通信014 当校がスピーチ’大会’を行う理由

【週刊ハンガンネット通信】《第14号》(2011年9月12日発行)
「当校がスピーチ’大会’を行う理由」

アイケーブリッジ外語学院 代表

幡野泉

アンニョンハセヨ?
残暑厳しい毎日ですね。先生方、いかがお過ごしでしょうか?

今回の通信は、当校で力を入れて取り組んでいる
スピーチ大会についてご紹介したいと思います。

当校では約8年前の学校設立当初から今まで、年に最低一回の
発表会、スピーチ大会を開催してきました。出場者は当校の受講生のみです。

※昨年の様子
(前半)http://ameblo.jp/ikbridge-h/day-20101221.html
(後半)http://ameblo.jp/ikbridge-h/entry-10744363685.html

賞品を用意し、多くのスポンサー企業様にご協力をいただき
スピーチ大会として大がかりな大会を開催することになってからは
今年で5年目になります。今年も12月に忘年会を兼ねた
スピーチ大会を開催する予定です。

私がスピーチを推奨する理由については、ブログにアップ
しておりますので、是非ご覧下さい。
http://ameblo.jp/ikbridge-h/entry-10732467845.html

さて、「スピーチなら私も授業でも取り入れている」
「作文をさせ授業で発表させている」という先生方も
いらっしゃると思います。しかし、授業内で行うスピーチでは、
その効果をどこまで得られるかが少し疑問です。

授業内だと甘えが出てきます。講師も生徒も徹底的に発音を
直そうとしているでしょうか。原稿を100%覚えようとしている
でしょうか。自然なイントネーション、抑揚、表現になるように
何回も何回も練習しているでしょうか。

おそらく授業内などでの発表レベルだとどこかで妥協してしまい、
結局書いてきた原稿の棒読み……ということになりかねません。
これではスピーチをする効果、意味があまりないのではと思います。

もちろん、人前で発表することに抵抗を覚える方へは強制
していません。韓国語の学習が嫌になったら元も子もありませんので……。

しかし、チャレンジしたあとの効果はご本人がいちばんよく
分かります。何より、フレーズを100%自分のものにしたことの
爽快感、達成感は相当のものでしょう。

会場の手配、スポンサー集め、審査員の依頼、プログラムの編集……、
スピーチ大会開催においてはかなりの経費と手間がかかります。
学校にとって、かなり大変なイベントですが、それでも行う
価値があると思い、取り組んでいます。

学校で大会を催すことができない場合は、韓国文化院主催の
「話してみよう韓国語」などの出場を促してみたりしては
いかがでしょうか。講師も生徒も、相当の効果を感じられるはずです。

通信013 臨機応変力

【週刊ハンガンネット通信】《第13号》(2011年9月5日発行)
臨機応変力

ミレ韓国語学院

前田真彦

授業は「時間」と「分裂」との戦いです。

講師の中には時間の読みが甘い人がいます。
60分なら60分で、90分なら90分で構成を
きちんと組んで授業の準備をすることが肝心です。

途中で指導案の変更も余儀なくされます。
準備した指導案に従うより、目の前の受講生の
理解度を大切にしなければなりません。受講生の
状態をよく見極めながら準備した材料をどう切り
捨てるか・変更するか時間との闘いです。

「分裂」というのは、受講生集団が、理解度や
習熟度によってばらけることを言います。

受講生が2人でも分裂します。20人が1教室に
いれば、もう大変です。しかしそれでもできる
だけ分裂させずに、あるいは分裂してもその程度を
最小限にするよう工夫することが必要です。

分裂をそのまま放置していると、集団の崩壊につながります。

分裂を最小限に抑えるためには、個別に対応すること、
横の関係をフルに使ったペアワークが重要です。

また自宅での課題などを工夫することで
遅れた分を補ってもらえるようにします。

「時間と分裂との戦い」のためには
しっかり授業の準備することと、準備したもの
を目の前の受講生の現状に合わせて思い切って
変更する大胆さが必要です。

通信012 札幌研修2011に来ています

【週刊ハンガンネット通信】《第12号》(2011年8月22日発行)
札幌研修2011に来ています!

