通信395 「学校メリット」日下隆博

【週刊ハンガンネット通信】第395号 (2022年6月20日発行)

学校メリット
日下隆博
=================================================

専門学校の韓国語学科で教える中、そこで感じるメリットを挙げてみたいと思います。

学生としては、年間を通して少なくとも5,6人の韓国語の先生に韓国語を教わることができます。2言語学科の学生はプラス、英語や中国語の先生にも教わり、ほかに社会人マナーなどの授業もあるようです。1週間単位のカリキュラムの中、毎日様々な先生から言語を学べるのは、なかなかに贅沢な環境ではないでしょうか。

講師としては、こうした環境の生徒から年に2回評価されるシステムがあり、授業評価を知ることで自身の授業をかえりみる機会となります。

また学校は授業を担当する先生の数が多く、講師室は韓国語の先生だけで曜日によっては15,16人の先生が一同に会して授業準備をしています。そのため講師室では複数の先生との意見交換が可能です。

学校の日本語学科には多国籍な学生が在籍しています。
夏休み春休み時期などの集中講座では、中国や東南アジア、中東などのさまざまな国の若者に韓国語を教える機会を持てます。個人的にはこんな時は中国語や英語を交えて、笑いをさそっています。

先生は年に一度、他の先生の授業を聴講できる期間があります。コロナの2年間は行われませんでしたが、今年は実施されます。
わたしはこれまで、韓国語の先生の他に英語や中国語の先生の授業も聴講させてもらいました。
5,6年前でしたか、英語も中国語も主任の先生は、ほぼ黒板を使わないモニター資料で授業を行っているのが印象的でした。

他の先生の授業聴講といえば、今週末となる6月26日(日)は、ハンガンネットのオンラインセミナーがあり、そこでは日下隆博(くさか たかひろ)先生の韓国語授業を垣間見ることができます。笑いを意識した授業だということですが、どんな授業なのか楽しみです。

と書いておいて、
その担当講師はこの文章を書いている自分ですね。쿠사(ㅋㅋ카)

通信395 「学校メリット」日下隆博

【週刊ハンガンネット通信】第395号 (2022年6月20日発行)

学校メリット
日下隆博
=================================================

専門学校の韓国語学科で教える中、そこで感じるメリットを挙げてみたいと思います。

学生としては、年間を通して少なくとも5,6人の韓国語の先生に韓国語を教わることができます。2言語学科の学生はプラス、英語や中国語の先生にも教わり、ほかに社会人マナーなどの授業もあるようです。1週間単位のカリキュラムの中、毎日様々な先生から言語を学べるのは、なかなかに贅沢な環境ではないでしょうか。

講師としては、こうした環境の生徒から年に2回評価されるシステムがあり、授業評価を知ることで自身の授業をかえりみる機会となります。

また学校は授業を担当する先生の数が多く、講師室は韓国語の先生だけで曜日によっては15,16人の先生が一同に会して授業準備をしています。そのため講師室では複数の先生との意見交換が可能です。

学校の日本語学科には多国籍な学生が在籍しています。
夏休み春休み時期などの集中講座では、中国や東南アジア、中東などのさまざまな国の若者に韓国語を教える機会を持てます。個人的にはこんな時は中国語や英語を交えて、笑いをさそっています。

先生は年に一度、他の先生の授業を聴講できる期間があります。コロナの2年間は行われませんでしたが、今年は実施されます。
わたしはこれまで、韓国語の先生の他に英語や中国語の先生の授業も聴講させてもらいました。
5,6年前でしたか、英語も中国語も主任の先生は、ほぼ黒板を使わないモニター資料で授業を行っているのが印象的でした。

他の先生の授業聴講といえば、今週末となる6月26日(日)は、ハンガンネットのオンラインセミナーがあり、そこでは日下隆博(くさか たかひろ)先生の韓国語授業を垣間見ることができます。笑いを意識した授業だということですが、どんな授業なのか楽しみです。

