通信294 私の韓国語講師奮闘記22: ハンガンネットセミナーに参加してみた 宮本千恵美

【週刊ハンガンネット通信】第294号 (2019年2月13日発行)

私の韓国語講師・奮闘記22「ハンガンネットセミナー&懇談会 in大阪」に参加してみた

宮本千恵美
===============

今年の冬ははっきりしない天候、そんな感じを受けます。
北陸にもようやく雪が降りましたが、前年のように積もることも殆どなく春を迎えるようです。

雪が少しちらつく2月11日(月)の祝日、大阪で「ハンガンネットセミナー&懇談会」が開催されました。
今回も昨年9月、長野でのセミナーのように「ライブ授業」を見学することもできました。
普段、他の先生方の授業を見学する機会はさほど多くないのではないでしょうか?

特に今回の目玉である前田先生の「友達の話を聞いて内容を理解する」と言うライブ授業を見学したいと思い、参加を決意しました。
まず前田先生の考案された「4色ボールペン」で聞き取りをします。
そして後半で「ニュース原稿を動画で発表する」と言う授業に切り替わり、その聞き取った内容を自分の言葉でまとめ、2人ペアで原稿をニュース形式で読み、録画・放送すると言う、なんともスペクタクルな内容でした。
後半の授業はミレの講師・飯田華子先生が担当し、先生が交代することで少し学校のような気分にもなりました。

まずは前半の「4色ボールペン」を使い聞き取る・インプットの質を高める授業は、ミレの受講生の方々だからでしょうか?
その集中力に驚きました。
よくあることですが、聞き取っているような思い込みで意外としっかり聞き取っていない単語や言い回しがたくさんあります。
うんうんと頷く生徒達に、
「本当に分かってますか?」
と聞くと、殆どの生徒は
「いいえ、よく分かりませんでした・・・。」
と答えることもよくあります。
日本人ならではと言いましょうか、分かったふりをする人が意外に多いのです。

しかしこの「4色ボールペン」の聞き取りは、まず誤魔化せません!
そして何よりも実力が良く分かると思います。
最初は聞き取れることが少なく、ショックを受ける受講生もいるかもしれませんが、しっかり聞き取ると言うことは会話する上でとても重要なことです。
そして上達していく過程がペンの色で確認できるのは、とても分かりやすいと思います。

そして後半に繋がる授業では、聞き取った内容を発表する・アウトプットに移ります。
録画された自分の放送を観賞しながら、感心したり笑いが起きたりとても楽しい印象を受けました。
終わった後にペアーごとに対して感想を講師が話す際に、「上手にできたところ」をしっかり伝えているところは、自分の生徒に対する接し方を改めて考えさせられました。

・・・私、ちゃんと生徒を評価しているかしら・・・?
自分に問いかけてみました。
勿論、直すべきところは注意しながらも、やはり良い点を見つけそこを伸ばすこと。
受講生の意欲向上には褒めることが最大の糧なのではないでしょうか?

その後、授業に関しての意見交換の時間に移行し、講師陣だけでなく実際に参加した受講生役の方々も参加されたことで、講師側と受講生側の意見を聞くこともでき、とても有意義な時間だったと思います。

話し合いの中で講師陣は授業構成からの矛盾点や修正点、今後この授業を改善しどう活かしていくかなどの意見が飛び交う中、受講生からの意見は全く違っていて、「楽しかった」などの肯定的な意見が良く聞かれました。
受講生から聞く意見はとても重要な意見だと思います。
どんなに良い教授法でも、それが受講生側に伝わらなければ意味がありません。
しかしながら、一生懸命討論し、授業を作る講師陣に感心している受講生もいました。

最後に懇談会では、各教室の現状の報告、そして今後の展望に話し合いが飛躍していきます。
私自身も感じる受講生の変化とそれに合わせた今後の教室運営―今何が必要か考えざるえを得ません。

私は他の先生方と同じ意見で、学習する生徒数自体は減っていないと思うのです。
2017年から第3期韓流ブームが到来し、若い世代がそのブームに乗っています。
プリクラに今までは英語で名前やメッセージを、それが名前くらいはハングルで書くのがブームになっている、その若い世代も教室に通ってもらうにはどうしたらよいか?
高校でも大学でも韓国語の授業を受ける生徒が増えています。
私自身も韓国語の本を持っていたり、携帯電話をハングル表記にしているだけで若い人たちから声をかけられ、学びたいと話してきます。
ブームはまだまだ終わっていません!