阪堂千津子(はんどうちづこ)

 

暑い日が続いているそうですが、皆さんお元気にお過ごしですか。

・・・というのも、実は先週から札幌にきています。

20日からいよいよ、札幌研修2011がはじまりました!

 

涼しい札幌なのに、今年も講師の先生方と受講生の方たちのやる気ムードで

教室の中は熱気むんむん、外気との温度差は驚くばかり!です。

 

今年は30名の参加申し込みがありました。(3分の2が日本語母語話者です)

大学生や大学院生も5-6人います。

昨年の名古屋に出席された方も2名ほど、参加なさっています。懐かしいですね~

 

初日の自己紹介では、全員が流暢な韓国語でスピーチをなさるので、圧倒されてしまいました。

しかし、昼ごはんどきには、ゆでてきたトウモロコシをみんなでほおばるような、

和気あいあいの楽しいムードです。

 

企画協力のハンガンネットからは前田先生と私が参加しています。

前田先生は相変わらずのカリスマ性です。

この2日間で教授法の実際や教室運営、教師論(教師としての心構えなど)をお話になりましたが、

優しい(お人柄ですね)ながらも厳しい語り口で、受講生全員が身の引き締まる思いでした。

受講生のアンケートでは、

5段階評価の「6」に○がついてしまうほど!!(過去最高ですね!)

私が拝聴するには、前田先生、年々レベルアップされております、うらやましい!

 

そして昨年、『訓民正音』(平凡社)を上梓された趙義成先生からは、

最近の訓民正音の研究動向が伺えました。

「世宗大王はね」と、学生さんたちに

「ハングルのうんちく」を傾けるのにいい材料だなあ~、と心底でひそかにニヤリ。

 

ちなみに、ハングルは誰が作ったのかについて諸説ありますが、今のところは特定できないとのこと。

また、1443年から1446年にどのような作業が行われたのかについても、

まだ具体的記述はみつかっていないそうです。

 

高島淑郎先生は、学生の誤用を分析して

日本人のまちがえやすいハングル表記を明快に指摘してくださいました。

大学の授業でも一人一人、細かく指導していらっしゃるんですね。

 

また、円山拓子先生の対照言語学入門では、

北海道弁の「らさる」と「~아/어지다(される)」の共通点に大変興味を覚えました。

「らさる」は青森や北海道でよくつかわれる方言だそうです。

「このボタンは押さされない」などというように使われます。(押すことができない、押されない、という意味。)

日本語母語話者として、はじめて聞く表現にびっくりしました。

 

そして映画「ラブストーリー」を使った模擬授業。

先生の授業のやりかたそのままを見せていただき、大変参考になりました。

板書はきれいでみやすいのが、一番ですね!

 

研修は昨日で3分の1がおわったところ。まだまだ木曜日まで続きます。

今年も研究授業(模擬授業)の発表が最終日にあります。

どんな授業が発表されるのか、楽しみですね^^

私も研究授業をしなくてはならないので、すでに緊張しています・・・・

 

来年もこの研修は開催される予定です。

今年と同じ内容にはならないと思いますが、ぜひ、皆さんも参加してみてください。

実力向上すること、請け合いです!

 

実は私、北海道は20年ぶりです。

以前には気がつかなかった、親切な風土とめずらしい食べ物に感動しております。

なんといっても「カツゲン」!

かつてTVの「不思議のケンミンショー」で紹介されてから、飲んでみたいなあ~と思っていましたが、

ついに夢がかないました。意外とおいしいです!