と書いておいて、
その担当講師はこの文章を書いている自分ですね。쿠사(ㅋㅋ카)

通信394 「ポストコロナの授業運営(前編)」加藤 慧

【週刊ハンガンネット通信】第394号 (2022年6月13日発行)

ポストコロナの授業運営(前編)
加藤 慧
=================================================

アンニョンハセヨ! 韓国語講師の加藤慧です。今年度の「ハンガンネット通信」執筆メンバーに加わらせていただきました。一年間よろしくお願いいたします。

仰々しいタイトルになってしまいましたが、自己紹介も兼ねて、普段の授業の進め方、特にコロナ禍でどのように授業運営をしてきたか、今後の展望についてなど、最近考えていることを二回に分けて書いてみたいと思います。

私はオンラインでプライベートレッスンを行う傍ら、仙台市内の二つの大学で非常勤講師を務めています。最近は出版翻訳にも挑戦中です。(訳書に『僕の狂ったフェミ彼女』、共訳書に『なかなかな今日 ほどほどに生きても、それなりに素敵な毎日だから。』があります)

コロナ前にはカフェやレンタルスペースでプライベートレッスンを行っていましたが、仙台以外の学習者さんとも出会いたいという思いで、2018年からオンラインでのレッスンもスタートしました。そのおかげでコロナ禍でもスムーズにオンラインへの移行ができたと思っています。

個人的な感触として、プライベートレッスンに関しては、オンラインの方がむしろメリットは多いと言えるのではないかと感じています。ZOOMの画面共有や音声共有などの機能を駆使することで工夫した授業ができますし、ご自宅から受講できることによる受講生の満足度も高いです。お仕事の都合で他県に引越された方にもレッスンを継続していただくことができました。このような理由で、今後もオンラインのみで運営する予定です。

授業にもよりますが、基本的には教材を画面共有して書き込みをしていき、それを保存した画像を授業後に送っています。教材への直接の書き込みは文法はもちろん、イントネーションが特に伝えやすく、メモし忘れた部分なども後から確認でき、復習もしやすいと好評です。

プライベートレッスンでは受講生同士の横のつながりを作りにくいことが課題ですが、最近ではSNSで受講生同士の情報交換や、刺激を受け合う様子をうかがうことができます。学習者のニーズを把握するために、交流や勉強の様子、感想のチェックなどは今後も欠かさずに行っていきたいところです。

以前は交流会として定期的にみんなで韓国料理を食べに行ったりしていました。感染状況がもう少し落ち着いたら再開したいと考えています。また、現在は日本全国、そして世界各地から受講してくださっているので、オンラインでの交流の場を設けてみるのも楽しいのではないかなと思ったりもしています。

次回は大学での講義について書きたいと思います。

通信393 「『HANA勉強会』をオンラインで再開」浅見綾子

【週刊ハンガンネット通信】第393号 (2022年6月6日発行)

『HANA勉強会』をオンラインで再開
株式会社HANA 浅見綾子
===========================================

アンニョンハセヨ。浅見綾子です。

私はとんそく子というニックネームで活動しておりますが、
コロナ前まで対面で地方出張の際に開催していた「とんそく子のHANA勉強会」をオンラインでやってみました。

オンラインで開催するのは初めてのことでしたので、まずモニターさんを募集し、勉強会に参加いただいた上で改善点などをお話していただく場を設け、さらにアンケートにも答えていただき、とても参考になる意見をたくさんいただきました。

すでにたくさんオンラインで授業されている先生方には、そんなこともう知ってるわよ、ということばかり書いてしまうと思うのですが、私自身の経験も含め勉強会の改善点を共有させていただければと思います。

参考までに「とんそく子のHANA勉強会」は以下のような流れで進めています。
これを2時間でやります。
1.とんそく子の自己紹介
2.この勉強会をやる目的
3.シャドーイング・音読について
4.宿題の発表
5.フラッシュカード勉強法の紹介
6.おすすめ学習書の紹介

