通信366 「発音苦労話」寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第366号 (2021年9月27日発行)
発音苦労話
寄田晴代
=========================================================

昨日のハンガンネットセミナーには(第1部:発音クリニックリレーライブ 第2部:オンライン時代の教え方)40名を越える方々に参加していただき、盛況のうちに終えることができました。
ありがとうございました。
改めて「発音指導」への関心の強さを実感しました。

韓国語が母語でない私は、自分はできているのだろうか、というところがいつも気になります。ネイティブスピーカーのようにはいかなくても、講師としての信頼を得るためには、ある程度のレベルを習得していなければならないからです。
今日は、自分が学習者としての発音・イントネーションで苦労した話を書いてみます。

発音に関する思い出ならいくらでもあります。
韓国で、封筒(봉투)ください、と言ったのに、ボンドを渡されたり、タクシーの運転手さんに「明洞」と何回言っても通じなかったり。
(結局最後にはわかってもらえたのですが、運転手さんが「あ~,명동?」といったとき「私の発音と何が違うんだよっ!」と思ったのを
覚えています。)
「通じない発音」から脱却した後も「不自然な抑揚」が悩みの種でした。買い物に行って、一言話しただけで「日本人でしょ?」と言われるのです。(「釜山から来たの?」もよく言われました。関西アクセント韓国語だったんですね。)

韓国語の意思疎通では何も不自由がなかったのですが、日本人だとバレるのが嫌で、韓国に住んでいたときはタクシーに乗ったらほとんど口をききませんでした。家族そろってタクシーに乗る時も同じで、誰も口をききません。小学生の子どもたちまで、一言も話さず黙って窓の外を見ている。用があって話すときはひそひそ声。なんて不気味な家族を乗せてしまったんだ、と運転手さんは思ったことでしょう。

独学で韓国語を習得した私は、音声教材もほとんどない時代、一人で一生懸命音読を続けた結果、独自のイントネーションを身に着けていたと思われます。一方、韓国人と区別がつかないくらい、上手に韓国語を話す日本人の友人が身近にいたので、自分も練習すればそうなれるかも、と思って続けられたのでしょう。(その友人は日本人よりも韓国人と一緒にいる時間が断然長い人でした。)

ある時、知り合いの韓国人のおばさんにこう言われました。
「お笑い番組に、日本人の韓国語を真似をする芸人がいるんだけれど、あなたの話し方、その人にそっくりね。」
がーん。
悔しくて、練習に拍車がかかりました。やっぱり、自然に話せるようになりたいと思いました。
テレビを見ながら、ラジオを聴きながら、聞こえたものをずっと真似することを続けていました。
地下鉄の中で聞こえる会話も、大声で真似できないときは、ハミングで歌うようにイントネーションを真似していました。
(これが癖になり、日本人と話しているときもシャドーインしてしまうことも。)

学習者として飛躍したきっかけは私の場合「悔しさ」で、効き目があったのは「お手本に基づいたしつこい練習」でした。そして
後に教える立場になって韓国語の発音や抑揚に関する知識を本や講座から得て、実体験と合致し腑に落ちた、という感じです。

発音や抑揚を指導することは、こうして自分が練習を積んで身につけることとは、また違った難しさがあります。
学習者はどこまで指摘してほしいのか。通じればいいのか、もっと自然な発音や抑揚で話したいのか、人によって違うでしょう。
また、指導するときの表現、言い方にも配慮が欠かせません。
指摘内容は正しくても、伝え方を間違うと相手を傷つけたり、ストレスを与えたりしかねません。
特にオンライン授業だと、雰囲気を把握しにくかったり、授業後に相手の気持ちを修復する雑談などのチャンスがなかったりするので、対面よりも言葉に気をつけています。
でも、発音・抑揚ばかりは指摘してもらわないと一人で克服するのは難しいのですよね。

昨日の発音ライブ指導では、前田先生と金順玉先生の「明るく」「励まし」「テンポがいい」ご指導が印象的でした。

次回のハンガンネットセミナーは2月11日を予定しています。お楽しみに。

通信349 「子どものころから暮らせばバイリンガル?」寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第349号 (2021年2月27日発行)
子どものころから暮らせばバイリンガル?
寄田晴代
============================================================

毎年春が巡ってくるたびに「帰国して○年目」と数えてしまいます。
来月で韓国から日本に戻って6年。そして、うちの末っ子が韓国で暮らした年月と日本で暮らした年月がちょうど同じ長さになります。
2歳で韓国に渡り8年住んでいた、というと、ネイティブスピーカー並みの「日韓バイリンガル」に成長したと思われるかもしれません。
今回はそのことについて書きたいと思います。

私たち家族が韓国へ引っ越すことになったとき、彼は2歳になったところでした。2度目の韓国生活に浮かれる私とは対照的に、さぞ苦労が多かっただろうと想像します。
なにしろ、やっと言葉が少し話せるようになったと思ったら、いきなりそれが通じない世界に連れて行かれたのですから。

