通信006 私は京都生まれの在日2・5世です

【週刊ハンガンネット通信】《第6号》(2011年7月11 日発行)
私は京都生まれの在日2・5世です
林鳩順
ハンガンネット会員のみなさま!
アンニョンアセヨ~~
あれ? カナのスペルがおかしいのでは?と思われましたか?
アニョアセヨ、アンニョアセヨ、アニョハセヨ・・・・
いろんなルビがありますね。
本の出版で、今更ですがこんなことが
気になってしまいました。
発刊が決まればご案内いたします^^
私は林鳩順(イム/リム)・クスンともうします。
ハンガンネットの世話人として発足当時から名前を連ねていますが、
会員の皆様とお会いしたのは大阪でのセミナーだけだと思います。
今後、この通信に投稿するにあたって今日は簡単な自己紹介とともに、近況をお伝えしようと思います。
私は京都生まれの在日2・5世です。
1世のアボジと2世のオモニ、妹、弟の5人家族で育ちました。
小学校1年生から京都の朝鮮学校へ通い始めましたが、
それまではハングルは何も読めませんでした。
厳格なアボジのおかげで、家では日本語禁止・・・
アボジがいないときは日本語で生活していました。
なかなか想像がつかないですよね。
母語は文字からではなく、耳から覚えたことになります。
小・中・高は京都で、卒業後は朝鮮大学へ4年通い、母校で8年間教鞭をとりました。
朝鮮語(国語)、文法、漢文、作文等を教えていました。
退職後はボランティア活動とハングル講師を務め、
京都で開催された世界歴史年会議の通訳を機に、
通訳免許をとりました。
現在は同時通訳もこなすようになりましたが、始めたころは大変でしたよ。
今まで続けてこれたのは、好きなことだから、
そして失敗を恐れずにずっと続けてきたからだと思います。
韓国語の勉強も、教えることも同じですよね。
一朝一夕で上手くできるわけがありませんよね。
学生たちにに教えていた私が
20代から70代の幅広い年齢層に韓国語を教えることになって
すでにかなりの年月が経ちました。
でも、今でも初心を忘れないように気をつけています。
近況ですが、
私は7月1日に「サンシティ・アカデミー」というカルチャーセンターを
プレオープンいたしました。http://sun-ac.jp
初日の初めての授業を私が担当しました。
「韓国語のはじめかた・つづけ方」というタイトルの体験講座でした。
ちなみに受講料は90分¥1,000で。
タイトルは2005年に「アルク」の韓国語ジャーナル・スペシャルとして
発刊された本のタイトルを使いました。
私の講座も紹介されていて、ずっととってあった本です。
韓流がこんなに浸透するとは想像もできなかったころです。
さて、当日は初心者から中級者まで18名が参加されました。
新たなスタートを切った私のハングル講座には
もう数年間通い続けている上級者から入門の方までいらっしゃいます。
毎日が勉強と発見と感動の連続です。
・・・話し始めるときりがないので、次回に回しますね。
みなさん、HPご覧になってくださいね。
実は講座は韓国語だけではありませんので、
チンチャ、パッパチュッケッソヨ~~~
「ハンガンネット通信」、これからもご愛読ください。
最後まで読んでくださってありがとうございました!!
続きは8月11日に・・・・・
ハンサン コンガンハセヨ!!