この盛りだくさんの内容を2時間でやらなければならないので、時間との勝負です。
かなり練習をして本番に挑みました。そのおかげでか「テンポよく回してくれたのでよかった」「退屈しないで済んだ」などのご意見をいただけました。

参加者に私が知りたかったものを質問してみました。(内容は要約して編集しています)

◆ブレイクアウトルームは必要か
・心地よい緊張感もあるのであった方がいい。ただし入室前の説明はもっとしっかりしてほしい
・流れも気持ちも変わるのであった方がいい。
・ある方がいいが多いのは疲れる。
・何分間やるので適宜交代してと、言ってくれたのがよかった。
・ブレイクアウトルームが苦手。振り分けられてから誰が何をするかなども先生が決めてほしい。分かれてから話し合って決めるとかは困る。
・単発講座はあったほうがいい。10回講座とかだと、「またあの人か」という気持ちになることもある。

このような意見から、自分の改善点は、
ブレイクアウトルームに分かれて、何をしてもらうのかを明確に説明する。
もちろん私は明確に説明したつもりだったのですが、それが通じていないので、もう少し時間をかけてしっかり説明しないと駄目だなと反省です。
私自身も生徒の立場でオンライン授業に参加したとき、何をすればいいのかよくわからないままルームに入り、相手に何をするのか聞くということがありました。
またブレイクアウトルームが苦手な方もいるので、多すぎないよう工夫も必要だとわかりました。

◆おすすめ学習書紹介の時間はいるか
・知らなかった本を知れるし、使い方まで知れたのでよかった
・他社の本も情熱もって紹介してくれるので信頼できた
・文字で本の使い方を読むより、直接説明を聞くほうが説得力あった
・勉強法まで紹介してくれたので参考になった
・近所の本屋さんには韓国語の本が充実してないのでどんな本があるか知れてよかった

私自身が韓国語の学習書を人にすすめるのだ大好きで、ある悩みを抱えている方に、こんな本はどうでしょうかと、勉強法と一緒にすすめるのが得意です。これだけのイベントをやりたいくらいです。(笑)

◆韓国語の先生に求めるものは何か
・クラスを回すことのうまさと、自信を持って教えてくれること
・学習者の熱量に負けない熱量
・ぐいぐい引っ張っていってくれること
・発音の指導力
・上手になりたい人と楽しくやりたい人がいることを知ってほしい
・指摘してほしい

最後に先生方におすすめしたいのは、このモニター制度です。
以前、このハンガンネット通信に「分からないことは学習者さんに聞く」にも書かせていただきましたが、やはり実際に意見を伺うととっても参考になります。

参加していただいた受講生さんに忌憚のない意見を言ってください、より良い授業を作るためにご協力くださいとお願いした上で授業をし、意見をいただく。もちろん心が折れることもあるでしょうが、とても参考になる意見をいただけます。
受講生さんは通常の授業の中では改善してほしい意見はなかなか言いづらいものです。ですが、意見を言うための場では言いやすいと思いますので、時々モニター制度を取り入れられるのもいいかと思います。

通信392 「目的のある雑談」寄田 晴代

【週刊ハンガンネット通信】第392号 (2022年5月30日発行)

目的のある雑談
寄田 晴代
================================================

6月26日(日)のハンガンネットセミナーは、日下先生のライブ授業を通して「楽しい授業」について考えます。
それでずっと楽しい授業って何だろう、と考えを巡らせているのですが、人材開発の世界的権威であるボブ・パイクさんが「学習と楽しさは比例する」、つまり楽しかったら学習が進む、と書いているのを読んで、ますます楽しい授業に関心が湧いてきているところです。

