通信291 韓国語学習が私にもたらしたもの 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第291号 (2019年1月7日発行)

韓国語学習が私にもたらしたもの

ミレ韓国語学院 前田真彦

===========

ミレの年末のスピーチ大会のテーマがこれでした。

毎年スピーチ大会では、感動するのでが、今年はひとしおでした。

韓国語学習がみなさんの生活を変え、性格を変え、人生を変えているのがよくわかりました。みなさんそれぞれ多様で、人生的な意味合いが異なっていて、発表を聞くのが楽しみでした。

発表を聞き、今さらながら、韓国語学習がみなさんの人生にこれほどまで影響をあたえているのか、と驚いた次第です。

次のような書籍を現在準備中です。みなさんに協力していただけたらと思います。

ミレ生でなくても結構です。学習者としてでも、教える立場として、どちらでも結構です。

<みなさんへのお願い>

  • 「韓国語学習が私たちにもたらしたんの」という書籍を計画中です。前田個人の著作物です。
  • 書籍の構成は80%は前田の語りです。最後に学習者の思いを100人分列挙しようと思います。その投書です。
  • 200字、日本語で投稿してください。メールで、データで。
  • タイトル不要、いきなり本文からお書きください。
  • ペンネームまたはイニシャルで。
  • 連絡先として「本名フルネーム」「携帯番号」をお書きください。
  • 採用、不採用はこちらにお任せください。
  • 2019年1月15日締め切り
  • 2019年中の発刊を目標にしています。
  • 発刊した際はご連絡差し上げます。献本はできません。

参考動画 https://youtu.be/q78eXn2jHng

ハンガンネットセミナー&懇親会のお誘い

2月11日(月祝) 大阪駅前第4ビル地下1F

  1. セミナー
  2. ライブ授業 (1)前田真彦 (2)飯田華子
  3. 授業の話し合い
  4. 懇談会 韓国語教室の現状と今後の展望
  5. 懇親会 あります

http://mire-k.jp/hangan201902.htm

通信290 ハンガンネット10周年を迎えて 阪堂千津子

【週刊ハンガンネット通信】第290号 (2019年1月2日発行)

謹賀新年 ハンガンネット10周年を迎えて

阪堂千津子

===========

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます

三が日も残りあと一日、明後日からは仕事が始まりますが、お正月はいかがお過ごしでしょうか

本年も皆さまにとって良い年でありますようにお祈り申し上げます。

昨年は第三次韓流ブームの到来で、K-popをはじめ、K-food、K-コスメ、K-ファッションが話題を呼んだ一年となりました。

新大久保は平日でも歩道から人があふれ、インスタ映えするスポットとして、今や中高校生の街に変わりつつあります。

冬ソナで韓流ブームが起こった15年前には想像もつかなかった光景です。ハンガンネットも、実は今年で10周年を迎えます。

どんな団体でも、10年経てばそれなりに形が整い安定する、と言われるようですが、ハンガンネットが今日までどうにかこうにか続けることができたのも、会員の皆さまのおかげです。

改めて会員の皆さまに御礼申しあげます。

今年の活動予定を紹介しますと、

2/11には大阪でハンセミと懇親会が、そして、横浜では2/21に恒例の韓国大学生と韓国語学習をする市民との交流会が開催される予定です。

目下、両方のイベントとも準備を着々と進行中です。

横浜交流会は横浜近辺のお教室だけでなく、茨城、静岡、東北の教室からも参加予定です。今年はたくさんの先生方もお手伝いを兼ねてご参加してくださる予定です。

そのような形で、生徒さんだけでなく、講師同士の親睦も深められるので、楽しいですね!

大阪のハンセミもライブ授業やハンコンを通じて、講師同士の親睦を図る予定です。今回は首都圏からもたくさんの世話人が参加しますので、西日本のの先生方には、ぜひ参加していただきたいなあ〜と思っています。

両方のイベントとも、皆様の参加申し込みをお待ちしております。

そして現在、四月からの新年度の活動内容を検討中です。

毎年同じセリフを繰り返して恐縮ですが、会員のみなさまからの要望をお待ちしていますので、こんなことをやりたい、やってみたい、やってほしい、のような声をどしどし寄せください

