通信173 わたしは学生です、かれは親切です

【週刊ハンガンネット通信】第173号 2015年11月30日

わたしは学生です、かれは親切です

伊藤耕一

 

私が韓国語の学習を始め、初級を終えてひととおりの文法を身に付け、韓国語での単文表現ができるようになった頃、戸惑ったことに、こんな表現の韓国語訳があります。

わたくしは学生です。
かれは親切です。

저는 학생입니다.
그는 친절입니다.

こんな訳文を書いていました。

日本語の「です」に引きずられて、両方とも “입니다” で書いてしまうのですが、結構ありがちな現象ではないでしょうか?

私自身がこの間違いを自覚するのに、数か月かかったような気がしますが、原因は次のようなものではないかと思いました。

「学生です。」は「名詞+指定詞+語尾」、「親切です。」は「形容動詞+語尾」であることに気付いていない。

ふだんの日本語会話では、「です。」という音を「指定詞+語尾」であるのか「形容動詞の活用+語尾」であるのか、考えずに話していることが原因だと考えました。

しかも「学生」も「親切」も漢字二文字なので、パッと見た目には「形容動詞」と認識できないのではないかとも思います。

これが英語ならば、学生はstudent 、親切はkind 、英語の形容詞は活用しないので、英語では起きにくく、韓国語では起きやすい間違いであろうと思います。

文型としても、日本語も韓国語も、英語に例えると S+V+C の形で、しかもCには名詞も形容詞も形容動詞も当てはまってしまうので、構文からアプローチしても間違いに気付きにくいように思います。

私が学習者であった頃を思い出すと、間違いを指摘されてからは、この文型で表現する時に名詞なのか、形容詞なのかを考えて作文していたように思います。

なので、書く時には間違えにくくなったものの、とっさにスピーキングの時には間違えて話してしまうことが多々あり、だいたい話した直後に間違いに気づくのですが、トライ&エラーをくり徐々に直していったように記憶しています。

韓国語を教えるようになった時、学習者の皆さん全員てが、かつての私と同様にこの間違いをするのを見て、日本語の発想による間違いであることを確信しましたが、どのように教えたらこの間違いを認識してもらえるのかは、良い説明の言葉をなかなか見つけられませんでした。

たどり着いたのは「わたし」と「学生」、「かれ」と「親切」を逆にしてみて、後ろの単語(学生と親切)が前の単語(わたしとかれ)を修飾できるかどうか確認してみるというステップです。

そうすると「親切なかれ」は形容動詞の活用で修飾できるのに対して、「学生であるわたし」は「である」という指定詞を補ってあげなければならなくなり、「親切」が形容動詞であることが明確になるので、韓国語訳は「친절합니다」と「합니다」を使わなくてはならないという説明をして、少しずつこの違いを覚えてもらうようにしました。

覚えてしまえば何のことはないのですが、日本語の発想から抜け出すまでは、とても大変だなと経験的に認識しました。

まるで「自分で気が付いて理解した」ように書いてしまいましたが、きっと先生方があの手この手で私に気付かせようと説明していたのだろうなと、私の先生方の苦労に思いを寄せることができるようになった一件でもあります。

通信172 韓国語学習ワンポイントアドバイス100号

【週刊ハンガンネット通信】第172号 (20151123日発行)

韓国語学習ワンポイントアドバイス100 

ミレ韓国語学院 

前田真彦

2015813日から始めた韓国語学習ワンポイントアドバイス動画が、今日1123日朝のアップで100号になりました。

100を期に視聴者のみなさんから感想をいただきました。それを紹介しつつ僕の思いを話した動画をアップしました。

https://youtu.be/TnAMq_WVsbc 

感想を読みながら、学習者のみなさんの思いに触れ、心が熱くなりました。感動しました。

学習者のみなさんが望んでいることにどう応えられるのか、これからも模索していこうと思います。

また、100号記念に無料メール講座「韓国語がしゃべれるようになるためには」7回(1回約5分)+1回おまけ

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UuDpwfmg

(ここから登録した人だけが見られます)を作りました。

学習者だった者として、ネイティブにはできない発信をしていこうと思います。

ノンネイティブだからこそできる説明やアドバイスがあります。

同じ学習者だったからこそ、学習者の心理状態や学習の躓きを理解できることがあります。

日本人学習者の弱点をわかりやすく説明し、強みを生かしながら、大人の学習の習慣化を促進し、支える、そんな韓国語学習者のパートナーとしての立つ位置を確立していこうと思っています。

