通信003 何を教えるか?

【週刊ハンガンネット通信】《第3号》(2011年6月20 日発行)
「何を教えるか?」

ミレ韓国語学院 学院長 前田真彦(まえだただひこ)

第2号に続いて、「気の合う同士でグループを作りたい」という
受講生の要望にどう答えればいいか、について僕なりの思い
を書きます。特定の誰かを想定しているのではなく、一般論と
して書きます。

まず、自分は「何を教えるのか」という意識を常に持っていない
といけないと思います。

韓国語を教えることを通して「何を教えるのか」ということです。
韓国語の発音や文法だけを教えているのではない、という意
識を常に持っておかないと、授業が深まりません。

僕の場合は、突き詰めると「異文化(他者)理解のため」「豊か
な人生を歩むため」に韓国語を教えているということになります。

「気の合う同士でグループを組みたい」という声が出たら、その
場で教師がどう対応するかで、その教室の質が決まってきます。

恐ろしいことです。こういうとっさの対応にその教師の資質が出
ます。普段から考えて鍛えておかないと、「異文化(他者)理解
のために学ぶ韓国語教室」とは反対方向に進んでしまいます。

「気の合う同士でグループを」という声が出たら、僕なら即座に、
「ミレでは、異文化理解のために韓国語を教えています。自分と
は異質なものと触れ合うことが外国語を学ぶ楽しさです。ぜひ、
今までしゃべったことのない人とグループを組んでください」と言います。

普段から「教室は間違えるところ」ということを言い続けることや、
「逆転現象」(=よくできる人が常によくできる人ではないという
場面を授業の中に意図的に演出すること)をしかけ、クラスの人
間関係をほぐしていきます。

そのために普段から様々な仕掛けをしていきます。

教室は2人集まれば集団です。集団をどう形成しコントロールして
いくか、ここに教師の力量が問われます。

韓国語の文法や、発音を教えるだけが我々の役目ではありません。

固定されたグループのある、あるいは一部の人だけが活躍する
教室、こういう集団は「異文化(他者)理解のための外国語学習」
「多様な価値観を認め合う外国語学習」の現場にはふさわしくありません。

教師が、しっかりと教室経営のポリシーを持ち、自分の担当するク
ラスをどう指導していきたいのか、自分は何を教えているのかとい
うことを常に問いかけて、自分なりの考え方を持っていると、このよ
うな受講生にも、堂々と対応でき、ぶれが生じません。

通信002 楽しく学ぶクラスにするためには?

【週刊ハンガンネット通信】《第2 号》(2011年6月13 日発行)
「楽しく学ぶクラスにするためには?」

フェリス女学院大学オープンカレッジほか講師
阪堂千津子

皆さん、こんにちは。ハンガンネット世話人の阪堂千津子です。 先週からはじまった「週刊ハンガンネット通信」いかがでしょうか。
韓国語市民講座に関する話題を中心に、複数の担当者が ローテーションで執筆し、毎週月曜日に配信いたします。

第2弾は 先日、このメーリングリストになげかけられた「気の合う同志でグループを作りたい」という受講生の要望にどう答えればいいか、について私なりの思うことを書かせていただきたいと思います。

——————————————-

現在、私は大学生や社会人の方々を中心に韓国語を教えていますが
もっとも大切に考えていることの一つに「クラスの雰囲気」があります。

せっかく 大切な時間を割いて勉強をするなら
やはり実のある勉強がしたいですよね
そして 「苦しい」よりは 「楽しい」に 越したことはありません

きくところによると、人間の能力は緊張しているときよりも
リラックスしているときのほうが より発揮されるのだそうです
とくに記憶力はなおさらです。
たしかに 緊張しているときや あわてているときは、簡単な例文でも
なかなか 頭にはいりませんよね
私なんぞは あがり症ですので
本番前にいいつけられた仕事は すぐに忘れてしまいます。

ということで、私は(教師も含めて!)どんなバカなことをいっても許されるような
クラスの雰囲気を大事にしています。

たのしくて、緊張しないクラスにするためには どんな条件が必要でしょうか。
それにはまず、受講生同志の信頼関係ではないでしょうか
どんなことを発言してもうけとめてくれる、ここでは何をいっても大丈夫だ、という安心感。
これがないと、なかなか 発言できませんよね。ついつい、構えてしまいます。
(これは外国語に限らないと思います。町内会や保護者会を思い出します・・・)

