通信343 「本年もありがとうございました~2020年を振り返って~」阪堂千津子

【週刊ハンガンネット通信】第343号 (2020年12月31日発行)
本年もありがとうございました ~2020年を振り返って~
阪堂千津子
=======================================

2020年も残すところあと数時間。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

年末のあわただしさはいつもと変わりませんが、今年は一年を振り返ると「コロナ禍」という文字が浮かんできます。1年前の今日を振り返ってみると、まさかこんな年になるとは、思いもよりませんでした。

自粛、オンライン、ハイブリッド、愛の不時着、BTS, NiziU・・・こうして今年一年に流行した単語を思い出すだけでも、この1年間の韓国語教室には、いろいろな困難と転機が訪れたことがわかります。このハンガンネットメーリングリストでも、会員の先生方が様々な工夫と努力を重ねて、この時期を乗り切る様子を知ることができました。困難な時期にこそ、それをどう乗り切るかが重要なんだ、と改めて思いながら、楽しく読ませていただきました。そして、勇気と元気もたくさんいただきました。改めて御礼申しあげます。

実はハンガンネットは創立10年を迎え、節目となる2020年の初めに新体制を整えて1年の計画を立てました。残念ながらその計画は、コロナによって志半ばで断念せざるを得なくなりました。もっと創意工夫をすれば、計画通りやり通せたかもしれません。ひとえに代表の力不足であったことを心からお詫び申し上げます。しかし、数回ですが今年開催したオンライン形式のハンセミでは、全国に会員をもつハンガンネットにとってオンラインが理想的な開催方法であることが確信できましたし、初めて試みた「オンラインお茶会」では、会員同士が気軽に新しいつながりを持つことができた画期的なイベントであったと思います。

来年度はこれらのイベントを引き続き開催しつつ、さらにもっとみなさんに寄り添った活動ができるように頑張りたいと思います。早速、2月にはハイブリット授業を題材にした前田先生のハンセミが開催されます。オンライン形式ですので、地方の会員の方にも気軽にご参加いただけると思います。どうかふるってご参加ください。来年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ワクチンが普及しても、元のような生活に戻れるまで、あと2,3年はかかると予測されています。もしも以前のような世界にまた戻れたら、みなさんはまず何をしたいですか。

私はまた、みなさんの教室にでかけていって、直接お目にかかりたいと思います。きっとそのころには、韓国語教室の在り方がまた大きく変わっているかもしれませんね。その状況にうまく適応してご活躍しているみなさんの姿を、ぜひ拝見させていただきたいです。

みなさん、今年一年、本当にありがとうございました。
そして、来年もお体に気をつけて、お元気でお過ごし下さい。

새해 복 많이 받으세요.

ハンガンネット世話人代表
阪堂千津子

通信320 「オンラインお茶会開催 参加者募集 ~コロナ感染拡大の影響・悩みモロモロを語り合いましょう~」 阪堂千津子

【週刊ハンガンネット通信】第320号 (2020年5月12日発行)

ハンガンネットオンラインお茶会開催 参加者募集
~コロナ感染拡大の影響・悩みモロモロを語り合いましょう~
阪堂千津子
=================================================

アンニョンハセヨ?

なんにつけ、「コロナウィルス感染拡大防止のため」が冒頭句になって久しいですが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか

3月からの突然の環境変化で、この2か月、どうにかこうにか、オンライン授業をこなしてきましたが、ここにきて感じるのは 「クラスによってちがう」という、対面式授業の時と同じ悩みがオンラインにも当てはまるということです

同じ準備をして教材を用いても、受講生の方の個性や精神状況で、まったく異なる結果になります
ビデオを消して参加することが多いので、表情が見えない分、緊張もハンパないです

また、さらに、対面式ではおこらなかった通信状態のトラブルが講師の緊張を増幅させます
さっきまで順調だったのに、突然PCやスマホが何も作動しなくなる、ということもよくあります。
そんなとき、こちらは慌てず対処できないと、他の受講生の方がたにも不安が広がってしまいます
でも内心は、緊張しますよね~

ということで、オンライン授業こそは 経験値がすべてを物語るようです

「みなさんは教室で授業ができるのですから、必ずオンラインでも授業ができますよ」

と最初にオンライン授業の指導して下さった先生はおっしゃって下さいましたが、
やりながら 「なるほど、そうかもしれないなあ」 とも思ったり、
うまくいかなくて自信をなくして落ち込んでいるときは
「やっぱり顔を合わせて授業したいなあ」 と思ったり・・・・

こんな悩みを毎日抱えて、今日の授業準備にも ヒーヒー 言っている私です

そこで。

きっとみんなも孤独で悩んでいることだろう、とハンガンネットの世話人で知恵を出し合い、お茶会を企画してみました。
コロナ感染拡大による韓国語教育業界の影響や対応策について、韓国語講師のみなさまと意見交換、語り合いませんか

ハンガンネット オンラインお茶会開催

5月24日(日) 15時から1時間半

お申込みはこちら!! ↓

ハンガンネットのzoomによるオンラインお茶会開催

( 参加申し込みをされた方には、事務局からZOOMお茶会のURLをお知らせいたします )

悩みを語りあったところでどうなるの・・・と思うかもしれませんが、これがなかなか、意外なヒントをもらえたり、あ、やっぱりそうかとみんなで共感したり、気軽に参加できるだけ、楽しいもんなんです!!

普段なかなか会えない先生同士でも、すぐに会えちゃいますしね!

ZOOMはアプリをダウンロードして、会員登録をすれば無料で使用できちゃう便利なツールです。これをマスターすれば、マンツーマンからグループレッスンまで オンラインで行えますよ。

当日は 小部屋に分かれてお話していただく時間も設定いたします。受講生の立場になってZOOMを体験できるチャンスにもなると思いますよ

一石三鳥~!! ^▽^

参加資格は
・教室または受講生を持っていらっしゃる韓国語講師の方
・韓国語教室などの経営者、事務など韓国語教育に携わっていらっしゃる方

です。会員非会員は問いません

なので、お知り合いの先生をぜひ、どんどんおさそいください!!(悪い勧誘ではありません)

とある調査によると、コロナによる自粛生活で、あたらしく始めた習い事の第4位が、韓国語とか! (by 日経新聞)

これはますます、韓国語講師のオンライン能力向上が必須ですね!

それでは、当日お会いできることを、お待ちしております~