ネイティブでもなく、大学の先生でもなく、日本人が教える一般民間韓国語教室として学習者のパートナーとしての発信を地道に続けていきます。

通信171 神田外語大学視察研修

【週刊ハンガンネット通信】第171号 (2015年11月18日発行)

「神田外語大学視察研修」

アイケーブリッジ外語学院  幡野 泉

当校が加盟している「全国外国語教育振興協会(全外協)」の視察研修で、千葉県の幕張にある神田外語大学を訪れました。

メールマガジンをお読みの先生方の中にも関係者の方やお詳しい方がいらっしゃると思いますが、その充実した学内施設に舌を巻きました。

・学生の語学学習をサポートする「SALC」という施設
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/facilities/bldg6/salc/

・余暇をその国ならではのスペースで楽しく過ごせる「MULC」
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/facilities/bldg7/mulc/

・食堂は三食すべて学校で食べようと思ってしまうのではないかという充実ぶり。そして「学食」なので安い!
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/facilities/cafe/

・図書館は目を奪われるほどの美しさ。蔵書も豊富。
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/facilities/bldg7/library/

・英語圏留学を前提とした寄宿 KAER(カエル)には英語の専任も在住。
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/facilities/dormitory/kaer.html

・就職も手厚くサポート。
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/job/

いやぁ、昨今の学生さんは恵まれていますね。(もちろん神田外語大学さんが特に充実しているのかもしれませんが)

そういえば以前、当校に受講生の方から、「韓国の通訳翻訳大学院入試関連の情報を、学校(当校のこと)から受講生に与えるべき
ではないか」というご意見を頂いたことがあります。

このご意見を伺ったときは「あれ?こういうのは自分で調べるものでは……?」とも思ったのですが、大学でああいった手厚いサービスを受けていたら、「学ぶ側は、将来について学校に面倒見てもらえるものだ」と認識しても不思議でないな、と思いました。

与えられてばかりで、大丈夫なのかしら?とふと思ったりもしましたが、よくよく考えると、何らかの仕事に従事したら、彼らは今度は与える側に回るわけで、「自分もこれだけのことをしてもらったから」と、良いサービスをするようになるのかもしれない、とも思いました。

それに、外国語を学ぶ学生たちだけあり、実際留学したりすれば、過酷な環境の中で、生き延びるために自分から情報を取りに行ったり、たくましく成長していくのでしょう。

キャンパスライフを楽しむ学生たちがまぶしいひとときでした!

通信169 私の韓国語講師奮闘記 6: 厄介な生徒

【週刊ハンガンネット通信】第169号 (2015年11月2日発行)

私の韓国語講師奮闘記 6: 厄介な生徒
宮本千恵美

私が大好きな冬に近づいてきております。
でも何だか急に寒くなったような、秋を感じることもなくすぐに冬到来といった印象です。

先月、 石川の片山津ゴルフ倶楽部、で国内女子メジャー・日本女子オープンゴルフが開催されました。

最近、韓国の選手たちがたくさん活躍しているようで、ボランティア通訳などをした際にも、ゴルフの話で持ちきりです。

厄介な生徒=私の父のことなのですが、父はゴルフ大好き、イボミ選手大好き、ちなみに韓国ドラマ大好きな人であります。

でも韓国語を勉強する気はさらさらなく、知っている韓国語と言えば “안녕하세요”, “엄마”, “폐하”, ”예“くらいでしょうか。

そして何かあるとすぐに「韓国語でなんて言うの?」とやたら聞いてくるので、非常に厄介です。

教えても、口が回らないとか、へぇ~とか、聞くだけ聞いておいて、興味があるのかないのか・・・?