世話人会で前向きに検討させていただきます

個人的には、節目の10周年なので、何かイベントやるべきなのかなあ、と思ったりもするのです。

せっかく盛り上がっている韓流ブームの勢いを借りて、韓国語教室の存在をアピールできたらよいなあ、特に若い世代へのアピールができたら…

例えば、教室連携で開くダンスコンテストとか、合唱祭とか、スピーチ祭り、とか。または、教室を超えて、生徒さんたちと一緒に韓国を旅行するのとか…

今年の初夢は何をみたか思い出せないのですが、みなさんと夢をみるのは楽しいです。

みなさんはどう思われますか? 10周年のハンガンネットにどんなことを期待しますか? どうぞご意見を忌憚なくお聞かせください,

本年もよろしくお願い申し上げます。

ハンガンネット代表
阪堂千津子

通信289 通じなくなってしまう単語 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第289号 (2018年12月10日発行)

通じなくなってしまう単語

伊藤耕一

============

先日、私が高校生の頃によく聞いていたプリンセス・プリンセスのライブがテレビで放送されていて、子供と一緒に聞いていました。

歌詞を見なくても、ほとんど歌える曲ばかりだったのですが、その後、歌詞を子供に見せたら、思いもよらない質問を浴びることになりました。

「ブラウン管」って何?
「針がおりる瞬間」ってミシンのこと?
https://www.uta-net.com/song/2899/

「消せないアドレス、Mのページを指でなぞってるだけ」ってスマホにはページがないけど。
https://www.uta-net.com/song/880/

ブラウン管

今、大学生の長男が保育園に通っていた頃(12年ほど前)、ブラウン管のテレビが映らなくなって、液晶テレビに買い替えたのを思い出しました。

なので、子供たちの記憶にはブラウン管のテレビがおそらくないのだろうということに気が付きました。

「昔のテレビはブラウン管で観ていたんだ」とスマートフォンでブラウン管の写真を見せて説明しましたが、ちゃんと理解したかどうかはよく分かりません。

私の世代は「ブラウン管」と聞けば「テレビ」を連想できますが、今の大学生以下の世代はこの連想ができないのかなあと、改めて思いました。

針がおりる瞬間

レコードはもっと昔に遡らなければなりません。

私が高校生だった頃が、レコードからCDに移り変わった時期でした。
高校2年の時にアルバイトで貯めたお金で「CDラジカセ」を買ったので、よく覚えています。

「昔はレコードで音楽を聴いていて、レコードの溝に針をおろすと、針が振動を読み取って音を出していた。」みたいな説明をしました。

「針をおろすと、音楽が聞こえてくるまで何秒間か待たないといけなかったから、その何秒間かにドキドキしたんだよね。」
今のCDやiPodでは、このようなドキドキは感じることがないですね。

消せないアドレス

アドレス帳を書かなくなって、久しいことに改めて気づかされました。

私が大学生の頃まではアドレス帳を使っていましたが、その後、パソコンの中にスプレッドシートでアドレス帳を打ち直したことを思い出しました。

さらにその後は住所管理ソフトにそれを読み込ませて、今ではパソコンのソフトウェアで管理しています。

「必要でなくなった連絡先はボールペンで消したりしていたなあ。」とこちらは思わず感傷に浸ってしまいました。

きっと今の若い人たちはスマートフォンのアプリケーションか何かで管理しているのでしょう。

わずか数十年の間に通じなくなってしまう単語が結構ありそうな気がします。

思いつくところでは「ダイヤルを回す」「チャンネルを回す」「巻き戻し」「ダビング」など。今度、機会があったら、子供たちに尋ねてみようと思います。

通信288 私の韓国語講師奮闘記21: 言語干渉について考えてみた 宮本千恵美

【週刊ハンガンネット通信】第288号 (2018年12月3日発行)

私の韓国語講師奮闘記21: 言語干渉について考えてみた 

宮本千恵美

=============

12月に入ったものの、本来の冬が到来していない・・・まだ秋のような気配を感じております。

前号の寄田先生の記事を読み、自分も同じような体験や考えを書きたかったのですが、書き溜めていた記事を追記して書こうと思います。

以前、発音の記事を書いた際、ある先生の外来語の干渉を受けている現代の韓国語のことで、日本語でもその傾向が強く、本来持っているその言語の良さや美しさが失われているように感じます。

