通信337 「オンライン授業だからこそ必要な片々の技術」前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第337号 (2020年11月9日発行)

オンライン授業だからこそ必要な片々の技術
ミレ韓国語学院 前田 真彦
=====================================

ちょっとした工夫によって授業の進行や活動の引き締まり具合が変わってきます。教室の対面授業でも基本的には同じですが、オンラインならではの工夫など、思いつくままに書いてみます。

対面授業でも同じですが、「指示の明快さ」が何より大事です。対面授業の場合は、多少分からなくても、周りの受講生の様子を見ると活動内容がわかるということがありますが、オンラインの場合はそういうわけにはいきませんので、「指示の明快さ」がより必要です。

4色ボールペンディクテーションはやり方が明快で、定番の活動として、いろんなレベルのクラスで活動させています。4色ボールペンディクテーション(以下4BD)とは、同じ音声を聞いて、聞くたびに書き加えて4回で完成させる方法です。(+音読シャドーイングで聞き取り力を飛躍的にアップさせる。詳しくは前田の書籍を参照してください。)

活動内容が分かりやすく、効果も体感しやすいので、オンラインの活動には大変有効です。
以下、4BDの授業の時の、授業の片々の工夫について少しだけ紹介します。

4回ディクテーションするうちの、3回目が終わったら「次は○○さん」と指名して、4回目を聞いた後に答えを言ってもらいます。3回目で指名された受講生は、ミュートを解除して、発言する準備をしておきます。これによって、指名されてからミュート解除する「間延び」が解消できます。指名する順番は、一定ではなく、ランダムにしますが、指名表を作って偏らないようします。

また、ディクテーションの時に、間違いやすいと予測される個所は、「今書いたところを見せてください」といって、ノートのその部分を指さしてカメラの前にかざしてもらいます。
綴りをチェックするためです。聞いて書くだけだと、どのくらい書けているのか、講師が把握できません。こうやって時に見せてもらうと、授業にも変化があっていいものです。定番の活動にしておくと、受講生のとまどいも少ないです。

また、時に、「顔を上げてください」といって、板書(私の場合は、背面にホワイトボードを設置して、ホワイトボードにマジックで書きます)を見てもらいます。最近は1時間に1回はわざとでも立って板書します。それによって受講生の顔が正面を向きます。うつむきがちな受講生に顔を上げてもらう機会になります。女子学生はうつむきがちです。社会人学生との大きな違いです。

オンライン授業は教室での対面授業のように、受講生の活動がつぶさに観察できるわけではありませんが、ちょっとした工夫で、指示が分かりやすく、授業に変化が生まれ、テンポよく活動が流れます。

ハイブリッド(オンラインと教室の融合授業)は、授業の質が高まります。講師に動きが出るからです。オンラインだけだと講師が座って立たないケースが多くなりますが、ハイブリッドだと動きのある授業が可能です。講師の動きが大きい分、受講生もうつむき加減ではなく、顔を上げて講師を見るようになります。

また教室にいる受講生に聞こえるように、声もしっかり出すようになります。教室生も同じことです。相乗効果でより明るく活発な活動になります。しっかり声を出す、伝わるように話す。リアクションをはっきりする、など、ハイブリッド授業ならではの、エチケットが自然に身に付きます。

動きがあり、声が届くスペースが広くなると、マイクやカメラの設置にも工夫が必要です。これについてはまた次に書きます。

11月15日(土)17時30分~ 「メアリの会」では、ハイブリッドでライブ授業を実施します。
竹多講師:間接話法基礎
前田:ハイブリッド授業での片々の技術

韓国語講師のための学習会メアリの会

通信336 「韓国の伝統文様を無料でダウンロードできるサイト」裵正烈

【週刊ハンガンネット通信】第336号 (2020年11月4日発行)

韓国の伝統文様を無料でダウンロードできるサイト
HANA 裵正烈
===========================================

韓国語教室を経営されている方なら、ホームページやチラシなどに韓国的なモチーフを用いたいときがあるかもしれません。出版社でも、韓国に関する本や韓国語の教材に韓国的なデザインを取り入れることが多くあります(あえてそれを避けることもありますが)。

