通信018 韓国語学習があなたを変える

【週刊ハンガンネット通信】《第18号》(2011年10月10日発行)

「韓国語学習があなたを変える」

ミレ韓国語学院学院長 前田真彦(まえだただひこ)

韓国語の学習をしていると、時間の使い方が上手になります。

社会人はみな忙しいです。忙しくて勉強の時間が取れないというのが普通です。

ない時間をどうひねり出し、仕事で疲れている体からどうやって
やる気を引き出すか?

そうです。韓国語学習で成果を上げることができる人は、生活の
コントロールができる人です。

語学の学習で成果を上げるためには、長期的な学習期間が必要
になります。学習の成果が上がっている人は間違いなく、生活の
中で時間節約の工夫をこらし、学習を持続できる習慣を持っています。

こう考えると、生活態度の改善から始めていくのが韓国語
上達の近道かもしれません。

毎晩特に理由もなく、ただ習慣としてビールやお酒を飲む人、ドラ
マを2本も3本も見る人、こういう人は学習の時間が取れない人です。

ミレではカセットテープに音読を録音して提出するという課題があり
ますが、受講生の声の向こうから、電話の音、洗濯機の音、子供
の泣き声が聞こえてくるときがあります。皆さん生活の中で頑張って
いるんだなと、朗読音声より、そちらに感動してしまうことがあります。

朝1時間早く起きる、電車の中で単語帳を開くなど、ちょっとした習慣
が、韓国語の力を高めてくれます。

韓国語学習を通して生活習慣を見直しませんか?

通信017 実力差のあるクラス:たぶん、答えは(タブン)?

【週刊ハンガンネット通信】《第17号》(2011年10月4日発行)

「実力差のあるクラスー たぶん、答えは(タブン)?」

阪堂千津子(はんどうちづこ)

今週あたりから、めっきり涼しくなってきました。北海道や東北の山沿いでは、すでに雪が降り始めたそうですね。東京でも夜は長袖が必要です。私はいま、ストーブをつけながら、PCの前に向かっております。さむいさむい・・・・・

さて 10月になりました。この時期は 後期の新しいクラスのスタートです。

今回、私の担当する社会人クラスでは、3つのクラスが新学期を迎えました。(新規はありません)

2つは大学のオープンカレッジ、1つは民間学校のクラスですが、それぞれ4年半、2年、10年目近くのクラス、と開講期間はまちまちです。

が、共通する悩みがあります。

 

それは「実力差」です。

とくに、開講期間が長くなればなるほど、初級から中級に上がるほど、受講生さんどうしの実力差がめだってきます。

表向きには人数の増減はないのですが、できない学生さんはやめていき、できる学生さんが入ってきます。

途中から入ってくる方は、よくおできになることが多いです。

 

少人数の場合、順番でさしていけば、全員にこたえる番が回っていきます。しかし、実力に不安を感じている学生さんたちは、返答に困ることもしばしばです。

そんな学生さんは 沈黙してしまいます。

 

そこでとりあえず、なるべく負担を感じさせないように、質問の仕方をいろいろと変えています。

ここで私のやっているインチキ小技の一例をご紹介しますと・・・

①  よりやさしい単語にいれかえて、もう一度聞いてみる

例)갈아 입다  가 무슨 뜻이에요?  à  ジェスチャーつきで 옷을 벗고 다른 옷을 입다, 일본말로?

②  選択肢を提示する。 (わかるように)

例)「コンハン」の意味はなんでしょうか・

イチバン、ゴハン、 ニバン  空港 、サンバン、コンバンワ・・・・

注意*まじめな二択のときもあります。

③ 「オーディエンス?」(全員にきく)などというチョイスを与えたり、「ファイナルアンサー?」(もう一度、選びなおしてもらう)などの機会を与える。

あるいはほかの誰かを指名してもらって(←これはなんというのでしょうね)、その人に代わりにこたえてもらう。

④ 場合によっては ひたすら待つ。

「答えてほしい」と思った時は、正解が出てくるように、ひたすら念じたりもします。私に特殊な能力があるわけでもなく、効果も期待できるはずがないのですが、とにかくここは絶対答えてほしい、と切に願う瞬間があって、そんなときは天にもすがる思いです。

さらに、答えていただいたら、かならず「チャレッスムニダ」とかほめるようにしています。 マジョヨ、チョッスムニダ、すばらしい・・・

 