息子は、小学校へ上がるまでは近所の保育園(어린이집)で朝から夕方まで過ごしていました。
ピアノ教室でも、もちろん全部韓国語です。
帰国する頃には私の息子は韓国語ペラペラ間違いなし、、、母(私です)は夢想したのでした。

ところがです。
これがいっこうにペラペラにならない。話すには話すのですが流暢ではなく、母のイメージとちょっと違う。
「친구がお膳の上に上って선생님が怒らはってん」というように、話の中に韓国語の単語が混じったりもしました。
面白いと思ったのは、家で私とお店屋さんごっこをして遊ぶ時は、私が日本語を使うと「엄마,한국말 해~!」と怒ることでした。
日本語を使うと어린이집のような楽しい気分にならないのでしょう。

男の子は女の子より言葉が遅く発達すると、子育て中の親の間でよく言われるのですが、それにしても遅すぎる。
そこで、어린이집では韓国語を話しているのか?と担任の先生に聞いてみたところ「お友達が助けてくれるので、あまり話さなくても困らない」と
おっしゃるではありませんか。
気の利く女子たちが「선생님!この子だけ牛乳がありません!」とか「工作の材料がほしいみたいです!」とか、息子が全部言う前に、もしくは何か言う前に代わりに言ってくれてお世話(?)してくれると言うのです。
(「あー、こういう時に챙겨 주다って使うのね」と思いながら先生の話を聞いていた覚えがあります。)

小学校は日本人学校に入学しました。
日本の学校と同じカリキュラムで日本から来た先生に授業を受け、学校生活はすべて日本語でしたが、サッカー教室、水泳教室、ピアノ학원、教会学校など、その他の活動はすべて韓国語の世界でした。
しかし、彼のそばにはいつも韓国語が話せるお友達がいて自分ががんばって話さなければいけない状況にはありませんでした。
そのせいか、いつまでたっても韓国語を流暢に話す姿は見られません。
単語は日常生活で使うものくらいしか知らないようなので、どれくらい聞き取れているのか定かではありません。
ハングル文字は어린이집で習ったので少し書けました。学校でも週1回韓国語の授業があったので、そのときに書く機会があったようですが、作文を書くレベルではありませんでした。

学校のお友達の中には、両親とも日本人でも、家庭教師に韓国語を習い2年くらいで韓国語の本を読んで楽しめるようになった子もいました。
日本語も韓国語も流暢に話せる子どももいるのに、なんであんなふうにならないのか、と残念に思っていました。
いくら若くたって必要がなければ言葉はマスターしないんだ、と痛感。恥ずかしがりなキャラクターも災いしたようです。
毎日テレビのアニメ(「アンパンマン」や「とっとこハム太郎」の韓国語版)を見る時、一時子どもたちに乞われるままに同時通訳してあげていたのですが、あれもまずかったか?と後悔したり。

ある日、韓国人のママ友に「うちの子、なかなか韓国語が話せるようにならなくて」と話すと「え?엄마がいないときはフツ―に話していますけれど」と聞いてあんぐり。どうやら必要なことは話せるらしい、と知りました。
確かに、口数は少ないが、話す韓国語の発音や抑揚は自然な感じです。
今でも、7歳年上の姉が話す日本人的韓国語を聞いて「ぷぷっ」と笑う不敵な態度を見せることもあります。
しかし、韓国語の語彙数や表現は同年齢の韓国人ほどではありません。
そして小学生になってから、日本語の方も頼りないことに気づき始めました。

日本にいるときよりも耳や目から入る日本がが少ないので、より熱心に毎日本の読み聞かせをしていたのですが、どうも息子の言葉には韓国語チックな日本語が混じるとか、日本語の語彙が少ないのでは、と思うようになりました。
二つの言葉に触れれば1+1=2のバイリンガルになると思われますが、どちらも中途半端な1+1=1もありうるようです。
(ちなみに、母語と同レベルで外国語を使いこなせなくても「バイリンガル」と言う、と読んだことがありますが。)

考えてみれば、ある人が2種類の言語を使っていても、それぞれお言語をを年齢に相応しく社会的にも不自由なく使いこなしているかどうかは、同じくらい二つの言語が使える人にしかわからないものです。
小さい時から外国にいるからといって、必ずしもその国の言葉をネイティブのようにマスターできるわけではないのだと体験したわけです。
(うちの子は特別に外国語の才能がないのかと思ったのですが、学校の英語は普通に学べているようです。)