11月の後半にバルト3国に旅行に行きました。エストニア・ラトヴィア・リトアニア、この3国がバルト海に面していることからこう呼ばれています。

また3カ国どの国にも公用語があり、簡単な挨拶などはどれをとっても全く重なることなく独立しています。

ただエストニアはロシアに近いことから影響を強く受けており、ロシア語での呼び込みやロシアのお土産も多数売っていました。

3カ国とも英語も非常に通じるので便利ではあったものの、どのお店に行っても英語で同じことを言われるのです。

「Have a nice day!」
私がアジア人で英語しか通じないことがわかっての挨拶ですが、そのときふとある本の一文を思い出しました。

ラジオなどやテレビなどで最後の挨拶に
「良い週末をお過ごし下さい(Have a nice weekend)。」

この言葉、英語からの言語干渉がもたらした言葉だったという事実です。

週休5日制になった日本でも週末の過ごし方が大きく変化し、今まで日本人が言わなかったような週末の挨拶までもが欧米諸国の影響を受け、私たちが知らずに受け入れた言語変化なのだそうです。

どうしてこのように心に強く残ったのか、それは他国では英語で話してもこの挨拶をこんなに沢山言われた事がなかったからです。

と考えると、バルトの国々では英語と同じような習慣や言葉が存在するのか、または旅行者のための挨拶なのか、それはこの3カ国の言語を知らないと分からないことですが。

またその本には韓国での日本語の影響も書かれていました。日本語の言語干渉を食い止めるための言語政策がとられ、その結果韓国の町中の看板、商店の標示などはハングル一色のため、多少ハングルを読む必要性があるのだとか。

そしてまた言語干渉の一環の問題ではないかと思うのですが、日本語と韓国語が似ているばかりに、韓国語での日記を添削している際も、どうしても母語である日本語の影響は否めないところも多々あります。

例えば韓国人でさえもFacebookなどに「좋은 아침」など書いてあるのをよく見るようになりましたが、ある講習では連体形の苦手な韓国人ということを学び、実際は「아침이 참 좋다」のように動詞や形容詞で閉めるほうが韓国語らしい表現だそうです。

私と同じ韓国語を学習した知人はそのことを知らずに普通に「좋은아침」を使っていたと言い、それは知らなかったと言います。決して通じない表現でもないですし、それで通じればなんら問題がなかったからでしょう。

韓国語を勉強する日本語母語話者は、どの言語よりも自国の母語の干渉を強く受けやすいと思います。似ているからこそ、その微妙な違いを理解しがたいと思うのです。

しかしながら言葉は生き物、多様な言語政策がとられても干渉を受けることも多いですし、何よりも若い世代が新しい言葉を作り、それが当たり前のように使用されるのです。

干渉を食い止めることは難しいと思いますが、それでも私はその言語特有の独自性などは後世にも残していかなくてはいけないと思います。

「翻訳できない 世界の言葉」「翻訳できない 世界のことわざ」 創元社
この2冊の本には諸外国の訳せない言葉が掲載され、韓国語や日本語も美しい挿絵に説明付きで紹介されています。

訳せないからこそ、その国の言葉ならではの表現をより濃く感じられる1冊だと思います。

韓国語講師になってからこのように諸外国の国の言葉にも興味を持つようになり、その違いや今回書き綴ったような言語干渉などにも私自身が干渉するようになっている今日この頃です。

通信287 高齢者と外国語教育 寄田晴代

【週刊ハンガンネット通信】第287号 (2018年11月25日発行)

「高齢者と外国語教育」

寄田晴代

——————–

先日、自分が韓国語の講師をしているという話を近所の人にしたところ、「この間韓国に初めて行ったの。すごく楽しかったからまた行きたい。韓国語も勉強したい」という反応が返ってきました。

一緒に旅行に行ったお友達は、文化センターのようなところで既に韓国語を習い始めているそうです。そこには、K-POPが好きで韓国語を始めた若い女子たちもいるらしいのですが「あの人たちには負けたくない!」と、お友達は言っているそうです。

私が「へぇー」と思ったのは、私だったら「若い人より覚えが悪くても当たり前。同じようにはできない」と考えるところを、その方は「負けたくない!」と言ったところです。(おそらく50代後半の方です。)みんな、自分のように考えるだろうと思うのは、思い込みですね。

講師が「この人はこの年齢だから、ここまでしたくないだろう」とか、受講生に対して勝手な思い込みを元に指導していなかったか、振り返るきっかけになりました。

そんなとき、ちょうど年齢と外国語学習に関する記事を読んだので、ご紹介します。スコットランドにある、高齢者向けのバイリンガル教育を行う社会的企業「リンゴ・フラミンゴ*」の話です。*Lingo Flamingo

