通信259 「学習者に伝える」ということ 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第259号 (2018年2月5日発行)   「学習者に伝える」ということ 寄田晴代        ———-   授業で一生懸命説明したつもりなのに、今ひとつ伝わっていないようだ。 そんな経験をされたことはありませんか? そんなときは、つい学習者側に責任を転嫁してしまいがちな私ですが、それを考え直すようなことがありましたので、書いてみます。   離れて暮らす高齢の両親を時々訪ねます。先月は、母が病院に行くのでついて行きました。 お医者さんは、今回受けた検査の結果と、生活上の注意点、次回の検査について話すのですが、声が小さめで、話し方が不明瞭。話のどこが大事なところなのかわかりにくい。 母はふん、ふん、とうなずいているものの、絶対わかってないわ、と思ったので、 「それは、こういうことですか?」「こういう意味ですか?」と横から確認をしながら聞きました。 その後、次の検査の詳しい話を看護師さんがしてくれました。 注意事項が書いてある紙を見せながら、説明するのですが、それがちょっと早口で、しかもざわざわした待合スペースでのことで、耳が悪くなった母には聞き取るのがしんどいはずです。 「○○時までにお食事を済ませておいてくださいね」と言うので、「すみません。ここに書いておいてもらえますか」と頼み、 大事なところにマーカーで印つけて、とお願いしました。 母は、うなずきはするがメモを取ろうともしないし、言われた数字を覚えているとは思えないからです。注意事項の紙も、小さい文字がいっぱいなせいか、母は読む気すらなさそうでした。   私はとても不思議に思いました。 医者も看護師も、日常的に大量の高齢者に接しているはずなのに、高齢者に何かを伝える際の配慮がないように見えたからです。 これ、わたしのような付き添いのいない高齢の患者さんは、どうしているのでしょうか? その日出会ったお医者さんも看護師さんも、特に不親切というわけではありません。好意的に考えれば、ただ気づいていないだけ。 そんな話し方じゃ、高齢者には伝わりにくいことに気づいていないだけなのでしょう。   そこで唐突に、私も授業でこういう配慮のないことをしていないだろうか、と思ったわけです。 何か質問ありますか?わかりましたか?と聞くと、学習者はたいてい黙っています。 「え~?わかんなーい」と言う人もたまにいます。 そういう人に対して、内心ムッとしている場合ではなかった。 知りたいと思っているのに、分かりにくい説明をされるとこんなにイライラする、という経験を久しぶりにして、私も授業で使う言葉や言い方、声の大きさをもっと吟味してみよう思いました。   ある知り合いの韓国語講師から聞いた話が印象的でした。 若い学生が露骨に「わからない」を繰り返すので、文法用語など排除して、本当に平易な言葉で説明するようにした。 そうしたら、他の年配の学習者たちから「先生最近わかりやす~い」とほめられた、と。 わからなくてモヤモヤしている人って、結構いるのかもしれません。 「わからないことは質問してください」と言っているだけでは、先に進めないことがある、と思いました。

