通信334 私の韓国語講師・奮闘記27「ひたすら続ける」 宮本千恵美

【週刊ハンガンネット通信】第334号 (2020年9月21日発行)

私の韓国語講師・奮闘記27「ひたすら続ける」
宮本千恵美
=================================================

コロナ禍、すでに10か月近く経とうとしています。
ここ最近、生徒たちの覇気のなさ、教室が暗いように感じていました。
ある生徒はやる気がないんですと、悩みを話してきました。
理由を聞くと何か特別な事柄はありませんでしたが、本人曰く「コロナ疲れ」と言っていました。
何かあるわけでもなく、この長く続くコロナ禍の生活に疲れているようでした。
他の教室もほぼそんな感じで、また韓国に行けないこともとても大きな要因のようです。

それでも今はこの難局を乗り切るしかない!
恒例の「夏休みの宿題」を今年も発令し、家で必ず1本は韓国映画を字幕で観てくること、感想を書いてくることを出題しました。
最初はなんとなく乗り気じゃなかった生徒たちも、たくさん用意してあったDVDを見ながら映画の説明を聞くうちに興味が湧いてくるようでした。
中には2~3本観たいという生徒もいます。
最近は「パラサイト」などの映画や「愛の不時着」などのドラマが、韓国好きではない人達もこぞって観ていると聞きます。
また今までとは逆の現象で日本が韓国の映画やドラマをリメイクしたりなど、韓国の大衆文化が新たに日本に浸透してきています。
韓国の脚本が良い・・・と知り合いがSNSに書いているのを見ると、なんだかこちらも嬉しい気持ちになります。

そして私自身も最近の韓国映画・ドラマを観ながら、以前観ていた内容とはまた違う新たな韓国の世界に引き込まれています。
正直・・・面白い!

今年の夏休みの映画鑑賞は、レベルアップを実感できる年でもあったようです。
3年目に入ったクラスでは3回この宿題をしてきましたが、確実に聞き取りがアップしているとか、言っていることが分かってきたと手に取るように成果を感じているようでした。
このクラスはドラマ好きがあまりいないので、授業以外は韓国語に触れる機会がありません。
ドラマが好きな生徒は普段からも観ているので成果がいつも感じられるのに比べ、このようにたまに観る生徒は成果を感じられる喜びが大きいようです。
また聞き取れるようになってくると、以前に観た映画をもう一度観たらもっと聞き取れるようになっているのではないか、だからもう一度観たい!となんとも頼もしいことを言ってくれます。

そして各教室ごとの宿題の感想文の発表では、感想も年ごとに韓国語で話すことが増え楽しそうに発表しています。
その感想を聞いて他の生徒が興味を持ち、その映画を観たいと言い出し楽しみが増えていくようでした。
また映画の中には歴史的政治的背景の強いものもあり、日韓関係を知ることにも役に立っているようです。

「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女(덕혜옹주)」を観た生徒は、元々韓国の時代劇が大好きで、この映画を薦めたところ、興味津々に借りていきました。
今まではあまり感想をたくさん書く方ではありませんでした。
今回に関しては映画の感想から聞き取れた韓国語に関してや学んだ文法などがどのように使うのかとても理解できたと、
以前にも増してレベルアップの実感とともに充実した気持ちで映画を観たとぎっしり書かれていました。
そして感動して泣いたそうです。(私も泣きましたTT)

韓国の文化に触れてほしいと始めたこの映画鑑賞と言う宿題が、少し形になってきたように思いました。
楽しそうに感想を話す生徒たちを観てもっと楽しんでもらえるように、学習の励みになるようなことをこれからもひたすら考えていきたいと思います。

通信326 「私の韓国語講師・奮闘記26 「“超”はチョー便利な言葉」」 宮本千恵美

【週刊ハンガンネット通信】第326号 (2020年7月13日発行)

私の韓国語講師・奮闘記26「“超”はチョー便利な言葉」
宮本千恵美
=================================================

中学生の時の話です。
国語の先生からいただいたハガキを嬉しく受け取った時の事、両親は
「この先生、本当に達筆だ!」
と感心していました。
私はその先生をとても尊敬していたので、ハガキをいただけるだけでも嬉しかったのですが、残念なことが1つありました。
それは達筆すぎて中学生の私には読めなかったことです。
すごい書だと言われる習字の文字が読めない、その時と同じように先生も文字は達筆すぎる故に書をたしなんでいない人にとっては難解な文字になっていました。

