通信308 通じたらうれしい 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第308号(2019年12月26日発行)

「通じたらうれしい」

寄田晴代

===============

先日、久しぶりに英語を使って話す機会がありました。

日本にいる息子を訪ねて来たドイツ人とでした。

私の英語というのは、時制だけは間違えたくない、とか、三人称単数の s は忘れたくない、とかいうレベルなので、

とにかく単語並べて笑顔とジェスチャーで乗り切ります。
そして、会話が成立したときは純粋に「通じた!」とうれしくなりました。
昔、韓国語を学び始めた頃の感動を思い出しました。

さて、韓国語会話のクラスで、たまに、全く話そうとしない受講生に出会うことがあります。
恥ずかしいのかもしれませんし、自信がないのかもしれません。その気持ちは想像できると思っています。

そういう気持ちの人を発話できるように誘導し「会話」が楽しいと思ってもらうのには、こちらも力量が問われます。

私は新学期、初めての授業時間には、受講生のことを知りたいのでアンケートを書いてもらうのですが、

学習の動機や目標には「旅行に行っても困らないくらい話せるようになりたい」「字幕なしでドラマがわかるようになりたい」など、

「話す」「聞く」力の獲得を希望する人が「読む」「書く」に比べて断然多いと感じています。

しかし、ガンガン韓国語で発言しようとする人とと、そうではない人がいます。
学習者の性格の違い、と言ってしまえばそれまでですがなんとかしたいではありませんか。

そういうことを、ドイツ人と会話(のようなもの)をするうちに思い出したのです。
そこで、なぜ自分ができもしない英語で恥ずかしげもなく発話できたのか、を振り返ってみると次のような要因が考えられました。

  1. 自分は初対面の人とコミュニケーションを取りたいと思う傾向がある。
  2. その場にいた人たち(日本語母語話者)も英語のレベルが似ていた(たぶん)。他の人がみんな英語の達人だったら恥ずかしくて話せなかったかも。
  3. その場にいた人たちが親しい人たちだった。安心感。
  4. ネイティブレベルに英語を使うのだろうけれど、ドイツ人だから私と同じ非英語母語話者だと勝手に考えて負担感が減った。
  5. 相手が私の変な英語にも聞こうとする態度を示してくれた。
  6. ラジオ講座などで、英語を耳にする機会があった。

この中でも 3.の影響は大きく、教材研究と同じくらい授業の雰囲気作りに心配る必要があると思っています。

6.に関して言えば、真面目に英語を学習しているわけではなく、講師の説明の仕方が面白いので、通勤ラッシュの苦痛緩和も兼ねて聞くようにしているだけです。(難しい用語を使わず、聞くだけでわかるように発音方法や文法のエッセンスを説明してくれるので、どの講座も面白い)

聞いているだけですが、触れる機会が多いだけで「恐怖を軽減してくれる」と感じました。だから、韓国語を学習しながら、上達しない、話せない、と思っている学習者でも、こつこつと触れ続けることの力は大きいと再確認しました。

そして、ドイツ人との会話の後「もう少し真面目に勉強したら私はひょっとしてすごく上手になるのではないか」と妄想する自分に気づきました。

ささやかな経験がやる気につながる過程を久しぶりに体験したわけですが、いちいち分析したくなるのは職業病ですね。

新しい年も良い年になりますように!

通信307 韓国語の読書は大変 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第307号 (2019年11月11日発行)

韓国語の読書は大変

アイケーブリッジ外語学院 幡野 泉

======================

昨日、横浜のコリ文語学堂さんにお招きいただき、5月末に出版した翻訳書『無礼な人にNOと言う44のレッスン』に関する講演会を行いました。

コリ文さんは金順玉先生のスクールです。こうして韓国語学校を運営する運営者同士が交流し、仲良くしている姿を学習者に見せられることは、韓国語学習界をみんなで一緒に盛り上げようとしている気持ちが伝わり、とても良いことだと思います。
順玉先生、貴重な機会をいただき、ありがとうございました!