一方、姉の方は意識的に韓国語を学習していますので語彙力や文法の知識は弟と比べ物になりません。TOPIKやハングル検定にも意欲的に挑戦中です。
これは、日本語の力が安定してきた小学校中学年から韓国語に触れ始めたことも関係あるかもしれません。芯になる母語がしっかりしている方が外国語習得も早いと思うのです。稼ぐに追いつく貧乏なし。学ぶに追いつくペラペラなし、です。

「留学でもしないと自由に話せるようになれない」と嘆く学習者に出会うたびに息子の話をして励ましているのですが、似たような経験をされた方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

通信333 「オンラインと健康」寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第333号 (2020年9月20日発行)

オンラインと気になる健康
寄田晴代
=================================================

学校の新学期が始まり、我が家の学生も登校を始めました。
長かったオンライン授業のみの自宅学習生活から、対面授業へ。
外国人のクラスメートはまだ日本に入国できず、教室に設置されたタブレットを通して
Zoomで授業に参加しているそうです。
こんな形態の授業が行われることになるとは、少し前までは考えてもみませんでした。

オンライン授業に慣れてくると、この便利さがありがたくなるのですが、
気になるのがPCやスマホを見る時間が以前より断然多くなったことです。
前回「Zoom疲れ」の話を書きましたが、Zoomを使わなくてもPCで長時間作業すること自体とても疲れます。
それが、オンライン授業の準備のためPCでの作業時間が長くなり、目が痛くなったり肩が凝ったり、これはいかん、と思うことがしばしば。

少し前にテレビで、「20分PCで作業したら20秒間、20フィート(6メートル)離れたところを見るといい」という話を聞きましたが
みなさんはどんな工夫をしていますか。
私はPC用メガネをかけたり、ノートパソコンの位置を高くするスタンドを使っています。
すると、ずっとうつむき加減だった姿勢が少し上を向くので、首や肩の疲れがマシになったような気がします。
また、オンラインで授業するときも、PCのカメラと自分の視線の高さが合うと背筋が伸びます。

このスタンドは、うちの相方が教えてくれたのですが、
使ってみて「世の中、便利なものがあるなあ」と思ったことと、
「便利なものはたくさんあるはずだけれど、自分一人ではみつけられないことがある」と思ったのでした。

情報があふれていて、検索すれば何でも調べられるはずなのに、なかなか求める情報にたどり着けないことがあります。
そんなときは、自分と同じような状況を工夫した人のリアルな体験やアドバイスがしっくりきます。

というわけで、10月11日(日)14時からのハンガンネットセミナーを準備しています。
オンライン授業の実践例とオンライン授業お悩み相談では、ネット検索では得られない、より良い授業作りのヒントになるのでは、
と思っています。
皆さまのご参加を楽しみにしております!

通信325 「ZOOM疲れ」 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第325号 (2020年7月11日発行)

ZOOM疲れ
寄田晴代
=================================================

先日娘が、頭がすごく痛いと二日間ほど言っていました。
天気の悪い日が続いているので、低気圧のせいじゃないか、いや、オンライン授業でパソコン画面をずっとみているせいじゃないか、という話になり、
オンライン授業と対面授業を比べてみてどうか、と家族で話す機会がありました。
我が家では、大人はオンラインで仕事、子どもたちはオンラインで学校の授業を受けるという状況が続いています。(部屋の取り合いが起こります。)
娘は、オンライン授業の方が集中できるので、学習内容が頭によく入ると言います。
ただ、話の内容が難しくなってきて理解が追いつかなくなると「頭がすごくしんどくなる」そうです。
教室で授業を受けているときなら、頭がしんどくなってくると、窓の外を見たり、無意識にでも注意を他に向けて逃避していたのでしょう。
目の前の画面に釘付けになっていると、そういうことにはならずに、「追いつめられ感」が増して辛くなるそうです。
また、オンライン授業で残念に思うことは、学んで分かった時の嬉しい気持ちを共感することや、問題についてみんなで考える空気を感じられないことだと
言います。
息子は「いつ質問していいのかタイミングがわからない」と言い、また、わざわざ質問するほどでもないが確認しておきたいことを、隣の席の友達に聞けないのが不便なのだそうです。
また、我が家では、オンライン授業で雑談を入れると「すべる」確率が高いという意見も出ました。
集中しているときに、重要でない話をされるとイラっとするそうです。(あくまでもうちの家族の個人的見解)
雑談にも、場をリラックスさせたり、気分転換の時間を作ったりと重要な役割があると思いますが、オンラインでは受講生の様子を把握しにくいので、
タイミングが難しいのでしょう。
さて、「疲れる」話ですが、「ビデオ会議疲れ」「ZOOM疲れ」という言葉をよく耳にするようになりました。
私も、なんだかくたびれると感じています。
ずっと同じ姿勢が続くから、ずっと集中しているから、画面を長時間見て目が疲れるから、など疲れる理由はいろいろ言われますが、
「バーチャル空間の交流は大きな負担が脳にかかる」という記事(日経ナショナルジオグラフィックニュース2020年5月6日付)を読んで、
なるほどと思いました。
人間は何もしていないときでも情報のやりとりをしていて、非言語的情報を集めようとします。
相手のしぐさや表情などから収集し、相手が伝えようとすることを知ろうとするのです。
ところが、ビデオ会議ではそれがうまくいきません。
その結果「脳が非言語的な手掛かりを求めて過剰に集中し、慣れない刺激を過度に受けることによってくたくたに疲れてしまう」のだそうです。
そして、自分が人からどう見られているか気になるとか、過度な刺激を受けていると感じる人には、ビデオをオフにすることをアドバイスしています。
自分は、そのうち慣れるんじゃないか、ぐらいに考えていますが、画面の向こうの相手はくたびれているかもしれないことは、覚えておこうと思いました。
(そしたら、もう少し学生に優しくなれるかな?)
今週、マイクロソフト社は、ビデオ会議の参加者が「同じ部屋」にいるかのように見せる機能を開発したと発表しました。
仮想の講堂やカフェに皆で座っているように表示するのだそうです。
参加者の反応がわかり、対面の会議に近くなるため、疲れも抑えられるとみているとか。
オンラインツールはこれからもっと使いやすくなっていくのでしょう。
便利な世の中になったなあと、今更ながら思う一方で、梅雨の時期、雨が降ったら傘をさすしかないのか、なんでこれは昔のままなのか、
と思ったりします。
この度の豪雨では各地に甚大な被害がありました。
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