前田先生が唱えていらっしゃるように、「教室は間違える場所だ、はずかしがらずに間違えましょう」と常にこたえやすい雰囲気を作るのが大切ですね。

上のような質問のしかたが、果たしてその目的にかなっているのかは自信がありませんが、とにかくまわりの人たちと助け合いながら、楽しく学習をつづけてほしい、と願っています。

わからなくて苦痛な時間が多くなると、学生さんたちは、教室から足が遠のいていくみたいです。私の教室の場合は。

以前、キムヒョギョン先生のハンセミで、学生さんの実力差をうまく利用する教授法を学ばせていただきました。グループで役割を分担し、助け合いながら1つのタスクをクリアしていくという方法でした。なるほどなあ、と感動しました。でもなかなか、自分の授業に取り入れるところまでは至っていません。

どのクラスでも必ず存在するといわれる実力差。なんとか+の方向にもっていって、クラス運営をしていきたいものです。

・・・みなさんはどうやって乗り越えていらっしゃるのでしょうか? 同じ悩みを共有されている方のご意見やアイディアをぜひともお伺いしたいです。

通信016 ハンガンネットの可能性を信じて

【週刊ハンガンネット通信】《第16号》(2011年9月26日発行)
ハンガンネットの可能性を信じて」

 

長崎韓国語教室代表

池上和芳 (いけのうえ かずよし)

2009年4月に発足したハンガンネットは、発足から間もなく2年半を迎えようとしています。
その間、東京と大阪で設立記念フォーラムを開きましたし、あるいは東京・横浜・大阪を会場として、それぞれの地域の世話人が中心となって、ハンガンネットセミナー(略称:ハンセミ)を何度か開催してきました。
しかし、全国的な広がりを、なかなか持つことができないでいるのが、ハンガンネットの現状ではないかと私は認識しています。
「発足からまだ3年も経っていないし、これからですよ」という声も聞かれ、確かに「これから」なのかもしれないと思う一方で、何も手を打たなかったら、現在の状態が、4年、5年と続いていくだろうと私は見ています。
ハンガンネットの会員どうしの日常的な情報交換の手段としては、「ウェブサイトの掲示板」と「メーリングリスト」の2つがありますが、
私の考える、ハンガンネットの理想の姿は、掲示板・メーリングリストで、全国あちこちの会員から情報が発信され、それについて議論が行われ、それらの議論がきっかけとなって、全国のあちこちで「顔を合わせて話し合う機会を持ちましょう」となる形です。
ハンガンネットが全国的な広がりを持つことができないでいるのは、私もその一員である世話人会の力量不足ももちろんあるのですが、掲示板・メーリングリスト上で、会員どうしで交換される情報の量が非常に少ないことが主な原因ではないかと私は考えています。
「私はこういう実践をしていますが、みなさん、この実践について、どう思いますか」「私は今、こういう問題に直面しています。何か解決策はないものでしょうか」といった投稿が、
掲示板で、あるいはメーリングリストで、日常的にある程度の数、飛び交うことになるだろうと、ハンガンネットの設立当初には期待していたのですが、実際にはそうなっていなくて、とても残念に思っています。
「相手の顔が見えないから、掲示板やメーリングリストに投稿しにくい」という面もあると思います。
しかし、会員1人1人が「今よりもっといい授業をするため」「より楽しい授業をするため」あるいは「抱えている悩みを1つでも解決し、より朗らかな気持ちで授業をするため」に、勇気を持って1歩を踏み出し、少しずつ、情報交換を活発にしていかねばならないのだろうと思います。
「自分のため」でもあるけれども、何より「生徒のため」「受講生のため」「学習者のため」という気持ちで、会員お1人お1人が、その1歩を踏み出して欲しいと願っています。
私は現在、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の登録会員として、同ネットワークの「ウェブサイトの掲示板」と「メーリングリスト」とで、日々、情報交換、意見交換をしています。
それらの情報交換、意見交換は、子どもたち、あるいは大人たちの「命」がかかっていますので、みな、真剣そのものです。
そして、それらのやり取りの過程で、新たな活動のアイディアが生まれ、また、人と人とのつながりも生まれ、全国いろいろな場所で、顔を合わせての話し合いの場も設けられています。
そういう過程を日々、目の当たりにしているだけに、私は、ハンガンネットという組織もまた、会員1人1人の意識次第で、どうにでも変わることはできると感じていますし、「ウェブサイトの掲示板」と「メーリングリスト」を軸とした組織運営は、決して間違っていないとも思っています。
ハンガンネットの活動が低調なのは、別に原因がある」というご指摘や、「活動が低調だという認識そのものが当たっていない」というお考えもあろうかと思います。会員のみなさんからの、忌憚のないご意見をお待ちしております。
韓国語市民講座の講師のためのネットワークが誕生したのは、決して偶然ではないですし、そういうネットワークが必要とされていたからこそ、誕生したものだと思っています。
この組織を決して、尻すぼみにしてはなりません。ハンガンネットの可能性を信じ、この組織を아끼는 마음으로(大事にする気持ちで)、楽しく、情報交換、意見交換をしていきたいものです。

