通信384 「韓国語のパッチムとマレー語の閉音節」伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第384号 (2022年3月30日発行)

韓国語のパッチムとマレー語の閉音節
伊藤耕一
======================================================

マレーシアに来て3ヶ月半、だいぶマレー語が耳に馴染んできたように思います。
数字は100までだいたい分かるようになり、徐々に聞き取れる単語が増えてきて、知っている言葉をつなぎ合わせて話してみると、時々ですがちゃんとしたマレー語になって褒めてもらえる、そんな楽しい日々を送っています。

マレー語には閉音節があります。
無声音の子音(t,k,p等)が語末に来ると、息を止めて発音します。
韓国語のㄷやㄱやㅂとほぼ同じ発音なので、この発音は軽くクリアできました。
これを傍で聞いていると、とても苦しそうに発音しているように聞こえる時もあります。

マレーシア人とは英語で話すことが多いのですが、英語の発音もマレー語の影響を受け、マレー語以上に苦しそうに発音しているように感じることがあります。
例えば、”I went to the park.” のような文章を話すとき「アイ ウェンッ トゥ ド パッ(아이 웬ㅅ 투 더 팍)」といった発音になります。
最初は戸惑いましたが、今ではだいぶ聞き取れるようになりました。
何事も慣れるものだなと痛感します。

韓国語と異なるのは、無声音の子音の後に母音が来てもリエゾンしないことです。
例えば、”Check it out.” を発音すると「チェッ イッ アウッ(쳌 잍 아웃)」のような発音で、ㄱとㄷのパッチムを律儀に音節ごとに息を止めて発音している感じです。
リエゾンさせれば、もっと話しやすくなるのでは、などと余計なことを考えてしまったこともありました。

ここからは蛇足のような話ですが、クアラルンプールである集まりに顔を出したら、私を含めた日本人数人とルーマニア人、ブラジル人、ミャンマー人と出会いました。
そこでは英語で話をしたのですが、学生時代に勉強したイタリア語を思い出し、ルーマニア人とブラジル人に話しかけてみました。
話したのは自分の自己紹介のような文章ですが、「だいたい分かる」と言われました。

イタリア語、ルーマニア語、ポルトガル語はフランス語とスペイン語を加えてロマンス諸語と呼ばれ、お互いに似ている言葉同士だと学生の時に教えてもらいました。
話してみて分かったのは、なるほど似ているのだなという実感でした。
ほかにもドイツ語とオランダ語、ヒンディー語とウルドゥ語などは似ているようなのですが、どのくらい似ているのか実感できたら面白いのになとも思いました。

マレー語の中期目標はマレーシアにいるうちにCEFRのB1レベルに達することにしてみましたが、そこにたどり着けるように精進したいと思います。

通信383 「翻訳でもやろうかな」幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第383号 (2022年3月14日発行)

翻訳でもやろうかな
アイケーブリッジ外語学院 幡野泉
=================================================

一カ月以上前になりますが、ハンガンネットセミナーで当校受講生イベントの翻訳大会について少し発表しました。セミナー参加にあたり、先生方のきめ細かい模擬授業や、いろいろ工夫され生徒さんを集められる先生方のお話が聞け、大変有意義でした。どうもありがとうございました。

当校の翻訳大会は、日韓翻訳、韓日翻訳、映像翻訳の3部門を開催しましたが、この映像翻訳部門は当校の映像翻訳講座(旧:字幕翻訳プログラム)の出身生、現役生がエントリーされました。最優秀賞は、学習を始めてまだ何か月かの現役生の方。お勤めをされながら技術を磨かれています。

さてそこで、最近この映像翻訳講座にどんな方々からのお問い合せが多いか、お話したいと思います。

コロナ禍の少し前から、すでに映像翻訳への関心の高まりは感じていましたが、コロナ禍のネットドラマブームで益々お問い合わせは増えるようになりました。
そして、ここ1,2年で目立つのは、大学生(就活生)からの問い合わせです。

話しを聞いていると、「就職活動がうまくいかない。韓国語は少しできるので、翻訳でもやろうかなと思って、問い合わせました」という方が少なくありません。

映像字幕は1秒に4文字しか入れられないルールがあり、これはやってみると分かるのですが、とてつもなく少ないのです。韓国ドラマの場合、名前をカタカナで入れるだけでアウト。さて、どうするか……。

