通信051 韓国語で話してみる

【週刊ハンガンネット通信】《第51号》(2012年9月17日発行)
「韓国語で話してみる!!」

林鳩順

みなさん、久しぶりにハンガンネット通信を送ります。
「敬老の日」はいかがお過ごしでしたか?
私は慶尚北道出身でキョンサンドサトゥリ(方言)で話す1世の父と、
日本生まれの母が健在で、両親と妹と一緒に食事をしてきました。

韓国は今日、台風16号”サンバ”が貫通し、甚大な被害が出ています。
心配ですね。

ここからが本題です。
私は先月末8月30日から9月1日まで、ソウル旅行に行ってきました。
今回はプライベートではなく、
「林鳩順先生と行くソウル二泊三日の旅」で
今回が5回目となります。
10人のメンバーはもちろん私が韓国語を教えている生徒さんたち。
(韓国が初めてという78歳の方から30代まで)
今回はぜひとも韓国語を積極的に使ってみよう!!と
みなさん張り切っていました。
この日も台風でチェジュ島行きは欠航になり、心配しましたが、
無地にソウルへ到着。
雨風が激しくて会話本を持ち歩くどころではありませんでした。

初日、国立劇場で行われた「ソウルドラマアワード2012」の表彰式は
135分間の生放送で、韓国語と英語で進行されました。
ワクワクしながら耳を傾け、聞き取りに集中し、
一喜一憂している皆さんの姿は微笑ましかったです。
終了後、大雨の中、タクシーで移動した先には、
「ケベク」、「ピアノ」、「雪だるま」などに出演している
チョ・ジェヒョンさんがいらっしゃり、
嬉しいながらも俳優さんを前に緊張し、挨拶するのがやっとの様子でした。

二日目は広蔵市場、三清洞、景福宮、教保文庫、弘大、新村を見て廻り、
ホテル前のカフェ、サムギョプサルのレストラン、パッピンスのお店、
新村アートレオンでの「I LOVE KPOP CONCERT]」観覧の前に
すぐ近くにある「ハングルパーク」という、
外国人のための韓国語図書を扱っているお店にも立ち寄りました。

今回の旅行を通じて、
受講生のみなさんのニーズと講師の心意気が
一致することの意義や重要性を更に痛感しました。

ここで、皆さんの意見や感想をまとめてみると、
先ずはとにかく「韓国語で話す」という姿勢がないと、使う機会を逃す。
とっさに言いたいことがすぐにでてこない。
せっかく勇気を出して話したのに、通じなくて残念。
まだまだだと嘆く方もいれば、自分の弱点を認識した方、
今後の勉強の方向性をつかんだ方、それぞれが一層勉強に励もうと
気持ちを新たにする機会になりました。

私も同じ気持ちです。
講義、授業が一方通行にならないように、
学ぶ人の立場になって共に理解しあい、共感し、
励まし合いながらスキルアップできるように、
もっともっと頑張らなくては・・・

以上、ソウル旅行の簡単なご報告でした。

通信050 한국어교육능력시험 3

【週刊ハンガンネット通信】《第50号》(2012年8月15日発行)
「한국어교육능력시험 3」

韓教室 ハンギョウシル

金英ウ

안녕하세요?  한교실의 김영우입니다.

8월 4일 제가 한국어교원양성 프로그램을 듣고 있는 서울대학교 온라인지식 나눔에서 종합시험이 있었어요.

종합시험은 사전에 종합시험 모의 문제가(255문항) 배부되지만 해답이 없어서 스스로 해답을 찾아야 했어요.
해답을 찾는데 시간이 많이 걸려 스트레스는 쌓이고 쌓여 … 포기할까 생각도 했지만 여기까지 와서 포기하기는
너무 아깝다고…

자신에게 말을 걸면서 공부를 계속했어요.
종합시험 공부할 때는 다른 몇 명의 사람들은 메일로 정답 맞추기를 하기도 했지만 저는 아직 다 풀지도 못했고
정답을 올릴 시간도 없었기에 혼자서 공부할 수밖에 없었어요.

실제 종합시험에 나온 문항 수는 50문제였지만, 모의 문제에 없는 문제도 몇 문항 섞여 있었어요.
물론 온라인 시험이므로 open book 테스트였구요.

종합시험이 끝나고 곧바로 9월 23일에 있을 본시험(국가시험) 공부를 하고 있지만 처음 듣는 용어도 많고
배우지 않았던 내용도 많아서 일일이 찾아 가면서 공부하니까 시간이 많이 걸리네요.