通信015 秋夕

 【週刊ハンガンネット通信】《第15号》(2011年9月18日発行)
秋夕
林鳩順(Lim Koosoon)
ハンガンネット会員の皆様、ごきげんいかがですか?
季節はずれの話題で申し訳ございません。
先週のつもりで書いていまして・・・そのまま送ります。
今からソウルへ発ちますので。4ヶ月ぶりです。
大阪のハンセミ、10月2日午後2時から「大阪韓国文化院」で開催されます。
お近くの方はぜひご参加ください。
 「秋夕」
 ハンガンネット会員の皆様
京都で講師をしている林です。
残暑が厳しいですが、いかがお過ごしですか?
今日は秋夕ですね。
昨夜は♪月がとっても青いから~~♪(古~い歌です^^)と、
歌いだしたくなるほど、明るい空に満月が光っていました。
今日は最近感じたことをつぶやいてみます。
私の講座の受講生は男性が5%に満たないのですが、
その中のお一人が、度々訪ねていた全羅南道・順天市に
今年春ごろから住み着く形をとり、日本にあまり帰って来なくなりました。
居心地がよくて、毎日が楽しくて帰りたくないようです。
最近までは「心の病」を患っていて、みんなを心配させた人です。
人はここまで変われるのか・・・と思うほど生き生きした姿に
人生を大きく変えた「韓国」が更に頼もしく思えます。
9月11日から13日までの休暇期間、
学生は皆家族の元へ帰ってしまい、
順天お世話になっている寮の皆さんは家族旅行にでかけたそうです。
秋夕には贈り物・プレゼントを送るのが一般的ですよね。
そしてそこに一言を添えて・・・
黄土の塩をもらったというこの方には、
「秋夕を迎え、愛と感謝の気持ちをおくります。」
と書かれていたそうです。
「楽しい秋夕を迎え、ご家族にいつも笑顔が満ち溢れますように
願っています。」
「喜びを分かち合うと二倍になり、
悲しみを分かち合うと半分になりますね。
いつも愛しています。そして尊敬しています。
楽しい休日をお過ごしください。」
などのメッセージが届いたそうです。
ステキな韓国語に訳してみてくださいね。
ドラマや映画でもよく見受けられる
暖かいメッセージ、
ステキなフレーズ、
私は授業でも時々、役者になった気分で語ってみましょう!!
と言っていますが、大変盛り上がります。
秋は勉強に最適な季節ですね。
秋からのハングル講座は
お申込が一番多い時期ではないでしょうか?
講師は新規募集にアイデアを絞り、
学習者は体験講座に参加したりHPなどで最適な教室を物色し・・・
韓国語の需要は益々高まっていることに間違いありませんね。

通信014 当校がスピーチ’大会’を行う理由

【週刊ハンガンネット通信】《第14号》(2011年9月12日発行)
「当校がスピーチ’大会’を行う理由」

アイケーブリッジ外語学院 代表

幡野泉

アンニョンハセヨ?
残暑厳しい毎日ですね。先生方、いかがお過ごしでしょうか?