一般のドラマ視聴者はそういう事情は分かりませんから、少し韓国語が分かると、「あ、今の台詞、訳されていない」「これなら私でもできる」

そう思ってしまいますよね。「翻訳ならできそう」、そんなふうに思う気持ちも分からなくはないです。

授業の見学会や説明会を通じ、映像翻訳とは、もしくはプロの翻訳家としてやっていくにはなど、丁寧に説明します。そこで、その道を究めることの大変さを知り、いったんやめておこうと思われる方、さらに関心を深め、飛び込んで来られる方、様々です。

通訳や翻訳は人生経験がものを言うので、歳を重ねるごとにノッてくる、という側面もあれば、若いながらも徹底的に調べて、好奇心を持って、目の前の仕事を誠実にこなしていけば、若さは相当の武器になります。

3月後半、また多くの方がいらっしゃいますので、皆さんにとってできる限りの良い選択をしただけるよう努めたいと思っています。

通信382 「真似だけでは不十分」前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第382号 (2022年3月7日発行)

真似だけでは不十分
前田真彦
=================================================

韓国語がうまい学生が増えてきました。
幼少のころから(もしかしたらお母さんのおなかにいる時から)
日本語の次にたくさん韓国語を聞いて育つと
韓国語の発音やリズムが自然と身に付いているのかもしれません。

今教えている大学生の中に留学していないのに驚くほど韓国語がうまい学生が何人もいます。ネイティブかと思うほど流暢で自然な韓国語を話します。

その学生たちに授業の一環として、教材の一部を録音して提出してもらい、添削しました。
いわゆる「音声添削」です。

じっくり聞いてみるといろいろ不十分な点があることがわかりました。
やっぱり真似るだけでは限界があるのです。

いくらたくさん聞いても、第1言語でない限りは
日本語をベースにして、聞いているということがよくわかりました。
たくさん聞いて真似をして、一見上手に聞こえても、
真似しきれないところがあるということです。

発音変化などはテキストでしっかりと学ばなければ、
真似をしても整理がつかないのだろうということも分かりました。
ルール化できていないから、発音変化のは間違いが多いのです。

学習者の発音の「流暢さ」や「勢い」に惑わされて、
「うまい」と錯覚しないよう、分析の精度を高めて行かないといけません。

細かく分析して、その学生・受講生に不十分な点に
適切にコメントできる力が必要です。
学習者のレベルが高まれば高まるほど、講師に要求されることも
より高度になってきます。

研鑽していかなければなりませんね。

通信381「プロ歌手の歌詞を覚える秘訣」日下隆博

【週刊ハンガンネット通信】第381号 (2022年2月28日発行)

プロ歌手の歌詞を覚える秘訣
日下隆博
=================================================
私が運営するワカンドウ韓国語教室で昨年末まで、ウ・ジウォン 우지원 という韓国青年がオンラインでの1対1のフリートークを担当してくれていました。
彼は韓国では「エリザベート」「キンキーブーツ」などの華麗な舞台経歴を持つミュージカル俳優です。
https://search.naver.com/search.naver?where=nexearch&sm=tab_etc&mra=bjky&pkid=1&os=2491071&qvt=0&query=%EC%9A%B0%EC%A7%80%EC%9B%90

ウ・ジウォンさんは様々なミュージカルに出演する中、音楽バンドを素材としたミュージカルへの出演がきっかけで、バンド形式での音楽に魅了されました。そして彼は、日本のサザン、ミスチル、スピッツのように世代を超えて愛されるようなバンド活動は韓国では難しいと判断し、仲間を誘い日本に活動拠点を移しました。

現在は日本の芸能事務所に所属し、メンバー全員が韓国人という、日本で唯一と思われるメンバー構成を前面に押し出し活躍しています。
(バンドBRTオフィシャルサイト)
https://brt-official.info/profile/

最近ではNHK地上波放送番組「SONGS OF TOKYO」に、J-POP通の外国人の一人として出演するなど活躍の場を広げています。
(「SONGS OF TOKYO」Episode 28 – 2022 世界が聞きたいJ-POP
期間限定で現在NHKのホームページで番組を見ることができます。)
https://www.nhk.or.jp/songsoftokyo/ja/

そうしたウ・ジウォンさんとの1対1のフリートークですから受講くださった方々に大変好評でしたが、ウ・ジウォンさん本人も残念がる中、活動が人気を得ていく分どうしても時間ねん出が難しくなり昨年末に終了となりました。

わたしも会食を重ねながらウ・ジウォンさんといろいろな話をしましたが、中でも印象に残っている話が彼の「歌詞を覚える方法」についてでした。

ミュージカルのステージでは当然、歌詞やセリフを覚えきって歌い演じるしかありません。また現在彼が行っている日本でのバンドステージでも、当然譜面台などはなしで、日本語の楽曲を歌う際にもウ・ジウォンさんは完璧な日本語で歌いこなします。

