通信399 「ポストコロナの授業運営(後編)」加藤慧

【週刊ハンガンネット通信】第399号(2022年7月18日発行)

ポストコロナの授業運営(後編)
加藤慧
=================================================

コロナ禍でどのように授業運営をしてきたか、今後の展望についてなど、最近考えていることを前回から二回に分けて書いています。

前回はプライベートレッスンについて書きましたが、今回は大学の授業についてです。コロナ禍では遠隔授業としてオンデマンド授業を行ってきました。授業資料を配信し、学生が課題をオンラインで提出する形式です。動画は編集作業に時間と労力がかかりすぎると考え、教科書に解説を細かく書き込んだ資料を作成しました。この資料の評判がよく、学生の理解度・満足度ともに高いものでした。もちろんこれも大変な労力がかかりましたが、教材として自分の財産になったと感じています。

今年度より対面授業に戻りましたが、一部オンラインの形式を維持しています。解説や発音練習など、対面での効果が大きいと考えられるもののみ行い、残りの時間はオンデマンド用の資料を活用し問題演習をして、オンラインで提出してもらうかたちです。提出時にフィードバックを入力してもらうことで、コメントペーパーに記入してもらっていた頃より管理もしやすくなりました。

また、小テストもGoogle formを使って、教室でオンライン形式のまま行っています。採点と集計の手間が省けて、その分の時間を授業準備に回せるようになりました。

今後取り入れたいと考えているのは、同様の形式での期末試験の実施です。筆記試験の代わりにキーボードの入力で回答してもらうことを念頭に置き、課題提出の際に練習しています。スマホやPCでの韓国語入力ができるようになれば、今後いろいろな場面で役に立つと考えるためです。もし導入することになれば、またこちらでご報告させていただきます。

語学学習におけるオンラインの有効性はすでに様々なところで言われていますし、私のような地方在住者にとっては、いままで考えられなかったほど多くのイベントや講座に参加できるようになったという(翻訳講座を受講中です)良い面もありました。再び感染が拡大しつつあるとはいえ、ポストコロナの時代を迎えつつある今、オンラインの良さは残したままオフラインとうまく組み合わせて、最善のかたちで良い授業が提供できればと思っています。

通信398 「語尾」伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第398号 (2022年7月12日発行)

語尾
伊藤耕一
=================================================

マレーシアに来て7か月が経ちました。
普段の生活や仕事では英語を使うのですが、最近、英語で話した後にマレー語のある語尾を付けて会話している自分に気付きました。
その語尾は「ka?」と「ne.」です。

先日、同僚が木曜日の夕方にこんなことを言ったことがあります。
“See you next week!”(また来週ね。)
すかさず、こう返しました。
“Oh, you don’t come tomorrow, ka!”(え、明日は来ないの?)

「ka?」はマレー語の語尾に付けると疑問文になるのですが、これが英語にも転用されてよく使われるのです。
“OK, ka?”(OKですか?)
“You don’t like this, ka?”(これは嫌いなんですか?)
“You follow the fasting, ka?”(一緒に断食するんですか?)

何かを言って最後に「ka?」を付ければ疑問文になる、便利すぎる語尾です。
ちなみにその同僚は、曜日を間違えていただけでした。

「ne.」はマレー語の語尾に付けると「~なんですね。」というようなニュアンスになります。
“OK, ne.”(OKですね。)
“You don’t like this, ne.”(これは嫌いなんですね。)
“You follow the fasting, ne.”(一緒に断食するんですね。)

これは会話の中で私が感じているニュアンスなので、本当は違うかも知れませんが、日本語の「~なんですね。」だと思っています。
ちなみに断食は今年のラマダンの時に私も一緒にやってみたのですが、その時に言われました。
平日だけの断食でしたが、その後のマレーシア人の同僚たちとの心の距離が少し縮まったように感じました。

もうひとつ「lah.」という語尾があるのですが、これはまだ使いこなせていません。
少し調べてみたら、こんな動画を見つけました。
https://www.youtube.com/watch?v=KPnzyXpSS-k

「lah.」は「~だよ。」というような意味で、初めて知った時、何かを伝えたい時、突っ込みたい時に使うとのこと。
そして「lah.」は体言にも用言にも付けることができるとのこと。
この言葉は仕事のミーティングの最中によく耳にします。
“OK, this is the last month product stock, lah.”(さて、これが先月の製品在庫数です。)
こんな感じで使うのですが、動画を見てそのニュアンスを知ることができました。
なるほど、何かを伝えたいと思って言っているのだなということが分かりました。

