オンライン開催!2022年2月の「ハンガンネットセミナー」のお知らせ

038-07韓国語市民講座講師のネットワーク「ハンガンネット」が開催する冬のセミナーもオンラインにてお届けします。セミナー前半は前田真彦先生による「学院の年間行事の狙いと効果」。なぜスピーチ大会をするのか、目的・狙いと効果などをお話していただきます。後半は懇談会。コロナ禍をどう生き抜いたか これからどう生き抜くかなど、参加者の先生方同士、現状と展望などお伺いできたらと思います。ぜひこの機会にご参加ください!

開催日時:2022年2月11日(金祝)13:00~15:30
開  場:12時40分にZoomの部屋をオープンします
スタート:13時00分
定  員:100名
総合司会:阪堂千津子(ハンガンネット 代表)

セミナー:
◆1時間目(13:00~13:50)
「学院の年間行事の狙いと効果」
進行役:前田真彦(ミレ韓国語学院院長)

韓国語教室にスピーチ大会のような定番のイベントがあります。そのイベントを定番として位置付けるにはそれなりの理由があるはずです。どのような意義付けがあるのでしょうか? そしてその効果は受講生にどのように表れるのでしょうか? 各教室の定番イベントの、企画から舞台裏を報告していただきます。教室にどんなメリットがあるのかなどもお話していただきます。

1.目的、狙いと効果。なぜスピーチ大会をするのか(教育効果・生徒募集効果)
2.実際の運用にあたっての注意点、ノウハウ

事例報告
A.「合宿・短期留学」(ミレ韓国語学院)
B.「スピーチ大会」(ミレ韓国語学院)
C.「翻訳大会」(アイケーブリッジ)

(10分休憩)

◆2時間目(14:00~14:45)
「読解力を付けよう!〜TOPIK中級読解問題を使って〜」
講師:前田章子(ミレ韓国語学院講師)

読解の指導は難しいですね。
TOPIKの過去問や模擬問題は、内容、語彙、長さすべてにおいて、読解力を鍛える最適の材料です。実際の受講生を迎えて前田章子先生がライブ授業に挑みます。
授業後、読解力を鍛える授業としてはどのような授業が好ましいのか、具体的に意見交換をしましょう。

TOPIK3,4級レベルの読解問題を扱います。

(10分休憩)

◆ハンガンネット懇談会(14:55~15:30)
「教室運営者・現場の講師の懇談会」※講師志望者は対象外
進行役:丹羽裕美(ひろば語学院院長、ハングル能力検定協会理事など)

コロナ禍をどう生き抜いたか、これからどう生き抜くか、各教室・現場をもつ先生方の工夫と計画を忌憚なく話し合いましょう。そして知恵を出し合って、この難局を乗り越えていきましょう。

※お申し込みの際に、コロナ禍での悩みや他の先生方に伺いたいことなどをご記入ください。

参加条件:
・韓国語講師(これから教室を始めたいという方も、大歓迎)
・韓国語教室運営関係者、今後韓国語を教えたいと思っている講師志望者(講師志望者は懇談会のご参加はご遠慮ください)
・会員/非会員は問いません。

お申し込み:お申し込みはこちら
申し込み締切り:2022年2月7日(月)
悩みや課題に思っていることや現況も一言添えてください。

参加費:1,000 円
【参加費は事前に銀行振込よりお支払いください。】
⇒振込先 paypay銀行 本店 普通 2174994 ハンガンネットマエダタダヒコ

【受講生募集のご案内】「読解力を付けよう!〜TOPIK中級読解問題を使って〜」ライブ授業

2月11日(金祝)に韓国語講師向けに開催される、ハンガンネットセミナーの「読解力を付けよう!〜TOPIK中級読解問題を使って〜」セミナーにおいて、読解指導を受けてくださる韓国語学習者さんを募集しています。

セミナーにて読解指導はライブで行われ、ミレ韓国語学院の章子先生が直接指導をしてくださいます。この機会にぜひ読解の指導を受けてみませんか。

◆募集要項
日 時:2月11日(金祝)14:00~14:45頃(リアルタイムで接続できる方)、無料
レベル:中級レベル
定 員:4名
申し込みページ:たくさんのお申込みありがとうございました。締め切りました。
※このセミナーでの読解指導は、韓国語講師向けセミナーの一貫として行われます。読解指導が終われば、ルームからご退室お願いします。

