通信198 NHK WORLD KOREA ‘ハナカフェ’ゲスト出演

【週刊ハンガンネット通信】第198号 (2016年8月22日発行)

「NHK WORLD KOREA ‘ハナカフェ’ゲスト出演」

アイケーブリッジ外語学院

幡野泉

ハンガンネットの先生方、アンニョンハセヨ?幡野です。
先週、宮本千恵美先生がiPhoneのsiriに韓国語で話してみた
というお話を書かれていましたが、私も日本語母語話者として
韓国語を発する難しさを最近感じましたので、その話題で。

7月末に、タイで開かれた第21回世界韓国語雄弁大会に出場し、
大賞の大統領賞に次ぐ、国務総理賞を受賞しました。
https://www.ikbridge.co.jp/news/news160802.html

8年前、韓国文化院さんからの情報で13回マレーシア大会に出場
したことがあり、2度目のチャレンジ。さらには昨年の済州島大会を
見に行っていたので、賞レースには食い込むつもりでした。

その受賞の話を聞かれたNHK WORLD KOREA(ラジオ番組)の
担当者の方からラジオ番組「ハナカフェ」へのゲスト出演依頼があり、
つい先日、収録に出かけてきました。8月28日(日)18時に放送される
予定です。こちら( http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ko/radio/listener/ )から
アクセス可能です。

さてそこで、日本語話者の先生なら、分かってくださると思いますが、

「あなたの日本語のイントネーション、たまにおかしいね。あ、山梨弁?」

とは言われても、

「あなたの韓国語、発音やイントネーション、おかしいね。」

とは、言われたくない!!!

ですよね(笑)。

しかし!今回ラジオの収録で痛感しましたが、雄弁大会のスピーチ
よりも、ラジオ番組のような「雑談」ではそれがごまかせないんですよ。
すべてがモロに出てしまうんですね。

収録中、「あ、いま発音がおかしくなった!」とか、
「いまイントネーションが変に上がったな」とか思いながら、
「でも、こんなところでとめたら迷惑がかかる」
「あ、もっとこういえばよかった」など葛藤しながら話し、
嵐のような10数分間の収録でした。

以前、中国語のスピーチ大会に出た時も、大会後の審査講評で、
「出場者の皆さん、スピーチはきちんとした発音になっているのに、
その後の質疑応答で、ご自身の発音の癖が出ていた方が見受けられました」
と言われたのが印象的でした。

ただの雑談の中でも完璧な発音・イントネーションになるよう
にしたいものですね(しみじみ…)。

韓国語講師の立場として、このような番組に出るのは大変恐縮で、
恥ずかしいのですが、ご紹介させていただきました。
大会に出場するにあたり準備したことや浴衣を着た時の
失敗について話しました。韓国語に関しては反面教師として
聞いて頂ければと思います。

通信197 私の韓国語講師奮闘記9: iphoneのsiriと韓国語で話してみた

【週刊ハンガンネット通信】第197号 (2016年8月15日発行)

私の韓国語講師奮闘記9: iphoneのsiriと韓国語で話してみた

宮本千恵美

昨年、サムソンのギャラクシーから初めてiphoneに機種変しました。
絶対に使わないと心に誓ったのに、人生一度はiphoneを使ってみようと・・・

iphoneで[siri]と言う機能があると知り、ちょっとドキドキしながら設定し使ってみました。
私はギャラクシー時代から表示設定を韓国語にしています。
普段から韓国語に触れるため、維持のためなので勿論iphoneも韓国語表記で設定を・・・

緊張・・・何が緊張するかって、「siri」に私の韓国語が通じるか・・・
機械には誤魔化しは効きません。
綺麗な発音をしないと聞き取ってくれないし、おかしな文章になってしまい「siri」も
「(私の話したかった言葉をそのまま表記、または発音が悪いと間違った発音表記で)가 무슨 뜻인지 잘 모르겠습니다.」
と、とても丁寧に傷つけてくれます・・・

そこで私は日本語の「siri」にも話しかけてみようと思いました。
そのときはあえてちょっとダラダラと日本語を言ってみたところ、やはり・・・きちんと私の日本語を聞き取りました。