生徒が韓国のドラマや映画のタイトルが読めないと話してくることがあります。
韓国の習字文字で、韓国語を学び始めた人にとっては私が冒頭に書いたように難解な文字に見えるのでしょう。
漢字に比べればハングルに慣れると読めるようにはなりますが、その文字でもなんでも学ぶ側は何と書いてあるのか気になってしょうがないのです。

学生のころ、もう1つとても不思議に思っていたことがあります。
それは国語辞典に関してですが、どうしてわからない言葉を調べているのにこんなに難しく解説するのだろうか、と言う疑問を常に持っていました。
だから調べた後もなんとなく理解できているようで、なんとなくで納得させている感じで終わらせていました。
当時は比較できるほどたくさんの辞書を見る機会もなく、こんなものかなと適当に流していたように思います。

現在、自分自身が韓国語を教える立場になり、資料を作ったりこのように記事を書く際も言葉選びに非常に神経を使うようになりました。
どんなふうに書けば分かりやすいだろうか、どんな言葉が適しているのだろうか、どんな言葉を使えば格好いいだろうか、専門的に見えるだろうか?
普段使っている方言は勿論の事、丁寧な文章を心掛け、先生らしい綺麗な言葉で、とちょっと背伸びしています。

そんな中、授業中に昔感じたような疑問がふつふつと蘇ったことがありました。
初級1~2に移行するくらいのレベルの教室でのことです。
まだすべてを韓国語で説明するには不十分で、日本語の解説も必要なクラスです。
似ている単語が出る頻度も増え、その違いの説明も必要になってきました。

ある単語で私が疑問に思う単語が出てきました。
「아마도」という言葉、生徒たちも「아마」とは何が違うのかと勿論の事質問してきます。
辞書では「아마」の強勢語だとの解説、でも多分の強勢って?
日本語で訳すと、「多分、恐らく、大方」ならば、それを強く言うってどういうこと?
私自身がなんとも曖昧な気分の中で生徒たちに十分な説明もしづらく、辞書の言葉をそのまま引用しても十分な説明ができずにいました。(日韓の辞書はまだ理解しずらい解説が多いような気がします。)

そんな時生徒の一人が、
「超多分ってことですか?」
という一言に、私はハッとしました。
『・・・! 分かりやすい!(心の声)』
思わず、納得していました。

他のクラスでもこの説明をした瞬間、一瞬で理解していました。
「超・チョー」は日本では1990年代の流行語として、今でもその言葉を強調する時に一緒に使われ定着してきました。
きれいな言葉かと聞かれれば正直きれいとは言い切れませんが、説明する時にどんな言葉よりも入ってきやすいです。
私も知らず知らずによく使いますし、ことば1つで理解できる言葉になっています。

また最近では「チンチャ、それな」のような日本語と韓国語を融合した流行語があるそうで、以前はそれが英語だったと思えば、近年韓国語が若い世代に普通に浸透していることに驚きを隠せません。
ただ「チンチャ、それな」は既に古いそうで、生徒は「チンチャ、クレ(진짜 그래)」をよく使い、自分なりの言い方を模索しています。
若い人たちの感性や突発力には脱帽で、とても勉強になります。
またその気持ちが語学学習の意欲にも繋がっているのだと思います。
生徒たちの自由な発想に便乗し、私も授業でも有難く使わせてもらっています。

最近では日本の国語辞典も、解説を分かりやすく表記するように改定されてきているとニュースで聞いたことがあります。
そのニュースを見ながら、当時私が疑問に思っていた難解な辞書解説の問題も、私だけが疑問に思っていたのではなく多くの人が使いづらかったのかもしれないと思いました。

以前は美しい日本語、美しい文字で、きれいな表現でという世間一般の当たり前の常識的思考も少しずつ変化しているのかと思いました。
確かにきれいな文字には憧れますが、読めること、誰にでも理解できることのほうが大切なのではないかと思うのです。
そしていつのまにか先生としてと言うガチガチな思考に陥っていた私自身にも、柔軟性が必要だなとしみじみ感じました。

通信319 私の韓国語講師・奮闘記25「カタカナ語」 宮本千恵美

【週刊ハンガンネット通信】第319号 (2020年5月4日発行)