通信005 韓国に最も近い玄海原発を止めましょう

 【週刊ハンガンネット通信】《第5号》(2011年7月4日発行)
「韓国に最も近い『玄海原発』を止めましょう」
池上 和芳 (いけのうえ かずよし)
先日、たまたまテレビをつけていると、福島県南相馬市の街の様子が映っていました。
その中で、市内のあるビルに入居している人が、隣の部屋
に入っていた学習塾が先日、塾を閉鎖して出て行ったという話をしていました。
福島第一原発の事故を受けて子どもたちが遠くに避難して、
生徒がいなくなり、経営できなくなったのだろうと、その人が言っていました。
大切な生徒が、1人、また1人といなくなり、経営者はさぞ、
つらかっただろうと思います。
私もまた“生徒”を集めることで生活している身ですので、
この学習塾が、決して、ひと事とは思えませんし、原発と
いうものの恐ろしさを改めて感じます。
国内の原発が今回のような大事故を起こしてもなお、
全国の原発を即刻、止めよう、という動きにならないのが、
とても歯がゆいのですが、
私は、国内の、どの原発よりも早く、佐賀県玄海(げんかい)
町にある「九州電力玄海原子力発電所」を止めて欲しいと思っています。
それはなぜかと言うと、玄海原発は、国内の原発の中で、
韓国に最も近い原発だからです。
玄海原発からの距離は、私の住む長崎市までが80km、
韓国南岸の巨済島までが150km、釜山までが170kmです。
ひとたび事故が起きて、なおかつ現場上空に、南から北
に向かう風が吹いていた場合などは、韓国に、取り返しの
つかない放射能汚染をもたらすことになるだろうと思います。
日本は韓国に対し、過去の侵略の罪について、誠意ある
償いを何もしないまま、こんにちを迎えている(と私は思う)のですが、
そういう状況に加えて、新たな“大迷惑”を隣国に及ぼす
ことがあっては、決してならないと思っています。
誠に悲しいことに玄海原発は、その1号機が、国内の原子
炉の中でも、圧力容器の老朽化が最も進んでいて、爆発
の危険性が、複数のメディアで指摘されています。
圧力容器そのものが爆発した場合、その被害は、福島の
比ではないそうです。私も心の隅で常に、玄海原発が
爆発しないことを祈りながら暮らしています。
外国語を学ぶということは、その言葉を話している人たち
を身近に感じる、ということなのだろうと思います。
日本で韓国語を学んでいる方々の多くが、その「身近に
感じる」人たちに「再び」迷惑をかけてはならない、という
思いから、玄海原発に反対する気持ちを持って欲しいと思っています。

通信004 語学学校の先生は、話さなくても良い!?

【週刊ハンガンネット通信】《第4号》(2011年6月27 日発行)
「語学学校の先生は、話さなくても良い!?」

アイケーブリッジ外語学院 代表

幡野泉(はたのいずみ)

ハンガンネットメンバーの皆さま、アンニョンハセヨ?
アイケーブリッジの幡野泉です。
交代でコラムを書かせていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いします!

当校は東京の虎ノ門で、「シゴトの韓国語」コースという
ビジネス韓国語のクラスを中心に、通訳翻訳、字幕翻訳など
が学べるクラスから、初心者~中級者のグループレッスン、
プライベートレッスンまで、様々な形態のレッスンを実施しています。

いろんなコース、クラスがありますが、共通して
「会話中心であること、実践的であること」にポリシーを置いています。

あ、自分もそうしているよ、自分の学校もそうだよ、
と思われる方は多いと思います。しかし、毎秒、毎分毎に
行われる様々な学校の授業、現場において、本当にこれが
真の意味で実現されているでしょうか。

例えば、「生徒さんが韓国語で会話をしたがっています。
会話中心の授業をお願いします」と言われたとしましょう。
すると、「あ、会話をたくさんすればいいんだな」と思い、
先生だけがたくさん韓国語で話してしまうような授業に
なりかねません。

多くの場合、生徒の韓国語は先生の韓国語能力
(語彙力、表現力、流暢さ)に追いつかず、
「あれを話したい、これを話したい」と思っても、
それを瞬時に表現できず、ただ先生の韓国語を聞いている、
ということも起きてしまいます。

生徒が「あまり韓国語で話す時間がなかった……」
と思ったとしても、先生が「今日は会話がたくさんできた」
「生徒はずっと笑っていて反応が良かった」と
勘違いしたまま通り過ぎてしまうことがあります。
多くの日本語話者の生徒は、その不満やフラストレーションを
表現できず、自分の韓国語能力不足のせいにしたりもします。

こうならないためにはどうしたらいいか……。
語学学校の先生は、「教えてあげなきゃ」という意識を
「話させてあげなきゃ」という意識に変えるべきだと思います。

では、「話させる」ためにはどうしたら良いか……。
このコラム10回分でも足りないくらいの話になって
しまいそうなほどいろんな技術が思いつきますが、
その中で、私が最も大切にしているのは「質問」です。

目の前の生徒のレベルに合わせた語彙や文法を用いた「質問」、
その生徒の興味、嗜好を理解した上での「質問」を投げかけ続けます。

誤解を恐れず言いますが、先生は話す必要がないのです。
話してもらえばそれでいいのです。
質問、相づち、感嘆、疑問、また質問、話題の展開などなど……
それらをぐるぐる回していって、生徒に知らず知らずのうちに
韓国語を話している状況を作るのが語学教師の役割だと思います。

もちろん、「言うは易し」。私も日々悩みながら韓国語教育の
現場に立っています。普段、韓国語学校を運営しながら
気付くこと、韓国語教育の現場に立つ皆さんに是非お伝えしたい
ことなどを、これから書かせていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします(^^)。

通信003 何を教えるか?