通信376号「教室を支配するものは何?」日下隆博

【週刊ハンガンネット通信】第376号 (2021年12月20日発行)

教室を支配するものは何?
日下隆博
=================================================

専門学校の韓国語学科、英語韓国語学科の年内の授業日程が先週で終わりました。年末年始は後期期末試験問題の作成作業となります。

専門学校、対面授業のみだった5~6年前のできごとです。
同年代の女子で同レベルの学習経歴、
みな同様に韓国語に興味のある学生たちであっても、
教室の雰囲気はクラスごとに違っていました。
その理由は一つだけではないでしょうが、
あるクラスでこんなことがありました。
2年生のクラスである学生が休憩時間の雑談中に突如
「女が勉強したって別に意味ねんだよ。
女は金持ちの男と結婚すりゃそれで楽に暮らしていけんだよ」と言い放ったのです。
ああ、この圧力がこのクラスを支配していたのか。
このクラスは全体的に学習が伸び悩んでいるクラスでしが、
そこには勉強をがんばる姿を見せられない雰囲気を作り出す、
勉強をしたがる学生らをけん制するボス的存在がいたのでした。

クラスの雰囲気を作るボス的存在は、若い学生だけでなく、
主婦層のグループレッスンでも皆無とは言えないかもしれません。

今年の専門学校の2年生は、
対面授業において、休憩時間のおしゃべりが例年の学生よりも少なかったように思います。
これは1年生だった去年1年間がほとんどがONLINE授業だったため、
休憩時間中におしゃべりをするという機会がないところから出発したためではないかと推測します。
そのためボス的存在の誕生が滞っている可能性があります。

後期の年明けからの残りの授業はいまのところすべて対面授業が予定されています。
何か教室で学生たちの変化が見られるのか、これも今の時代の新しい観察となるかと思います。

通信375 「韓国語学習書がよく売れると…」ペ・ジョンリョル

【週刊ハンガンネット通信】第375号 (2021年12月16日発行)

韓国語学習書がよく売れると…
HANA ペ・ジョンリョル
=================================================

出版業界ではこのところずっと韓国語学習書の売れ行きが好調です。韓国語の学習書が売れていると、当然参入してくる出版社が増えて新刊点数も増えます。売り場のスペースには限りがありますので、新刊点数の増加は、営業力の強い会社によって弊社の本が売り場から押し出されることにもつながります。長く長く売れる本を作りたい出版社にとっては、喜んでばかりはいられない面もあります。

語学書は、一般の読み物に比べて作るのに手間がかかります。弊社では本の内容や分量、作り方にもよりますが、原稿が完成してから編集・校正を行い発売するまで、最低でも3カ月はかかりますし、現在のマンパワーでは会社全体でも月1冊のペースで作って出していくのがやっとです。

一方、一般書、特にビジネス本などでは、編集者1人が10数冊併行して進めて月に1冊ずつ出版しているといった話はざらにあります。韓国語ブームを受けて参入してくる出版社は、語学以外を手掛けている出版社の場合も多く、私たちとは異なるスピードと規模で、弊社が1冊出す間に、2冊、3冊と出してきます。なんとか同じ土俵で勝負するのを避けるしかありません。

韓国語の学習書が売れるようになると、他の出版社から弊社に仕事(編集や校正、録音)の依頼も来るようになります。下請けの仕事はお金になるのが早いので、以前は「来た仕事は断らない」主義でこうした仕事を優先してこなし、出版の資金に充ててきました。最近は下請けの仕事を断るようにしているのですが、どうしても断り切れなくて、手離れのいい校正だけ請け負うこともあります。今のような状況はずっと続きそうですから、今後韓国語や日韓の記事・原稿をチェックする人の需要は増えるように思います。

上に書いたように、過去の韓国語ブームのときは他社の商売をせっせと手伝い、自分のところにはたいして残りませんでした(ただし経験は残った)。つまりその頃はまだ出版社としてのスタートラインに立てていなかったということでしょう。今回の学習ブームでは、過去にそんな苦しい思いをしながらも作りためた本がありますので、この流れにうまく乗っていきたいと思います。

