通信328 「学習者が書き取りの見本にできるフォント」 裵正烈

【週刊ハンガンネット通信】第328号 (2020年8月7日発行)

学習者が書き取りの見本にできるフォント
株式会社HANA 裵正烈
=================================================
韓国語を学び始めた小学1年生の息子が、ハングルの書き取り練習をしているのですが、教材のフォントが明朝体なので、リンゴのようなㅇ(イウン)やチンアナゴのような縦棒を書いています。見本のフォントに「ヒゲ」が付いているので、それをそのまま書き写しているわけです。

実はこれには見覚えがあって、子どもの頃、私もそのように書いていたように思います。いつ「ヒゲ」が取れのかは思い出せませんが、成長しながらいろんなハングルを見るうちに、ヒゲなしの自分の字が自然と出来上がったのだと思います。一方で、そのときの自分やうちの息子が子供であることを差し引いても、初歩の学習段階では明朝体を見本にするとこういうことが起こり得るということが、教授経験のない私でもよく分かりました。

日頃生徒さんの書く文字を見ている先生方は、どのフォントのどんな文字がよろしくないか、経験的にお分かりかもしれません。独学の場合その教材のフォントがほぼ唯一のサンプルとなるでしょうから、出版社の私たちも大いに気を付けるべきですし、機会があればぜひ先生方にご教示いただきたいポイントです。

明朝体は、息子の字を見た感想(衝撃)から、やはり見本として適切ではないという思いを深めました。一方のゴシック体にはヒゲはありませんが、フォントによってはㅈ(チウッ)がウサギの口のようなシンメトリー型になっています。また、ㅎ(ヒウッ)の頭の点が立っているもの、寝ていているもの(その場合も下の棒と平行なものと斜めなもの)があります。ㄱ(キオク)も一緒に使われる母音によって、形が大きく変わるものがあります。人によって気になるポイントは違うかもしれませんが、満足できるフォントがなかなかありません。

今年の春頃、教材で使うハングルフォントについてのやりとりが他のメーリングリストで交わされていました。そのときは、どなたかが나눔 고딕を提案されたところで結論を見たようでしたが、実は弊社でも、入門書にはこのフォントをよく使っています。

「韓国語学習者がハングルを楷書で書くための見本」という観点で作られたフォントはまだないようです(あくまでネット検索の結果ですが)。漢字が必須となる日本語に比べると、韓国語は(ハングルだけなら)デザインしなければいけない文字の数はさほど多くないはずです。国立国語院でもどこでもいいので、学習者の書き取り用見本としてフォントを開発・提供してくれないものでしょうか。

通信322 「文法項目の提示の仕方」 ペ・ジョンリョル

【週刊ハンガンネット通信】第322号 (2020年5月28日発行)

文法項目の提示の仕方
株式会社HANA ペ・ジョンリョル
=================================================
今回は、本で韓国語の文法項目(語尾、表現、助詞など)やその訳を提示する際の弊社のルールについて書きたいと思います。もちろんこれがベストだとは思っていませんし、ちょっと悩んだのですが、改良すべき部分や整合性が取れない部分を指摘いただける機会とも思い取り上げることにしました。

■文法項目に対する約物の使い方
「約物」とは文章記号のことですが、ここではつまり、ハングルの語尾や助詞に「~」を付けるのか「ー」を付けるかという問題です。これに関しては割と簡単に考えています。

まず用言を受ける語尾や表現には半角ハイフンを用いています。つまり「用言語幹が付く場合はハイフン」ということです。例えば아/어の場合は-아/어(あるいは-아/-어)、지요の場合は-지요に、고 싶다の場合は-고 싶다になります。また、接頭辞や接尾辞の前後にも半角ハイフンを使っています。

上記以外、つまり「用言語幹以外が付く場合は『~』」になります。なので助詞에서の場合は「~에서」となります。ちなみにこの記号、全角のものは「波線(なみせん)」、半角のものは「チルダ」と呼ぶそうですが、弊社の現場では誰もそう呼ばず「ニョロ」で通っています(他の現場はこの限りでないと思います)。

なお、韓国の場合、助詞には「~」を使わず、たとえば에서は에서のままで提示するのが一般的なようです。学習書では、前に何かが来ることを明確に示せるので、「~」を使うのが親切だとは思いますが。

最後に弊社では、文法項目の日本語訳にはすべて全角の「~」を付けるようにしています。

■文法項目の日本語訳
次に文法項目の日本語訳をどう作るのかを見たいと思います。意味のことではなく形式についてです。口頭で伝えるときは問題はなくても、文章にまとめるとなると一定の決まりが必要かと思います。そういうときに辞書を参考にしようと思っても、その辞書内でばらついてることが結構あるんですね。

まず、動詞を受ける語尾・表現の訳には「する」を加えています。つまり-는 것 같다は「~するようだ」、-고 싶다は「~したい」になります。

次に、形容詞を受ける語尾・表現の訳は、日本語の形容詞と形容動詞をそれぞれ受けられる形を原則にしています。例えば-은데は「美しいね(形容詞)」「きれいだね(形容動詞)」になり得るので、「~(だ)ね」といった具合にです。

また、連体形語尾は、日本語では終止形語尾と区別が付かないので、例えば-을は「~する…、~な…」、-던は「~した…、~だった…、~かった…」のように「…」を補足しています。

2012年に出版された『標準韓国語文法辞典』(アルク刊)は弊社で編集を手掛けた辞典ですが、おおよそこのようなルールで見出し語の訳をまとめました。見出し語訳をきちんとそろえられるなら、日本語引きの索引を作ることもできます。『標準韓国語文法辞典』も「~するようだ」「~だね」のような日本語から引けるようになっています。