動画では「kan.」と「nya.」も紹介されていたので、今後の会話に耳を澄ませて聞き取って使い方を確認してみようと思いました。

マレーシアでは「マレー語」「中国語」「タミル語」を母語とする皆さんが意思疎通を図れるように英語が共通語になっているのですが、そんな中で使われるようになった表現なのだろうと思います。
マレーシアの英語は意思疎通が目的なので、多少構文がおかしくても、複数形でなくても、時制が間違っていても、お互いにその意思を汲み取ろうとしてくださるので、リラックスしてしゃべることができます。
そんな時に共感を示す語尾を付けると、自分が理解していることを相手に伝えることができるのではと思いました。
ただし、その使い方が本当に合っているのか間違っているのか、自分には分からないところが悩ましいところですが。
でも、少し変なマレー語を話す日本人と思ってもらえれば、それはそれで良いのかなとも思います。

翻って、私は韓国に住んだことがないので、完全に理解しているとは思っていませんが、「-요.」「-네요.」「-ㄹ래요.」等の語尾のニュアンスを適切に教えることができたら、生徒さんの会話のレパートリーを増やすことができるのではないかとも思いました。
ゼロから外国語を習得しようとした時に、私が何を感じて何を理解しているのか、ひとつの実験台として今後も通信に書いてみたいと思います。
僭越ながら、韓国語をゼロから学習される生徒さんがどんなことを感じてどのように解釈しようとしているのか、その理解に少しでもお役に立てればと思っています。

通信397「受講生との確実な連絡手段」幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第397号 (2022年7月4日発行)

受講生との確実な連絡手段
アイケーブリッジ外語学院 幡野泉
=================================================

個人事業主のような形でレッスンを実施されていたり、
学院経営等でレッスンを提供されている先生方は、
受講生の方とどんな手段で連絡を取り合っていますか?

メールですか?LINEですか?それとも、何か他のシステムですか?

以前、ハンガンネットの勉強会でGoogleクラスルームを用いて
授業運営をされる先生のお話を伺ったことがありますが、
今回お尋ねしているのはグループレッスンの運営法ではなく、
例えば加藤慧先生のように受講生と個別に連絡を取り合い、
レッスンを受け付けたりする場合です。

当校はこれまで、個別のやり取りもグループレッスンの運営も
メールをベースにした方法を取っていましたが、最近は
セキュリティソフトの普及やSNSの台頭で、メールが届かない、
見ない、などの問題が生じ、連絡が行き届かないことによる
大小のトラブルが起きていました。

そこで、ファイルのやり取りはクラウドシステムを利用したり、
LINEを活用した方法なども模索しています。

こんな方法が確実で迅速!というようなお知恵があれば、
ぜひお伺いしたく……。次回のハンガンネットのお茶会などで、
ぜひ情報交換ができたら嬉しいです。^_^

通信396 「受講生交流会」ミレ韓国語学院 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第396号 (2022年6月27日発行)

受講生交流会
ミレ韓国語学院 前田真彦
=================================================
先日初めてミレ韓国語学院の受講生交流会を実施した。

コロナ禍以前の教室だと、授業の入れ替えの時に前後の授業の受講生とすれ違ったり、他の授業の受講生との接触が少しでもあるものだ。

それが、コロナですっかりオンライン授業になると、授業直前につなぎ、終了と同時に切る。
クラスメートと雑談する隙間もほとんどない。

これではいけない。
オンライン授業がリアルの対面授業を越えていくためには工夫が必要だ。

1,講師と受講生のつながり
2,受講生同士のつながり

これを増やしていかないといけない。
そこで、その学期の学習の成果を発表し受講生同士が交流する場を設けた。
クラスの紹介、学習成果を各クラス3分で発表し交流する会だ。

これが楽しかった。
クラスごとに色んな工夫があって、クラスの味が出ていた。
クラスメートとも結束が強くなったようで、今までになかった発表欲や、伝えたいパワーを感じた。

自分のクラスの特長を見直し、クラスメートと相談しながら発表を作っていく。
その過程で得られるものはオンライン授業の不足を補って余りある。

今後も学期ごとの交流会を続けて行きたい。
https://youtu.be/PhP7a2xqNa8

付録


昨日のハンガンネットセミナーに関連した動画
「授業は楽しくないとだめですか?」
https://youtu.be/zfSbBg46efw

2 メアリの会 7月17日(日)17時30分~19時
ライブ授業1 親子でハングル体操 伊川講師担当
ライブ授業2 TOPIK作文54番の書き方 前田担当
おって受講生を募集します。
https://new.mire-k.jp/meari/