通信374 「分からないことは学習者さんに聞く(SNSを使って)」浅見綾子

【週刊ハンガンネット通信】第374号 (2021年12月6日発行)

分からないことは学習者さんに聞く(SNSを使って)
HANA 浅見綾子
================================================

アンニョンハセヨ。HANAの浅見綾子です。
今日はSNSを使った活用法について少しお話したいと思います。

私は広報担当として入社以来ずっと、書籍の販促の一つとしてSNSを利用してきました。SNSは読者の方と繋がることができるとても大切なツールとして今でもSNS上での関係を大事に考えています。

さて、私はSNSの中でもTwitterが自分の性格に合うと思っており、主にTwitterを中心につぶやいておりますので、今日はTwitterでの話を中心にしていきたいと思います。

私は現在編集部に在籍し、本をつくる作業を中心にお仕事しておりますが、コロナ前までは営業を担当しておりました。営業にしろ編集にしろ、分からないことが出てきたらSNSを通じて読者に直接質問するようにしています。

Twitterには「アンケート」の機能がついており、4択にはなりますが簡単にアンケートを取ることが可能です。答える方もボタンを押すだけですのでとっても気軽です。

このアンケート機能を使って学習者の方に質問し、その答えからヒントを得て本づくりや営業活動の参考にさせていただいています。

いくつか紹介させていただきたいと思います。

1.「文法解説」が多すぎると学習者さんに負担になるのかなあ、と思い質問してみました。

文法説明は好きか

答えをみると、951票中「割と好き」「まぁ普通だな」という答えを足すと82.8%にもなります。文法解説を読むのが苦痛な私としては驚きの結果でした。

2.韓国語教材によく出てくる「用言」という言葉。知っているということが前提で書かれていますが、実際は知っているのか。聞いてみました。

用言を知ってるか

HANAのTwitterで質問すると、だいたい1000票(つまり1000人)ほど答えてくださるのですが、649票と答えてくれる方が少なかったのは、あまりよくわからない質問には答えてくれない傾向があるので、それが理由ではないかと推測します。

さて結果をみると、約60%の方は知っているが40%弱の方は知らない、ということですので、「用言」という言葉を教材に入れる場合はまず「用言とは」という説明が必要だということがわかります。

3.本の仕様についても聞いてみました。『hana』が新しくなり、表紙が弱くなったことを読者の皆さんはどう思っているのか聞いてみました。

本の仕様1

本の仕様2

表紙を柔らかくしたことがマイナスになっていないか不安だったのですが、柔らかくなってよかったという意見が多かったので安心しました。とは言え、強い本にしてほしいという意見もかなりいらっしゃるので今後の課題として参考にさせていただきました。

4.コロナになり、だいぶオンライン授業が浸透しました。そこでこんな質問をしてみました。

対面がいいか

1094票中、86.8%の方が対面を選びました。オンライン疲れがあるからかもしれませんね。なぜ歩いて15分ということにしたかというと、苦労せずに行ける距離にあったとしてもオンラインを選ぶかどうかを知りたかったためです。これは2021年6月時点での質問ですので、今質問すればまた違った答えになるかもしれません。

5.耳だけで韓国語を理解するツールの一つとしてラジオはとても有効だと思っています。そこでどれくらいの方がラジオを日常的に聞いているのか気になり聞いてみました。

ラジオを聞いているか

「聞かない」と答えた肩が37.3%いらっしゃいますが、おそらくYouTubeやドラマなど他のツールを使って勉強されているのではと思います。

このような感じで分からないこと、気になることは学習者さんに聞いています。ここにはアンケートの結果しか載せませんでしたが、コメント欄で学習者さんが色々教えてくださいます。それがとても参考になるので、ぜひ先生方もご利用されてはいかがでしょうか。

最後にこんなくだらない質問もしています。

スクリーンショット 2021-12-06 16.37.43
トッポッキが好きすぎて質問してみました(笑)。

通信373「新しい言語の学習」伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第373号 (2021年11月24日発行)