韓国の先生方いわく「味はクルピスに似ている」(注・カルピスではありません)そうな。

「カツゲン」とおいしいお寿司が食べたい方、ぜひ北海道にいらしてみてください。

通信011 「二往復会話」での会話練習

【週刊ハンガンネット通信】《第11号》(2011年8月15日発行)
「二往復会話」での会話練習
池上和芳 (いけのうえ かずよし)
暑い日が続きますが、皆さんお元気にお過ごしですか。
本日は、日々の授業での、私の拙い実践についてお伝えできればと思います。
生徒たちの会話能力が、どうすれば向上するか、試行錯誤を繰り返していますが、最近はペアでの「2往復会話」 を実施することが多いです。
会話練習は、教科書やノートを見ながら行うのではなく、質問内容を記憶したうえで、相手の目を見ながら笑顔で会話することが大事だと私は思っているのですが、なぜ「2往復」なのかと言いますと、「2往復」であれば、
1. 内容(質問数:2つ)を記憶する負担が少ない。
2. 「2往復」をペアで交替して行えば4往復となり、「会話した」という満足感が得られやすい。
3. 会話例を比較的作成しやすい。
4. 内容が短い分、練習の目的(どの表現を身に付ければ良いのか)を明確にしやすい。
などのメリットがあると思っています。 以下にいくつか、会話例をお示しします。会話文の後の※は、練習を実施するうえで気を付けていることなどです。
————————————-
《例1》 主な目的: 좋아해요の前で를/을を用いる練習
A : 바다를 좋아해요? 산을 좋아해요?
B : 바다를(または산을) 좋아해요.
A : 요즘 바다에(または산에) 갔어요?
B : 네, 갔어요. (または아뇨, 안 갔어요)
※海と山の両方が好きな場合も、どちらかに決めて会話に臨むよう指示する。
————————————-
《例2》 主な目的: 「~や~」の練習
A : 인터넷 쇼핑을 해요?
B : 네, 해요.
A : 뭘 사요?
B : 〇〇나/이나 △△를/을 사요.
※この会話は、クラスの全員がインターネットショッピングをしている場合にのみ行う。
————————————-
《例3》 主な目的: 「誰々のファン」という言い方の練習
A : 〇〇 씨(←会話の相手)는 배용준 팬이에요?
B : 아뇨, 저는 배용준 팬이 아니에요.
A : 그럼 누구 팬이에요?
B : △△ 팬이에요.
※배용준のファンがクラスにいる場合は他の俳優に置き換えて行う。팬を、しっかり激音で発音するよう指示する。
————————————-
 《例4》 主な目的: 行けない理由を言う練習
A : 한국을 좋아해요?
B : 네, 좋아해요.
A : 그럼 한국에 자주 가요?
B : 아뇨, 바빠서 자주 못 가요.
※바빠서の代わりに用いられるものを、事前にいくつか学んでおく。
————————————-
その日の学習内容に合わせて、「2往復会話」を2~3つ準備しています。授業中、時間に余裕がある場合は、
ペアを替えて別の人とさらに練習することで、会話を8往復することになり、定着度がより高くなるようです。
また、どのクラスでは、どういう「2往復会話」をしてきたか講師が記録して蓄積し、それらを折に触れて復習させることの大切さも感じています。
皆さんはそれぞれの教育現場で、どういう実践をしていらっしゃるのでしょうか?メーリングリストや掲示板でのご発信をお待ちしております。