今回の通信は、当校で力を入れて取り組んでいる
スピーチ大会についてご紹介したいと思います。

当校では約8年前の学校設立当初から今まで、年に最低一回の
発表会、スピーチ大会を開催してきました。出場者は当校の受講生のみです。

※昨年の様子
(前半)http://ameblo.jp/ikbridge-h/day-20101221.html
(後半)http://ameblo.jp/ikbridge-h/entry-10744363685.html

賞品を用意し、多くのスポンサー企業様にご協力をいただき
スピーチ大会として大がかりな大会を開催することになってからは
今年で5年目になります。今年も12月に忘年会を兼ねた
スピーチ大会を開催する予定です。

私がスピーチを推奨する理由については、ブログにアップ
しておりますので、是非ご覧下さい。
http://ameblo.jp/ikbridge-h/entry-10732467845.html

さて、「スピーチなら私も授業でも取り入れている」
「作文をさせ授業で発表させている」という先生方も
いらっしゃると思います。しかし、授業内で行うスピーチでは、
その効果をどこまで得られるかが少し疑問です。

授業内だと甘えが出てきます。講師も生徒も徹底的に発音を
直そうとしているでしょうか。原稿を100%覚えようとしている
でしょうか。自然なイントネーション、抑揚、表現になるように
何回も何回も練習しているでしょうか。

おそらく授業内などでの発表レベルだとどこかで妥協してしまい、
結局書いてきた原稿の棒読み……ということになりかねません。
これではスピーチをする効果、意味があまりないのではと思います。

もちろん、人前で発表することに抵抗を覚える方へは強制
していません。韓国語の学習が嫌になったら元も子もありませんので……。

しかし、チャレンジしたあとの効果はご本人がいちばんよく
分かります。何より、フレーズを100%自分のものにしたことの
爽快感、達成感は相当のものでしょう。

会場の手配、スポンサー集め、審査員の依頼、プログラムの編集……、
スピーチ大会開催においてはかなりの経費と手間がかかります。
学校にとって、かなり大変なイベントですが、それでも行う
価値があると思い、取り組んでいます。

学校で大会を催すことができない場合は、韓国文化院主催の
「話してみよう韓国語」などの出場を促してみたりしては
いかがでしょうか。講師も生徒も、相当の効果を感じられるはずです。

通信013 臨機応変力

【週刊ハンガンネット通信】《第13号》(2011年9月5日発行)
臨機応変力

ミレ韓国語学院

前田真彦

授業は「時間」と「分裂」との戦いです。

講師の中には時間の読みが甘い人がいます。
60分なら60分で、90分なら90分で構成を
きちんと組んで授業の準備をすることが肝心です。

途中で指導案の変更も余儀なくされます。
準備した指導案に従うより、目の前の受講生の
理解度を大切にしなければなりません。受講生の
状態をよく見極めながら準備した材料をどう切り
捨てるか・変更するか時間との闘いです。

「分裂」というのは、受講生集団が、理解度や
習熟度によってばらけることを言います。

受講生が2人でも分裂します。20人が1教室に
いれば、もう大変です。しかしそれでもできる
だけ分裂させずに、あるいは分裂してもその程度を
最小限にするよう工夫することが必要です。

分裂をそのまま放置していると、集団の崩壊につながります。

分裂を最小限に抑えるためには、個別に対応すること、
横の関係をフルに使ったペアワークが重要です。

また自宅での課題などを工夫することで
遅れた分を補ってもらえるようにします。

「時間と分裂との戦い」のためには
しっかり授業の準備することと、準備したもの
を目の前の受講生の現状に合わせて思い切って
変更する大胆さが必要です。

通信012 札幌研修2011に来ています

【週刊ハンガンネット通信】《第12号》(2011年8月22日発行)
札幌研修2011に来ています!

阪堂千津子(はんどうちづこ)

 

暑い日が続いているそうですが、皆さんお元気にお過ごしですか。

・・・というのも、実は先週から札幌にきています。

20日からいよいよ、札幌研修2011がはじまりました!

 

涼しい札幌なのに、今年も講師の先生方と受講生の方たちのやる気ムードで

教室の中は熱気むんむん、外気との温度差は驚くばかり!です。

 

今年は30名の参加申し込みがありました。(3分の2が日本語母語話者です)

大学生や大学院生も5-6人います。

昨年の名古屋に出席された方も2名ほど、参加なさっています。懐かしいですね~

 

初日の自己紹介では、全員が流暢な韓国語でスピーチをなさるので、圧倒されてしまいました。

しかし、昼ごはんどきには、ゆでてきたトウモロコシをみんなでほおばるような、

和気あいあいの楽しいムードです。

 

企画協力のハンガンネットからは前田先生と私が参加しています。

前田先生は相変わらずのカリスマ性です。

この2日間で教授法の実際や教室運営、教師論(教師としての心構えなど)をお話になりましたが、

優しい(お人柄ですね)ながらも厳しい語り口で、受講生全員が身の引き締まる思いでした。

受講生のアンケートでは、

5段階評価の「6」に○がついてしまうほど!!(過去最高ですね!)