そしてイボミ選手が来ると分かるや否や、「逆転優勝して下さいって韓国語でなんていえば良い?」と聞いてくる始末。

渋々教えると、やはり口が回らないと言います・・・なので、少し簡単に「우승하세요・優勝して下さい」はどうかと提案。

言えないとぶつくさ文句を言いながら、でもイボミ選手に一言でも韓国語を言いたいのか、練習していました。

でもどうしてもパッチムが言えていないのです。でも父は韓国語を勉強していないのでパッチムがなんなのかも分からないし、自分の発音の何が悪いのかも分かりません。

私が耳を澄まして聞いていると、미음, 니은パッチムに聞こえてきます。이응パッチムって思う以上に難しい発音の1つだと思います。

そして尚且つこの3つのパッチムは鼻音だと言うのですが、実は当の私も鼻音と言われてもぴんと来ない一人でありました。

日本語教師の勉強を少しかじったことがあるのですが、「ん」の発音が日本語には10個あり、その中に韓国語のこの3つのパッチムと同じような発音が存在することが分かりました。

韓国人や外国人々が日本語を勉強するときにこの「ん」の発音に苦労するらしいです。

そう考えると韓国語の「ん」と思われる発音は3つで、日本語の単語を使えばもっと分かりやすく教えることが出来ることも分かりました。

そして鼻音―これも面白いことが書かれていました。鼻から出ている音です、漏れている音です、と言われてもぴんときません。

미음パッチムは口を閉じているので、鼻から音が出ていると言えば何となくニュアンスが伝わりはしますが・・・

それでも何だかしっくり来ない。教えている側がしっくり来ないなら、生徒もしっくりしてないはず。
ならば、鼻歌を歌ってみてください。口が閉じていても音が出ているでしょう?
もしそれでもしっくり来ないときは、鼻歌を歌いながら鼻をつまんでみてください。音が出なくなります。つまり鼻をつまんでないときに出ていた音が鼻音です。

私自身が目から鱗でした。

自分が実感・体感して始めて納得でき、自信を持って教えることが出来るのだとしみじみ感じました。

さて問題の父ですが、私が先生のような雰囲気をかもし出し、

「お父さん、우승の最後の音は鼻音だから、最後に鼻をつまんでみて」と母音なども少し簡単に説明を加え発音させ、鼻をつまんでと言ったところ、

「우스~~~~~」
・・・音、出たまま!!

その父の姿を見て思ったのですが、やはり予備知識などは語学を学習する上で必要です。
違う国の言語を言おうと思っても、知識や基本なしでは急には言えないと思うのです。

この鼻音の体感を高校で行ってみました。
すごく単純なことなのかもしれませんが、生徒たちが鼻をつまんで音が出なくなったことを声を上げて驚いてる姿を見て、やはり実感・体感は大切だと感じました。

教えている生徒達からも擬似生徒(父)からも教わりながら、また私も楽しく実感しながら、楽しく分かりやすい教授法を日々模索しております^^

通信167 수업 중에 한 번도 생각해보지 않은 질문을 받았을 때

【週刊ハンガンネット通信】第167号 (2015年10月19日発行)

수업 중에 한 번도 생각해보지 않은 질문을 받았을 때
김현근 미리내 한국어교실

오늘은 수업 중에 한 번도 생각해보지 않은 질문을 받았을 때 어떻게 하면 알기 쉽기 그것을 설명할 수 있는지에 대해 이야기해보도록 하겠습니다.

예를 들면 수업 중에 이런 질문을 받았다고 칩시다.

“좀, 조금, 쪼금, 약간’의 차이가 무엇입니까”
(실제 페이스북에서 받은 질문입니다)

아무리 네이티브라 하더라도 비슷한 말의 차이를 평소에 습관적으로 쓸 뿐 그 차이에 대해서 곰곰히 생각해 본 적이 없다면 당황할 수 밖에 없습니다.

물론 여러해 동안 가르치면서 이런 질문을 몇번이고 받았다면 이미 머릿속에 정리가 되어 있으니 자연스럽게 답할 수 있겠지만요.

저의 경우는 돌발적인 질문을 받았을 때 우선 화이트보드에 해당 단어를 쓰고 그에 관련된 예문을 만들어봅니다. 예문을 만들어서 써 보는 이유는 예문을 만드는 동안 생각을 정리할 수 있기 때문이고 그 차이점이 떠오르기도 하기 때문이죠.