通信010 楽しい時間、笑いの中にこそ

 【週刊ハンガンネット通信】《第10号》(2011年8月8 日発行)
林 鳩順(Lim Koosoon)
ハンガンネット会員の皆様
林 鳩順です。暑い毎日、いかがお過ごしですか?
週刊ハンガンネット通信が10号を迎えました。
前回、続きは11日に・・・と書いてしまいましたが、
間違いでした。大変失礼いたしました。
さて、皆さんには夏休みがありますか?
お盆前後はどの教室もお休みになると思います。
私はお盆にはチェサがありますし、たまにはゆっくり休みたいので、
今は必死で目の前のことに取り組んでいます。
今までは自分の授業だけしていれば十分でしたが、
何しろ「アカデミー」と名の付くカルチャーセンターを始めたものですから、
いろんなジャンルに関する知識やノウハウを知らなければならなくなりました。
この間、約80名の講師の方々と面接し、
相談しながら講座を組み立ててきました。
そんな中でも、やはり一番の関心は語学です。
韓国語の先生は私以外に3人、フランス語、スペイン語、中国語二人、英語二人の
先生方にも来ていただくことになりました。
ネイティブの先生、日本人の先生、各々、授業に対する考えはまちまちです。
でも、学生ではない幅広い年齢層に教えるという共通点を活かし、
共有できる良いヒントが得られるのではないかと期待しています。
相変わらず、韓流文化は衰えることを知らず、
私の教室にも年齢幅が50ほど違う方々が同じ教室で学んでいらっしゃいます。
いつも感心するのは、その熱心で忠実な受講態度fです。
前回の通信で、幡野先生が楽しいご提案をされていましたね。
まさにおっしゃるとおりだと思います。
引き出す、考えさせる余裕を持って教壇に立つことの大切さを再認識しました。
当たり前だと思っていることが、案外おろそかになっていたり、
やっているつもりが、まったくできていなかったり・・・
現役の先生方のご意見に耳を傾けることは、
本当に大事なことですよね。
 私はこの数年間、初級レベルから、10人以下のクラスなら、
受講生が毎時間、何でも良いから(自分が見聞きしたこと、感じたことなど)
前に出て韓国語で短いスピーチをすることを習慣づけしました。
いやがっていた方もいましたが、
今ではすっかり聞いてもらえるうれしさも身に付いたようで、
継続は力なりを実感しています。
ですから授業は笑いが絶えなくて、
私もとても楽しみにしています。
楽しい時間、笑いの中にこそ残るものがあるという私なりの持論です。
ではまた, みなさまごきげんよう!!

通信009 間違いは、本人に直させる

【週刊ハンガンネット通信】《第9号》(2011年8月1 日発行)
「間違いは、本人に直させる」

アイケーブリッジ外語学院  幡野 泉

当校では昨年から中国語講座も始めました。私が「中国語を学び
たい」という思いが強くなり、「他校に行くよりは自校で」と思い、講座を開始しました。

なぜ中国語を学びたくなったかについては、以前当校メールマガジンに書かせて頂いています。
http://www.ikbridge.co.jp/mail/m290.htm
http://www.ikbridge.co.jp/mail/m311.htm

「3年で上級レベル到達」「自校の中国語の先生になる」ことを目標に
頑張っています。「留学しなくても、忙しくても」上級レベルになれる
ということを自らが示そうとプレッシャーをかけています。

さてそこで、これまで韓国語を教えていく中で、自分が非ネイティブで
あることから韓国語学習者の気持ちはよく理解できている方だと
思っていたのですが、昨年、中国語の学習を始めてみると
新たなる発見がいろいろとありました。その中の一つで、是非
お伝えしたいことを書かせて頂きたいと思います。

学習者が音読しているとき、質問に答えるとき、何でも良いの
ですがとにかく学習者は当然のことながら間違います。
発音を間違えたり、単語を間違えたり……。

自分が中国語を勉強して分かったのですが、間違えたときは、
それを発した瞬間に「あ、いまの違う」と、意外と気付くものなんです。
また、先生が「おやっ」という表情や反応を見せたときに瞬間的に
正しいものが分かったりします。

なので、目の前の学習者が間違った発音、単語を発したとき、
(修正の必要がある場合ですが)すこしだけ待って、そしてすぐ修正
せずに「おや?」という声に出さない反応をすると良いと思うのです。
もしくは、「タシ ハンボン」「○○、マッスムニカ?」など、
間違いを自らに気付かせ修正させるように誘導するなど……。