通信395 「学校メリット」日下隆博

【週刊ハンガンネット通信】第395号 (2022年6月20日発行)

学校メリット
日下隆博
=================================================

専門学校の韓国語学科で教える中、そこで感じるメリットを挙げてみたいと思います。

学生としては、年間を通して少なくとも5,6人の韓国語の先生に韓国語を教わることができます。2言語学科の学生はプラス、英語や中国語の先生にも教わり、ほかに社会人マナーなどの授業もあるようです。1週間単位のカリキュラムの中、毎日様々な先生から言語を学べるのは、なかなかに贅沢な環境ではないでしょうか。

講師としては、こうした環境の生徒から年に2回評価されるシステムがあり、授業評価を知ることで自身の授業をかえりみる機会となります。

また学校は授業を担当する先生の数が多く、講師室は韓国語の先生だけで曜日によっては15,16人の先生が一同に会して授業準備をしています。そのため講師室では複数の先生との意見交換が可能です。

学校の日本語学科には多国籍な学生が在籍しています。
夏休み春休み時期などの集中講座では、中国や東南アジア、中東などのさまざまな国の若者に韓国語を教える機会を持てます。個人的にはこんな時は中国語や英語を交えて、笑いをさそっています。

先生は年に一度、他の先生の授業を聴講できる期間があります。コロナの2年間は行われませんでしたが、今年は実施されます。
わたしはこれまで、韓国語の先生の他に英語や中国語の先生の授業も聴講させてもらいました。
5,6年前でしたか、英語も中国語も主任の先生は、ほぼ黒板を使わないモニター資料で授業を行っているのが印象的でした。

他の先生の授業聴講といえば、今週末となる6月26日(日)は、ハンガンネットのオンラインセミナーがあり、そこでは日下隆博(くさか たかひろ)先生の韓国語授業を垣間見ることができます。笑いを意識した授業だということですが、どんな授業なのか楽しみです。

と書いておいて、
その担当講師はこの文章を書いている自分ですね。쿠사(ㅋㅋ카)

通信395 「学校メリット」日下隆博

【週刊ハンガンネット通信】第395号 (2022年6月20日発行)

学校メリット
日下隆博
=================================================

専門学校の韓国語学科で教える中、そこで感じるメリットを挙げてみたいと思います。

学生としては、年間を通して少なくとも5,6人の韓国語の先生に韓国語を教わることができます。2言語学科の学生はプラス、英語や中国語の先生にも教わり、ほかに社会人マナーなどの授業もあるようです。1週間単位のカリキュラムの中、毎日様々な先生から言語を学べるのは、なかなかに贅沢な環境ではないでしょうか。

講師としては、こうした環境の生徒から年に2回評価されるシステムがあり、授業評価を知ることで自身の授業をかえりみる機会となります。

また学校は授業を担当する先生の数が多く、講師室は韓国語の先生だけで曜日によっては15,16人の先生が一同に会して授業準備をしています。そのため講師室では複数の先生との意見交換が可能です。

学校の日本語学科には多国籍な学生が在籍しています。
夏休み春休み時期などの集中講座では、中国や東南アジア、中東などのさまざまな国の若者に韓国語を教える機会を持てます。個人的にはこんな時は中国語や英語を交えて、笑いをさそっています。

先生は年に一度、他の先生の授業を聴講できる期間があります。コロナの2年間は行われませんでしたが、今年は実施されます。
わたしはこれまで、韓国語の先生の他に英語や中国語の先生の授業も聴講させてもらいました。
5,6年前でしたか、英語も中国語も主任の先生は、ほぼ黒板を使わないモニター資料で授業を行っているのが印象的でした。

他の先生の授業聴講といえば、今週末となる6月26日(日)は、ハンガンネットのオンラインセミナーがあり、そこでは日下隆博(くさか たかひろ)先生の韓国語授業を垣間見ることができます。笑いを意識した授業だということですが、どんな授業なのか楽しみです。

と書いておいて、
その担当講師はこの文章を書いている自分ですね。쿠사(ㅋㅋ카)

通信394 「ポストコロナの授業運営(前編)」加藤 慧

【週刊ハンガンネット通信】第394号 (2022年6月13日発行)