こうした素晴らしいパフォーマンスに、わたしは「歌詞もセリフも完璧に覚えて歌える秘訣はなんですか」と質問をしてみました。
ウ・ジウォンさんの答えは「自分は1曲につき100回繰り返して覚えます。歌詞に集中しなくても勝手に口から出てくるまで練習を繰り返します」でした。
何か特別な秘訣でもあるのではと身構えていたわたしは本当に感動しました。完璧なパフォーマンスの裏にある実にシンプルな答え。

この話は、わたしなりの解釈を加えて、わたしの受講生に話しています。
生徒さんらはわたしのこの話を、韓国語学習のモチベーションアップにつなげてくれていると手ごたえを感じています。

通信380「用言の見出し語が活用形になっている単語集」ペ・ジョンリョル

【週刊ハンガンネット通信】第380号 (2022年2月21日発行)

用言の見出し語が活用形になっている単語集
HANA  ペ・ジョンリョル
=======================================================
単語集などで、見出し語に動詞や形容詞などの用言を示す際には、ほとんどの場合、基本形(辞書形)を掲載すると思います。ただし弊社で昨年出版した『hanaの韓国語単語 超入門編』という本では少し違う形を取りました。それは何かというと、用言の見出し語をヘヨ体現在形にしたのです。たとえば「가다」や「먹다」ではなく、「가요」「먹어요」を見出し語にしたわけです。

その狙いは、本のレベルが「超入門編」ということで、片言でもカタカナ発音でもすぐに口に出して使える形で読者に用言を覚えてもらおうということに尽きます。すぐに使えるためには「カダ」「モクタ」よりまず「カヨ」「モゴヨ」を覚えよということになります。

独学用教材はハムニダ体よりヘヨ体を先に学ぶものが多く、入門レベルの学習者はヘヨ体を見慣れているはずなので、ヘヨ体の見出し語に大きな違和感はないはずです。さらに基本形を意識しないのなら、変則活用は気になりません。また「カヨ」「モゴヨ」からは、「カッソヨ(갔어요=行きました)」「モゴッソヨ(먹었어요=食べました)」などの過去形を直接作りやすい。韓国の友達(同級生)たちと親しく話したい中高生や大学生にとっても、「カヨ」「モゴヨ」からヨを取って「カ(가=行くよ)」「モゴ(먹어=食べるよ)」などパンマルをすぐつくることができます。とはいえ、いずれ基本形に向き合う必要はあるので、本には基本形も小さく書いてあります。

独学書は飽きずに学んでもらえる工夫が必要ですし、この本は学習の入り口の本ということで、上記のような工夫を行ってみましたが、この試みがうまくいったかは分かりません。「見出し語がヘヨ体で書いてあるのが気に入りました」というネット書店のレビュー(若干1名)があったことはうれしく思いました。

読者の選択肢を広げるためのこのような単語集もありますが、韓国語の専門出版社としては、最初は遠回りでも長く使える知識をきちんと学んだ方が結局は近道で、学習者には早い段階から体系的な文法知識を身に付けてほしいというのが基本的な立場です。弊社には上記の本の他にもいくつかの単語集がありますが、それらすべて用言は基本形が見出し語です。

通信379 「2022年2月11日オンライン開催 ハンガンネットセミナーの報告」浅見綾子

【週刊ハンガンネット通信】第379号 (2022年2月14日発行)

2022年2月11日オンライン開催 ハンガンネットセミナーの報告
HANA 浅見綾子
=================================================

アンニョンハセヨ。HANAの浅見綾子です。

2月11日(金祝)にハンガンネトオンラインセミナーが開催されました。
現役講師の先生、教室運営関係者、講師志望者の方々47名の皆さまにご参加頂きました。
とても有意義な時間が過ごせたと思います。

1時間目は「年間行事のねらいと効果」。
前田真彦先生にミレ韓国語学院でされている「合宿・短期留学」について、
中村先生からは同じくミレ韓国語学院で毎年開催されている「スピーチ大会」について、
幡野先生からはアイケーブリッジで開催された「翻訳大会」についてご紹介頂きました。

コロナ前に開催されたものから、コロナ禍でのオンライン開催されたものまでご紹介いただき目からウロコでした。オンラインでもやろうと思えば工夫次第で何でもできるんだ!と思った次第です。