<例>
先生:「チグム ミョッシエヨ?(いま何時ですか?)」
学生:×「オーシエヨ(5時です)」

ここで先生が「タソッシです」とすぐ言わずに、

・「おや?」「あれ?」という表情を見せる、少し身を乗り出すなりする
・「ん?」と言う
・「オーシ……???」と言う

だいたいここで間違いに気付く人が多いですが、それでも反応がなければ、

・「オーシ、じゃなくて……」「オーシ、アニエヨ~」「オーシ、マジャヨ?」など
・「ハンシ、トゥシ、セシ……」

だいたいこれで「あっ!」となり、学習者は自身のの発言を自ら
修正することができます。この「あっ!」という気付きの積み重ねが、
「単語の定着」に繋がっていくのだと思います。

また、このように間違いを講師が修正するのではなく、気付かせ、
修正させることが良い理由は、「人が何かを身につけるときは、
アウトプット(発すること)なしでは身に付かない」ためですね。

前号で前田先生が「他の人に説明させる」ことを取り入れて
いらっしゃると紹介されていましたが、まさにこのためだと思います。
これは語学の学習だけでなく、何かの行動を起こすとき、
仕事を覚えるときなどもそうですね。

「私は先生である」「韓国語を教える」と思うと、受講生の間違いを
修正する、教えてあげる役目だと思ってしまいがちですが、まずは
気付かせる、そして話すことができるよう誘導することが大切かと思います。

もちろん、単語や文法の引き出しがまだ少ないとき、文法説明や
その他、以上の手段を取り入れることができない場面も多いですが、
自身がどんな風に目の前の学習者の間違いを修正しているか、
一度、振り返ってみると良いかも知れません。

通信008 両輪

【週刊ハンガンネット通信】《第8号》(2011年7月25 日発行)
「両輪」

ミレ韓国語学院 前田真彦

私が主宰する「ミレ韓国語学院」に、他の韓国語教室から見学に
来る受講生が少しずつ増えてきています。

その方たちはミレの授業に参加なさって「全然教え方がちがう」と
驚かれます。
たとえば、私は授業中に受講生によく次のような質問をします。「
ヘヨ体の作り方は?」「鼻音化って何ですか?」など。受講生に答
えてもらうのです。
そうするとその方がどのくらい理解しているかよくわかります。

最近よくする方法ですが、文法事項を説明した後、「隣の人にわか
りやすく説明してあげてください」と要求します。すると隣同士、「ヘ
ヨ体はね、ダを取った時の最後の母音が陽母音の時は~」などと
お互い説明し合っています。これ、効果的なんですよ。人に説明す
るのは、本当にきっちり理解していないと人には説明できませんか
らね。

他の教室からきた人は、ほとんどの場合こういう説明ができません。
ではどういう風に教わってきたのかと聞くと、「こういう場合はこう」と
理屈ではなく、体験として慣れで学んできたようです。

「入門初級の段階は、文法より、ネイティブの発音にたくさん触れて
慣れる」というのも、一つの教育方法だとは理解しますが、その方式
で中級上級に上がっていくのはやはり無理があるようで、こうしてミレ
に流れてくるわけです。

「文法をきちんと積み重ねていく」、「自分の舌の動きを観察し、鼻音
化の何たるか理解した上で体験する」このようなことなしには、長期
的な伸びは期待できないように思います。

「受講生は講師の卵」です。いずれそう遠くない将来、受講生は教える
立場に立ちます(立つことが多いはずです。ミレではそのような思いで
教えています)。きちんとした文法の説明や音変化を理解せずに教える
側に回ったときには、その方たちは苦労するだろうなと思います。

ミレを立ち上げて1年と4か月。ミレ周辺の事情が少しずつ目に入り始め
ました。
ネイティブの指導者が必ずしも上のような方ばかりだとは思いませんし
、日本語ネイティブの講師にも説明の苦手な人もいるだろうと思います。

いずれにしても、「文法の理解」と「会話の実践」、この両輪をどう両立さ
せ、「楽しく力の付く授業を継続的に実践しているか」、韓国語教室に対
する評価は受講生が厳しく下すのだということを肝に銘じたいと思います。