私はそこで感じたのですが、やはり母国語である言語に関しては、適当に話しているつもりでも無意識に身に付いた言語習慣で知らず知らずに正しい発音をしているのです。
でもそれが母国語でない場合、自然に出すと言うのはやはり難しいのかと思いました。

その時、こんな話を思い出しました。
タレントのLiLiCoさんはスウェーデン出身で、もちろん母国語はスウェーデン語です。
とても流暢な日本語を話しますが、彼女がテレビで面白い話をしていました。
友達と日本語で2,3時間位おしゃべりをすると、顔が引きつるそうです。しかしそれがスウェーデン語なら、どれだけ話をしていても全く疲れないと言っていたのです。

この話を聞いて外国語を使う事がいかに難しいことかと、改めて感じました。

最近思うことは、発音やイントネーションをどこまで学ばせるのが良いのかと疑問に感じます。
どんなに流暢に話したところで、母国語にはかないませんし、そこに集中しすぎれば勉強自体も嫌になる生徒もいます。

本当の語学を学ぶ目的はその言語を使えることだと思います。
発音に悩む生徒を見てそう感じる今日この頃です。

通信196 회화 강사의 조건

【週刊ハンガンネット通信】第 196号 (2016年8月1日発行)
회화 강사의 조건
미리내 한국어교실 김현근

지난 토요일 수업 때 있었던 일입니다. 샤이니 팬인 한 수강생이 질문이 있다고 했습니다. 질문인즉슨 샤이니 멤버인 태민이 최근 일본어가 많이 늘어서 일본 라디오 방송과 인터뷰할 때도 통역없이 바로 일본어로 이야기를 한다고 합니다.

문제는 유독 한가지 표현을 못 알아듣겠다는 겁니다. いし、いじ같은 말을 하는 것 같은데 維持、意思、意志 등 어떤 뜻으로 하는지 모르겠다고 했습니다. 직접 들려준 음성은 아래와 같은 문장이었습니다.

メンバーと一緒にいる時は『イシになって』大丈夫ですが、1人で活動するとさびしい…

바로 여기서 『イシになって』가 과연 무슨 뜻이냐는 겁니다. 그래서 녹음된 라디오 방송을 몇번이고 들어보니 『イシになって』란 ‘의지가 된다’ 즉 頼れる、頼りになる를 일본어로 말한 것이었습니다. 한국어의 의지意志를 일본어로 イシ라고 발음하니까 그걸 그대로 ‘기댄다’는 의미의 ‘의지’로 써버린 것입니다.

성인이 되어서 외국어를 배우게 되면 문법과 어휘를 배우고 모국어와 비교하면서 단어를 조합해서 문장을 만듭니다. 한국어와 일본어는 서로 어순이 같고 비슷한 발음의 단어가 많아 배우기 쉽습니다만, 가끔 전혀 다른 어휘를 쓰는 경우가 많아 주의해야 합니다.

태민의 경우 일본어를 고쳐주는 사람이 분명 있을 텐데, 방송을 체크하지 않거나 누군가 틀린 말을 고쳐주지 않으니 본인이 하는 말이 모두 맞다고 생각해서 ‘의지가 된다’는 뜻으로 『イシになって』를 계속 써 온 것이라고 생각합니다.

회화 수업을 하다 보면 대충 뜻은 통하니 어색하거나 틀린 표현을 써도 고쳐주지 않고 그냥 넘어가는 경우가 있습니다. 그러나 한국어 강사라면 수업 중 회화의 흐름이 끊기지 않는 선에서 고쳐주거나 수업을 마무리하는 시간에 어색한 표현을 모아서 정리해주는 작업이 매우 중요하다 할 수 있겠습니다.

말을 잘하게 하기 위해서라면 뜻만 통하면 되지 어느 정도 실수는 넘어가는 게 좋지 않느냐는 의견도 있습니다만, 한 번 두 번 반복해서 틀리는 표현을 고쳐주지 않는다면 정작 그 말을 하는 사람은 자신이 쓰는 표현이 맞다고 확신하고 계속 틀리게 말하게 됩니다. 회화 강사는 귀찮더라도 계속 고쳐주는 작업을 게을리해서는 안됩니다. 단, 수강생이 상처받지 않도록 신경쓰면서 말이죠.

