言葉とパキスタンの言葉はとても似ていて、大阪弁と神戸弁くらいの違いしかない。(学生時代の先輩の話によると)
  • でも、インド人はデーヴァナーガリー文字を使い、パキスタン人はアラビア文字を使う。(宗教の影響)
  • インド人に道を尋ねると必ず答えてくれるが、正しいとは限らない。(インド人は質問に答えられないことをとても恥ずかしいと感じる人たち。日本人が悲しい時でも笑顔を見せようとする気持ちに似ている。全く悪気はないんだけど結果的に嘘をついてしまう。)
  • 韓国人に道を尋ねると親切に教えてくれる。だから韓国で道に迷ったら、迷うことなく近くの人に尋ねましょう。
  • 学生時代、宿泊先がどうしても分からなくて、近くにいた初老の紳士に道を聞いたら、親切にもホテルまで連れて行ってくれた。
話をしていくと、たいがい思いつくままに話してしまうので、最後は語族と関係のない話になってしまうことが多いのですが、話しているうちに受講生の目がこちらに向き、集中力がよみがえってくるので、頃合いを見て授業に戻るようにしていました。

自分の学生時代を思い出してみると、こういう雑談の多かった先生のことはよく覚えていて、雑談を思い出すと、それを引き出しに当時教えてもらったレベルの高い授業内容を思い出したりすることがあります。

この本からも、今後に使える何らかの新しいネタを見つけられるのではないかと思っています。

受講生の集中力が低くなってしまったような時、雑談以外にも何らかの手段があると思いますが、皆様はどんな対応をされているでしょうか。
是非お伺いしてみたいと思いました。

最後に、7月29日(日)には、東京でハンセミが行われます。Twitterを使った韓国語短作文から会話レッスンへとつながる、ライブ授業とハンコンが予定されています。
ライブ授業の講師は世話人のキムスノク先生、ハンコンの司会進行は世話人の幡野泉先生です。
皆様のご参加をお待ちしています。