ハンガンネットオンラインお茶会開催のご案内〜韓国語学習者座談会も見学〜

048-15韓国語市民講座講師のネットワーク「ハンガンネット」がオンラインお茶会開催致します。講師同士、近況のお話、情報交換、お悩みモロモロお話しましょう。飲み物をご準備頂き、気軽にご参加ください。

前半 韓国語学習者の座談会 13:00-13:40

講師がなかなか聞けないの学習者の気持ちを司会のとんそく子(浅見綾子)が聞いてみます。
普段、韓国語教室・イベントに参加している学習者は講師に対してどんなことを求めているのか、どんなことが嬉しかったのか、はたまたどんなことを改善してほしいと思っているのかなど、司会者と韓国語学習者(5名ほど)がざっくばらんに話します。
また、教室や単発講座などで勉強したことのある韓国語学習者に、普段から先生にお願いしたいと思っているなどのアンケートを取り、その結果をまとめたものをご紹介します。

途中、質問がある場合は、チャットで質問ください。司会者が取り次ぐ形で学習者に投げかけます。

自らの授業の振り返り、今後の授業の参考にしてください。

(5分休憩)

後半 講師同士の交流会 13:45-14:30 (10分延長の可能性有り)

複数のルームを立ち上げ、割り振ります。
このお茶会の目的は講師同士の「横のつながりを作る」です。ぜひお互いの近況報告や情報交換、悩み相談などご自由にご交流ください。

各ルームにはハンガンネットの世話人がコーディネーターとして参加します。何を話せばいいのか分からないということがないよう、世話人が配慮致しますのでご安心ください。

開催日:2022年9月4日(日)13:00~14:30 (10分延長の可能性有り。飲み物をご準備の上ご参加ください)
時間:12時45分にZoomの部屋をオープンします
開始:13時00分
参加費:無料
総合司会:浅見綾子(HANA)

参加条件:
・韓国語講師
・韓国語教室運営関係者、講師志望者
・会員/非会員は問いません。

申し込み
https://forms.gle/XQYirbpwYPZJ5KSk6

通信402「値上げの影響は本の売り上げにも」裵正烈

【週刊ハンガンネット通信】第402号 (2022年8月9日発行)

値上げの影響は本の売り上げにも
裵正烈
=================================================

最近あきらかに本の売り上げが落ちてきています。6、7月の実績をみると、自社の売り上げが昨年同時期に比べて3割は減っている感じです。

「値上げ、値上げ」とマスコミが繰り返し流し始めたのが、ちょうど同じくらいのタイミングではなかったでしょうか。「光熱費や食材費を節約することがあっても、本代だけはケチらない」という人は世の中では少数派だと思いますし、書籍代は家計が厳しくなるとまっさきに絞られるものの一つです。「韓国語学習熱の高まり」という別の要素もあるのですが、この秋・冬にはさらに値上げが続くということなので、会社の社長としては「経営上の大きな危機」と捉えています。

さて、弊社HANAは、ほぼ韓国語一本で出版活動を続けてきたこともあり、この分野ではそれなりに知られた出版社だと自負しています。そういうことから、「HANAから本を出したい」と言ってくださる方がいらっしゃいます。大変光栄なことですが、ときには「他社で出した方が売れると思うんですけど、うちからでいいんでしょうか?」と正直にお伝えすることがあります。

HANAには営業を担当する社員が一人しかおらず他の仕事も兼任しているので、営業担当の社員を二桁も抱えているような出版社には販売面で太刀打ちができないのです。全国の書店をあまねく回ることは不可能ですし、首都圏の書店に限るとしても月に1度の訪問が精一杯です。営業部員が多い出版社は、それこそ毎週のように、さらには週に何度も主要書店の店頭に現れて、棚の整理もしていきます(業界の慣習で、外部出版社の営業が店の許可を得た上で売り場の本の並びを変えることがあります)。

例えば、HANAの新刊が出るときに平積みにしてもらったとします。ところがこちらからはなかなかその後のフォローができないので、他社から次々発売される新刊に押し出されて、平積みだったものが数週間後には棚に移され、数カ月後に返品されて店頭からなくなることもしばしばです(売り場のスペースは有限なため)。もちろん平積みのときに動きがよい本などは、この限りではありませんが。

