「通信」

ハンガンネット通信はハンガンネット世話人ほかが執筆しています。執筆者名をクリックすると、その人が執筆した記事や名前の入ったページが表示されます。 池上和芳 伊藤耕一 林鳩順 임구순 金順玉   김순옥 김현근 金玄謹 金英う   김영우 朴珍榮 박진영 幡野泉 阪堂千津子 前田真彦 松﨑真日 宮本千恵美 寄田晴代 吉川寿子   2011年の創刊から最近までの目次は以下のとおりです。 通信251-300[17年11月-19年4月 通信201-250 [16年9月-17年11月] 通信151-200 [15年6月-16年9月] 通信101-150 [14年1月-15年6]月] 通信51-100 [12年9月-14年1月] 通信01-50 [11年6月-12年8月]

通信117 한국어 네이티브 강사 vs 일본어를 모국어로 하는 강사

【週刊ハンガンネット通信】第117号 (2014年8月11日発行) 한국어 네이티브 강사 vs 일본어를 모국어로 하는 강사 ミリネ韓国語教室 金玄謹 한국어를 일본에서 가르친다고 할 때 한국어 네이티브 강사와 일본어를 모국어로 하는 강사는 그 나름의 장단점이 있다. 일본어를 모국어로 삼는 학생들에게는 어떤 강사가 더 좋을까. 아니면 양쪽의 장점을 모두 흡수할 수는 없는 것일까. 지난 몇년간 한국어를 가르쳐오면서 느꼈던 한국인 강사와 일본어를 모국어로 하는 강사의 장단점을 …