私の韓国語講師・奮闘記25 「カタカナ語」
宮本千恵美
=================================================

まず最初に・・・ハンガンネットの講師の先生方のご家族ご親族の中には、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、
私たちの生活や健康を支えてくれている医師や看護師などの医療従事者、危機対応にあたる公務員、配達を担う物流事業者、
スーパーやドラッグストアなどの販売員のみなさん、バスや地下鉄など公共交通の職員などの業務に関係の方々がいらっしゃると思います。
この場をお借りして一言、お礼を言わせてください。
毎日、本当にお疲れ様です。心から感謝申し上げますm(__)m

私自身もコロナ問題がここまで深刻化するとは予想できず、未曽有の大災害だと感じています。
教室は勿論のこと休講、またオンライン授業も生徒さんたちからの希望で移行できませんでした。
それでも韓国語を忘れてしまうのではないかとか、生徒さんたちの漠然とした不安の1つに韓国語学習に対しても
感じてもらえることは嬉しいですが、でもなかなか学習継続の術がない状況であります。

現在は特別授業として無料オンライン授業をしながら、生徒さんたちにまずは韓国語を忘れないでね、
と何とか気持ちを持ち続けてもらうようにしております。
多分そうだとは思っているだけですが、全国のどの教室もとても大変だと思います。
それでもSNSなどで多くの先生方が一生懸命授業をしている姿に元気をもらっています。
配信していらっしゃる先生、多方面での取り組みを思索してくださっている先生方にも、この場を借りてお礼を言わせてください。
本当に力になっています!ありがとうございます!

コロナのことが毎日TVなどで報道されています。
正直うんざりしながらも、もう1つ頭を悩ませることがあります。
それはコロナに関しての用語がすべてカタカナ語(英語でしょうね)だと言うことです。

私は早々と英語を諦めている…と言いながら万年英語学習者で、でもやはり英語はできないという感じです。
なので、最近の流行語も英語が合わさると理解ができないことが多いです。

例えば「クラスター」、私はてっきり「集団感染」だと思っていましたが、「感染者小集団」という意味であり、集団感染のような大規模の感染ではありませんでした。
また「ソーシャルディスタンス」…?? 多分年配の方などは「ディスタンス」を「デスタンス」と呼びそうですし、それ以前に覚えられないと思います。
「オーバーシュート」、やりすぎたシュート?
この文字を漢語的な表記にすると表現がかたくなるとか、カタカナのほうが印象はマイルドになるとか・・・いやいや大切なのは印象じゃないでしょうと思うのです。
聞いてすぐ理解できることのほうが大切なのに、「クラスタ-」、「ソーシャルディスタンス」、「オーバーシュート」と聞いてすぐに日本人は理解できるでしょうか。
そしてそんな言葉の混乱は非常に危険だと論じている記事も拝見したことがあります。
それが現在問題になっている誤用の誘発を促しかねません。

以前ある集まりに参加した時には、その横文字で話す人が多すぎて話についていけないときがありました。
勿論こちらの勉強不足ではありますが、後々調べると日本語だったら理解できることばでした。
それを横文字で言うことってどうなのだろうと最近感じています。

「教養としての言語学(鈴木孝夫著/岩波新書)」には言語干渉の一説に韓国のことも紹介されていました。
韓国では日本語の干渉を食い止めるため、国語(クゴ)の純化自立を保持するために言語政策をとっている、
その1つが町中の看板をすべてハングル表記にすることだったと書かれていました。
実際に今でも私の生徒さんたちが韓国に行き感動することが、看板を読めるようになったことなのです。
つまりはハングルが読めないと看板が読めないわけですが、それが学習者には楽しみの一つになるのです。
勿論、韓国人たちが日本人ように「横文字」に当たる言葉を全く使わないわけじゃありませんが、やはり韓国語は固有語を使う傾向を強く感じます。
そのように自国の言葉を守ることは、その国のアイデンティティーを守ることになるのだと思います。
(英語ばかり使っていると言いながらアイデンティティーなんて使ってしまってすみません><;;正直正しく使っているのか不安です…。)

韓国語を教えるようになってから母語にも興味が出てきたことは、やはり私自身のアイデンティティーは日本にあるのだと思いますし、
国際化している・グローバル化していても個々の「自分らしさ」を失ってはいけないと思います。
長々と書きましたが、コロナ&カタカナ疲れしているのが正直な気持ちです(汗)

特別授業で、生徒に自粛生活での週末の過ごし方を聞いたとき、
「スピリチュアルカウンセリング을 받았어요.」を言われ、卒倒しました…。
横文字もういいです(笑)!