【週刊ハンガンネット通信】《第3号》(2011年6月20 日発行)
「何を教えるか?」

ミレ韓国語学院 学院長 前田真彦(まえだただひこ)

第2号に続いて、「気の合う同士でグループを作りたい」という
受講生の要望にどう答えればいいか、について僕なりの思い
を書きます。特定の誰かを想定しているのではなく、一般論と
して書きます。

まず、自分は「何を教えるのか」という意識を常に持っていない
といけないと思います。

韓国語を教えることを通して「何を教えるのか」ということです。
韓国語の発音や文法だけを教えているのではない、という意
識を常に持っておかないと、授業が深まりません。

僕の場合は、突き詰めると「異文化(他者)理解のため」「豊か
な人生を歩むため」に韓国語を教えているということになります。

「気の合う同士でグループを組みたい」という声が出たら、その
場で教師がどう対応するかで、その教室の質が決まってきます。

恐ろしいことです。こういうとっさの対応にその教師の資質が出
ます。普段から考えて鍛えておかないと、「異文化(他者)理解
のために学ぶ韓国語教室」とは反対方向に進んでしまいます。

「気の合う同士でグループを」という声が出たら、僕なら即座に、
「ミレでは、異文化理解のために韓国語を教えています。自分と
は異質なものと触れ合うことが外国語を学ぶ楽しさです。ぜひ、
今までしゃべったことのない人とグループを組んでください」と言います。

普段から「教室は間違えるところ」ということを言い続けることや、
「逆転現象」(=よくできる人が常によくできる人ではないという
場面を授業の中に意図的に演出すること)をしかけ、クラスの人
間関係をほぐしていきます。

そのために普段から様々な仕掛けをしていきます。

教室は2人集まれば集団です。集団をどう形成しコントロールして
いくか、ここに教師の力量が問われます。

韓国語の文法や、発音を教えるだけが我々の役目ではありません。

固定されたグループのある、あるいは一部の人だけが活躍する
教室、こういう集団は「異文化(他者)理解のための外国語学習」
「多様な価値観を認め合う外国語学習」の現場にはふさわしくありません。

教師が、しっかりと教室経営のポリシーを持ち、自分の担当するク
ラスをどう指導していきたいのか、自分は何を教えているのかとい
うことを常に問いかけて、自分なりの考え方を持っていると、このよ
うな受講生にも、堂々と対応でき、ぶれが生じません。

通信002 楽しく学ぶクラスにするためには?

【週刊ハンガンネット通信】《第2 号》(2011年6月13 日発行)
「楽しく学ぶクラスにするためには?」

フェリス女学院大学オープンカレッジほか講師
阪堂千津子

皆さん、こんにちは。ハンガンネット世話人の阪堂千津子です。 先週からはじまった「週刊ハンガンネット通信」いかがでしょうか。
韓国語市民講座に関する話題を中心に、複数の担当者が ローテーションで執筆し、毎週月曜日に配信いたします。

第2弾は 先日、このメーリングリストになげかけられた「気の合う同志でグループを作りたい」という受講生の要望にどう答えればいいか、について私なりの思うことを書かせていただきたいと思います。

——————————————-

現在、私は大学生や社会人の方々を中心に韓国語を教えていますが
もっとも大切に考えていることの一つに「クラスの雰囲気」があります。

せっかく 大切な時間を割いて勉強をするなら
やはり実のある勉強がしたいですよね
そして 「苦しい」よりは 「楽しい」に 越したことはありません

きくところによると、人間の能力は緊張しているときよりも
リラックスしているときのほうが より発揮されるのだそうです
とくに記憶力はなおさらです。
たしかに 緊張しているときや あわてているときは、簡単な例文でも
なかなか 頭にはいりませんよね
私なんぞは あがり症ですので
本番前にいいつけられた仕事は すぐに忘れてしまいます。

ということで、私は(教師も含めて!)どんなバカなことをいっても許されるような
クラスの雰囲気を大事にしています。

たのしくて、緊張しないクラスにするためには どんな条件が必要でしょうか。
それにはまず、受講生同志の信頼関係ではないでしょうか
どんなことを発言してもうけとめてくれる、ここでは何をいっても大丈夫だ、という安心感。
これがないと、なかなか 発言できませんよね。ついつい、構えてしまいます。
(これは外国語に限らないと思います。町内会や保護者会を思い出します・・・)