自分が受講生として学ぶときは、新しいことを知るととてもワクワクします。間違っても恥ずかしくない環境(雰囲気)だと安心して、もっと楽しめるように思います。しかし、講師の側になると、楽しくやれる日もあれば、受講生の息切れが聞こえてくるときもあります。

ちょっとクラスの雰囲気を立て直したいとき、次の活動に切り替えるときなど、私は雑談をはさむことがあります。受講生から話題提供が始まって雑談が始まることもありますが、みんなで笑いながら話をすると、2,3分でもリフレッシュできるようです。また、受講生同士が仲良くなるのにも効果があります。そうなると、授業で発言しやすくなったり、間違いを恐れる度合いが低くなるように思います。

ところが、雑談にのってこない人もいます。初めは、クラスの人とウマが合わないのか?と心配したりしたのですが、必要のない話には興味を持たない人もいることを知り、納得。(私は自分に必要あるなしに関わらず何でも「へー」と面白がって聞くタイプなので、そんな人がいるとは教えられるまで気づきませんでした。)
それで、そういうスタイルのメンバーがいるときは、学習に役立ちそうな自分の体験談や見聞きした話、学習項目に関連した話を盛り込むようにしました。
雑談というのはもともと目的のない話ですが、受講性にとっては目的のない話でも、講師側からは「授業の雰囲気を楽し気に作り」「リラックスしてもらって」と、目的のある話になります。何気なく思い出した雑談風に話を切り出したりするのですが、実はいつもネタ探しに力を入れていたりするわけです。
クラスによってはそれを韓国語で話したり、韓国語の後に日本語訳で話したりしています。キーワードをいくつか黒板に書いて見せて、韓国語で話をする、というのもよくします。

それから、話す際は誰かが居心地悪くなるような話題を避けることはもちろんですが、同じ話を何回もしてしまわないように気をつけています。
これ大事。

通信391 「ラマダン」伊藤 耕一

【週刊ハンガンネット通信】第391号 (2022年5月16日発行)

ラマダン
伊藤 耕一
==============================================

イスラム圏では4月2日から5月1日までラマダン(斎戒)でした。
日の出から日の入りまで全ての欲望を絶つのがイスラム教で定められた戒律で、日中の飲食や喫煙などをしなくなります。
4月2日を境にピタッと人々の行動が変わったのには驚きました。
私も平日だけ一緒に断食をしてみましたが、何事もやってみれば慣れるもので4月下旬には空腹やのどの渇きがそれほど苦にならなくなりました。

ラマダンは、食事が摂れないとか、巡礼で砂漠を旅するとか、困難な状況に直面した時にそれを我慢し克服できるように備えておくとか、厳しい状況に置かれた人の気持ちを理解するためとか、そういったことが目的のひとつにあるようです。
ただし、病気の人、妊娠中の人、子供等は対象外で、それなりに配慮がなされています。
ラマダン期間中、マクドナルドに行ったことがありましたが、親子で来ていた家族を見ると、子供だけが食事をして両親は横で見守っている、そんな姿もありました。
異教徒であるインド系や中国系の人たちは断食をしませんが、それぞれの民族の習慣をお互いに尊重し合い、異なる文化の領域にはお互いに足を踏み入れ過ぎないといったバランス感覚のようなものも感じました。
私自身は空腹を感じた時、周りのみんなも同じだよねと自然に考えることができ、相手への思いやりのような気持ちを育むことができたように思います。
その一方で、普段おしゃべりな人でも無口になったり、役所の手続きに時間がかかったり、なるべくエネルギーを節約しようとしているのかなとも感じました。

ラマダンが終わるとマレーシアはハリラヤという休みになり、日本のお正月のような雰囲気になります。
ハリラヤの祝日は5月3日と4日だけですが、今回は5月1日の労働の日、2日の振替休日と祝日が続き、ついでに5日と6日も休みにする会社が多く、ちょうど日本の連休と重なり、出入国制限も大幅に緩和されたので、一時帰国することにしました。
長めの旅行をすることができ、いろいろなことを考える時間があり、ふと初めて海外旅行に行った時のことを思い出しました。