いろいろな先生方や各教室の意見や悩みや取り組みなども聞くことができ、また共有し協力し合えるセミナーの重要性を改めて感じた1日でした。

ハンセミ、2月11日(月)に大阪で開催

年が明けてから、いつになく寒い日々が続きますが、皆様新しい年をいかがお過ごしでしょうか。

今年度3回目のハンセミ・ハンコンのご案内をいたします。今回は2月11日(月)に大阪で開催いたします。前半はライブ授業を2本行います。

1時間目は「友達の話を聞いて内容を理解する」というテーマで会員の前田真彦先生のライブ授業を、2時間目は「ニュース原稿を動画で発表する」というテーマで同じく会員の飯田華子先生の授業を行います。

1時間目では友達の話を聞く「インプット」に重点を置き、2時間目では友達の話をニュースとして構成し発表する「アウトプット」に重点を置き、インプットとアウトプットシナジー効果を目指します。

ライブ授業終了後、学習者の皆さんにはご退席いただき、講師である参加者の皆さんで意見交換を行いながらライブ授業を振り返ります。

後半はハンコン、今後のより良い教室運営について話し合い、情報交換の場にしたいと思います。

ハンガンネット会員でない方もご参加いただけますので、お知り合いにもご紹介いただきながら、多くの皆様にご参加いただきたいと思います。

また、ライブ授業を受けていただく学習者の皆さんも募集していますので、是非皆様の生徒や受講生の方々にもお知らせいただければと思います。

お申し込みはメールでお願いいたします。多くの皆様のお申し込みをお待ちしています。

お申込みはこちらまで。
samuguk@gmail.com

氏名、教室名、連絡先をメールでご連絡ください。悩みや課題に思っていることや現況も一言添えてください。

ハンガンネット世話人 伊藤耕一

通信290 ハンガンネット10周年を迎えて 阪堂千津子

【週刊ハンガンネット通信】第290号 (2019年1月2日発行)

謹賀新年 ハンガンネット10周年を迎えて

阪堂千津子

===========

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます

三が日も残りあと一日、明後日からは仕事が始まりますが、お正月はいかがお過ごしでしょうか

本年も皆さまにとって良い年でありますようにお祈り申し上げます。

昨年は第三次韓流ブームの到来で、K-popをはじめ、K-food、K-コスメ、K-ファッションが話題を呼んだ一年となりました。

新大久保は平日でも歩道から人があふれ、インスタ映えするスポットとして、今や中高校生の街に変わりつつあります。

冬ソナで韓流ブームが起こった15年前には想像もつかなかった光景です。ハンガンネットも、実は今年で10周年を迎えます。

どんな団体でも、10年経てばそれなりに形が整い安定する、と言われるようですが、ハンガンネットが今日までどうにかこうにか続けることができたのも、会員の皆さまのおかげです。

改めて会員の皆さまに御礼申しあげます。

今年の活動予定を紹介しますと、

2/11には大阪でハンセミと懇親会が、そして、横浜では2/21に恒例の韓国大学生と韓国語学習をする市民との交流会が開催される予定です。

目下、両方のイベントとも準備を着々と進行中です。

横浜交流会は横浜近辺のお教室だけでなく、茨城、静岡、東北の教室からも参加予定です。今年はたくさんの先生方もお手伝いを兼ねてご参加してくださる予定です。

そのような形で、生徒さんだけでなく、講師同士の親睦も深められるので、楽しいですね!

大阪のハンセミもライブ授業やハンコンを通じて、講師同士の親睦を図る予定です。今回は首都圏からもたくさんの世話人が参加しますので、西日本のの先生方には、ぜひ参加していただきたいなあ〜と思っています。

両方のイベントとも、皆様の参加申し込みをお待ちしております。

そして現在、四月からの新年度の活動内容を検討中です。

毎年同じセリフを繰り返して恐縮ですが、会員のみなさまからの要望をお待ちしていますので、こんなことをやりたい、やってみたい、やってほしい、のような声をどしどし寄せください