新しい言語の学習
伊藤耕一
================================================
私事で恐縮ですが、来月、マレーシアに旅立つこととなりました。
会社から転勤辞令を受けて以降、コロナウィルスの影響もあって相当の時間が経ちましたが、ようやく行けるようになりました。

マレーシア語を勉強し始めたことは以前の通信にも書きましたが、私は言語を専攻したためか、この言語自体の部分にも興味が向き、少し調べてみました。

マレー語はオーストロネシア語族に分類され、マレーシア、インドネシア、ブルネイ、シンガポールで国語とされています。
4カ国の人口を単純合算しても3億人を超えます。
4カ国の中には中国系やインド系の人も多数含まれているものの、言語人口で考えても世界有数ですね。

言語学的にはオーストロネシア語族は、台湾(北)~ニュージーランド(南)~イースター島(東)~マダガスカル(西)という広範囲に分布しているそうです。
このうち「ニュージーランド、イースター島」はピンと来るものがあります。
もうひとつ「ハワイ」を加えた三角形で囲まれた地域が「ポリネシア」ですが、この地域は文化的な共通性が見られます。
おそらく、船を使ってこの広大な地域を言語と文化が行き交ったのだろうと想像できます。

私が最初にマレーシア語で勉強した部分は「発音」ですが、発音自体はそれほど難しいとは思いませんでした。
韓国語のパッチムに当たる閉音節があったり、”H”の文字が来ると息を同時に出したり(韓国語の激音に近い)と、韓国語の経験を活かせる部分が結構あります。
ただし、韓国語の「連音化」や「鼻音化」に当たる音変化はないので、韓国語につられないように気を付けなければならない部分もあります。

「文法」は全貌を理解できていませんが、基本はこのような感じです。
・主語~述語~その他目的語等という語順が基本
・日本語の「です」に当たる言葉がない
(私:saya + 名前:Ito ⇒ Saya Ito. =私は伊藤です。)
・修飾語は後ろから修飾する。
(私:saya + 父:ayah ⇒ Ayah saya =私の父)
(私:saya + 父:ayah + 友人:kawan ⇒ Kawan ayah saya =私の父の友人)
・複数形や性はない。

「文字」はアルファベットを使います。

そして「本当かなあ?」と思ったテキストの例文をご紹介したいと思いました。
同じ単語を同じ語順で並べて文章を作った時、矢印の部分で抑揚を付けたり区切ったりすると、それぞれ異なる意味の文章になると言うのです。

「ibu:母」
「kucing:猫」
「itu:その」
「curi:盗む」
「ikan:魚」
「comel:小さい」

Ibu kucing itu curi ikan comel.↑ その猫の母は、小さい魚を盗みましたか?
Ibu kucing itu curi ikan↑ comel. その猫の母は魚を盗みました。かわいい。
Ibu kucing itu↑ curi ikan comel. その猫の母が、小さい魚を盗みました。
Ibu↑ kucing itu curi ikan comel. お母さん、その猫は小さい魚を盗みました。

この5つの単語をどのように発音し分ければ、4つの意味として聞き取ってもらえるのか、現地の人に聞いてみたりして調べてみようかと思います。

今回はコロナ禍での出入国となり、手続きや隔離など、めったにない体験をする機会に接することができそうです。
どのようなことが起きるのだろうかと不安半分興味半分ですが、新しい言語の学習の方も楽しんでみようと思っています。

通信372「코로나 이후 교실 수강생 형태의 변화」김현근

【週刊ハンガンネット通信】第372号 (2021年11月8日発行)
코로나 이후 교실 수강생 형태의 변화

미리내 한국어교실 대표 김현근
=================================================

안녕하세요.

지난 11월 7일 일요일에는 온라인으로 일본한국어학회가 있었습니다.
타이틀은 「온라인 시대의 ICT 교육에 관해서」였는데요, 제가 오후 1시 반부터 하는 라운드 테이블에 민간교실 대표로 참가하게 되었습니다.