ポストコロナの授業運営(前編)
加藤 慧
=================================================

アンニョンハセヨ! 韓国語講師の加藤慧です。今年度の「ハンガンネット通信」執筆メンバーに加わらせていただきました。一年間よろしくお願いいたします。

仰々しいタイトルになってしまいましたが、自己紹介も兼ねて、普段の授業の進め方、特にコロナ禍でどのように授業運営をしてきたか、今後の展望についてなど、最近考えていることを二回に分けて書いてみたいと思います。

私はオンラインでプライベートレッスンを行う傍ら、仙台市内の二つの大学で非常勤講師を務めています。最近は出版翻訳にも挑戦中です。(訳書に『僕の狂ったフェミ彼女』、共訳書に『なかなかな今日 ほどほどに生きても、それなりに素敵な毎日だから。』があります)

コロナ前にはカフェやレンタルスペースでプライベートレッスンを行っていましたが、仙台以外の学習者さんとも出会いたいという思いで、2018年からオンラインでのレッスンもスタートしました。そのおかげでコロナ禍でもスムーズにオンラインへの移行ができたと思っています。

個人的な感触として、プライベートレッスンに関しては、オンラインの方がむしろメリットは多いと言えるのではないかと感じています。ZOOMの画面共有や音声共有などの機能を駆使することで工夫した授業ができますし、ご自宅から受講できることによる受講生の満足度も高いです。お仕事の都合で他県に引越された方にもレッスンを継続していただくことができました。このような理由で、今後もオンラインのみで運営する予定です。

授業にもよりますが、基本的には教材を画面共有して書き込みをしていき、それを保存した画像を授業後に送っています。教材への直接の書き込みは文法はもちろん、イントネーションが特に伝えやすく、メモし忘れた部分なども後から確認でき、復習もしやすいと好評です。

プライベートレッスンでは受講生同士の横のつながりを作りにくいことが課題ですが、最近ではSNSで受講生同士の情報交換や、刺激を受け合う様子をうかがうことができます。学習者のニーズを把握するために、交流や勉強の様子、感想のチェックなどは今後も欠かさずに行っていきたいところです。

以前は交流会として定期的にみんなで韓国料理を食べに行ったりしていました。感染状況がもう少し落ち着いたら再開したいと考えています。また、現在は日本全国、そして世界各地から受講してくださっているので、オンラインでの交流の場を設けてみるのも楽しいのではないかなと思ったりもしています。

次回は大学での講義について書きたいと思います。

通信393 「『HANA勉強会』をオンラインで再開」浅見綾子

【週刊ハンガンネット通信】第393号 (2022年6月6日発行)

『HANA勉強会』をオンラインで再開
株式会社HANA 浅見綾子
===========================================

アンニョンハセヨ。浅見綾子です。

私はとんそく子というニックネームで活動しておりますが、
コロナ前まで対面で地方出張の際に開催していた「とんそく子のHANA勉強会」をオンラインでやってみました。

オンラインで開催するのは初めてのことでしたので、まずモニターさんを募集し、勉強会に参加いただいた上で改善点などをお話していただく場を設け、さらにアンケートにも答えていただき、とても参考になる意見をたくさんいただきました。

すでにたくさんオンラインで授業されている先生方には、そんなこともう知ってるわよ、ということばかり書いてしまうと思うのですが、私自身の経験も含め勉強会の改善点を共有させていただければと思います。

参考までに「とんそく子のHANA勉強会」は以下のような流れで進めています。
これを2時間でやります。
1.とんそく子の自己紹介
2.この勉強会をやる目的
3.シャドーイング・音読について
4.宿題の発表
5.フラッシュカード勉強法の紹介
6.おすすめ学習書の紹介

この盛りだくさんの内容を2時間でやらなければならないので、時間との勝負です。
かなり練習をして本番に挑みました。そのおかげでか「テンポよく回してくれたのでよかった」「退屈しないで済んだ」などのご意見をいただけました。

参加者に私が知りたかったものを質問してみました。(内容は要約して編集しています)

◆ブレイクアウトルームは必要か
・心地よい緊張感もあるのであった方がいい。ただし入室前の説明はもっとしっかりしてほしい
・流れも気持ちも変わるのであった方がいい。
・ある方がいいが多いのは疲れる。
・何分間やるので適宜交代してと、言ってくれたのがよかった。
・ブレイクアウトルームが苦手。振り分けられてから誰が何をするかなども先生が決めてほしい。分かれてから話し合って決めるとかは困る。
・単発講座はあったほうがいい。10回講座とかだと、「またあの人か」という気持ちになることもある。