그리고 실습 강의중에 다른 선생님들의 실습을 동영상으로 볼 수 있었는데요,
이외로 현역 한국어 선생님이 많다는 점에 놀랐어요. 실습 동영상만을 봐서도 현역 선생님인지 아닌지 확연히 구별이 갈 정도였으니까요.
준비도 정말 잘 돼있고 무리없이 한국어로만으로도 수업을 잘 진행하는 선생님도 있어서 좋은 공부가 되기도 했어요.

그리고 교수 지도안을 짜서 동영상과 함께 제출해야 하는데,
저는 운 좋게 7월에 한국문화원에서 하는 연수중에 교수 지도안 짜는 게 있어서 미리 예행연습(?)을 할 수 있었기 때문에 그리
어렵지는 않았습니다.

방학인 애들에게 매일 도시락 싸주며 学童에 가라고, 올 여름방학은 엄마가 바쁘니까 가족 여행도 못 갈거라고 하면서
공부에 전념하고는 있지만 애들에게 미안한 생각도 들도… 시험이 끝나고 날씨도 선선해지면 주말 가족여행이라도 다녀올까 합니다.

通信049 カナダラとあいうえお

【週刊ハンガンネット通信】《49号》(2012年7月23日発行)
「カナダラとあいうえお」

林 鳩順

ハンガンネット会員の皆様

안녕하세요?

今月27日の発売を待たずに、
先週21日に「あいうえおで引いてすぐ!使える韓国語用言集」という
本の出版記念講演会を京都で開催しました。
グラフィックデザイナーの西田栄子さんと私が一緒に出した、
韓国語の会話本です。

何度かこの通信でも書いてきましたので、
またまた自己PRになりますが、
本を手にした方からは、開口一番、
文字が大きくて見やすいとの感想が一番多かったです。

そんな中、韓国語をあいうえお順で教えるなんて可笑しい、
カナダラ順なんて小学生でもすぐに覚えられるのに・・・
という意見があり、ちょっと耳を傾けてみました。
確かにそうですね。

でもこの本は教えるつもりで書かれた本ではありません。
とにかく、すこしでも会話がしたいのに、
単語と用言がつながらない、過去形や尊敬語を正しく使えない、
助詞の使い方を間違える等のモヤモヤを少しでも和らげるために
助詞を付けた形での付帯単語を用いて、
欲張らずにシンプルにまとめてあります。

参加者からは早速、更なる要望がいくつか上がりました。
学習者のみなさんの熱意に敬意を表し、
次回もご要望にお応えできるような、
わかりやすい本ができれば(自他ともに)と思っています。

講演会の1週間前にお借りしたのが定員54人のセミナー室で、
参加者の数が心配でしたが、
当日は定員オーバーとなり、私自身が一番驚きました。
本は足らなくなり、予定していた通りに出来なかったことがあり、
少し残念でした。

でも、今後も定期的に用言活用についての
講演会を行うことにしています。
ハングルの読み書きを一日も早くマスターし、
カナダラ順も、あいうえおと同様に
自在に使いこなしてほしいですね。

そのためには一人で勉強されるより、
条件に合った教室へ通って基礎をしっかり学ばれることを
お薦めいたします。

韓国語教室に通う意義は大きいです。
講師の役割と責任も大きいです。

ではまた、よろしくお願いいたします。

フェイスブックが今日開設されましたので、ぜにご覧ください。
https://www.facebook.com/pages/あいうえおで引いて-すぐ-使える韓国語用言集/260682727380423

通信048 韓国語もやっぱり難しい

【週刊ハンガンネット通信】《48号》(2012年7月21日発行)
「韓国語もやっぱり難しい」

アイケーブリッジ外語学院 代表

幡野泉

本日、東京韓国教育院主催の「2012年度 第三回 関東地域
韓国語 教員研修」に行って参りました。

4名の先生方が発音教育法や日本人学習者の特徴など、
興味深いお話を聞かせて下さいました。

ちょうど前の日に、学校のスタッフから「韓国語と中国語はどちらが
難しいか」と聞かれたのですが、まさに学習中であるため
「中国語かなぁ」と答えていたところでした。

しかし、今日あらためて韓国語の発音やら文法やらを見直す
機会があり、「いや、やっぱり韓国語も相当難しい」と、思いました。

例えば、初級の山場である「不規則動詞」「連体形」、
中級の山場である「間接話法」「使役、受動」など……、
これらを私が中国語を勉強しているように、いま、一から勉強する
ことを想像しただけで……、具合が悪くなりそうでした!(笑)