世話人会で前向きに検討させていただきます

個人的には、節目の10周年なので、何かイベントやるべきなのかなあ、と思ったりもするのです。

せっかく盛り上がっている韓流ブームの勢いを借りて、韓国語教室の存在をアピールできたらよいなあ、特に若い世代へのアピールができたら…

例えば、教室連携で開くダンスコンテストとか、合唱祭とか、スピーチ祭り、とか。または、教室を超えて、生徒さんたちと一緒に韓国を旅行するのとか…

今年の初夢は何をみたか思い出せないのですが、みなさんと夢をみるのは楽しいです。

みなさんはどう思われますか? 10周年のハンガンネットにどんなことを期待しますか? どうぞご意見を忌憚なくお聞かせください,

本年もよろしくお願い申し上げます。

ハンガンネット代表
阪堂千津子

通信288 私の韓国語講師奮闘記21: 言語干渉について考えてみた 宮本千恵美

【週刊ハンガンネット通信】第288号 (2018年12月3日発行)

私の韓国語講師奮闘記21: 言語干渉について考えてみた 

宮本千恵美

=============

12月に入ったものの、本来の冬が到来していない・・・まだ秋のような気配を感じております。

前号の寄田先生の記事を読み、自分も同じような体験や考えを書きたかったのですが、書き溜めていた記事を追記して書こうと思います。

以前、発音の記事を書いた際、ある先生の外来語の干渉を受けている現代の韓国語のことで、日本語でもその傾向が強く、本来持っているその言語の良さや美しさが失われているように感じます。

11月の後半にバルト3国に旅行に行きました。エストニア・ラトヴィア・リトアニア、この3国がバルト海に面していることからこう呼ばれています。

また3カ国どの国にも公用語があり、簡単な挨拶などはどれをとっても全く重なることなく独立しています。

ただエストニアはロシアに近いことから影響を強く受けており、ロシア語での呼び込みやロシアのお土産も多数売っていました。

3カ国とも英語も非常に通じるので便利ではあったものの、どのお店に行っても英語で同じことを言われるのです。

「Have a nice day!」
私がアジア人で英語しか通じないことがわかっての挨拶ですが、そのときふとある本の一文を思い出しました。

ラジオなどやテレビなどで最後の挨拶に
「良い週末をお過ごし下さい(Have a nice weekend)。」

この言葉、英語からの言語干渉がもたらした言葉だったという事実です。

週休5日制になった日本でも週末の過ごし方が大きく変化し、今まで日本人が言わなかったような週末の挨拶までもが欧米諸国の影響を受け、私たちが知らずに受け入れた言語変化なのだそうです。

どうしてこのように心に強く残ったのか、それは他国では英語で話してもこの挨拶をこんなに沢山言われた事がなかったからです。

と考えると、バルトの国々では英語と同じような習慣や言葉が存在するのか、または旅行者のための挨拶なのか、それはこの3カ国の言語を知らないと分からないことですが。

またその本には韓国での日本語の影響も書かれていました。日本語の言語干渉を食い止めるための言語政策がとられ、その結果韓国の町中の看板、商店の標示などはハングル一色のため、多少ハングルを読む必要性があるのだとか。

そしてまた言語干渉の一環の問題ではないかと思うのですが、日本語と韓国語が似ているばかりに、韓国語での日記を添削している際も、どうしても母語である日本語の影響は否めないところも多々あります。

例えば韓国人でさえもFacebookなどに「좋은 아침」など書いてあるのをよく見るようになりましたが、ある講習では連体形の苦手な韓国人ということを学び、実際は「아침이 참 좋다」のように動詞や形容詞で閉めるほうが韓国語らしい表現だそうです。

私と同じ韓国語を学習した知人はそのことを知らずに普通に「좋은아침」を使っていたと言い、それは知らなかったと言います。決して通じない表現でもないですし、それで通じればなんら問題がなかったからでしょう。

韓国語を勉強する日本語母語話者は、どの言語よりも自国の母語の干渉を強く受けやすいと思います。似ているからこそ、その微妙な違いを理解しがたいと思うのです。

しかしながら言葉は生き物、多様な言語政策がとられても干渉を受けることも多いですし、何よりも若い世代が新しい言葉を作り、それが当たり前のように使用されるのです。

干渉を食い止めることは難しいと思いますが、それでも私はその言語特有の独自性などは後世にも残していかなくてはいけないと思います。

「翻訳できない 世界の言葉」「翻訳できない 世界のことわざ」 創元社
この2冊の本には諸外国の訳せない言葉が掲載され、韓国語や日本語も美しい挿絵に説明付きで紹介されています。