私が初めて海外に行ったのは、21歳の時、冷夏で騒がれた年です。(私は冷夏を経験できませんでしたが。)
最初のフライトは、伊丹空港から返還直前の香港に行く便でした。
当時の航空券は複写式で、香港経由オークランド行きの1年間オープンの往復チケットが何枚も束ねられたもので、傷めないように難儀した覚えがあります。
今では航空券情報がパスポート情報と紐づけられて管理されていて、スキャンするだけで搭乗便が検索できるようになっていますが、ずいぶんと様変わりしたものです。

5月以降は出入国制限がだいぶ緩くなり、12月の渡航時と比べると時間の面でも経費の面でも楽になったと実感しました。
特に隔離がなくなったことは精神面で大きいものがあります。
以前のように気軽に行き来できる日が戻ってくると良いですね。

通信390『韓国語ジャーナル』と共に弊社も20周年 幡野泉

ハンガンネット通信第387号の、ぺ・ジョンリョルさんの投稿を大変感慨深く読ませていただきました。2002年の『韓国語ジャーナル』(以下KJ)創刊は、私にとっても忘れられない出来事です。

当時、「韓国関係で起業したい」と思い、「韓国」と名の付く集まりなどには片っ端から参加し、「韓国」と名の付く仕事をしている人に片っ端から(というと、節操ない感じですが)お会いしてお話をさせていただいていたとき、永福町のアルク本社一階でぺさんとお会いしました。

ぺさんが第387号で語られていたような熱き思いを直接伺い、是非ご協力したいと申し出ました。そして、若い一人ぼっちの起業家を応援しようと思ってくれたのでしょう。KJ第2号で、アルクさんの通信教育『韓国語マラソン』の広告に出させてもらいました。

当時は韓国語スクールでなく、「日韓ビジネス交流の橋渡し」を看板に掲げ、コンサルタント業をしていましたが、その広告を見て問い合わせをしてくれた企業様はその後、大きな成果は得られなかったものの、「橋渡し業」時代最も深くお付き合いするクライアントさんになりました。

2003年後半、「やっぱり(当初からの夢だった)韓国語スクールにチャレンジしよう」と思い、2004年4月に「シゴトの韓国語」講座を開設。ちょうどその月にペ・ヨンジュンさんが初来日しました。

その後、「知っていたらできなかった」というような大変なことはたくさんありましたが、多くの先生方、スタッフたち、受講生の皆様に恵まれ、こうして当校が存在していることは本当にありがたいことだと思っています。

今回発売されたKJ 20周年号では、表紙裏に当校の広告を出しましたが、そんな思いがあり、共に歩んできた記念に、と出させていただきました。

起業のきっかけの一つ、「日本の人々に韓国をもっと身近に感じてほしい」という願いは、概ね叶ったような気がしています。

まだ達成できていないことはいろいろとありますので、引き続き、先生方、スタッフと共に、30周年目指して頑張って行こうと思っています。

通信389 「ほめる」で変わる 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第389号 (2022年5月2日発行)

「ほめる」で変わる
前田真彦
=================================================

「ほめ達」検定2級を受けた。結果は連休明けだ。
しかしもうミレの授業でじわじわと結果が出始めている。

音声批正は、どうしても受講生の発音の不十分なところ、間違いを指摘することが主になる。
これを日常的にやっていると、無意識のうちに受講生の発音の欠点を探すことに集中してしまって、正しいこと、よく頑張って練習してきたことへの評価が軽くなってしまった。

これではいけない。もしかしたらこの傾向は僕の授業全般にもあてはまることではないか、と猛反省し、改善策を模索する中で「ほめ達」に出会った。

3月に3級を受験し、4月末に2級を受験した。結果はまだ出ていないので、書くのも少し気が引けるが、ミレの教育を変える大きな鉱脈を掘り当てたようで、今夢中になって勉強している。