通信251 「聞き取る」ということ   寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第251号 (2017年11月20日発行) 「聞き取る」ということ 寄田晴代 ———- 先日、娘から面白い話を聞きました。 娘のアルバイト先に、鹿児島出身の年配のパートのおばさん(Aさん)がいるのですが、一緒に会話をするものの、実は何をおっしゃっているのか、よく聞き取れないというのです。そして、中国人のパート従業員さん(Bさん)の日本語も聞き取れないことが多い。 ところが、Aさんと Bさん二人が会話しているのを見ていると、いつもとても話が弾んでいるようなので、とても不思議だと言うのです。 一体、なぜ二人は言葉が通じるのか? 推測してみるに、思いついたことは次の3点。 1.実は互いに聞き取れない部分も多いが、適当に合わせて会話自体を楽しもうとしている。 2.付き合いが長いので、相手の言葉に慣れているから聞き取れる。 3.互いに親しみを感じているため、相手の言葉を理解したい気持ちがなせるワザ。 (他にも理由を思いついた方、お知らせください!) 外国語を聞き取れるようになるには、たくさん聞いて耳を慣れさせることは必須でしょう。 しかし、いくらたくさん聞いても、語彙力や文法の知識が乏しければ、聴解力を伸ばすには限界があることは言うまでもありません。 ただ、たくさん聞くことによって、外国語を聞くことに慣れ、外国語を聞く負担感が減り、学習が進むという効果もあるでしょう。 冒頭のAさんBさんの話をきっかけに、自分の韓国語リスニング力獲得過程を思い出し、「聞き取る」ことについて考えました。 私は大学院生の時に韓国に留学したのですが、留学する時、リスニングにはたいして不安がありませんでした。 大学の4年間、毎年2か月ほど韓国に滞在しながら、あまり不便なく過ごし、韓国人の友達ともコミュニケーションが取れ、大学院の授業が韓国語だけで行われるときも困ったことがなかったからです。 ところが、留学して授業にでてみると、先生の講義はわかる。でも、話の合間に出て来るジョークが聞き取れない。みんななんで笑ってるの?と、悔しい思いをしました。 また、私は楽器や舞踊など、韓国伝統芸能の勉強もしていたのですが、地方から出て来た弟子仲間の言葉が聞き取れない。多少方言があるせいもあったのですが、原因はどうもそれだけではないようなのです。 結局、そのとき私が悟ったのは、今まで自分が韓国語を聞き取れたのは、外国人の私が聞き取りやすいように、みんなが配慮してくれていただけなのだ、ということでした。弟子仲間の大半は、ひたすら伝統芸能の修行に励み、高校卒業と共にソウルにやって来た人たちで、たぶん外国語の学習に没頭した経験もなく、外国人と接する機会もなかったでしょう。ゆえに、わかりやすく話す発想がなかったと思われます。 十分韓国語が聞き取れると思っていた頃の私は、聞き取れる言葉だけをキャッチして、聞き取れない言葉はみんな取りこぼしていたのでしょう。そして、取りこぼしていることにさえ気づいていなかったのだと思います。 知っている語彙が増え、耳が開いてくる(?)につれ、意味はわからないけれど、単語単位で音を捕まえられるようになってきました。捕まえた音を辞書で調べることができるようになりました。捕まえた音を文字化して辞書で調べるには、音変化の知識が欠かせません。 このように、学生たちにも将来的には一人で学習を進められることを願って、自分の経験を語ったりするのですが、聞き取ってくれているのかはわかりません。 余談ですが、金髪で青い目の西洋人のママ友に「初めましてナカムラです」と流暢な日本語で挨拶されたとき、聞き取れませんでした。 予想もしていないことを言われると、上手な日本語でも聞き取れないものなのだなあ、と思いました。

通信251-300 [17年11月-19年6月]

251. 「聞き取る」ということ  寄田晴代 2017.11.20 252. 私の韓国語講師奮闘記16: 先週の通信を読んで思わず笑ってしまった  宮本千恵美  2017.11.27 253. 日本語訛りの韓国語  吉川寿子  2017.12.04 254. 言語干渉  伊藤耕一  2017.12.11 255. 韓国訪日学生団と市民の交流会  阪堂千津子  2017.12.20 256. 次のスピーチコンテストのヒント  前田真彦  2017.12.25 257. スピーチ大会の評価ポイントや講評  幡野泉  2018.01.08 258. Windows10新機能でSkypeレッスン   金英う  2018.01.29 259. 「学習者に伝える」ということ  寄田晴代 2018.02.05 260. 私の韓国語講師奮闘記17: 独りよがりな教え方  宮本千恵美  2018.02.12 261. 学習者の不安感   吉川寿子  2018.02.28 262. ピョンチャンオリンピック  伊藤耕一  2018.03.05 263. 大学生との交流会: 韓国語学習者の感想   阪堂千津子  2018.03.12 264. 講師研修のシステム確立が大事 前田真彦  2018.03.20 265. AIの発達に備えつつも、変わらない地道な努力 幡野泉  2018.03.27 266. 翻訳講座で学んでみた 寄田晴代  2018.04.13 267. 私の韓国語講師奮闘記18: 独りよがりな教え方2  宮本千恵美  2018.04.16 268. 成人学習者の効果的なインプット 吉川寿子  2018.04.26 …