講演はこの書籍の原書『무례한 사람에게 웃으며 대처하는 법』が韓国でベストセラーになった背景、著者の生い立ち、日本女性と韓国女性、キーワードとなった韓国語、そして原書を味わってみよう、という柱で進行しました。

目玉は「原書を味わう」というところですが、仮に韓国語の上級レベルに達しても韓国語の書籍を一作品読む、というのはかなりハードルが高いんですよね。分からない言葉もでてくるし、どうしても日本語のようなスピードで読めないので、億劫になってきてしまうんです。

以前、とある韓国語教授法のセミナーで、著名な韓国語の先生(日本人)が、韓国語のホームページ画面を表示させながら、「韓国人の先生には実感しにくいと思いますが、こうして画面いっぱいに韓国語がびっしりと出てくると、けっこうウッとくるものなんですよ」とおっしゃり、そのとき私は、「あ、〇〇先生のような方でもそう思うのか」と半ば安心したような覚えがあります。

そこで、この日の講演会では、その本の背景を充分に説明した上で、持ち帰ってほしい内容の韓国語の部分だけをピックアップし、日本語訳を付けて、みんなで一緒に両方を読んでみました。

そして、こんなふうに、私なりの考えを伝えました。まず、私の現在の本業は語学学校の経営で、職業翻訳家(例えば週5日、一日8時間以上翻訳に没頭できる人間)ではないと冒頭で伝えてある、ということが前提になります。

「私が一つの文学作品や書籍を翻訳できるくらい熟読したと自信を持って言えるのは、『소나기』と『우리들의 일그러진 영웅』。そして、今回翻訳したこの書籍くらいです。
(ちなみに、ビジネス翻訳ならたくさん経験があります)

ソナギとウリドゥレ~は、語学堂のイルキの教科書に載っていて、授業で読みました。二つとも韓国人なら誰でも知っている本当に素晴らしい作品で、本当に良かったと思っています。
(2作品の解説を簡単に)そして今回翻訳したこの本、実はそんなものなんです。

当校には、一つの作品読むために、プライベートレッスンで先生と一緒に読んでいるという方が何名かいらっしゃいます。そこまでしないと読まないから、読めないから、なんですよね。

皆さんは韓国語の勉強をしていて、上級になると、韓国語の本を読んだ方がいいと言われたり、読んでいる人を見ては自分も読まなきゃと焦ったりするかもしれませんが、韓国語の読書が趣味の方でないかぎりは、なかなか大変なことなので、読み進められないからといって、自分を卑下したり落ち込んだりしないでください。」

以上です。あなたがそんなこと言ってはだめ、原書の読書を勧めないと、と言われてしまうかもしれませんが、あまり気負わずにまずは翻訳書を手に取って、韓国について理解や見聞を深める、そして原書に興味が湧いてきたら原書を味わう、で良いのではないか、と。

参加者の皆さんのアンケートを見ると、私が伝えたかったことを充分くんでくださった反応が伺え、とても嬉しく思いました。

先週末、ロシア語通訳の大御所先生の特別講座がありましたが、先生は「文学作品で通訳訓練はできない。文学作品は、作家が他人は使わない表現を選んで書くから」とおっしゃっていて、なるほど、と思いました。

外国語の文学作品を読み込むことが億劫になってしまうのは、そのような理由もあるのかもしれません。

読書自体は心から薦めたいですし、私も常に一冊は鞄の中に本が入っています。しかし、忙しい社会人が隙間時間で読むには外国語の原書はなかなか手が伸びません……。

恥ずかしながら、プチ暴露でした。

通信306 韓国語に思いをのせて 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第306号 (2019年11月4日発行)

韓国語に思いをのせて

ミレ韓国語学院 前田真彦

——————–

ミレ韓国語学院では、毎年年末にスピーチ大会を実施しています。

今年で9回目です。
去年は「韓国語学習が私にもたらしたもの」というテーマでした。

あまりに感動的だったので、その後ミレの受講生に同じテーマで投稿を募り、

『生きていくための韓国語』という冊子にまとめました。

https://mire-k.jp/ikiteiku_pdf/

今年のテーマは「私の心に響いた韓国語のことば」です。

12月21日(大阪)、22日(東京)13時~16時で実施します。

審査委員長にイム・チュヒさんをお招きして行います。

今年からオンラインでの出演・参観が可能です。

https://mire-k.jp/20191221osaka/

https://mire-k.jp/20191222tokyo/

スピーチ大会を始めた当初は出演者を募るのが大変で、
なかなか出てくれる人がいなくて、頼み込んで出てもらっているような現状でしたが、
去年ぐらいから様子が変わってきました。出演者が早い段階である程度そろうようになってきました。
今年は、早々と出演者の枠が埋まり、それでも申し込んでくる方がいらっしゃってお断りしたくらいです。

出演する方とは授業の度に少しずつ練習しますが、練習の時からもう感動です。
みなさんそれぞれ「私の心に響いた韓国語のことば」を持っているということです。
そしてそれを語ろうという姿勢があるから、
まだ練習が不十分でも、聞く人の心を動かす力があるのでしょう。

去年あたりから、スピーチの在り方が大きく変わってきたように感じています。

「思いを伝える」スピーチにシフトしているようです。

暗唱や発音も大事ですが、スピーチの中心は「思いを伝える」ことではないでしょうか?