9月4日東京ハンセミのお知らせ

テーマ
「一緒に考えよう!学習者の語彙力向上のために、いま教師ができること」

語彙情報はどのように提示をするのが効果的なのでしょうか。
それを理解してもらうまでは何とかなるけど、発話などアウトプットができるようになるにはどうすれば良いかについて皆さんの実践でのお話を伺いたいです。

さらに、生徒のつまづきに気づくにはどうしたらよいか、どうフォローするかなどといったことも含めて、明日から教室で活用できる実践方法を皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

プログラム
14:00〜14:30
いくつか語彙教育についての先行研究を紹介します。

14:30〜15:00
皆さんが実践の場で直面した問題点や課題を出し合い、議論の土台を共用します。

15:00〜16:00
グループで議論しながら実践的な方法を模索していきます。

16:00〜17:00
グループで模索した方法を発表します。

講師;丹羽 裕美 先生(ひろば語学院)

場所;東京外大 サテライト(先着25名様)

参加費;会員3,000円 非会員4,000円

当日受付でお支払い願います

通信195 「ハンガンネット・ソウル教師研修」催行決定!

【週刊ハンガンネット通信】第195号 (2016年7月26日発行)

「ハンガンネット・ソウル教師研修」催行決定!

阪堂千津子

ハンガンネット会員のみなさま

アンニョンハセヨ

いつの間にか7月も終わりが近づいてきました
早いものですね〜

暑さにもだんだんとなれてきたのか、いまや28度でもあまり息苦しく感じなくなりました。
人間の適応力のたくましさを感じます

さて熱い、といえば
先月末に熱く応募させていただいたソウル教師研修の件ですが、おかげさまで10名以上の申し込みをいただき、めでたく催行決定となりました。

会員の皆さまには陰に陽にご協力いただき、ありがとうございました

プログラムは、予定案に参加申請された先生方々の意見を反映させ、より参加型の内容にアレンジしてみました。

1. 연수 명: 2016 일본어권 한국어 교사 단기 연수
2. 연수 기간: 8월 12일 ~ 15일(4일간)
3. 연수 내용: 일본어권 한국어 교사를 위한 한국어 교수법 강의 및 워크숍
4. 담당 강사: 한양대 국제어학원 전임 교수
5. 교과목
1) 강의 및 토론식 수업
① 의사소통능력 신장을 위한 한국어 통합 수업 구성과 운영(4시간)
② 한국어 회화 수업에서의 어휘 교수 학습의 실제(4시간)
③ 한국어 회화 수업에서의 문법 교수 학습의 실제(4시간)
④ 한국어 교재 및 부교재 개발의 실제(4시간)
⑤ 한국어 교안 작성 및 개별 지도(4시간)
⑥ 한국어 작문 지도법(3시간)
2) 실습
① 한국어 수업 참관(2시간)
② 일본인 학습자 대상 모의 수업(4시간)

詳しくは添付ファイルをご覧ください

幸い、募集していた時よりも円高になりましたので、授業料も割安となりました。

つきましては、参加希望者の追加申し込も受付ます。
スケジュールのご都合がつくようでしたら、ぜひご参加ください。
ハンガンネット会員でなくても参加できます。

集まったメンバーは大学や市民講座の韓国語教師を始め学習者、会社員など様々です

楽しくてためになる研修となりそうです。
いまから楽しみにしております。

通信194 朝鮮語教育学会に初参加

【週刊ハンガンネット通信】第194号 (2016年7月20日発行)