위 질문에 대해서 먼저 예문을 만들어보면,

[1] 좀
① 물 좀 주세요
②  그 일은 내가 좀 해 본 적이 있어
③ 그만 좀 해라
④ 운전 좀 하는데?

[2] 조금 : 소금은 조금 넣으세요

[3] 쪼금 : 물은 쪼금 넣어라고 했잖아요?

[4] 약간 : 그 이야기를 약간 듣긴 했는데 자세히는 모릅니다.

일단 이렇게 예문을 만들어놓고 나면 설명하기 쉬워집니다. 먼저 4가지 단어의 특징을 공통점과 차이점으로 나눠서 설명합니다.

‘좀’,’쪼금’은 구어에 해당하고 ‘조금”약간’은 구어와 문어 둘 다 쓸 수 있습니다.

그리고 덧붙여서 ‘좀’에는 다른 말과 달리 몇가지 뜻이 더 있으며 ‘약간’은 ‘조금’보다 공식적인 표현으로 쓸 수가 있습니다. 약간은 若干이라는 한자어에 그대로 대응한다는 특징도 있겠지요.

그리고 나서, 마지막으로 ‘좀’이라는 말이 한국어에서 가장 많이 회화에서 쓰이므로 특별하게 정리를 해줍니다.

이때는 일본어로 그 뉘앙스를 번역해 줍니다.

① 물 좀 주세요: すみません、お水ください
②  그 일은 내가 좀 해 본 적이 있어: その仕事は私がちょっとやったことがある。
③ 그만 좀 해라 : もういい加減にしろ
④ 운전 좀 하는데? : 運転、なかなかやるじゃないか

이렇게 문장에 따라서 좀은 ①すみません②ちょっと③もう④なかなか라는 뉘앙스를 띄게 되며 예문을 통해서 답변을 하면 한층 수강생이 이해하기 쉬워집니다.

강사라고 해서 모든 질문에 답할 수는 없지만, 일단 질문을 받은 것에는 나름 정리해서 답할 의무가 있습니다.

그럴 때 저는 두 가지를 늘 생각합니다. 첫번재는 그에 걸맞는 예문 두번째는 공통점과 차이점으로 묶어 보는 것입니다.

혹시 여러분들은 예기치 않은 질문을 받았을 때 어떤 식으로 대응하시나요? 공유할 수 있은 내용이 있다면 알려주시길 바랍니다.

通信166 クラスの10周年記念会

【週刊ハンガンネット通信】第166号 (2015年10月12日発行)

クラスの10周年記念会

金順玉  コリ文語学堂代表

지난 토요일은 코리분에서 제가 담당하고 있는 한 반의 10주년 기념 모임을 가졌습니다. 10년 이면 강산도 변한다고 하는데 12명으로 시작했던 반인데 아직도 8명이 계속해서 다니고 있답니다.

한국 여행이 좋아서, 사람이 좋아서, 가수가 좋아서, 뮤지컬이 좋아서, 영화가 좋아서 등, 서로 다른 취미를 가지고 있지만 일 주일에 한 번 만나 같이 공부하고 때로는 같이 식사도 하고 여행도 가고, 과제 발표를 위해 같이 준비도 하면서 일 년에 40일, 10년이면 400일(=600시간)을 변함없이 찾아주신 고마우신 분들입니다.

취미로 시작한 일을 그것이 무엇이든 10년을 계속할 수 있다는 것은 그리 쉬운 일은 아닐 것입니다. 모두 입을 모아 하는 말이 “만약 선생님이 숙제 안 해왔다고 화를 내거나 못 한다고 질책했다면 도중에 포기하고 말았을 거예요.

이렇게 10년간 한국어 공부를 계속할 수 있었던 것은 늘 격려해 주시며 참고 지도해 주신 선생님 덕분입니다.” “또다른 10년을 지향해 나갈 겁니다”라는 말을 들었을 때 저는 어떻게 대답해야 좋을 지를 몰랐습니다. 앞으로 10년이면 나는 몇살이 되어 있을까? 아직도 살아 있을까?