私が拝聴するには、前田先生、年々レベルアップされております、うらやましい!

 

そして昨年、『訓民正音』(平凡社)を上梓された趙義成先生からは、

最近の訓民正音の研究動向が伺えました。

「世宗大王はね」と、学生さんたちに

「ハングルのうんちく」を傾けるのにいい材料だなあ~、と心底でひそかにニヤリ。

 

ちなみに、ハングルは誰が作ったのかについて諸説ありますが、今のところは特定できないとのこと。

また、1443年から1446年にどのような作業が行われたのかについても、

まだ具体的記述はみつかっていないそうです。

 

高島淑郎先生は、学生の誤用を分析して

日本人のまちがえやすいハングル表記を明快に指摘してくださいました。

大学の授業でも一人一人、細かく指導していらっしゃるんですね。

 

また、円山拓子先生の対照言語学入門では、

北海道弁の「らさる」と「~아/어지다(される)」の共通点に大変興味を覚えました。

「らさる」は青森や北海道でよくつかわれる方言だそうです。

「このボタンは押さされない」などというように使われます。(押すことができない、押されない、という意味。)

日本語母語話者として、はじめて聞く表現にびっくりしました。

 

そして映画「ラブストーリー」を使った模擬授業。

先生の授業のやりかたそのままを見せていただき、大変参考になりました。

板書はきれいでみやすいのが、一番ですね!

 

研修は昨日で3分の1がおわったところ。まだまだ木曜日まで続きます。

今年も研究授業(模擬授業)の発表が最終日にあります。

どんな授業が発表されるのか、楽しみですね^^

私も研究授業をしなくてはならないので、すでに緊張しています・・・・

 

来年もこの研修は開催される予定です。

今年と同じ内容にはならないと思いますが、ぜひ、皆さんも参加してみてください。

実力向上すること、請け合いです!

 

実は私、北海道は20年ぶりです。

以前には気がつかなかった、親切な風土とめずらしい食べ物に感動しております。

なんといっても「カツゲン」!

かつてTVの「不思議のケンミンショー」で紹介されてから、飲んでみたいなあ~と思っていましたが、

ついに夢がかないました。意外とおいしいです!