参加者の先生方からは「個人教室とオンライン授業だけを提供している私にも、何か真似できる点がないかな?と良い刺激をいただけました」「オンライン合宿で、現地にいるような体験をオンラインでされているとの報告が印象的でした」「実際の渡航が難しい今の時期でも、発想を転換して行えることがあるのだとあらためて気づかされました」「行事運営のご苦労がしのばれました。講師先生方がたくさんいらっしゃる学院ならではだと思いました」などとご感想いただきました。

2時間目はライブ授業「読解力を付けよう!〜TOPIK中級読解問題を使って〜」。
前田章子先生(ミレ韓国語学院)にTOPIK対策のライブ授業をやっていただきました。

章子先生は終始笑顔で、間違えても大丈夫だと思わせてくれる雰囲気の中授業を進められていました。
TOPIK読解の対策授業でしたが、時間内にたくさん解く進め方ではなく、短い文章を読んで、書かれてある内容を的確に読み解くコツを学べる授業でした。
印象に残ったのは、まず一度みんなで読み、読んだ後画面を消して重要だと思った単語を尋ねるという授業を進め方です。文章を一回読んですぐに文のキーワード、ポイントを見つけ出すのは大切ですよね。

参加者の先生方からは「初めての文章を自分がいかに漠然と読んだかに気づくでしょうし、この授業を続けていくと重要なところを意識して探しながら読めるようになりそうです」「授業後の質疑応答を通じて、先生方が授業で生徒に身に着けてほしい「ねらい」があって教えられている、ということがよく理解できました。」「得点獲得のためのポイントをわかりやすく説明してくださる点が、受講者の人気を集めるのではないかと感じました。」などのご感想を頂きました。

またオンライン授業で音読する際、ミュートは外してみんなで読むべきか、ミュートで他の人の声は聞こえないようにして読むべきか、で先生方の意見が分かれました。

最後の時間は懇談会。
先生方の近況報告や申し込みの際に集まった質問に対してみんなで考えました。
ここ最近はオンラインで講座することが多くなりましたが、受講生を募集する際、教室ごと、個人の先生ごとにより多く集まる学習者の学習レベルは違うようです。
ある教室では初級者よりも中上級者が多く、中上級者向けの授業が定着したというお話もあれば、ある先生は、初級者の方が多く、中上級者の10倍くらい集まるというお話もありました。
また最近では小学生や中学生の韓国語学習者も増えているとのお話もありました。

ハンセミ全体を通して参加者の先生から「ネット講師の先生方の講座の運営方法、ビジネスモデルをうかがうことができ、たいへん参考になりました。」「他の先生方の一歩進んだ話に驚くばかりでした。また、これから自分に合う形で無理なく集客していきたいです。」「いろんな方々の経験からのお話でとても有益な時間でした。特にインターネットやラインの活用の話しは参考になりました。」などご感想頂きました。

以上、ハンセミの報告でした。

ハンセミは毎年定期的に開催しております。
来年度も定期的に開催する予定ですので、ぜひたくさんの先生方にお会いできると嬉しいです。開催情報はこのHPで告知致しますので、少々お待ちくださいませ。

通信378「そんな言葉知らない」寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第378号 (2022年2月7日発行)

そんな言葉知らない
寄田晴代
=======================================================
今週11日(金)にはハンガンネトオンラインセミナーが開催されますね。
1時間目の「年間行事のねらいと効果」、2時間目のTOPIK中級問題を使ったライブ授業も楽しみです。

TOPIKの読解といえば、若い学生の授業ではときどきちょっと困ることがあります。
それは、長文を日本語に訳しても、その日本語の文章の意味がわからないことがあるからです。
TOPIK中級の論説調の文になると馴染みのない漢字語がたくさん登場し、テーマも経済や歴史や福祉や、
普段友達との会話には出てこないものも少なくありません。
それで、訳した後にその文章の解説そのものをするのに時間がかかることがあります。社会科か国語の時間のようです。
その時文中に出てくる日本語に対して、しばしば「そんな言葉知らない」「そんな言葉使わない」「そんな言葉使ってる人見たことない」という言葉が返ってきます。
そのたびに、話し言葉と文章言葉は違うんだよ、とか、あなたたちが知らないだけで使う人はいるんです、とか、そんなこと言ってる場合ですか、TOPIKには出るんですよ、とか言って説き伏せることになります。

「知らない言葉」は難しい漢字語だけではありません。あるテキストには、夏に使う道具の紹介で모기장や돗자리が出てきます。
蚊帳は知らないだろうと思っていましたが、茣蓙(ござ)や、すだれまで知らないとは予想外でした。(「ブルーシートみたいなやつですか?」と言われました。)