複数の言語を話すバイリンガルの人は、そうでない人に比べて認知症の発症が最大5年遅い」という研究結果が、2013年、神経系医学の学術誌「ニューロロジー」に掲載され、この研究を受けて「リンゴ・フラミンゴ」は誕生しました。

今では、英国中の老人ホームやデイサービスで語学講座を開いて、認知症の進行や脳の老化を遅らせる革新的な取り組みとして注目されているそうです。

主に70~80代の人を対象にしていますが、研究者チームと協力して言語学習の効果を測ったり、講座の内容を開発してきました。

高齢者が学びやすいように大きい文字の教科書を作ったり、記憶術を取り入れたり、また、料理をしながら関連する単語を学ぶなど、体を動かし五感を働かせる活動も行います。

数独(number placement puzzle)やクロスワードパズルは脳の一部しか使いませんが(中略)外国語の学習は、認識力や判断力などあらゆる知能を総動員します。その人に言語学習能力があるかは関係なく、外国語を理解しようと努力すること自体が脳に良い働きをし、脳全体の運動になるのです。」という創業者のことばは、外国語を仕事にしている私たちにとっても嬉しいことばではないでしょうか。

そして、実際、重度の認知症で言葉も出なかった受講者が、外国語で「こんにちは」と発した事例も紹介されています。

高齢者は外国語学習に向かない、というステレオタイプに挑んだ活動を知ったことで、小さな積み重ねが変化をもたらすことを再確認しました。
ビッグイシュー日本版 vol.345 より)

通信286 他教室とのつながりの重要性(2) 幡野泉

【週刊ハンガンネット通信】第286号 (2018年11月5日発行)

他教室とのつながりの重要性、その2

アイケーブリッジ外語学院 幡野泉

===============

先週、金英う先生が「他教室とのつながりの重要性」というテーマで通信を書いてくださいました。他の教室の先生とお話ししたことが契機となり、教室の受講生の方と、普通では味わえないような韓国旅行に行くことにした、という素敵なお話しでした。

私もその昔、教室を運営していて悩むことも多く、まだハンガンネットのように、韓国語学校の先生と横のつながりを持てる場所がなかったころ、門をたたいたのが、現在、当校が加盟している「全国外国語教育振興協会(全外協)」です。

http://www.zengaikyo.jp/

加盟したのは2007年です。この協会は文科省や経産省と連携を取りつつ運営していて、講師の体制や財務状況などを審査され、審査に通過すると加盟することができます。

……というと、お堅い団体と思われるかもしれませんが、定期的に開かれる勉強会や交流会に参加すると、教室を運営している方々との情報交換ができ、とても有意義です。

この団体の良いところを2つ挙げますと、一つ目は、小規模から大規模の外国語スクールの経営者や運営者に会えることです。個人経営的なスクールから、上場企業の幹部の方にも気軽に会え、交流会では何でも聞いて、何でも話せるような信頼感があります。小さいところ、大きいところ、それぞれから学べるところは計り知れません。

それから、「全国外国語」というだけあって、自然と加盟校は英語スクールが多くなります。「英語学校は参考にならない」ということはまったくなく、むしろ逆で、運営のすべてにおいて「さすが、英語教育」と思うことは山ほどあります。「規模の経済」という言葉を以前、ビジネススクールで聞いたことがありますが、(市場)規模が大きいと、運営に好循環が生まれるため、英語のスクールには追いかけたいポイントがたくさん見つかります。

全外協に加盟してからしばらくして、ハンガンネットが発足し、こちらでも会員となりました。全外協では主に英語スクールに運営・経営の理想を見て、ハンガンネットでは、韓国語、アジア言語ならではの教育法の共有や、共通した受講生層への対応法など奥深い話ができます。

日々の運営で忙しいと、このような会に加盟する気持ちの余裕が生まれなかったりもしますが、急がば回れで、是非、参加をお勧めします。

(全外協にご興味のある方は、幡野までご連絡ください!)

通信285 他教室とのつながりの重要性 金英う

【週刊ハンガンネット通信】第285号 (2018年10月30日発行)

他教室とのつながりの重要性

韓教室  金英う

———-

안녕하세요.