最近は韓国を想起させる色として、ピンク、水色、黄色、黄緑などのパステルカラーを挙げる若者が多いと、何かで読みました。以前は韓国といえば、赤、青の原色、トウガラシのイラストや太極図などがお決まりでしたが、確かに今そうした色使いやモチーフを見掛けると古い感じを受けます。

細かいことですが、いまだに本やチラシのイラストで見掛けて残念に思うのが、チョゴリのオッコルムの長さや結び方が適切でない例です。せめて著者・執筆者が教えてあげればいいのにと思うかもしれませんが、本の場合、出版社が著者にカバーを見せないこともあり、現場にも詳しい人がおらず出来上がって気付くということもあるようです。

デザイナーさんやイラストレータさんが韓国のことに詳しくない場合、こうした部分をうまく説明してあげる必要がありますが、言葉で説明するのは難しいので、ウェブサイト上の写真を何点か見つくろって送ることが多いです。個人的な経験としては、チョゴリのイラストを何度描いてもらっても袖(の膨らみ)をうまく描けないので、型紙図をネットで探して送ったことがありました。結局それでもだめで、その文化の中に一定期間いた人でないと、いくら上手な人でも、いくら説明しても自然に表現できない事柄があるんだなと思いました(色に関しても同様です)。

さて、韓国の文様やそれをモチーフにした現代的なデザインを使いたいときに大変役立つのが、문화포털(https://www.culture.go.kr/)の中にある下記サイトです。

전통문양 디자인 (활용 디자인)
https://www.culture.go.kr/tradition/usePatternList.do

ここには韓国のさまざまな伝統文様や、それらを現代的にアレンジしたパターン画像などが数多く掲載されています。弊社でも、『やさしい韓国語で読む世界の名作文学』などの多読多聴シーリズや『韓国語が上達する手帳 2021年度版』のカバー・表紙に、ここで提供されているパターン画像を使用しています。

このサイトの素材は、無料で商用利用できます。用途についてフォームから送信するだけで、先方の返事(承認)を待つ必要もありません(3D画像は除く)。ただしこのサイト、フルサイズの画像をダウンロードするのに会員登録が必要で、会員登録の際に韓国の携帯電話番号が必要です。これをクリアできる方は、教室のホームページやチラシなどを作成される際に、ぜひ参考にしてください。

通信335 「オンライン授業の時間帯についての調査 」浅見綾子

【週刊ハンガンネット通信】第335号 (2020年10月5日発行)

オンライン授業の開始時間についての調査
HANA 浅見綾子
=================================================

アンニョンハシムニカ。
韓国語教材の専門出版社HANAの浅見綾子です。

弊社でオンライン授業の時間帯について調査をしました。
先生方にもご参考になるのではと思い紹介させていただきます。

教室を経営されている先生方、または個人で教えられている先生方は、韓国語を教えること以外にも受講生を集めるというとても大きな任務が常に肩にのしかかっているかと存じます。
せっかくよい授業を企画しても、なかなか生徒さんが集まらないということは往々にしてあるかと存じます。
理由は値段設定、定員設定、広報のやり方など色々あるかと思いますが、
理由の一つである「時間(時間帯と長さ)」について今日はご紹介したいと思います。

調査は2020年8月28から開始し、グーグルフォームにて行いました。現在も回答者は少しずつ増えています。
現時点での回答者は346人です。

質問の内容は、平日、週末でオンライン授業に参加しやすい時間帯を教えてくださいというものです。

平日の場合、オンライン授業やイベントに参加しやすい時間帯は?の質問に一番多くの回答があったのは、
21時~23時で56.9%、19時~21時が50%でした。100%を超えるのは複数回答だったためです。
平日の場合はやはり、仕事終わりで勉強されるため夜の時間が都合がいいという理由だと思います。

01

では、週末の場合はどうでしょうか。
土曜日と日曜日で回答が変わると推測しましたので、分けて質問しました。

土曜日の場合、平日に比べるとかなりばらけました。
それでもやはり一番望まれている時間帯は夜の21時~23時で46.8%です。
次に続くのが19時〜21時で41%。僅差で15時~17時の時間帯を望まれる方も多いですね。
17時~19時が少ないのは、夕食の準備のためではないかと予想されます。