中国語は動詞・形容詞は変化しませんし、間接話法のような
複雑な活用はありません。韓国語は「鼻音化」「濃音化」などの
音変化も多く、それらをすべて把握していないと、良い発音が
身に付きません。

韓国語と中国語、どちらが簡単か、どちらを先に勉強すると
効果的か、などはまだまだ想像の域でしかありませんが、
今日はなんとなく、「韓国語を先にやっておいて良かったかも…」
と思いました。

初心にかえると、いろんなことが思い出され、またいろんなことを
気付かせてくれます。

通信047 発音トレーニング

【週刊ハンガンネット通信】《47号》(2012年7月9日発行)
「発音トレーニング」

ミレ韓国語学院

前田真彦(まえだただひこ)

先日6月30日にミレにて「発音徹底トレーニング」という特別
講座を実施しました。
文字通り、発音に特化したトレーニング講座で、定員20名に
キャンセル待ちが出る大盛況でした。

「母音とは何か?」=「肺から出た気流が、口の外まで大きな
妨げなく出てくる音のこと」。つまり母音は口の形以外に音を変
える方法がないのです。それゆえ、口を大きく開けたり、唇を
突き出したりという口の形が大事になります。
「子音とは何か?」=「肺から出た気流が、閉鎖や狭まりなど
の妨害があって作り出される音のこと」。ということは、舌の当
たる位置を確認し、正確に再現できること。
結局これだけなんです。母音は口の形、子音は閉鎖の確認です。

ここで必要なのは、手鏡です。
「唇を突き出して」といっても、ご自分では突き出しているつも
りでも、唇がそんなに突き出ていない人がいます。手鏡で確認
してもらいます。

激音も、息が出ません。これは短冊で確認。短冊が揺れるか
どうか。「隠れ激音」(激音化)は皆さんもっと苦手です。

p/t/kの舌の当たる位置は「デンタルモデル」(歯磨き指導の
口腔模型)で確認、さらにはnm/n/ngの鼻に息が抜ける感じ。
鼻腔への空気の流入量が全然足りないのです。

そしてピッチ(音の高低)。これは音声分析ソフトで実際その
場で受講生の何人かに録音してもらってすぐに分析。モデル
音声と比較しました。

この講座を通してわかったこと。
①声の作られる原理(口の動き)を理解すること
②声の自己分析ができる道具(短冊、手鏡、音声ソフト)を持つこと

この二つがあれば、受講生は見違えるほど発音がよくなります。

当日の写真を公開しています。
http://mire-k.jp/allmaedahaturore.htm

通信046 한국어 교원 양성 프로그램2 중간 보고

【週刊ハンガンネット通信】 第46号 2012年7月2日発行
한국어 교원 양성 프로그램2 중간 보고

韓教室 ハンギョウシル
김영우

안녕하세요.

전에 한국어 교원 양성 프로그램에 대해서 글을 쓴 적이 있는데요,
오늘은 제2부로 어떤 공부를 하고 있는지에 대해서 알려드릴까 합니다.

양성 프로그램을 졸업하기 위해서는 우선 강의를 85% 이상 들어야하고, 2번의 모의 실습, 그리고 이론 종합시험이 있어요.
저는 강의가 아직 50%도 되지 않아 어제 확인 메일을 받고서야 짬을 내면서 듣고 있는데요,
시간만 많다면 듣는 게 그리 지루하지도 않고, 재미있어요.

요전에는 발음 교육편을 들었는데, ‘ㅓ’와 ‘ㅗ’의 발음을 가르치는 방법이나  받침‘ㅇ’, ‘ㄴ’, ‘ㅁ’ 발음의 정확성을 확인하는 방법 등
‘目からうろこが落ちる’정도로 유익한 강의였어요.
그 밖에도 어떤 교재를 어떻게 응용할 수 있는지에 대해서도 공부하게 됩니다.

실습은 파워포인트의 사용, 모의 수업을 동영상을 통해서 보고 ‘수업교안’ 작성을 하게 됩니다.
마침 지난 주 한국문화원 연수 때 교안 작성을 해본 게  많은 도움이 됐구요.