◆「メアリの会スペシャル」 5月5日13時~15時 「ほめるで伸ばす韓国語」
元ミレ生、ほめ達検定認定講師、フリーアナウンサーの香山真希さんのセミナー
打合せ動画を見て欲しい。これだけでも学びがある。
https://youtu.be/uwaWYmMnWdw

「ほめるのではない、○○なのだ」と香山さんは言う。
理論だけでなく楽しい活動をふんだんに取り入れたセミナーになる。
現役講師だけでなく、受講生も参加OKだ。
職場や家庭でもすぐに生かせるアイディア満載。

◆「メアリの会」6月5日(日)17時30分~19時
1、ㅎの発音変化 藤原香織さんのミニライブ授業(受講生は別途募集)
2、ほめ達流 韓国語の授業 前田真彦
https://mire-k.jp/meari/

「ほめる」は生き方・考え方に根差すものなので、一朝一夕には上手くいかない。
自分を変えていかなければ身につかない。
僕が、まず「ほめ達」(ほめる達人)にならないといけない。
そしてそれがミレスタッフに広がって、ミレは今生まれ変わろうとしている。

通信388 「アピール」日下隆博

【週刊ハンガンネット通信】第388号 (2022年4月25日発行)

アピール
日下隆博
=================================================

2021年年度の専門学校授業。対面授業としては最終日、このあと卒業生となるクラスの授業を終え教室を出たところ、ひとりの男子学生がわたしを追いかけてきました。
「先生、これを受け取ってください。」
何かと思えば、手渡されたのは感謝状でした。
額縁入りで「感謝状。日下隆博先生。あなたはリスニングの授業において楽しくてわかりやすく韓国語を教えてくださりました。よってその感謝をここにたたえます。 ~日付 生徒氏名~」と印字されていました。合わせてクッキーまで添えて手渡してくれました。

授業中にほとんど話しを交わしたことのない学生の行動に、わたし自身とても驚きながらも直接わたしの授業に感謝を表現してくれるのはやはりうれしいものでした。

この生徒はわたしのSNSのフォロワーとなり、その後、クラスメート数人と一緒に食事会をしました。
食事会では、コロナ時代の学生同士の関わり方や心情などを知ったり、また授業時にわたしが話した事についての感想をフランクに聞くことができて授業の良いフィードバックにもなりました。

感謝状をくれた学生は、わたしが運営する「Wakando Music」というYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC2t-b-wFnRu9QcXe7pBuiAw )の現在40余りあるコンテンツをすべて見ていて、「あの曲が良かった」「あのコンテンツがめちゃ面白かったです」などと感想をくれたりもしました。

この学生はこんなにも自分のファンなのかと思いながら、感謝状は他の先生にも渡したのか聞いてみました。
「はい、担当してくださったすべての先生に手作りして渡しました。」「渡す先生と渡さない先生がいるとなんか失礼じゃないですか。」

彼はわたしのことを特別に慕って感謝状を渡してくれたわけではありませんでした。そして続けて彼は「手作りの感謝状を渡すのは中学の時から続けているんです」と話しました。
これには同席の他の学生らもびっくりしていました。

この学生を見ていると「年上に好かれること」を自然にやっていると感じます。授業中ほとんど話を交わしたことのなかった、いち学生が、その嫌味ないアピールの力で、ずっと忘れないだろう学生に変わり、今後の成長の便りが気になる学生となりました。

この学生のエピソードを主婦層の生徒さんらに話すと、一様に「かわいい学生ですねー、さすが先生ですね~」と喜んでくれます。わたしにアピールしてくれた学生のおかげで、わたしも他の生徒さんに良いアピールになっているように感じます。1枚の感謝状が、2枚目の感謝状をもたらしてくれているのかもしれません。