학회라면 보통 대학교 교수님들이 발표로 하는 장이어서 민간교실을 운영하는 저로서는 어떤 이야기를 해야할지 고민이 됐는데, 현재 코로나 상황에서 대학과 고등학교 등의 교육기간 이외에 민간교실의 현황에 대해서 알려달라는 이야기를 듣고 발표 수락을 하게 되었습니다. 발표를 하고 나서 토론 시간에 한국어 학회에 ‘한강네트워크’에 대해서 소개를 할 수 있게 됐는데요. 그것은 하나의 성과라고 생각합니다.

日本韓国語学会: http://jakle.main.jp/

그런데, 이번에 발표를 하기 위해 저희교실의 현황을 코로나 전과 코로나 후로 비교해서 살펴보니 저도 몰랐던 사실을 새롭게 알게 되었습니다.

그것은 온라인 수업의 비중이 오프라인에 비해서 훨씬 많아졌다는 것입니다.
코로나가 생기기 전이었는 2019년만 해도 교실에서 이루어지는 수업이 대부분이었고 온라인으로 수업을 진행하는 경우는 개인레슨에 한해 그 또한 지방에 거주해서 교실에 올 수 없는 분들에 한해서만 할 수 있었습니다. 비율로는 오프라인이 85% 온라인이 15%를 차지했습니다.

그런데 코로나 후 지난달 10월의 수강생 수업 현황을 살펴보니 오프라인이 35%, 온라인이 65%로 온라인 수업이 훨씬 많이 늘어났다는 것을 알게 되었습니다. 게다가 이 추세는 긴급사태가 해제된 이후에도 변함이 없습니다.

현재 일본에서 코로나 확진자가 많이 줄었음에도 불구하고 교실에 오는 학생이 적은 이유로는 다음과 같이 두 가지를 들 수 있겠습니다.

1. 통학을 하던 학생들도 일단 온라인 수업을 들은 후 이동시간이 걸리지 않는 편리함에 눈을 뜸
2. 그룹레슨을 모두 온라인으로 모집함으로써 전국적으로 수강생이 확대됨

따라서 이 추세는 아마 내년에도 계속될 것 같고 코로나가 아마 종식이 된다고 하더라도 온라인 수업을 희망하는 추세는 꺾이지 않을 거라고 생각합니다.

교실에 따라서는 오프라인 수업으로 다시 돌아가려는 곳도 있겠습니다만, 저희 교실은 그룹레슨은 앞으로도 온라인 중심이 되지 않을까 싶습니다.

올해도 벌써 달력을 단 두 장만 남겨놓고 있는 상황에서 내년을 바라보고 무엇을 해야할 것인가 생각해 보면 역시 내년에도 온라인 수업을 좀 더 강화하는 방향으로 교재에 내실을 기하고 전국적으로 수강생들이 원하는 수업이 무엇인지 파악한 뒤 온라인으로 가능한 것을 중심으로 계획을 짜려고 합니다.
예를 들면 수강생의 레벨 체크 등을 온라인으로 받을 수 있도록 해서 언제, 어디서든지 한국어 강좌를 들을 수 있는 컨텐츠를 제대로 만들어 내는 게 중요하리라 생각합니다.

다른 교실의 선생님들은 올 한 해 어떻게 보내셨는지 궁금하네요.

시간이 정말 빨리 지나가는 가운데 개인적인 일이지만 한 가지 보고를 드리고자 합니다.

제가 미리내교실에서 운영하는 트위터(https://twitter.com/mirinaejp)에서 일본어 네이티브가 주로 틀리는 표현 등을 퀴즈로 냈었는데 올해 3월부터 출판사와 작업을 해서 이번에 출간하게 되었습니다. 책 이름은 クイズで学ぶ韓国語 – Asa出版입니다.
51fC4s9qPZL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_
제가 2010년부터 10년간 한국어를 가르치면서 파악했던 일본어 네이티브가 주로 틀리는 부분을 요약, 정리했습니다. 어려운 문법 책은 아니고 회화를 할 때 일본사람들이 틀리기 쉬운 표현을 회화와 함께 100가지 뽑아서 묶었으므로 레벨 관계 없이 보실 수 있으리라고 생각합니다. 관심이 있으신 분들은 한번 봐 주시기 바랍니다.

감사합니다.