오늘은 모의 수업을 비디오로 찍는 데까지 했어요.
찍은 건 편집을 한 후에 제출일까지 업로드해야 만 해요. 동영상 편집 방법은 오리엔테이션에서 어떻게 하는지 알려줍니다.

저 같은 경우는 컴퓨터에 대해서 잘 모르기 때문에 가족에게 편집을 부탁하려고 하지만 컴퓨터에 익숙하지 않은 사람이라면
좀 힘들 것 같다는 생각이 들어요.

가르치는 일과 학교의 PTA의 일로 이것 저것 바쁘지만, 시작한 것을 후회해본 적은 없어요.

왜냐하면, 한국어 교육의 전반적인 지식을 체계적으로 배울 수 있고 또한 최근의 교수법의 내용, 참고 자료 등을 알 수 있어
한국어 교원 자격증을 따기 위해서라는 걸 떠나서 한국어를 가르치려는 사람에게는 꼭 필요한 필수 내용을 배울 수 있는 좋은
기회라고 생각합니다.

들을까 말까 망설이시는 선생님들은 고민하시지 마시고 들어보세요. 손해는 없다고 제가 보장할게요.

通信045 あいうえおで引いてすぐに使える韓国語用言集

【週刊ハンガンネット通信】 第45号 2012年6月19日発行

「あいうえおで引いてすぐに使える韓国語用言集」発刊とk-pop公演について

林鳩順

みなさん、お元気ですか?
今日は台風で京都や大阪でもいろんな警報が発令され、
夕方からの授業は中止にしました。
原則として、授業の2時間前に教室のある地域に警報がでている場合は
中止にするというのが、京都市生涯教育総合センターや
以前いたカルチャーセンターの決まりでした。
多分、他の地域でも同じような規定があるかと思います。
個人で行っている教室では自分の正確な判断が重要ですが、
今日は決断と連絡が少し遅れてしまい、一人の受講生に連絡が取れず、
来てしまわれたので、強風の中を二人で帰りました。
2時間前は授業中で、警報がでていなかったので・・・
と言っても、申し訳なくて。
今後はもっと気をつけようとあらためて感じました。

さて、今日はまず私が約3年前からふらふらしながらようやく
発刊を迎えることになった本をご紹介させていただこうと思います。

世話人の先生方には数多くの著書がありますが、
私は自分の名前を出しての出版ははじめてです。
本のタイトルのとおりこの本は、
あいうえお順で単語が引けて、一つの用言に対して基本活用と(現在形、過去形、尊敬、その他、連体形など)
付帯や関連が1ページにまとめてあります。
グループ別の単語集やトラベル韓国語辞典も付けてあります。
7月20日が書店での発売日です。

京都で、発刊記念会を開こうと思っています。
かしこまった集まりではなく、ハングル講座の一環として講義を行い、
交流会を兼ねた集まりにしたいと思っています。

もうひとつのお知らせです。
ソウル新村のアートレオンホール1階に
日本の方を対象としたK-POP専用劇場がオープンしました。
私も少し関わっています。
月末は日本最大手の旅の本の出版社が取材に入り、
私も行く予定です。
まだ画面は完璧ではありませんが、HPもしくはソウルナビなどから検索してみてください。

私に連絡くだされば、VIP席を確保させていただきます。
http://www.ilovekpopconcert.com/phase1/index.html

最後に、
友人に、エンタメ関係の知り合いがいますので、時々招待券などをいただきます。
今日、聞いたお話ですが、
4月に私が差し上げたチケットで久しぶりに韓国の俳優さんを見て、
そしてそこへ来ているお客さんの姿を見て、
韓国語の勉強をもっとがんばろうと思ったそうです。

とてもうれしい一言でした。
私も、受講生の皆さんが喜んでくださる最新情報や
韓国語のレベルアップにつながる刺激とチャンスを常に提供していきたいと思っています。

これからも韓国語を教え、学ぶ皆さんとのネットワークをどんどん広げて行きましょうね!!

通信044 深い記憶、浅い記憶

【週刊ハンガンネット通信】《44号》(2012年6月4日発行)
「深い記憶、浅い記憶」

アイケーブリッジ外語学院 代表

幡野泉 (はたのいずみ)

本来は来週の配信ですが、来週ちょっと都合が悪いので、先取り
配信させていただきます。先生方、アンニョンハセヨ?