先日テレビで見た話です。小学校の算数の授業で「〇〇円を持って買い物に行きました。△△円のものを2個、□□円のものを3個買いました。おつりはいくらでしょう。」という問題を出したところ、子どもたちがポカンとしているというのです。聞いてみると「おつり」の意味が分からなかったとのこと。キャッシュレス支払いが進み、親が現金で支払う姿を見たことがない子どもが多いためだそうです。
知らない言葉があると外国語学習以外でも、このようにうまくことが運びません。

私たちの生活がどんどん変わり、使われる言葉もどんどん様変わりしていくのを感じます。
同じ日本語母語話者だから、当然通じると思って使っている日本語も、実は通じていないこともあるのかなと思わされました。
また、「『古い』言葉知らない」現象の一方で、「『新しい』言葉知らない」現象も考えられます。
こっちは自分が気をつけなくては、と思っています。(グリーンな水素って、気体に色がついているの?とか言ってしまいそう。)

どんな言葉を使うか、知っているかは、年齢、地域、同居家族、性別、生い立ちなど、様々な要因が関わってきますから、自分が使わないだけで他の人も使わないと簡単に断言するのは難しいかもしれません。そう考えると、自分の日本語の語彙力も心細くなってきます。
そして、韓国語の語彙を増やすことが大事なのはもちろんですが、やはり最後の勝負は母語の語彙力にかかっているのではと思うのです。

通信377「春節」伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第377号 (2022年1月31日発行)

春節
伊藤耕一
================================================

マレーシアにやって来て1ヶ月半ほどが過ぎました。
そして、明日と明後日は春節でこちらは休日です。
旧正月をお祝いする国でこの日を迎えるのは初めてで、街の雰囲気を楽しんでいる今日この頃です。

マレーシアの民族はマレー人、中国人、インド人がマジョリティを構成し、日本を含めた周辺国の人々がマイノリティを構成しています。
政治的にはマレー人優遇政策が取られていますが、文化面ではマレー・中国・インドそれぞれを尊重しており、各文化の主要行事が行われる日は祝日となっています。
結果として、祝日の数は日本ほどではありませんが、結構多くあります。

春節はご存じのとおり中国の文化ですが、クリスマスが終わった後、街の雰囲気は一気に春節に変わり、赤や黄色の装飾を目にする機会が多くなりました。
そして、マレーシアでは「イーサン」という食文化があり、先日、これを初めて体験しました。
「イーサン」は漢字語で「魚生」と書き、その名のとおり生魚(刺身)を使ったものです。
最初は極細に切った大根、ニンジン、キュウリ、揚げた餃子の皮、ピーナッツ、果物などの具が色鮮やかに盛られているのですが、そこにドレッシングや香辛料をかけて、みんなでこれをゴチャゴチャに混ぜます。
この時に、できるだけ具を高く持ち上げて落として、グチャグチャに混ぜながら、各自が願い事を言って願掛けします。
混ぜて混ぜて具材が散らかるほど良いのだとか。
また、各食材には縁起の良い意味がそれぞれ込められているそうです。
一通りの儀式が終わると、混ぜたものを取り分けて食べるのですが、これがとても美味しいのです。

勝手な想像ですが、日本のお節料理の具材のような意味合いがあったり、韓国の비빔밥のような所作があったり、中国料理の色鮮やかさがあったり、いろいろな文化が混じっているようにも思いました。

この通信を書きながら、ニュージーランドの新年のことも思い出しました。
こちらは太陽暦の新年のお祝いですが、大晦日から元旦に変わったとき、パーティーに居合わせた人々が老若男女問わず、頬にキスをしまくるという場面に居合わせたこともありました。

明日と明後日は町の中でどんな行事が行われるのか、楽しみながら見てみたいと思います。

【受講生募集のご案内】「読解力を付けよう!〜TOPIK中級読解問題を使って〜」ライブ授業

2月11日(金祝)に韓国語講師向けに開催される、ハンガンネットセミナーの「読解力を付けよう!〜TOPIK中級読解問題を使って〜」セミナーにおいて、読解指導を受けてくださる韓国語学習者さんを募集しています。

セミナーにて読解指導はライブで行われ、ミレ韓国語学院の章子先生が直接指導をしてくださいます。この機会にぜひ読解の指導を受けてみませんか。

◆募集要項
日 時:2月11日(金祝)14:00~14:45頃(リアルタイムで接続できる方)、無料
レベル:中級レベル
定 員:4名
申し込みページ:たくさんのお申込みありがとうございました。締め切りました。
※このセミナーでの読解指導は、韓国語講師向けセミナーの一貫として行われます。読解指導が終われば、ルームからご退室お願いします。