発音の基本もきちんと指導しながら、「いかに心をのせ、しっかりと思いを伝える語りができるか」

に重きを置いて指導していこうと思います。

スピーチ大会は、単に暗唱して上手に発音するというものではありません。

「韓国語で思いを語り」「友の語る韓国語に心の耳を傾ける」という時間にしたいものです。

通信305 バラエティに富む発音 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第305号 (2019年9月10日発行)

バラエティに富む発音

伊藤耕一

——————–

日本と韓国の関係が、とても残念な状況になっています。

ただ、文大統領の肉声を聞く機会が多く、 「의」の発音が特徴的で耳に残っています。

文大統領は、「의」を発音する時、「으이」のように2つの音を分離して話すことが多いように思います。

「일본으이~」といったような感じです。

私は学校で教わった時、「의」は「에」に近い音で発音することが多いと習いました。

このように発音することもあるのだなと、今更ながら発見したところです。

また、実際に話をしたことのある方で「의」を「으」と読む人がいたことを思い出しました。
その方は「의자」を「으자」と発音していました。

これは個人差なのか地域差なのか、わたくしには認識する力がありませんが、「의」の文字はかなり広い範囲の音を持っているようです。

昔の日本語は「い」と「う」と「え」の区別が地域や人によって相当に違っていたと学んだことを思い出します。

「枝」を「いだ」に近い音で発音したり、「椅子」を「えす」に近い音で発音したり、東北方言に名残があるように「美味しい」を「美味すぃ」と発音したりなど、多様だったそうです。

徴兵制施行後、軍隊の教練で薩摩や長州出身の士官がコテコテの方言で命令しても、動くことができない兵士が相当いたそうで、これはまずいということで国語の教育が共通語で行われるようになったと聞きました。

先日「マイ・フェア・レディ」をテレビで初めて通しで見ました。
ご存じのとおり、英国の下層に属する少女が下層の英語を話すのを上層階級の英語を話せるように訓練するお話です。

“today”を「トゥダイ」、 “Henry” を「エンリ」と発音したり、上品でない言い回しをしたりなのですが、それでも英語を話す人同士ではそれなりに通じるというのをうまく映像にしたなと思いました。

このようにバラエティに富む発音を聞き取ることができて理解できると、とても楽しいものですが、そんな楽しさを教えることができるようにまた勉強したいと思いました。

通信304 続・オンライン授業の可能性 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第303号(2019年7月17日発行)

続・オンライン授業の可能性

アイケーブリッジ外語学院 幡野泉

================

前号の前田先生のメールマガジンですが、同様の内容のものを、YouTubeでも制作されていたのですね。拝見しました!

前田先生のようにYouTubeで授業等を配信している方のお話を少なからず聞きますが、「ものすごく時間がかかる」という話をよく聞くため尻込みしています。

しかし、サラッとこのような動画を配信される前田先生には脱帽です。

前田先生のおっしゃる、オンライン同士の方々だけの授業でなく、通常の授業に、オンラインの方が加わる、という方式を、

当校でも最近行いました。ロシア語の入門講座だったのですが、通常の東京の教室に、関西の方が加わりました。

音声や顔の見え方だけでなく、フラッシュカードの見せ方や板書の書き方については、前田先生のおっしゃるように、

工夫しなければならない点は多かったですが、「意外と、いける」という実感を得ました。板書は見えにくそうだったので、システムからテキストを送信したりしました。

終了後に、「画面では講師の口元までよく見えないことがあり、慣れない(ロシア語の)発音だったのでカタカナで補助があると良かった」と言われましたが、そのようなお声をもとにどんどん改善していきたいと思いました。

プロジェクターでオンライン参加の受講生を映し出すのは良い考えです。当校でも試してみたいと思います。

文明の利器を使って、いろいろ工夫していければいいですね。

「ちょっと苦手……」なんて言ってられません!