02

日曜日はどうでしょう。
土曜日とはまた違う結果が出ました。
15時~17時の時間帯をもっとも望まれる方が多いですね(48%)。午前中を選ぶ方が2番目にきています(43.4%)。
やはり、月曜日から仕事があるので、夜はゆっくりしたいという気持ちの現れからでしょうか。

03

その他に、授業の長さについても質問してみました。
学習を目的としたオンライン授業は、1時間、もしくは1時間半くらいがちょうどよいと考えられる方がほとんどでした。

04

また、改善してほしい点に下記のようなことがあがっていました。(意味合いを変えずに言葉遣いを少し編集しています)
・顔出しを強制されたくない。体調不良時には寝ながら受講する場合もあるから。
・メインで話している人以外ミュートにしてくれないと、頷きなどの声が入って画面も切り替わったりするので鬱陶しい。
・育児中のため、まとまった時間がとりにくい。途中でも退席可能で、後から視聴できるように録画してもらえると参加しやすい。(受講者のみ期限つきで後から再視聴できるようにするなど。)
・長いと集中力が切れてくるので2時間が限界
・音声が途切れる場合があることは改善してほしい。良かった点は顔出しありなしが選択できる授業。
・本名や住んでる場所を出せと言われるのは嫌だ。
・無精ヒゲは剃ってほしい

ご参考になりましたでしょうか。

通信334 私の韓国語講師・奮闘記27「ひたすら続ける」 宮本千恵美

【週刊ハンガンネット通信】第334号 (2020年9月21日発行)

私の韓国語講師・奮闘記27「ひたすら続ける」
宮本千恵美
=================================================

コロナ禍、すでに10か月近く経とうとしています。
ここ最近、生徒たちの覇気のなさ、教室が暗いように感じていました。
ある生徒はやる気がないんですと、悩みを話してきました。
理由を聞くと何か特別な事柄はありませんでしたが、本人曰く「コロナ疲れ」と言っていました。
何かあるわけでもなく、この長く続くコロナ禍の生活に疲れているようでした。
他の教室もほぼそんな感じで、また韓国に行けないこともとても大きな要因のようです。

それでも今はこの難局を乗り切るしかない!
恒例の「夏休みの宿題」を今年も発令し、家で必ず1本は韓国映画を字幕で観てくること、感想を書いてくることを出題しました。
最初はなんとなく乗り気じゃなかった生徒たちも、たくさん用意してあったDVDを見ながら映画の説明を聞くうちに興味が湧いてくるようでした。
中には2~3本観たいという生徒もいます。
最近は「パラサイト」などの映画や「愛の不時着」などのドラマが、韓国好きではない人達もこぞって観ていると聞きます。
また今までとは逆の現象で日本が韓国の映画やドラマをリメイクしたりなど、韓国の大衆文化が新たに日本に浸透してきています。
韓国の脚本が良い・・・と知り合いがSNSに書いているのを見ると、なんだかこちらも嬉しい気持ちになります。

そして私自身も最近の韓国映画・ドラマを観ながら、以前観ていた内容とはまた違う新たな韓国の世界に引き込まれています。
正直・・・面白い!

今年の夏休みの映画鑑賞は、レベルアップを実感できる年でもあったようです。
3年目に入ったクラスでは3回この宿題をしてきましたが、確実に聞き取りがアップしているとか、言っていることが分かってきたと手に取るように成果を感じているようでした。
このクラスはドラマ好きがあまりいないので、授業以外は韓国語に触れる機会がありません。
ドラマが好きな生徒は普段からも観ているので成果がいつも感じられるのに比べ、このようにたまに観る生徒は成果を感じられる喜びが大きいようです。
また聞き取れるようになってくると、以前に観た映画をもう一度観たらもっと聞き取れるようになっているのではないか、だからもう一度観たい!となんとも頼もしいことを言ってくれます。