「朝鮮語教育学会に初参加」

吉川寿子

会員の皆さま アンニョハセヨ?
大阪は梅雨も明けて、本格的な夏の始まりです。

さて、約1ヶ月前になりますが、京都女子大学で開催された朝鮮語教育学会の第70回例会と分科会に初めて参加してまいりました。

学会とは、基本的に大学で教えてらっしゃる先生方の行かれるところという認識でしたので、とても敷居が高かったのですが

阪堂千津子先生に誘っていただいたので、思い切って参加したところとても実り多かったので、簡単にレポートします。

午後からスタートする例会の前に午前中はテーマ毎に分科会が開催されるとのことでしたので
類似表現分科会に参加申請をさせて頂きました。

テーマは

“-길래” “-기에” と違いについて

で、いろんな例文を参考に、どのように違いを説明したらいいのか参加されている先生方で、意見を出し合います。

どちらも理由を表しますが、上級表現なので、なかなか説明が難しいです。

今回、私はこの分科会に初参加でしたが、世話人をして下さっている
金京子先生は、このテーマを3回も掘り下げて、たくさんの論文や様々な例文を元に、資料をご準備くださり、ありがたかったです。

後続節に未来形が来たらおかしい、という話から、未来形とはなんぞやという話にも展開し

-려고 하다  / -ㄹ 거다

の違いにも言及し、文法の意味的には未来かもしれないけどモダリティ(話者の心情)の面に着目する必要性の話

引用形のあとの後続節のパターン分析等、多岐にわたりました。

学生さんに教える際と、市民講座で社会人に教える際に飛んでくる質問の違いなどあれこれ議論は続きました。

上級表現なだけに、単文よりも複雑な構造を持つ文章のほうがしっくりくる表現のようで、奥が深いです。

今回参加できなかったのですが、他の分科会も、とても面白そうでした。

会長の長谷川由起子先生をはじめ、ハンコン、ハンセミでも何度もご一緒させていただいている先生方がいてくださったので緊張しましたが、とても心強かったですし

世話人の先生方をはじめ、皆さまとても気さくに声をかけてくださってとてもありがたかったです。

午前中の分科会だけでも、私にとっては充分すぎる濃密さではありましたが

午後の発表も今後の作文指導に参考になる、とてもありがたい内容でした。

作文の誤用分析と、日韓表現のズレについての、とても充実した内容の発表とその後のディスカッションの熱さに圧倒されました。

大学で教えていらっしゃる先生方のスピード感と迫力!

今回は約50名の先生方が参加されたそうで、大盛況でした。

こんな熱い討議の末に論文や参考書が出来上がるのですよね。すごく勉強になりました!

内容もとても実践的でわかりやすかったので、今後のレッスンにしっかりといかしていきたいです。

自分の中でまた新しい目標が生まれた1日でした。

通信193 交流授業

【週刊ハンガンネット通信】第193号 (2016年7月11日発行)

「交流授業」

金順玉

ハンガンネット会員の皆さま

アンニョンハセヨ?
コリ文語学堂の金順玉です。

先週、非常勤で教えている神奈川県の大学と
韓国の木浦第一女子高校とで交流授業を始めました。

こちらの学生たちはハングルの読み書きができ、
「最新チャレンジ韓国語」で5課まで学んでいます。

相手は女子高の日本語サークルの5名です。
日本へ関心は高いですが日本語の実力は
それほどでもありません。

こちらからは「우유송」のダンスを撮影した動画を
送りました。向うからはその感想と日本についての
質問が返ってきました。

5人で5つの質問です:

1.오사카에서는 칼을 찌르는 척하면 찔린 척을 하나요?
大阪では刀を打つと打たれたふりをするのですか?

2. 일본 귀신은 몇 종류가 있나요?
日本のお化けは何種類ありますか?

3. 일본 사람들은 대체로 다 소심한가요?
日本人は大体みんな気が小さいのでしょうか?

4. 일본의 급식은 어떤가요?
日本の給食はどんな感じですか?

5. 일본에도 사투리가 있나요?
日本にも方言がありますか?

ぶしつけな質問もありますが、韓国の若い世代が
何に興味をもっているかがわかって面白いです。

大学生たちがどのような答えを用意してくるか楽しみです。
選択必修科目として半年学ぶと韓国語と縁が
切れてしまう学生も多いですが、交流を通して
いくらかでも「韓国人と仲良くなりたい、なれる」という
気持ちになってもらえるとうれしいです。

오늘도 좋은 하루 보내시길 바랍니다!