通信244 評価について 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第244号 (2017年9月14日発行) 評価について 寄田晴代 ———- 楽しい夏休みも終わり、新学期の始まりと共に、私の職場では先日定期試験がありました。 返されたテストを見て一喜一憂する経験は、誰しも持っているのではないでしょうか。 そこで、今回は「評価」について書いてみます。 まず、評価の元になる試験ですが、作成する段階から、毎回悩みます。 その人の実力が鮮やかに反映されて、なおかつ採点が簡単な試験が作りたいのですが、なかなかうまくいきません。 韓国語に限った話ではありませんが、そもそも試験とは、学習したことがどれくらい理解できたか、定着したかを確認するという役割が大きいでしょう。 学習者自らが 、自分の足りない部分に気づき、これからより良くなるために作戦を立てる材料となるものになってほしい。 そう思って試験を作っているのですが、点数さえわかれば、試験問題の解説には関心のない学生がいるときは残念な気持ちになります。 また、試験をすることによって、教える側にも大きな気づきがあります。 伝えたつもりが、きちんと伝わっていなかった。違う解釈をされていた。説明も練習もしたはずなのに定着率が悪かった。 それらの結果を「学生の不勉強」の一言で済ませるのは簡単ですが、教える私も、これを元に次の作戦を立てなければなりません。 学期ごとの評価は、私は、定期試験の点数と平常点(小テスト・出席・提出物・授業参加)を 合わせて判断します。 市民講座などでは、学習者に対して試験や評価がないところもあるかもしれません。 学習者にも教える側にも気づきを与えてくれる「試験」は、学習を活性化させるものだと思うのですが、「試験」と聞くだけで嫌になり、韓国語学習が楽しくなくなる人もいるでしょう。 ゲームのように楽しみながら、学習到達度が測れる方法があればいいですね。ご存知の方、教えてください。 「評価は学習者を支援するものでなければならない」と目白大学の中川先生(ちょうど9月17日の朝鮮語教育学会例会で発表されますね)が発表でおっしゃった言葉に、なるほど、と思いました。(何の発表だったか覚えていません。すみません)

通信235 ライブ授業をしてみて 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第235号 (2017年7月1日発行) ライブ授業をしてみて 寄田晴代 先日、ハンガンセミナーにてライブ授業をさせていただきました。そのことについて書いてみます。 模擬授業は生徒役である講師のみなさんを相手に授業するのに対して、ライブ授業は、本物の学習者を相手に授業をしてみせます。私にとってこのような機会は、はるか昔大学生時代の教育実習以来だったので、とても緊張しました。それでも、やってみようと思ったのには二つの理由があります。 ひとつは、自分の授業についてリアルにアドバイスがほしかったこと。ふたつ目は、私のフツ―の授業をたたき台に、授業の中でどうしたらいいか悩むこと、たいしたことないように見えて実はいつもひっかかることなどについて、話し合うきっかけになれば、と思ったからです。 今回は、-(으)ㄴ/는지 알다を扱う文法の授業を40分行いました。教材は、私が普段使っている教科書から抜粋し、練習用プリントを作成・配布しました。パワーポイントは使用せず、ホワイトボードに板書で進行しました。 生徒役は、あちこちの韓国語教室から来てくださった学習者のみなさん8名で、事前に学習済み文法事項をアンケートで教えてもらいました。授業前に、参観する先生方に「私の授業で特に見てほしい(批評してほしい)点」を伝えてありました。 授業を聞きながら、参観している先生方は良かった点を赤い付箋に、もっと聞きたい点を黄色い付箋に記入して、授業後張り出します。そして、書いてもらったコメントをもとに、講師だけで話し合いを持ちました。 生徒さんからもコメントを書いてもらいました。 ライブ授業をして良かったこと 自分でもウスウス感じていた弱点を他の人からはっきり言ってもらうと、改善に取り組む強いきっかけになった。 自分が思っているほど大きい声が出せていなかったことを知った。 授業の具体的な進め方・手法について顔を合わせて意見交換できた ライブ授業して感じたこと 「いつも通りの授業」を見せることを目指してはいるが、いつもと違う、初対面の受講生を相手に授業すると 若干、いつも通りにはならない。 授業する講師に対して受講生が協力的なので、とてもやりやすい。 初めての場で恥をかかせてはいけないのでは、と思い、個人を当てて答えてもらうことをあまりしなかったが、 もっと受講生に発話の機会を与えればよかった。 緊張とプレッシャーに勝つには準備しかない、と再認識した。 ライブ授業を終えた後も、「これ、質問すればよかった」と思うことが浮かんできます。次の機会を楽しみにしています。どうぞ皆さまも、ライブ授業に参加してみてください。 ライブ授業の生徒役として参加してくださったみなさま、ご紹介くださった先生方、ありがとうございました。