通信371 「初の試み~翻訳大会」幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第371号 (2021年11月1日発行)

初の試み~翻訳大会
アイケーブリッジ外語学院 幡野泉
===================================================

年末イベントを企画する時期になりました。ハキハキ、そして生き生きと発表されるミレ韓国語学院受講生の方々のスピーチ、記憶に新しいです。

さて、今年の当校の年末イベントは毎年恒例のスピーチ大会に加え、初の試みを実施することになりました。「翻訳大会」です。部門は3つ。日韓翻訳、韓日翻訳、映像字幕翻訳の3部門です。

ただ、すでに世に出ている作品を扱うとなると、課題となる作品の権利関係がやや気になりますよね。

そこで、日韓翻訳はとある出版社さんにご協力いただき、日本のエッセイの一部分を韓訳することになりました。中国語訳はすでに出ている書籍なのですが、韓国語はないので、作家さんご本人から「韓国語になるのが楽しみ」というお言葉をいただきました。

韓日翻訳は、当校講師がエッセイ風の文章を書きました。中級者でも辞書を引きながらチャレンジしようかなと思える文章レベルに調整しました。このあたりは韓国語の講師だと語彙の選択などでより良い工夫をしてくれます。

そして映像字幕翻訳の映像は、講師経由で制作会社さんに映像使用許可をいただきました。ただ訳を考えるだけでなく、字幕翻訳ソフトを使っていただき、イベント当日は映像とともに字幕を流します。当校で字幕翻訳を学んだものの、なかなかデビューができない方などが、実績作り、経験を積むためにチャレンジしてほしいと思っています。

スピーチ大会は、去年、画面の前だと発表する感覚が掴めないという意見があったため、発表する方は基本的に教室で発表し、配信、と考えています。もちろん、オンラインでの参加も可能としています。

年末ハイブリッドイベント、と題したイベントを成功に導くべく、講師・スタッフ一丸となって取り組みたいと思っています。

通信370 「オンライン時代のスピーチ大会」前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第370号 (2021年10月25日発行)

オンライン時代のスピーチ大会
ミレ韓国語学院 前田真彦(まえだただひこ)
===================================================

12月11日(土)13時から、オンラインで実施します。
今回で11回目です。今まで大阪・東京2会場、土日2日連続でやっていました。
2年前からオンラインでの参加も可能にし、韓国から出演する人も出て来ました。

去年から100%オンラインにし、今回から、録画による参加もOKにしました。
出演者は募集枠の15人が集まり、締め切りました。15人中、2人が学生で、2人は録画参加です。

テーマは「その時私は変わった」。審査委員長は今年もイム・チュヒさんにお願いしました。
1人ずつ発表のあと、講評があるのがミレスピーチ大会の特徴です。

スピーチ大会は、ミレの年間行事の中でももっとも大きなイベントです。
普段の学習の成果を発表する場であり、出演することによって学習のレベルも一気に上がります。聞く人にとってもモチベーションアップの良い刺激になります。

2年前、幡野先生のアイケーブリッジさんのスピーチ大会を見学させてもらったのもよい思い出です。その時、「スピーチ大会にはその学院の個性が出る」ということをお話させてもらいました。スピーチ大会の運営の仕方、コメント、賞の出し方、採点講評の仕方、会場の雰囲気、出演者の発表内容などにも、その学院の個性が如実に出ます。

今回出演する皆さんの発表内容も個性的で面白いですよ。テーマがテーマだけに、韓国語学習途上の色んな失敗談や飛躍のきっかけが聞けて楽しいと思います。

スピーチ大会のオンライン実施は、本当に簡便です。会場を借りる必要もありませんし、舞台に出たり下がったりのロスタイムがないので、さくさく進みます。こんなに簡便なら、年に2回やってもいいかな、と思います。おまけに今回から録画参加もOKにしましたのでもっと敷居が下がりました。

今後は録画による、いろんなイベントを考えていきたいと思います。

オンライン時代のスピーチ大会、みなさんも一度見に来てください。観覧する人は顔出しなしだからもっと気楽に見られるはずですね。

https://youtu.be/dR-wHT3hbwg
あなたの火種はどこにある?ーTOPIK当日の朝に思うこと