先日、ある先生が、クラス全体でインタビューを行う活動を行ったところ
受講生から「仲の良い人同志だけでくみたい」という要望があったけれどどうしたらよいか、みたいな
ことを ハンガンネットのメーリングリストになげかけていらっしゃったと記憶しています

これを読んで私は クラス全体で活動を行うのは、この信頼関係の第一歩を
築くのに、とてもよい機会になるのではないか、と思いました

社会人のみなさまは、会社や近所でのつきあいがありますので、たいへん協調性に長けていらっしゃいます。
しかし、自分のお金を使って習いにきている韓国語教室までも、他人に気を使って勉強したくないという方もいらっしゃるようです。
この受講生のおっしゃることは、決して「わがまま」などではなく当然の要求だと思います。

しかし ウォーミングアップや簡単なインタビューゲームのように、そんなに心に負荷のかからない活動は
クラス全員でやったほうが雰囲気もなごむし、上記のような理由から
受講生みなさんの学習効率からいって あとあと長い目でみて、プラスになるのではないでしょうか。

もちろん、こみ入ったグループワークなどは、受講生の方たちの自主性にまかせてペアを組んでいただき
活動するのもいいでしょうね。
やはり気の合った人同志のほうが、うまくいく協働作業もあります
そのへんは、メンバー個々人の個性にもよると思いますが、見極めは難しいところです。
(しんどいかな?と思ったチームは、教師がサポートに入るのはいかがでしょう・・・)

その後の受講生の様子が気になります

言葉を使って、どんどん未知の相手と知り合っていってほしいな・・・

・・というのが私の考えです。
ほかの先生方からも、ご意見をおきかせいただけると うれしいです ^^

通信001 教室を運営しながら思うこと

【週刊ハンガンネット通信】第1号(2011年6月6日発行)

「教室を運営しながら思うこと」

長崎韓国語教室

池上和芳(いけのうえ かずよし)

皆さん、こんにちは。ハンガンネット世話人の池上です。

このたび「週刊ハンガンネット通信」の発行をスタートすることになりました。韓国語市民講座に関する話題を中心に、複数の担当者がローテーションで執筆し、毎週月曜日に配信いたします。ご愛読のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

——————————————-

九州の西の端、長崎県で、2005年の春に韓国語教室の運営を始めて今年で6年になります。

この6年間に教室に入学してくださった生徒さんの数は、10代から60代までの210名で、現在の在籍者数が74名ですので、これまでに実に136名もの方々が教室を去っていかれたことになります。

遠方への引っ越しや家族の介護など、やむを得ない事情でお辞めになった方や、韓国語がずいぶん上達なさり、この教室で教えられるレベルを超えて、お辞めになった方もいらっしゃいますが、多くの場合は「学習の行き詰まり」あるいは「授業の魅力不足」といった事由でお辞めになっていかれたように感じています。

「〇〇さんは、わからないような表情をしていらっしゃったのに、結局何のフォローもしなかったな…」「こういう授業をしていれば、△△さんは辞めなかったのではないか…」など、「後悔先に立たず」のケースが多いです。

やむを得ない事情でのご退学は如何ともしがたいですが、少なくとも「学習の行き詰まり」や「授業の魅力不足」で教室を辞める方が「ゼロ」になるよう、努力していかねばならないと思っています。

先日、県内の大学にお勤めの、ある韓国語の先生とお話しする機会があり、しばし教育談議をしました。「韓国語を教えるにあたって『この方法がいい!』と思って、その方法で教えても、しばらく時間が経って振り返ってみると、『あの方法はまずかった』と思うことがよくあります。

そして、その“まずかった”方法で教えていた生徒たちに申し訳ない気がしてきます」と私がお伝えしました。

すると、その先生は、「そういうものではないでしょうか。後で振り返って、『まずかった』と思う方法でも、その時は、その方法がベストだったと思いますよ。その時、その時、自分がベストだと思う方法で教えることが大切なのではないでしょうか」とおっしゃいました。

それを聞いて私は、気持ちが少し楽になったような気がしました。

私の現在の生活は、教室に通ってくださっている生徒さんお1人お1人に支えられて成り立っています。生徒さんがある程度の数、いらっしゃらなかったら、私は韓国語教育に別れを告げ、ほかの仕事を探さねばならないのですから。

通ってくださっている生徒さんお1人お1人に感謝しながら、自分の授業を少しずつ、より良いものにしていきたい…。そういう思いを胸に、九州の西の端でがんばっています。

Celebrating 10th anniversary in 2019