6/18 ハンコン&ハンセミ

2017年度の第1回ハンガンネットセミナーと懇談会を以下のとおり開催します。 日時 6月18日(日) 13時~17時 場所 東京外国語大学本郷サテライト    4階会議室 内容 ①ライブ授業 寄田晴代先生の授業 -(으)ㄴ/는지 알다 を教える 伊藤耕一先生の授業 日本語母語話者が間違えやすい韓国語作文の指導 ②講師による話し合い(ハンコン) ライブ授業についての質疑応答、 韓国語教室の現状・展望など 17時から別会場で懇親会(参加費別途) ③参加申し込み  氏名、連絡先、教室名、懇親会の参加有無をメールでご連絡ください。授業や教室運営にたいする一言(現状や悩みなど)もお願いします。 ④参加費 講師・講師志望の方、ハンガンネット会員  3,000円 非会員  4,000円 学習者の方  500円  (ライブ授業のみ) *参加申し込み・お問い合わせ ハンガンネット事務局 samuguk@gmail.com

通信227 悩ましい作文指導

【週刊ハンガンネット通信】第227号 (2017年4月22日発行) 悩ましい作文指導 寄田晴代(駿台外語&ビジネス専門学校) ———– 前回の通信では吉川先生から、3月に大阪で行われたハンセミ「力の付く作文授業」の報告がありました。そのハンセミに私も参加したのですが、そこで思ったことなど、自分の作文授業の経験も合わせて書いてみます。 まず、飯田華子先生の授業では、漫画という親しみやすい素材が用いられ、使う文型や単語と共に、4コマ漫画の台詞を考えるというお題が与えられました。漫画という素材で一見易しそうに見せつつも、実は、ストーリーを4コマで完結させなければならないセンスも要求される課題でした。 易しくない課題でも、素材によっては学習者が引き付けられ、考えるのが面白 くなることを改めて感じました。 伊藤耕一先生は「日本人の間違いやすい韓国語表現」をテーマに挙げてくださいました。日本語の干渉を受ける誤訳を防ぐには、やはり韓国語の文法を定着させる練習が不可欠だと思いました。それから、日本語の字面に振り回されずに、伝えたいことは何かを捉える力が必要ですよね。 次は私の作文授業体験について少し書きます。私は昨年度、半年間作文の授業を担当しました。受講生は、20歳前後の約10名でした。 毎回、書くテーマについて関連のある韓国語の文章をまず読み、そこに出て来る単語や表現を学びました。その後、受講生同士でテーマについての意見や感想を日本語で言い合いました。出た意見は 板書し、目で見て頭を整理できるようにしました。そして、じゃあ自分の意見を書いてみましょう。さっき勉強した表現や単語も使ってみてください。と、進行しました。 授業時間90分で作文を書く時間は、30分くらい。受講生の書く量は、まちまちですが、30分だと400~500字が多かったと思います。しかし、これではTOPIKの作文に間に合いません。早く書く練習も必要ですね。という話を受講生にもするのですが、○○は韓国語で何て書くんですか~?などと聞きながら書く人もいるので、なかなかスピードアップは望めません。時間中に書ききれなかった人は、宿題にして書いてきてもらいます。 その後、添削して返却。私が添削で迷う箇所は、同僚の韓国人の先生 に確認します。返却後、作文を発表させることもあります。発表してもらうと予告すると、書く姿勢が変わりますが、時間の関係で毎回はできません。 とにかく、まずはまとまった文章を書くことに慣れてほしかったので、そんなに早く書くことまでは要求しませんでした。 さて、作文の間違いについてですが 話し言葉の影響か、助詞を省略してしまう 連体形 한다体の誤り 主語と述語の不一致 ~라고 생각한다を連発する 分かち書き などが共通してよく見られるものでした。 指導で一番悩まされたことは、文章の組み立て方(序論・本論・結論)と意見を論理的に展開する方法でした。 たとえば、「웨냐하면」で始まっているのに、後に続く文に理由が述べられていないとか、結論部分なのに結論が述べられていないとか。 言葉で説明しても、すぐには効果が現れないことを経験し、やはり、学習者は日頃から良い文章を読むことが必要なのでは、と思うようになりました。 それは、韓国語だけではなく、日本語の文章もです。母語が貧弱なままで外国語の達人になれるわけがないからです。 と、受講生にもお話するのですが、どこまで心に 響いているかはわかりません。 ちなみに、授業準備にあたって、世話人前田先生が書かれた本を始め、小論文の書き方の本などもいろいろと読んでみました。 今回の通信を書きながらも、とても緊張しています。こんなことを書いている私の文章だって~と思うと、穴掘って入りたいです。 初めてハンガンネット通信に書かせていただきました。これからもよろしくお願いします。