中国語の学習を始め2年になろうとしています。3年で上級者の
仲間入りをし、自校の中国語講師になると豪語している身としては、
さすがに焦り始めてきました。(ちなみに、この4月にHSK4級に合格しました)

仕事をしながら、効率の良い、効果的な勉強法を思案し、実践する。
これまで受講生に伝え、勧めていたことを自身でも行う訳です。

韓国語を教えるにあたっても、自分は日本語話者ですし、
韓国語を身につける段階で体得し、経験したことを、実感を
持って伝えるようにしてきましたし、していたつもりだったのですが、
やはり改めて新しい言語を一から勉強してみると、日々の学習法
やその心理の細部までは忘れていることもあることに気付きます。

もっとも実感するのが、一つの単語や文法が完全に定着する
までの過程の長さ。ああ、受講生の皆さんは、こんなにもどかしい
思いをしているのか、と思います。

「どこかで聞いたけど意味が思い出せない」「あれ、この単語の
四声は?」「~するからには、の中国語は?やったはずなのに」
と毎日格闘するわけです。

しかし、逆に韓国語の授業で、「幡野先生、リスって韓国語で
何ですか?」と聞かれると、おそらく「タラムチュィ」なんて単語は
何年も見たり聞いたりしていないかもしれないのに、すぐ思い出せる。
この違いはなんなのだろう!と。

そんな中、巡り会ったのが、学研まんが『頭をよくするひみつ』。
小学生向けの学習漫画です。

先ほどの「リス」のように、何年も使っていなくてもすぐ思い出せる
単語と、そうでないものの違いがどうして出てくるのか。記憶する~
覚えるのに効果的な気持ち、方法とは。それらがわかりやすく紹介
されていて、まさに目から鱗でした。

4回にわけてその内容をブログにアップしましたので、是非ご覧ください。

・完全に覚えるために ~ その1「脳のはたらき」
http://ameblo.jp/ikbridge-h/entry-11250114512.html

・完全に覚えるために ~ その2「エビングハウスの忘却曲線」
http://ameblo.jp/ikbridge-h/entry-11251832237.html

・完全に覚えるために ~ その3「自分の記憶力は自分が決める」
http://ameblo.jp/ikbridge-h/entry-11259000419.html

・完全に覚えるために ~ 完結編「1日15分より、3日に分けて15分の復習を」
http://ameblo.jp/ikbridge-h/entry-11264772756.html

はずかしながら、中国語の勉強を始めなかったら、
ここまで追求しなかったかもしれません。
先生方の生徒の皆さんにもご紹介頂けると嬉しいです。

通信043 イベントで活性化

【週刊ハンガンネット通信】《第43号》(2012年5 月28日発行)
イベントで活性化

ミレ韓国語学院 学院長

前田真彦

 

ミレでは通常の授業に加えて最低でも3か月に1度は必ず何かイベントをします。

今まで、韓国語能力試験必勝講座は7回、中級学習者のためのスキルアップ講座2回、
レベルアップ講座、オープンスクール、スピーチ大会、ぷち合宿、himeさんとの
コラボレーション2回、思えばいろいろやってきたもんです。
その他小さなものではチジミ教室、ポジャギ教室、字幕講座もしました。

イベントをする目的は4つ。
1、新規受講生獲得
2、ミレ通信受講生のスクーリング(普段はミレに通えない通信受講生も遠方からイベントに参加するケースが多いです。)
3、ミレ教室受講生のためのフォロー(普段は授業を進行させるので精いっぱいで、なかなか雑談をする余裕がないのですが、授業以外にミレ講師と触れ合ういい機会になります。)
4、ミレスタッフの活性化と交流を深め、能力を高めること

1~3は受講生に関することですが、4はスタッフに関することです。4に関してのみ追加で説明いたします。

普段はミレスタッフは、授業と添削と事務作業しかしませんが、イベントをするとなると、事務作業や教材作成、授業はもちろんのこと、司会、物品販売、会場設営、料理に買い出し、絵を描いたり(ペープサート)、歌の指導など…、普段ではしないいろんなことを担当し、スタッフの能力開発と交流に大いに役立ちます。

イベントは、受講生にプラスに働くだけでなく、スタッフ一人一人の成長と、スタッフ間の絆を強めることに大きく役立っています。
イベントを1つ成功させるたびに、ミレは一回り大きくなっていくと実感しています。

6月30日(土)に「オール前田の発音徹底トレーニング」、7月21日(土)22日(日)には「第2回ぷち合宿inミレ」があります。
今から準備が大変ですが、楽しく準備を進めていきます。