先日、ある先生が、クラス全体でインタビューを行う活動を行ったところ
受講生から「仲の良い人同志だけでくみたい」という要望があったけれどどうしたらよいか、みたいな
ことを ハンガンネットのメーリングリストになげかけていらっしゃったと記憶しています

これを読んで私は クラス全体で活動を行うのは、この信頼関係の第一歩を
築くのに、とてもよい機会になるのではないか、と思いました

社会人のみなさまは、会社や近所でのつきあいがありますので、たいへん協調性に長けていらっしゃいます。
しかし、自分のお金を使って習いにきている韓国語教室までも、他人に気を使って勉強したくないという方もいらっしゃるようです。
この受講生のおっしゃることは、決して「わがまま」などではなく当然の要求だと思います。

しかし ウォーミングアップや簡単なインタビューゲームのように、そんなに心に負荷のかからない活動は
クラス全員でやったほうが雰囲気もなごむし、上記のような理由から
受講生みなさんの学習効率からいって あとあと長い目でみて、プラスになるのではないでしょうか。

もちろん、こみ入ったグループワークなどは、受講生の方たちの自主性にまかせてペアを組んでいただき
活動するのもいいでしょうね。
やはり気の合った人同志のほうが、うまくいく協働作業もあります
そのへんは、メンバー個々人の個性にもよると思いますが、見極めは難しいところです。
(しんどいかな?と思ったチームは、教師がサポートに入るのはいかがでしょう・・・)

その後の受講生の様子が気になります

言葉を使って、どんどん未知の相手と知り合っていってほしいな・・・

・・というのが私の考えです。
ほかの先生方からも、ご意見をおきかせいただけると うれしいです ^^

通信001 教室を運営しながら思うこと

【週刊ハンガンネット通信】第1号(2011年6月6日発行)

「教室を運営しながら思うこと」

長崎韓国語教室

池上和芳(いけのうえ かずよし)

皆さん、こんにちは。ハンガンネット世話人の池上です。

このたび「週刊ハンガンネット通信」の発行をスタートすることになりました。韓国語市民講座に関する話題を中心に、複数の担当者がローテーションで執筆し、毎週月曜日に配信いたします。ご愛読のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

——————————————-

九州の西の端、長崎県で、2005年の春に韓国語教室の運営を始めて今年で6年になります。

この6年間に教室に入学してくださった生徒さんの数は、10代から60代までの210名で、現在の在籍者数が74名ですので、これまでに実に136名もの方々が教室を去っていかれたことになります。

遠方への引っ越しや家族の介護など、やむを得ない事情でお辞めになった方や、韓国語がずいぶん上達なさり、この教室で教えられるレベルを超えて、お辞めになった方もいらっしゃいますが、多くの場合は「学習の行き詰まり」あるいは「授業の魅力不足」といった事由でお辞めになっていかれたように感じています。

「〇〇さんは、わからないような表情をしていらっしゃったのに、結局何のフォローもしなかったな…」「こういう授業をしていれば、△△さんは辞めなかったのではないか…」など、「後悔先に立たず」のケースが多いです。

やむを得ない事情でのご退学は如何ともしがたいですが、少なくとも「学習の行き詰まり」や「授業の魅力不足」で教室を辞める方が「ゼロ」になるよう、努力していかねばならないと思っています。

先日、県内の大学にお勤めの、ある韓国語の先生とお話しする機会があり、しばし教育談議をしました。「韓国語を教えるにあたって『この方法がいい!』と思って、その方法で教えても、しばらく時間が経って振り返ってみると、『あの方法はまずかった』と思うことがよくあります。

そして、その“まずかった”方法で教えていた生徒たちに申し訳ない気がしてきます」と私がお伝えしました。

すると、その先生は、「そういうものではないでしょうか。後で振り返って、『まずかった』と思う方法でも、その時は、その方法がベストだったと思いますよ。その時、その時、自分がベストだと思う方法で教えることが大切なのではないでしょうか」とおっしゃいました。

それを聞いて私は、気持ちが少し楽になったような気がしました。

私の現在の生活は、教室に通ってくださっている生徒さんお1人お1人に支えられて成り立っています。生徒さんがある程度の数、いらっしゃらなかったら、私は韓国語教育に別れを告げ、ほかの仕事を探さねばならないのですから。

通ってくださっている生徒さんお1人お1人に感謝しながら、自分の授業を少しずつ、より良いものにしていきたい…。そういう思いを胸に、九州の西の端でがんばっています。

Celebrating 10th anniversary in 2019