それで弊社の本でよくあるパターンが、発売直後によく売れて増刷を掛けたら、2刷以降ぱったりと売れ行きが止まるというものです。在庫が減らず「売れておかしくない本なのになぜ?」と思って調べると、書店の店頭にほとんど置かれていなかったといったことがよくあります。いくら本の内容が良くても、店頭にない本が売れるわけがありませんね。

もっと売れるはずなのに動いていない、もっと読者に使ってほしいと思う本がいくつもあるので、8月から営業社員を一人雇用することにしました。景気の落ち込みが続く最中に社員を増やすことに心配は尽きないのですが、営業人員を2倍にして一度出した本を少しでも長く多く売る。これは今回の危機への対策でもあります。

韓国語学習者座談会開催ー学習者募集ー

【韓国語教育向上のためにご協力お願いします】
2022年9月4日(日)13:00に開かれる韓国語講師のためのハンガンネットで「韓国語学習者座談会」を開催します。

この座談会は、司会者の浅見綾子(とんそく子)と一緒に、韓国語教室で学んで良かったこと、改善したらもっと良くなること、韓国語の先生に関してこんなことが良かった、残念だったなど、ざっくばらんに話し合う場です。司会のとんそく子が質問しますので、それに答えてもらう形で会は進み、そのやり取りを現場の先生方に見てもらいます。韓国語教育全体の向上につなげるというのが趣旨です。授業を受けながらいつも感じていることを一緒にお話しませんか。

韓国語講師は学習者の気持ちを・考えをきちんと聞く機会が実はあまりありません。
より良い学習環境を作り上げていくためにもご協力いただけますと幸いです。

■とんそく子からの質問例
先生に関すること
・授業を受けていて、先生に言われて嬉しかったこと、嬉しかった行動など教えてください
・先生にしてほしい配慮はありますか?
・先生に求めることは何ですか?

講座の内容について
・どんな講座を受けたことがありますか?それを選んだ理由はなんですか?
・こんな講座あったらいいな

事務的なこと
・告知ページに書いておいてほしいこと
・こんな配慮よかった、こんな配慮がなくて残念だった   などなど

開催日時:2022年9月4日(日)13:00~ 20−30分ほど
開場:Zoom(カメラオンでお願いします)
司会:浅見綾子(とんそく子)
参加人数:5名(申込みがこちらからご連絡致します)
条件:韓国語教室(オンライン・オフライン含む)の授業やイベントに参加したことがある方
ご協力いただける方は下記からお申し込みください。
申し込みページ:https://forms.gle/opTPKTBpicWxVPGM7

通信401「イベント販売を大切に考えています」浅見綾子

【週刊ハンガンネット通信】第3401号 (2022年8月2日発行)

イベント販売を大切に考えています
浅見綾子
=================================================

先日7月17日に、東京の東新宿に会場を借り、ハングルの森とHANAとでコラボで韓国語学習書の展示&販売会を開催しました。久々の対面でのイベントでした。

ハングルの森(http://www.hanglesup.com)はご存知の先生方も多いかと思いますが、名古屋にある韓国語教材専門のネット書店です。
韓国の語学堂の教材のみならず韓国の絵本や小説、地図などの教材ポスターなども購入可能です。

今回のイベントは、先生方に実際に手にとって見て頂きたいという趣旨で、ハングルの森は韓国輸入教材を中心に絵本や小説、エッセイなどを展示(注文を受け後日発送)、HANA(https://www.hanapress.com)は自社の韓国語教材を割引販売致しました。

このようなイベント販売は、会場手配、在庫取り寄せ(今回HANAは850冊を準備。埼玉の倉庫から車で運びます)、当日の販売人員確保(社員ですが)、販売後の売上計上、売れ残り品の在庫戻し処理(また倉庫に車で持っていきます)という作業が発生し、それ以外にも当日の釣り銭準備、サンプル本、POP、販売用袋などなどかなりの手間と人件費がかかります。たくさん売れれば儲かりますがこういったイベントで黒字にするのはかなりの大規模なイベントではないと難しいのが現実です。
それを分かった上でもHANAがイベント販売を行う理由は、売上と同じくらい大事に考えているのが実際に読者さんに会うことだからです。