そして各教室ごとの宿題の感想文の発表では、感想も年ごとに韓国語で話すことが増え楽しそうに発表しています。
その感想を聞いて他の生徒が興味を持ち、その映画を観たいと言い出し楽しみが増えていくようでした。
また映画の中には歴史的政治的背景の強いものもあり、日韓関係を知ることにも役に立っているようです。

「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女(덕혜옹주)」を観た生徒は、元々韓国の時代劇が大好きで、この映画を薦めたところ、興味津々に借りていきました。
今まではあまり感想をたくさん書く方ではありませんでした。
今回に関しては映画の感想から聞き取れた韓国語に関してや学んだ文法などがどのように使うのかとても理解できたと、
以前にも増してレベルアップの実感とともに充実した気持ちで映画を観たとぎっしり書かれていました。
そして感動して泣いたそうです。(私も泣きましたTT)

韓国の文化に触れてほしいと始めたこの映画鑑賞と言う宿題が、少し形になってきたように思いました。
楽しそうに感想を話す生徒たちを観てもっと楽しんでもらえるように、学習の励みになるようなことをこれからもひたすら考えていきたいと思います。

通信333 「オンラインと健康」寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第333号 (2020年9月20日発行)

オンラインと気になる健康
寄田晴代
=================================================

学校の新学期が始まり、我が家の学生も登校を始めました。
長かったオンライン授業のみの自宅学習生活から、対面授業へ。
外国人のクラスメートはまだ日本に入国できず、教室に設置されたタブレットを通して
Zoomで授業に参加しているそうです。
こんな形態の授業が行われることになるとは、少し前までは考えてもみませんでした。

オンライン授業に慣れてくると、この便利さがありがたくなるのですが、
気になるのがPCやスマホを見る時間が以前より断然多くなったことです。
前回「Zoom疲れ」の話を書きましたが、Zoomを使わなくてもPCで長時間作業すること自体とても疲れます。
それが、オンライン授業の準備のためPCでの作業時間が長くなり、目が痛くなったり肩が凝ったり、これはいかん、と思うことがしばしば。

少し前にテレビで、「20分PCで作業したら20秒間、20フィート(6メートル)離れたところを見るといい」という話を聞きましたが
みなさんはどんな工夫をしていますか。
私はPC用メガネをかけたり、ノートパソコンの位置を高くするスタンドを使っています。
すると、ずっとうつむき加減だった姿勢が少し上を向くので、首や肩の疲れがマシになったような気がします。
また、オンラインで授業するときも、PCのカメラと自分の視線の高さが合うと背筋が伸びます。

このスタンドは、うちの相方が教えてくれたのですが、
使ってみて「世の中、便利なものがあるなあ」と思ったことと、
「便利なものはたくさんあるはずだけれど、自分一人ではみつけられないことがある」と思ったのでした。

情報があふれていて、検索すれば何でも調べられるはずなのに、なかなか求める情報にたどり着けないことがあります。
そんなときは、自分と同じような状況を工夫した人のリアルな体験やアドバイスがしっくりきます。

というわけで、10月11日(日)14時からのハンガンネットセミナーを準備しています。
オンライン授業の実践例とオンライン授業お悩み相談では、ネット検索では得られない、より良い授業作りのヒントになるのでは、
と思っています。
皆さまのご参加を楽しみにしております!

通信332「翻訳関連講座への関心の高まり」幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第332号 (2020年9月7日発行)

翻訳関連講座への関心の高まり
アイケーブリッジ外語学院 幡野泉
=================================================

ふとGoogleを開いたら、「明らかに朝鮮半島関連の歴史上の誰か」
だと思われるイラストがトップに登場しました。
本日、9/7は、詩人、金素月氏の誕生日だそうです。

さて、zoomでのオンライン授業が板についてきたり、
前回の前田先生のコラムもそうですが、このコロナ禍でいろんな
受講形態が現れているようですね。

当校では、表題のように、翻訳関連の講座への問い合わせが
増えています。

当校の場合は字幕翻訳や映像翻訳に特化した授業になりますが、
昨今のドラマブームと、コロナ禍の在宅勤務、
そして、働き方改革による副業の奨励などいろんな要素が
相乗効果を起こし、「在宅で語学力を使ってできる仕事」への
関心が高まっているようです。