このような意見から、自分の改善点は、
ブレイクアウトルームに分かれて、何をしてもらうのかを明確に説明する。
もちろん私は明確に説明したつもりだったのですが、それが通じていないので、もう少し時間をかけてしっかり説明しないと駄目だなと反省です。
私自身も生徒の立場でオンライン授業に参加したとき、何をすればいいのかよくわからないままルームに入り、相手に何をするのか聞くということがありました。
またブレイクアウトルームが苦手な方もいるので、多すぎないよう工夫も必要だとわかりました。

◆おすすめ学習書紹介の時間はいるか
・知らなかった本を知れるし、使い方まで知れたのでよかった
・他社の本も情熱もって紹介してくれるので信頼できた
・文字で本の使い方を読むより、直接説明を聞くほうが説得力あった
・勉強法まで紹介してくれたので参考になった
・近所の本屋さんには韓国語の本が充実してないのでどんな本があるか知れてよかった

私自身が韓国語の学習書を人にすすめるのだ大好きで、ある悩みを抱えている方に、こんな本はどうでしょうかと、勉強法と一緒にすすめるのが得意です。これだけのイベントをやりたいくらいです。(笑)

◆韓国語の先生に求めるものは何か
・クラスを回すことのうまさと、自信を持って教えてくれること
・学習者の熱量に負けない熱量
・ぐいぐい引っ張っていってくれること
・発音の指導力
・上手になりたい人と楽しくやりたい人がいることを知ってほしい
・指摘してほしい

最後に先生方におすすめしたいのは、このモニター制度です。
以前、このハンガンネット通信に「分からないことは学習者さんに聞く」にも書かせていただきましたが、やはり実際に意見を伺うととっても参考になります。

参加していただいた受講生さんに忌憚のない意見を言ってください、より良い授業を作るためにご協力くださいとお願いした上で授業をし、意見をいただく。もちろん心が折れることもあるでしょうが、とても参考になる意見をいただけます。
受講生さんは通常の授業の中では改善してほしい意見はなかなか言いづらいものです。ですが、意見を言うための場では言いやすいと思いますので、時々モニター制度を取り入れられるのもいいかと思います。

通信392 「目的のある雑談」寄田 晴代

【週刊ハンガンネット通信】第392号 (2022年5月30日発行)

目的のある雑談
寄田 晴代
================================================

6月26日(日)のハンガンネットセミナーは、日下先生のライブ授業を通して「楽しい授業」について考えます。
それでずっと楽しい授業って何だろう、と考えを巡らせているのですが、人材開発の世界的権威であるボブ・パイクさんが「学習と楽しさは比例する」、つまり楽しかったら学習が進む、と書いているのを読んで、ますます楽しい授業に関心が湧いてきているところです。

自分が受講生として学ぶときは、新しいことを知るととてもワクワクします。間違っても恥ずかしくない環境(雰囲気)だと安心して、もっと楽しめるように思います。しかし、講師の側になると、楽しくやれる日もあれば、受講生の息切れが聞こえてくるときもあります。

ちょっとクラスの雰囲気を立て直したいとき、次の活動に切り替えるときなど、私は雑談をはさむことがあります。受講生から話題提供が始まって雑談が始まることもありますが、みんなで笑いながら話をすると、2,3分でもリフレッシュできるようです。また、受講生同士が仲良くなるのにも効果があります。そうなると、授業で発言しやすくなったり、間違いを恐れる度合いが低くなるように思います。

ところが、雑談にのってこない人もいます。初めは、クラスの人とウマが合わないのか?と心配したりしたのですが、必要のない話には興味を持たない人もいることを知り、納得。(私は自分に必要あるなしに関わらず何でも「へー」と面白がって聞くタイプなので、そんな人がいるとは教えられるまで気づきませんでした。)
それで、そういうスタイルのメンバーがいるときは、学習に役立ちそうな自分の体験談や見聞きした話、学習項目に関連した話を盛り込むようにしました。
雑談というのはもともと目的のない話ですが、受講性にとっては目的のない話でも、講師側からは「授業の雰囲気を楽し気に作り」「リラックスしてもらって」と、目的のある話になります。何気なく思い出した雑談風に話を切り出したりするのですが、実はいつもネタ探しに力を入れていたりするわけです。
クラスによってはそれを韓国語で話したり、韓国語の後に日本語訳で話したりしています。キーワードをいくつか黒板に書いて見せて、韓国語で話をする、というのもよくします。

それから、話す際は誰かが居心地悪くなるような話題を避けることはもちろんですが、同じ話を何回もしてしまわないように気をつけています。
これ大事。