会うと何がいいのか。

まず自分たちが作っている本をどんな方が購入して勉強してくださるのか実際に見られるのは純粋にとても嬉しいものです。年齢層、性別、どんな職業の方か、お話ししながら伺ったりすることもできます。
また自分が作った本を直接学習者さんに対してアピールできるのもとても嬉しい経験です。

もう一つ大きなメリットは、どんな悩みを持たれていて、どういった本を求められているのか直接聞くことができる点です。

TOPIK6級は持っているけど全然話せないです、飽き性で1冊を最後まで勉強したことがありません、文法が大好きで文法の解説が細かいものはありますか、単語が全く覚えられないんですがおすすめの勉強法教えてください、聞き取りが弱くてどうしたらどんな本で勉強すれば聞き取れるようになりますか、この本でどういう風に勉強したらいいですか、などなど。学習者さんの悩みや求められているものがそのまま企画のアイデアになります。

上記のような理由から、HANAは今後もイベント販売を行いたいと思っております。

通信400 「ババア」と「オバハン」寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第400号 (2022年7月25日発行)

「ババア」と「オバハン」
寄田晴代
=================================================

ソウルから東京に引っ越してきて早くも7回目の夏を迎えています。
大阪人の私にとってこちらで未だに違和感を感じる文化はいろいろあって、今頃お盆なのね、とか、なんで黒蜜のついたところてんが売ってないの?とか、毎年つぶやいています。
今回は先日友達の発言に、これも文化の違いか!?と、驚かされた話を書きます。

「男の人ってすぐに『ババア』っていうよね」と友人は言いました。(事の真偽はここでは問題としないことにします。)
え?どんなお友達とつきあってんの?「男の人って」っていうくくり方も雑過ぎない?と言いたいのを飲み込み「へー、(東京近辺では)そうなん?」と、まずは驚きの声を出しました。
だって私にとって「ババア」とは、回し蹴りして逆さづりにして島流しにしてやりたいと思うほどの悪口です。それを乱発する人がここでは珍しくないとは!(友人の名誉のために言い添えると、彼女自身は良識のある普通の人です。)
大阪人の私には「ババア」という言葉にはあまりなじみがなく、そのせいかキツく聞こえるのです。大阪で似たようなことばといえば「オバハン」でしょうか。これも面と向かって言われるとムカッとくる言葉ではありますが、親しみを込めて冗談で用いられる場合もあります。
他の大阪の友人たちにも聞いてみたところ「『オバハン』は許せるが『ババア』は許せん」というのが共通した意見でした。また、「『ババア』と単独で言われることはまずなく必ず頭に『クソ』がつく。この場合相手は臨戦態勢である」と教えてくれた窓口相談業務を仕事としている友人もいました。
では西地域が皆そうかといううとそうでもなく、広島人の夫は「ババア」の方が馴染みのある言葉で、激怒するような言葉とは思っていないようです。
同じ言葉でも、使われる地域、言われる相手によってはインパクトが違うのですね。冗談でも使えない場合があるので、特に悪口関係は要注意だと思いました。似たような例に「バカ」と「アホ」もありますね。ふたつとも同じ意味でありながら、東京アクセントで「バカ」と言われると、大阪人は本当に馬鹿にされていると受け止めます。皆さんの地域ではいかがでしょう。
そして、韓国語でもこのように、同じ単語(やや悪口系)でも地域によって受け止められ方が違うものがあるのか気になるところです。ご存じの方がいらっしゃったら是非教えてください。

通信399 「ポストコロナの授業運営(後編)」加藤慧

【週刊ハンガンネット通信】第399号(2022年7月18日発行)

ポストコロナの授業運営(後編)
加藤慧
=================================================

コロナ禍でどのように授業運営をしてきたか、今後の展望についてなど、最近考えていることを前回から二回に分けて書いています。

前回はプライベートレッスンについて書きましたが、今回は大学の授業についてです。コロナ禍では遠隔授業としてオンデマンド授業を行ってきました。授業資料を配信し、学生が課題をオンラインで提出する形式です。動画は編集作業に時間と労力がかかりすぎると考え、教科書に解説を細かく書き込んだ資料を作成しました。この資料の評判がよく、学生の理解度・満足度ともに高いものでした。もちろんこれも大変な労力がかかりましたが、教材として自分の財産になったと感じています。