「翻訳」そのものに関しては、韓国語を習い始めたときから
誰もが行なっているので、(저는 일본 사람이에요. を、私は日本人です
と訳すだけで翻訳になる、という意味)私でもできるのでは、と、
たいていの人が思うかもしれません。

字幕翻訳、映像翻訳は、専門ソフトを扱わないといけませんし、
実のところ、それを仕事とするにはこれまた大変なわけですが、
でもやってみなければわからないし、何より新しい世界を知るのは
楽しいことです。自身に足りないところを知り、
諦めずに突き進んでほしいと思います。

字幕翻訳、映像翻訳に限って言えば、その世界を知れば知るほど、
世の中の海外コンテンツは、翻訳家の皆さんの弛まない努力、
そして視聴者への思いやりに溢れていることを感じることができます。
それがわかるだけでも、価値ある講座だと自負しています。

オンラインで開催!ハンガンネットセミナーのお知らせ

040-03韓国語市民講座講師のネットワーク「ハンガンネット」が開催する本年度のセミナーをオンラインで行います。
前半は「オンライン授業の実践例」について具体的な事例をテーマにしたワークショ ップ、後半は「オンライン授業のお悩み相談会」でお互いの悩み事の解決を目指します。
これを機会に、韓国語教育についてみんなで考えてみませんか。みなさんで韓国語教育の現 状と未来について楽しく語り合いましょう!

開催日時:2020 年 10 月 11 日(日) 14 時~16時
開場:13時30分にオープン【開会 14時00分】
司会進行:寄田晴代(東京文化学習センターハングル講座講師)

講義と実践
◆1時間目セミナー
「Zoomを使った文法の使い分けの授業について」(20分間 14:05~14:25) 質疑応答(20分間 14:25~14:45)
授業講師:金玄謹(ミリネ韓国語教室主宰)
質疑司会:伊藤耕一(ハンガンネット世話人)
実際に学生に事前にどんな宿題を出し、練習問題についての回答を学生からどう集め、また実際に授業をした内容を例にあげてどうやって画面共有を通して文法説明をするのか説明します。

◆2時間目セミナー
「韓国語授業 ズームでできること、できないこと」(20分間 14:50~15:10) 質疑応答(20分間 15:10~15:30)
授業講師:阪堂 千津子(ハンガンネット 代表)
質疑司会:伊藤耕一(ハンガンネット世話人)
「Zoomを使ったウォーミングアップ」「Zoomでできる会話授業」「Zoomを使っての応用編」といった内容の実践例を共有したいと思います。

◆オンライン授業のお悩み相談会(30分間)
「オンライン授業での悩み」への解決策のアイデアを共有します。
司会:寄田晴代
コロナウィルスの影響で教育界全体がオンラインによる授業を強いられ、授業展開の巧拙がズーム等のツールを駆使する力に左右されるといった状況が見られます。

参加条件:
・現役の韓国語講師(今回は大学等の大人数向けでなく韓国語教室等の小規模 授業を対象とした内容となります)
・会員/非会員は問いません。
参加申込:こちらよりお申し込みください。悩みや課題に思っていることや現況も一言添えてください。
https://forms.gle/scVPnsnLh218QpW48

申込締め切り2020年10月5日(月)
定員:50人(申込順に受付)
参加費:ハンガンネット会員:1,500 円 非会員:2,000 円
【参加費は事前に銀行振込(手数料はハンガンネット負担)によりお支払いください。】
⇒振込先 ジャパンネット銀行 本店 普通 2174994 ハンガンネットマエダタダヒコ

通信331 「もっとフレキシブルにワクにとらわれず」 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第331号 (2020年8月31日発行)

もっとフレキシブルにワクにとらわれず
ミレ韓国語学院 前田真彦
=================================================