아침 저녁으로 기온이 많이 내려가, 기온차가 많은 날씨가 계속되고 있는데요,
벌써 10월말, 올해도 2개월 밖에 남지 않았네요.

2개월 밖에 남지 않았다고 생각하니까 마음이 조급해지기도 하고… 올 한 해는 무엇을 했는지, 그리고 또 내년에는 뭘 어떻게 할 것인지를
구상하는 시기이기도 합니다.

내년에 할 일을 생각하고 있는 중에 오랜만에 한국 여행을 교실의 학생들과 함께 가는 걸 생각하고 있어요. 한국 여행이라면 서울? 하고
생각하시겠지만 서울은 언제든지 가볍게 갈 수 있는 곳이잖아요?

그래서 별 의미가 없을 것 같아 제주에 가는 여행을 생각하고 있어요. 지금은 제주 여행 상품도 많아져서 팩키지 여행이나 자유 여행으로도
갈 수 있죠.

그렇지만 제가 기획하고 있는 건 좀 다른 여행이에요. 그냥 언제든지 가면 볼 수 있는 여행이 아니라 목적이나 뜻이 있는 여행 즉,
concept이 있는 여행을 계획하고 있습니다. 

실은 이 여행을 기획하게 된 건 다른 한국어 교실의 선생님과 얘기할 때 들었던 게 힌트가 됐어요. 그 선생님이 학생들과 함께 간 한국
여행에 대해 얘기를 많이 해 주셨는데요, 그 얘기를 들으면서 생각해 낸 여행이었어요. 교실 운영 얘기도 하고 여행 얘기도 하면서 정보
교환을 하다가 보니 이런 힌트를 얻게 된 거죠.

언제든지 가면 볼 수 있는 여행이 아니라 외국인이 혼자서 가기 힘들고 흥미를 유발할 수 있는 기획이 아니면 학생들이 안 간다는
거였어요. 실제로 학생들에게 운을 띄어 보니 가 보고 싶다는 의견도 있고, 심지어는 지금부터 비행기 예약을 해 두겠다는 사람도 있어,
‘역시나’였어요.

그 선생님과 만나서 여행의 힌트 외에도 교실 운영에 대한 힌트도 많이 얻게 됐고 정말로 유익한 시간이었어요. 때로는 이렇게 개인적으로
다른 교실의 선생님이랑 얘기하면서 정보 교환을 하면서 힌트를 얻는 것도 좋은 방법이 될 수 있다라는 생각이 들었어요. 다시 한 번 한국어
교실 간의 유대 관계가 중요하다는 걸 새삼 느끼게 됐습니다.

通信284 学び方が変わってきた 前田真彦

【週刊ハンガンネット通信】第284号 (2018年10月8日発行)

学び方が変わってきた

ミレ韓国語学院 前田 真彦

——-

9月30日の「松本ハンセミ」に行く予定でしたが、台風の接近に伴って、電車が止まることがわかり、行くことができませんでした。ちょうどミレの授業の谷間で、竹多講師と一緒に行くつもりで特急券など取って楽しみにしておりましたのに残念でした。次の機会にみなさまにお目にかかれるのを楽しみにしております。

さて、今日はミレの最近の受講生の動向を見ながら感じていることなど、ちょっと書いてみることにいたします。

スマートフォンの普及で、この1年ぐらいで急速に「学び方」が変わってきたように感じています。週に1度決められた曜日、決められた時間に教室に集まって学ぶという従来のスタイルが、スマートフォンを使って好きな時間に個人で学ぶ、そんな志向が強くなっているのではないかと思います。

以前はPCでしかできなかったことが、スマートフォンの機能がアップして、動画による授業、音声や、データのやり取りなど、より手軽にできるようになってきました。また、中高年の方もスマートフォンの操作に慣れてきて、電話やメールだけでなく、様々な機能を使いこなすスキルを身に付けてきたようです。

そのような理由からか、ミレのオンライン教室生がじわじわ増えてきています。今までは首都圏に韓国語教室が集中し、地方にはなかなか多様なレベルの教室がありませんでしたが、今やオンラインで、自分のレベルにあった教室を選べる時代になってきたのです。地方にいながら、自宅で学べるのです。地方と言いましたが実は地域にかかわらず、仕事で教室に通える時間が取れない方や、子育て・介護中で家から出られない方なども同じです。自分に合った時間に、自宅で学べる時代になってきたのです。