今年度より対面授業に戻りましたが、一部オンラインの形式を維持しています。解説や発音練習など、対面での効果が大きいと考えられるもののみ行い、残りの時間はオンデマンド用の資料を活用し問題演習をして、オンラインで提出してもらうかたちです。提出時にフィードバックを入力してもらうことで、コメントペーパーに記入してもらっていた頃より管理もしやすくなりました。

また、小テストもGoogle formを使って、教室でオンライン形式のまま行っています。採点と集計の手間が省けて、その分の時間を授業準備に回せるようになりました。

今後取り入れたいと考えているのは、同様の形式での期末試験の実施です。筆記試験の代わりにキーボードの入力で回答してもらうことを念頭に置き、課題提出の際に練習しています。スマホやPCでの韓国語入力ができるようになれば、今後いろいろな場面で役に立つと考えるためです。もし導入することになれば、またこちらでご報告させていただきます。

語学学習におけるオンラインの有効性はすでに様々なところで言われていますし、私のような地方在住者にとっては、いままで考えられなかったほど多くのイベントや講座に参加できるようになったという(翻訳講座を受講中です)良い面もありました。再び感染が拡大しつつあるとはいえ、ポストコロナの時代を迎えつつある今、オンラインの良さは残したままオフラインとうまく組み合わせて、最善のかたちで良い授業が提供できればと思っています。

通信398 「語尾」伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第398号 (2022年7月12日発行)

語尾
伊藤耕一
=================================================

マレーシアに来て7か月が経ちました。
普段の生活や仕事では英語を使うのですが、最近、英語で話した後にマレー語のある語尾を付けて会話している自分に気付きました。
その語尾は「ka?」と「ne.」です。

先日、同僚が木曜日の夕方にこんなことを言ったことがあります。
“See you next week!”(また来週ね。)
すかさず、こう返しました。
“Oh, you don’t come tomorrow, ka!”(え、明日は来ないの?)

「ka?」はマレー語の語尾に付けると疑問文になるのですが、これが英語にも転用されてよく使われるのです。
“OK, ka?”(OKですか?)
“You don’t like this, ka?”(これは嫌いなんですか?)
“You follow the fasting, ka?”(一緒に断食するんですか?)

何かを言って最後に「ka?」を付ければ疑問文になる、便利すぎる語尾です。
ちなみにその同僚は、曜日を間違えていただけでした。

「ne.」はマレー語の語尾に付けると「~なんですね。」というようなニュアンスになります。
“OK, ne.”(OKですね。)
“You don’t like this, ne.”(これは嫌いなんですね。)
“You follow the fasting, ne.”(一緒に断食するんですね。)

これは会話の中で私が感じているニュアンスなので、本当は違うかも知れませんが、日本語の「~なんですね。」だと思っています。
ちなみに断食は今年のラマダンの時に私も一緒にやってみたのですが、その時に言われました。
平日だけの断食でしたが、その後のマレーシア人の同僚たちとの心の距離が少し縮まったように感じました。

もうひとつ「lah.」という語尾があるのですが、これはまだ使いこなせていません。
少し調べてみたら、こんな動画を見つけました。
https://www.youtube.com/watch?v=KPnzyXpSS-k

「lah.」は「~だよ。」というような意味で、初めて知った時、何かを伝えたい時、突っ込みたい時に使うとのこと。
そして「lah.」は体言にも用言にも付けることができるとのこと。
この言葉は仕事のミーティングの最中によく耳にします。
“OK, this is the last month product stock, lah.”(さて、これが先月の製品在庫数です。)
こんな感じで使うのですが、動画を見てそのニュアンスを知ることができました。
なるほど、何かを伝えたいと思って言っているのだなということが分かりました。