韓国の先生方いわく「味はクルピスに似ている」(注・カルピスではありません)そうな。

「カツゲン」とおいしいお寿司が食べたい方、ぜひ北海道にいらしてみてください。

通信011 「二往復会話」での会話練習

【週刊ハンガンネット通信】《第11号》(2011年8月15日発行)
「二往復会話」での会話練習
池上和芳 (いけのうえ かずよし)
暑い日が続きますが、皆さんお元気にお過ごしですか。
本日は、日々の授業での、私の拙い実践についてお伝えできればと思います。
生徒たちの会話能力が、どうすれば向上するか、試行錯誤を繰り返していますが、最近はペアでの「2往復会話」 を実施することが多いです。
会話練習は、教科書やノートを見ながら行うのではなく、質問内容を記憶したうえで、相手の目を見ながら笑顔で会話することが大事だと私は思っているのですが、なぜ「2往復」なのかと言いますと、「2往復」であれば、
1. 内容(質問数:2つ)を記憶する負担が少ない。
2. 「2往復」をペアで交替して行えば4往復となり、「会話した」という満足感が得られやすい。
3. 会話例を比較的作成しやすい。
4. 内容が短い分、練習の目的(どの表現を身に付ければ良いのか)を明確にしやすい。
などのメリットがあると思っています。 以下にいくつか、会話例をお示しします。会話文の後の※は、練習を実施するうえで気を付けていることなどです。
————————————-
《例1》 主な目的: 좋아해요の前で를/을を用いる練習
A : 바다를 좋아해요? 산을 좋아해요?
B : 바다를(または산을) 좋아해요.
A : 요즘 바다에(または산에) 갔어요?
B : 네, 갔어요. (または아뇨, 안 갔어요)
※海と山の両方が好きな場合も、どちらかに決めて会話に臨むよう指示する。
————————————-
《例2》 主な目的: 「~や~」の練習
A : 인터넷 쇼핑을 해요?
B : 네, 해요.
A : 뭘 사요?
B : 〇〇나/이나 △△를/을 사요.
※この会話は、クラスの全員がインターネットショッピングをしている場合にのみ行う。
————————————-
《例3》 主な目的: 「誰々のファン」という言い方の練習
A : 〇〇 씨(←会話の相手)는 배용준 팬이에요?
B : 아뇨, 저는 배용준 팬이 아니에요.
A : 그럼 누구 팬이에요?
B : △△ 팬이에요.
※배용준のファンがクラスにいる場合は他の俳優に置き換えて行う。팬を、しっかり激音で発音するよう指示する。
————————————-
 《例4》 主な目的: 行けない理由を言う練習
A : 한국을 좋아해요?
B : 네, 좋아해요.
A : 그럼 한국에 자주 가요?
B : 아뇨, 바빠서 자주 못 가요.
※바빠서の代わりに用いられるものを、事前にいくつか学んでおく。
————————————-
その日の学習内容に合わせて、「2往復会話」を2~3つ準備しています。授業中、時間に余裕がある場合は、
ペアを替えて別の人とさらに練習することで、会話を8往復することになり、定着度がより高くなるようです。
また、どのクラスでは、どういう「2往復会話」をしてきたか講師が記録して蓄積し、それらを折に触れて復習させることの大切さも感じています。
皆さんはそれぞれの教育現場で、どういう実践をしていらっしゃるのでしょうか?メーリングリストや掲示板でのご発信をお待ちしております。

通信010 楽しい時間、笑いの中にこそ

 【週刊ハンガンネット通信】《第10号》(2011年8月8 日発行)
林 鳩順(Lim Koosoon)
ハンガンネット会員の皆様
林 鳩順です。暑い毎日、いかがお過ごしですか?
週刊ハンガンネット通信が10号を迎えました。
前回、続きは11日に・・・と書いてしまいましたが、
間違いでした。大変失礼いたしました。
さて、皆さんには夏休みがありますか?
お盆前後はどの教室もお休みになると思います。
私はお盆にはチェサがありますし、たまにはゆっくり休みたいので、
今は必死で目の前のことに取り組んでいます。
今までは自分の授業だけしていれば十分でしたが、
何しろ「アカデミー」と名の付くカルチャーセンターを始めたものですから、
いろんなジャンルに関する知識やノウハウを知らなければならなくなりました。
この間、約80名の講師の方々と面接し、
相談しながら講座を組み立ててきました。
そんな中でも、やはり一番の関心は語学です。
韓国語の先生は私以外に3人、フランス語、スペイン語、中国語二人、英語二人の
先生方にも来ていただくことになりました。
ネイティブの先生、日本人の先生、各々、授業に対する考えはまちまちです。
でも、学生ではない幅広い年齢層に教えるという共通点を活かし、
共有できる良いヒントが得られるのではないかと期待しています。
相変わらず、韓流文化は衰えることを知らず、
私の教室にも年齢幅が50ほど違う方々が同じ教室で学んでいらっしゃいます。
いつも感心するのは、その熱心で忠実な受講態度fです。
前回の通信で、幡野先生が楽しいご提案をされていましたね。
まさにおっしゃるとおりだと思います。
引き出す、考えさせる余裕を持って教壇に立つことの大切さを再認識しました。
当たり前だと思っていることが、案外おろそかになっていたり、
やっているつもりが、まったくできていなかったり・・・
現役の先生方のご意見に耳を傾けることは、
本当に大事なことですよね。
 私はこの数年間、初級レベルから、10人以下のクラスなら、
受講生が毎時間、何でも良いから(自分が見聞きしたこと、感じたことなど)
前に出て韓国語で短いスピーチをすることを習慣づけしました。
いやがっていた方もいましたが、
今ではすっかり聞いてもらえるうれしさも身に付いたようで、
継続は力なりを実感しています。
ですから授業は笑いが絶えなくて、
私もとても楽しみにしています。
楽しい時間、笑いの中にこそ残るものがあるという私なりの持論です。
ではまた, みなさまごきげんよう!!