訳せないからこそ、その国の言葉ならではの表現をより濃く感じられる1冊だと思います。

韓国語講師になってからこのように諸外国の国の言葉にも興味を持つようになり、その違いや今回書き綴ったような言語干渉などにも私自身が干渉するようになっている今日この頃です。

通信282 私の韓国語講師奮闘記20: 英語不得意論 宮本千恵美

【週刊ハンガンネット通信】第282号 (2018年9月10日発行)

私の韓国語講師・奮闘記20 「英語不得意論」

宮本千恵美

———-

桁外れの今年の異常気象、とは言うものの、毎年気象の変化は深刻になってきております。
今回の大型台風や北海道を震源地とした地震で被災された方や親戚、友人の方々がいらっしゃる方々、
心よりお見舞い申し上げます。

新しい教室が始動し、生徒ともいろいろなお話をさせていただくようになりました。
韓国語を始めたきっかけから、好きな歌手やドラマの話、韓国旅行の話など、
私が韓国語講師だということで韓国に関するお話をしたいのだと感じます。

ある日、高校生の生徒が私に話をしてきました。
「高校に韓国語の授業があるなんて羨ましい!」
以前勤めていた高校には選択科目として韓国語と中国語があったので、
その話をしたところこのような反応が返ってきました。

私は続けて、英語は好きなのか聞いてみたところ、
英語が大嫌いで、できれば韓国語を学校で習いたかった、
受験科目だから仕方なく勉強しているだけ、だというのです。

私は語学自体に興味があるので、英語も勉強してみたいし、他の言語にも非常に興味があります。
他のクラスの生徒は、韓国語から語学に興味を持ち出し、可能なら次は中国語を勉強してみたいと言うのです。数年前は高校生だったので、英語はどうなのか聞いたところ、やはり英語は好きじゃないと言いました。

私が学生だった時代に比べれば初等教育で英語が学べるのに、
なぜこんなに英語を嫌う生徒が多いのかととても不思議でなりませんでした。
韓国語学習の前に英語を必ずといって良いほど学んでいるはずなのですが・・・。

ある朝、テレビ寺子屋という番組を偶然鑑賞しました。
内容は「考えすぎない英語勉強法」、講師は山形弁研究家(初めて知りました!)、ダニエル・カールさん。
以前は全国放送でも流暢な山形弁で話していた印象があります。

当時山形県に赴任したダニエルさんとある生徒の会話で、生徒から「猫は好きですか?」聞かれたそうです。ダニエルさんは「好きだけど、きみはどう?」と聞き返しました。
でもその生徒は何も答えようとしません。
なぜ答えないのか聞いたところ、
「猫は好きでも嫌いでもないから、英語でどう答えれば良いのか分からない・・・。」
と真面目に答えたそうです。

ダニエルさんはこのことも含めて、日本の英語教育は受験対策中心のためか完璧主義だと思ったそうです。
私も学習した学生だったので、確かに会話に使えない英語、
現地の人たちが使わないような英語をひたすら勉強していたように感じます。
使えない英語を学んでも確かに楽しいとは思えないと思います。

そのせいでしょうか、韓国語も同じような考えの下に学習している生徒が多いと感じます。
簡単に言えば、間違うことが嫌なのです。

例えがおかしくて申し訳ないのですが・・・、
最近のテレビ番組でカラオケの点数で歌の順位を決めている番組を目にします。
他にもピアノでも、ドラムでもそのような番組を目にしました。
でも、本当に歌が上手いと言うのは点数が高いからでしょうか?
その歌い手の感情移入や表現、声色やアドリブ、
その魅力があることこそが歌手であって、点数で加算できないものだと思います。

語学も似たところがあって、日本人は完璧主義的な思考から、間違っては駄目だと思います。
そしてテストなどを受けて自分の実力を身に付けてこそ、「その言語ができる」と言えるのです。
だからと言って流暢に話せるとは限りませんし、テストの結果で実力のすべてを評価はできません。

間違ってもいいから話すことも勉強の1つなのですが、でも多くの日本人は完璧でないと納得しないのです。でもそれは英語を勉強していたときと何も変わってないのではないかと感じました。
(歌は感性で人の感じ方によって違うので、間違いを指摘できる語学とは違いますが・・・)

ダニエルさんはこう言います。
「もっと楽しく考えすぎないで英語を話そう!」
韓国語もそんな風に学習して欲しいなぁと、最近しみじみ考えております。