オンラインで授業を実施するようになって、リアルの教室対面授業ではできなかった、フレキシブルな単発講座が可能になりました。

授業では十分に時間が取れない音読の練習など、「音読ジム」と称して実施しています。その他、発音クリニック、変則活用、発音変化、漢字語、ことわざ、四字熟語、短作文など、1回限りの単発講座をたくさん実施しています。
イベント的に特別講座としてすることもありますが、そうではなく、日常的に、授業の隙間時間に実施しています。

早朝も日中も夜遅めも、平日も週末も、フレキシブルにやっています。1回限りですので、何の縛りもありません。

内容、レベル、人数なども恣意的に決めています。受講生が集まる時もあれば、そうでもない時もあります。それでいいのだと思います。

ある受講生が、「曜日・時間が合う講座がなくて、入れる講座が少ないです」と言っていました。最近は、仕事のシフトが以前のような曜日で固定されているのではなく、フレキシブルに組まれることが多いようです。
また、家庭の事情からも、平日の日中がいい人と、夜がいい人、また週末でないと時間が取れない人など、さまざまです。早朝に設定すると、受講生が集まったりします。

受講生が集まりにくいと予想していた四字熟語はすぐに満席になったりして、驚いたこともあります。受講生のレベルや関心も多様です。

学びたい人は大勢います。オンラインで繋げることのできる人もいっぱいいます。ただ、時間やレベルが合う講座が少ないだけ。
ならばこちらも、フレキシブルにたくさん立ち上げて、時間・レベル・内容が合うものを、自由に選んでもらうプログラムをたくさん準備するのがいいではないか。

受講生は、「〇〇学院」という学院の看板にとらわれることなく、あちこち、自分の関心とレベル・時間に合うものを選んで、自由に学び始めています。

「学びの場」を提供する側として、もっとフレキシブルになって、学びの可能性を広げていこうと思います。

通信330 「動詞と形容詞の区別」 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第330号 (2020年8月25日発行)

動詞と形容詞の区別
伊藤耕一
=================================================
韓国語を勉強し始めた頃のことを思い出して、書いてみたいと思います。
今回は動詞と形容詞のことです。

韓国語の動詞と形容詞の原形は「-다」で終わり、辞書を引く時にはこの形で調べることになります。
母語話者でない立場の学習者が辞書を引く時には、活用された形から原形を想像します。
語幹を取り出して「-다」を付ければ、ほとんど原形になるので、辞書を引くときに苦労した覚えはあまりありません。

その一方で、母語で文章を考えてそれを外国語で表現しようとする時には、次のように考えて辞書を引いていたような気がします。
①母語で文章を考える。
②母語の用言が動詞なのか形容詞(又は形容動詞)なのかを判断する。
③その判断に基づいて、辞書で該当する単語を探す。(話すときは頭の中で探す。)
④複数の選択肢がある時には、例文を見て見当を付けて使う単語を選ぶ。
⑤規則活用か不規則活用かに気を付けて、活用させ表現する。

韓国語の学習で戸惑ったのが「-다」という用言を活用させようとしたとき、見た目で動詞なのか形容詞なのか判断がつかなかったことです。
特に連体形で表現しようとした時、話す時には形容詞に「-는」をつけてしまうことが多々ありました。
その後、場数をこなすことで、このような間違いは起きにくくなりましたが、日本人は間違えやすいところだと思います。

日本語の用言は「動詞の原形は『う段』の音で終わる」「形容詞の原形は『い』で終わる」「形容動詞は語幹に『に』『だ』『な』を付けて3つの活用ができることを確認する」、このように形式的に区別することができます。
形式的であるが故に、日本人は形で品詞を判断しようという意識が強く働いてしまうように思います。

英語でも同じように間違える場面がありそうな気がしますが、日本語と英語が違いすぎるため、このような混乱は起きにくいように思います。
例えば、こんな感じです。
①cake 品詞:名詞、意味:ケーキ
②make 品詞:動詞、意味:作る
③sake 品詞:名詞、意味:酒(英語にとっての外来語)

形はとても似ていますが、品詞で迷うことはないように思います。

韓国語の母語話者の方は、どのように動詞と形容詞を区別しているのでしょうか?
教えていただけたら、嬉しく思います。