動画では「kan.」と「nya.」も紹介されていたので、今後の会話に耳を澄ませて聞き取って使い方を確認してみようと思いました。

マレーシアでは「マレー語」「中国語」「タミル語」を母語とする皆さんが意思疎通を図れるように英語が共通語になっているのですが、そんな中で使われるようになった表現なのだろうと思います。
マレーシアの英語は意思疎通が目的なので、多少構文がおかしくても、複数形でなくても、時制が間違っていても、お互いにその意思を汲み取ろうとしてくださるので、リラックスしてしゃべることができます。
そんな時に共感を示す語尾を付けると、自分が理解していることを相手に伝えることができるのではと思いました。
ただし、その使い方が本当に合っているのか間違っているのか、自分には分からないところが悩ましいところですが。
でも、少し変なマレー語を話す日本人と思ってもらえれば、それはそれで良いのかなとも思います。

翻って、私は韓国に住んだことがないので、完全に理解しているとは思っていませんが、「-요.」「-네요.」「-ㄹ래요.」等の語尾のニュアンスを適切に教えることができたら、生徒さんの会話のレパートリーを増やすことができるのではないかとも思いました。
ゼロから外国語を習得しようとした時に、私が何を感じて何を理解しているのか、ひとつの実験台として今後も通信に書いてみたいと思います。
僭越ながら、韓国語をゼロから学習される生徒さんがどんなことを感じてどのように解釈しようとしているのか、その理解に少しでもお役に立てればと思っています。

通信397「受講生との確実な連絡手段」幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第397号 (2022年7月4日発行)

受講生との確実な連絡手段
アイケーブリッジ外語学院 幡野泉
=================================================

個人事業主のような形でレッスンを実施されていたり、
学院経営等でレッスンを提供されている先生方は、
受講生の方とどんな手段で連絡を取り合っていますか?

メールですか?LINEですか?それとも、何か他のシステムですか?

以前、ハンガンネットの勉強会でGoogleクラスルームを用いて
授業運営をされる先生のお話を伺ったことがありますが、
今回お尋ねしているのはグループレッスンの運営法ではなく、
例えば加藤慧先生のように受講生と個別に連絡を取り合い、
レッスンを受け付けたりする場合です。

当校はこれまで、個別のやり取りもグループレッスンの運営も
メールをベースにした方法を取っていましたが、最近は
セキュリティソフトの普及やSNSの台頭で、メールが届かない、
見ない、などの問題が生じ、連絡が行き届かないことによる
大小のトラブルが起きていました。

そこで、ファイルのやり取りはクラウドシステムを利用したり、
LINEを活用した方法なども模索しています。

こんな方法が確実で迅速!というようなお知恵があれば、
ぜひお伺いしたく……。次回のハンガンネットのお茶会などで、
ぜひ情報交換ができたら嬉しいです。^_^

通信396 「受講生交流会」ミレ韓国語学院 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第396号 (2022年6月27日発行)

受講生交流会
ミレ韓国語学院 前田真彦
=================================================
先日初めてミレ韓国語学院の受講生交流会を実施した。

コロナ禍以前の教室だと、授業の入れ替えの時に前後の授業の受講生とすれ違ったり、他の授業の受講生との接触が少しでもあるものだ。

それが、コロナですっかりオンライン授業になると、授業直前につなぎ、終了と同時に切る。
クラスメートと雑談する隙間もほとんどない。

これではいけない。
オンライン授業がリアルの対面授業を越えていくためには工夫が必要だ。

1,講師と受講生のつながり
2,受講生同士のつながり

これを増やしていかないといけない。
そこで、その学期の学習の成果を発表し受講生同士が交流する場を設けた。
クラスの紹介、学習成果を各クラス3分で発表し交流する会だ。

これが楽しかった。
クラスごとに色んな工夫があって、クラスの味が出ていた。
クラスメートとも結束が強くなったようで、今までになかった発表欲や、伝えたいパワーを感じた。

自分のクラスの特長を見直し、クラスメートと相談しながら発表を作っていく。
その過程で得られるものはオンライン授業の不足を補って余りある。

今後も学期ごとの交流会を続けて行きたい。
https://youtu.be/PhP7a2xqNa8

付録


昨日のハンガンネットセミナーに関連した動画
「授業は楽しくないとだめですか?」
https://youtu.be/zfSbBg46efw

2 メアリの会 7月17日(日)17時30分~19時
ライブ授業1 親子でハングル体操 伊川講師担当
ライブ授業2 TOPIK作文54番の書き方 前田担当
おって受講生を募集します。
https://new.mire-k.jp/meari/