ご感想や教室情報をお送りください

ハンガンネットのサイトに対するみなさまのご意見ご感想などをお寄せください。お問い合わせもご遠慮なくお送りください。サイトに反映させたいと考えています。 また、本サイトの韓国語教室リストに載っていない教室について、情報をご提供ください。リスト記載の教室等に修正や変更がある場合もお知らせください。確認後、更新いたします。 ハンガンネット世話人より ありがとうございます  대단히 감사합니다.  ご協力に深く感謝申しあげます。 伊藤耕一 個人指導 キム スノク(金順玉) コリ文語学堂 キム ヨンウ(金英う) 韓教室 전성실 韓国語会話教室マルマダン 丹羽裕美 ひろば語学院 阪堂千津子 ハンガンネット 代表 前田真彦 ミレ韓国語学院 寄田晴代 駿台外語&ビジネス専門学校 (カタカナ読み50音順)

通信201-250 [16年9月-17年11月]

201  東京ハンセミの報告 伊藤耕一  2016.9.12 202  합창으로 단체 교류는 어떠세요? 金順玉  2016.9.19 203  名古屋ハンセミ「会話レッスン」について考えよう 吉川寿子  2016.9.26 204  韓国留学ショウケースに行ってきました 阪堂千津子  2016.10.10 205  タングニの韓国人生劇場 金玄謹  2016.10.17 206  スペインから”¡Hola!(やぁ!)” 宮本千恵美  2016.10.24 207  広島に勝って欲しい! 伊藤耕一  2016.10.31 208  聞き取りは受講生の状態が把握しにくい 前田真彦  2016.11.8 209  はっきり伝える 幡野泉  2016.11.14 210  想像の翼 김영우  2016.11.21 211  名古屋ハンセミ: 会話レッスンについて考えよう 吉川寿子  2016.12.2 212  スペインから・講師のあり方 宮本千恵美  2016.12.19 213  確定申告の準備を始めましょう 伊藤耕一  2016.12.26 214  근하신년 – 세미나에 참석해서 리프레시를 阪堂千津子  2017.1.9 215  新しい学習のスタイル 前田真彦  2017.1.16 216  お次はインスタグラム 幡野泉  …