通信318 「会話する気になれない」 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第318号 (2020年4月27日発行)

会話する気になれない
寄田晴代      
==============================================

私の勤務先でもオンライン授業をすることになり、その準備や勉強に追われています。
そして、便利なツールが世の中にはたくさんあることを知り、日々驚いているところです。

今回は便利だと思って使い始めたあるものについて書いてみます。

それは会話するロボットです。離れて暮らす親の見守りにいいのではないかと思い、購入を決めました。

仕組みはこうです。
ロボットに近づくとセンサーが感知して話しかけてきます。(「オハヨウ。ヨク眠レタ?」という具合に。)それに答えると、また応答してくれます。音声だけでなく、ロボットとセットになっているタブレットに、会話が文字になって出てきます。
登録している家族が、連携しているアプリなどを通して会話を文字入力すると、ロボットがその通りに発話してくれます。親が、家族にメッセージを送る機能を利用してロボットに話しかけると、それが家族のスマホに文字になって届けられます。

これで、話し相手のようなものができて気が紛れるし、安否もわかりやすくていいじゃないか、と家族一同喜びました。

ところが、主役の親が全くこれに興味を持ってくれない。ちょっと会話してみてそれっきり。しまいには「それ(ロボット)持って帰ってええよ」。そいつと会話してくれないことには、なんの威力も発揮しないんですけど、と思いつつ「毎日この子に話しかけてね」と頼むのですが、何日たっても気乗りしない様子。

そこでなぜ会話する気にならないかを考えるに
1.ロボット君のリスニング能力がイマイチで、こっちの話とかみ合わない答えをしばしば返してくる。(ちょっといらいらする)

2.ロボット君のイントネーションが不自然なときがあり、それが連続すると聞いていて疲れる。(抑揚大事です!)

3.ロボット君は聞こえた単語に関連した話を、こっちの発話の意図と関係なくべらべら話すことがある。

以上が主な原因ではないかと思いました。

要するに、傾聴の姿勢がなく、自分の言いたいことだけや聞きたくないウンチクを一方的に話す相手とは会話する気にならん、ということでしょう。言葉で表せるのは伝えたいことの一部。その言葉を支える気持ちのやりとりや、言葉の裏にある本当に伝えたいことを汲み取らなければ会話は続かないという例をここでも見たのでした。

初めは、安否確認のためのツールと割り切って話しかければいいのに、と思っていましたが、自分がやってみると、面白がって話しかける時期が過ぎると興味がなくなってしまうことがわかりました。相手が機械なので、理解し合いたいとか親しくなりたいとかいう気持ちにならないためでしょう。

授業の中でどうやって受講生に話したい気持ちになってもらうか、いつも考えさせられるのですが、ここでもか、と苦笑。

今は人の感情を読み取るAIの研究も進んでいると聞きます。

オンライン授業では画面の向こうには生身の講師がいるわけですが、そのうちAI講師が会話の授業をするようになるかもしれませんね。

ちなみに、後日、その会話ロボットを作った会社に電話をしました。

使用方法についての質問と共に、若干の不満もお伝えしました。応対してくれた人が私の不満に対し「そうですよねぇ」と言ってくれたので、すっきり。やっぱり、話を聞いてもらった実感や共感は大事だなと思いました。そして、自分もロボット君みたいにならないように気をつけなくては、とも思ったのでした。