こういう個人型の学びのスタイルを応援するシステムの構築が必要です。オンライン教室で様々なレベルの授業を準備することはもちろん、学習しやすいオンラインに適した教材の開発や、課題の受け渡し、カウンセリング、学習者同士の交流会、講師との交流会、オンラインイベントなども、オンラインならではの課題がたくさんあります。

対面の授業がもちろん一番良いんでしょうが、オンラインで学べる可能性をもっと多くに人に知ってもらい、より多くの人に、便利な学びのシステムを提供していきたいです。

通信283 松本ハンセミの報告 伊藤耕一

【週刊ハンガンネット通信】第283号 (2018年10月3日発行)

松本ハンセミの報告

伊藤 耕一

============

9月30日、松本でハンセミを開催しました。

今回もライブ授業を行い、より良い教授法について意見交換する形で企画しました。

韓国語教師参加者は7人、ライブ授業の生徒役は13人、世話人3人の合計23人の催しとなりました。

ライブ授業の1本目は阪堂千津子先生による「고と서の使い分け」でした。

고と서の使い分け

まず、生徒役の皆さんを4つのグループに分けて、簡単な自己紹介をした後、二つの文章の間のブランクに고を入れるのか、서を入れるのかをメンバー間で話し合ってもらい、どちらが適切なのかを確かめるという方法で授業が進みました。

どうしてそうなるのかを、いくつかのテキストに出てくる説明を引用しながら確かめてみたり、韓国語ネイティブの参加者に確認してみたりしました。

例文によっては고を使っても서を使っても良いケースがあるのではないか、その違いをどのように学習者に説明すれば分かりやすいかといった議論が展開されました。

日本人学習者の傾向として、서を多用する傾向があり、고を使うべき場面で서を使ってしまうことに対し、「人のシルエットが変わる動詞」「知覚を表す動詞」の後には서を使うという覚え方を提案してくださり、アンケートではこの説明が分かりやすかったという感想がいくつかありました。

ただ、その一方でこの使い分けには多少の個人差があることの言及に対しては「少し分かりにくかった」という感想もありました。

最後に「むすんでひらいて」の動揺を韓国語に訳して歌うアクティビティをしました。

歌詞に出てくる「て」を訳す時に「고」になるのか「서」になるのか、手を使いながら解説した時にはすんなりと理解できたようでした。

2本目は金順玉先生による「ネイティブにとって聞き取りづらい発音ワースト3」でした。

ネイティブが聞き取りにくいノンネイティブの発音

韓国語の学習者が実際に韓国で話をしてみると通じないことがあったり、学習者と話をした時にネイティブの先生が聞き取りづらい発音があったりする現象をいくつかのパターンに分けた中から最も聞き取りづらい3つの類型についてのお話しでした。

それは「①母音/ㅓ/と/ㅗ/が入れ替わる」「②平音・激音・濃音が入れ替わる」「③パッチム(終声子音)の発音」の3つで、これをどのように直すかを実際にやってみました。

生徒役の皆さんに伝言ゲームのアクティビティをしてもらい、音としての文章が最後まで正確に伝わるかどうかを確かめてもらったのですが、うまく伝わった文章もあれば、伝わらなかった文章もあり、/ㅓ/と/ㅗ/の発音の違いを、発声時のあごの高さで比べてみるといった分かりやすい解説もあり、とても勉強になったという感想もありました。

あいにくの台風24号接近

当日は運悪く台風24号が近づいてくる日となってしまい、開催自体をどうするか世話人で話し合いました。9月30日のハンセミ終了の段階では松本が暴風圏に入らない見込みと判断し開催を決め、実際に当日の風雨の影響は小さかったのですが、鉄道の運休が予想よりも早くハンセミ終了時刻よりも前に実施されることがセミナー進行中に発表され、急遽の判断でライブ授業のみを行って終了することとなってしまいました。

ライブ授業の振り返りの議論を行い、懇談会や懇親会も行う予定だったのですが、残念な結果となってしまいました。

それでも、ご参加いただいた皆さんからは「勉強になった」「今後の授業に活かしてみたい」という声も聞かれ、一定の良い結果も残せたものと思っております。

今後もハンセミ、交流会などを予定しています。企画が決まりましたら随時お知らせしますので、是非多くの皆様にご参加いただきたいと思います。

最後に、松本ハンセミの運営にご尽力いただいた皆様、ご参加くださった皆様に感謝申し上げます。