通信303 オンライン授業の可能性 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第303号 (2019年7月8日発行)

オンライン授業の可能性

ミレ韓国語学院 前田真彦

=====================

ミレは「韓国語学習の地方較差をなくす」というコンセプトを持って日々活動しています。

大阪・東京の教室授業以外にも、通信添削・動画の配信に力を入れてきて、
最近はオンライン授業にも積極的に取り組んできています。

オンライン授業とはPCやスマホ・タブレットなどの通信機器を活用して、
オンライン上で、複数の(あるいは個人の)受講生を対象に授業を実施するものです。
今学期(2019年7月)からは、教室授業にオンラインで混じってもらうという取り組みを始めたばかりです。

教室+オンライン計4人で、実施しています。
今までのミレのオンライン授業は、オンラインだけで実施してきました。
もちろんそれはそれで教育効果もあり、いろんな発見もありました。

今回新しいのは、教室授業にオンラインで参加するという形式をとっていることです。
オンラインで参加した受講生も、教室生と全く対等に指名し、発言し、音読し、活動してもらいます。

こういうコンセプトで授業を始めると、いろいろ今まで見えなかったものが見えはじめ、授業の活性化につながっています。

例えば、机の配置。私と受講生が横並びになって、モニターに向き合ったり、
オンライン受講生をプロジェクターで教室の横の壁に写したり、それだけで教室の空気が変わります。

板書の仕方も、より分かりやすく太く大きく書くようになりました。
ほんのわずかなことですが、授業の活性化につながるように感じています。

これからも、「教室授業にオンラインで参加する融合型の授業」を模索し、
いろんなノウハウを蓄積していきたいと考えています。

この内容を、動画で語りました。ご覧ください。

https://youtu.be/OTN9Oiw1Wwo

通信302 読解力 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第302号(2019年6月17日発行)

読解力

寄田晴代

============

長文読解の授業で時々ぶつかる困難に「日本語に直してみたものの、その文章の意味がわからない」というものがあります。

論説文に出て来る漢字語に馴染みがなくて意味がわからない、という人もいます。TOPIKの読解問題に出る論説文はそんなに長くありませんが、自分の馴染みのない分野だと、読む前から拒絶反応を起こす人もいます。

予備知識が全くない分野について読むことを負担に思うのでしょう。そもそも、集中してまとまった文章を読むのが苦手な人もいます。そうなるともはや、韓国語の問題ではありません。

語彙数は人生経験や読書量に比例するのでしょうか。若い人ほど、日本語の単語の意味がわからなくて苦労する人が多い印象があります。

よく使うことばだから知っておいた方がいいよ、というと「それ、方言じゃないんですか」と関西標準語母語話者の私に確認する人もいます。

ところで、
最近、年齢に関わらず大人でも、書いてあるものをちゃんと読んで理解していないことがあるのではないか、と思うようになりました。

私は時々スポーツジムに行くのですが、そこで「あれ?」と思うことがあったからです。

運動するマシンにはそれぞれ、鍛える筋肉、注意事項、使用方法などが、図解と簡潔な文章で示されています。

それなのに、そんな風に使っては体痛めますよ、と声をかけたくなるような人が少なからずいるのです。

どうして?これ読んでないの?読んだけれど自分流に解釈してるの?

質問してみたくてたまりませんでした。(説明文が難解だとは思えないので、「勝手に解釈派」が主流ではないかと推測しています。)

日本語でも(こんなに短い説明文でも)、読んでみて正確に把握できないことは珍しくないのかもしれない、と思うようになったわけです。

今年5月、新聞で「AIに勝る読解力を養おう」という記事を読みました。筆者は国立情報学研究所教授の新井紀子さんです。

「これまでの研究でAIの限界がハッキリした一方で、多くの中高生がAIと同じように読解力が不足していることもわかった。」という文にうなずきました。

ここでいう読解力とは、言うまでもなく、教科書や新聞など事実について書かれた文書を正確に把握する力です。

そして、読解力不足を放置するとAIに仕事を奪われる層が増え、格差が広がる危険性があるという怖い話が続き、まず母語である日本語やAIの基礎となる数学を身につけてほしい、と述べられています。

韓国語学習の初級の段階では「読解」と言っても、韓国語と日本語を置き換える作業が中心になるでしょう。

しかし、韓国語を使って何かしたい、と思っている学習者には、先を見据えた、母語の読解力の大切さを伝えたいと思いました。

母語以上に語彙や表現が広がることはありえないので、自分もしっかり日本語の向上に励みたいです。

まずは、なんでも「ほらほら、あれ、あれ」で済まそうとする傾向を改善しようと思っています。