목표는 길게 잡지 말고 우선 1년 후에 달성할 목표를 세우자고 제안한 것은 저 였습니다. 이제까지 시험을 의식하고 수업을 한 적은 없는 클래스이지만 모티베이션을 유지하려면 이제는 눈에 보이는 자격증이 필요할 거라고 생각했기 때문이었습니다. 의외로 대다수가 시험을 보기로 결심들이 선 것 같습니다.

이렇게 10년을 하루 같이 한국어 공부가 좋아서 계속하고 계신 분들은 아마 전국에 많이 산재해 계실 거라고 생각됩니다. 그분들이 식상하지 않고 즐거운 마음으로 한국어의 학습을 계속할 수 있는 학습 방법이 있으면 알려 주시면 감사하겠습니다.

通信165 9/26ハンセミ福山の報告

【週刊ハンガンネット通信】第165号 (2015年10月5日発行)

9/26ハンセミ福山の報告

吉川寿子  よしかわ語学院(大阪)

10月もスタートし、秋も深まってまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

発行が遅くなってしまいましたが、福山で初めて開催されましたハンセミについてご報告申し上げます。

「初級者の効果的なアウトプットを考える」をテーマに掲げて講師4名で実施いたしました。

参加者は現役講師3名、学習者14名の構成でした。内容がアウトプットであることから、参加者の学習レベルを考慮して、こちらで事前にグループ分けをして、グループごとに着席してもらいました。

……………………..

最初は、阪堂千津子先生のワークショップです。テーマは「リスニング」です。

学習者が参加しやすい活動を取り込むことで、アウトプットを促して、学習内容の定着化を図ります。

3種類のワークを通して、グループや全体で韓国語でコミュニケーションを取りながら進めました。

  1. グループ内での自己紹介ワーク(ホワイトボードで必要文型の提示)
  2. 全体での、じゃんけんをして勝ったら質問ワーク(質問内容の記載されたシートを使用)
  3. 三分割されたストーリーを、グループごとに担当者が聴き取って、グループ内で再構成するワーク

アウトプットを効果的に引き出すためには、講師や参加者どうしに信頼関係がないと時間内に思うような活動ができません。

セミナーの最初に楽しいワークを紹介してもらうことで、初対面の緊張感も薄れて、その後に続くいい流れができました。

阪堂先生のワークでは、グループ内での協働効果、スピーキングとリスニングを自然にリンクさせることを狙いとされていたようです。

最後にリスニングのコツとして、トップダウンやボトムアップのテクニックについての紹介がありました。

短時間だけでも集中して聴くことや、周辺情報からの推測や想像、情報の取捨選択の大切さについてのお話がありました。

楽しいだけでなく、リスニング指導について深く考えさせられる内容の授業でした。

………………………..

2番目は、鄭寿香先生の「発音指導」の授業です。

鄭先生はリビングカルチャー福山で講師をされていて、サイバー韓国外国語大学で韓国語指導について熱心に勉強を続けられています。

鄭先生は日本語と韓国語の発音の比較をしながら、指導方法を探ります。

「韓国語の音は、日本語と発音が違いすぎるのか?」
「意識していないだけで共通音があるのではないか?」

このような着目点から、短母音とパッチムとして使用される子音について成り立ちも含めて説明して行きます。

その後は、お向かいの席の方と、ペアワークでお互いの発音を確認しながら練習をしていきます。

参加者の皆さんがとても大きな声で、しっかりと発音練習に取り組まれていたのが印象的でした。

楽しく盛り上げながら、舌の動きやイントネーションにも言及されました。

文章を母音だけで読む練習、日本語の中に隠れたパッチムの音を意識しながらの練習が興味深く、私も今後取り入れていこうと感じました。

…………………………………..

鄭先生の発音指導の後に、スカイプの中継で、横浜より金順玉先生にもご登場いただきました。

中継で映し出された、エレガントな金順玉先生に、会場はとても盛り上がりました!

己パッチムの発音のコツについて鄭先生が質問すると、丁寧にわかりやすくご指導いただきました。

もちろん、アドバイスだけでなく、実際に己パッチムの入った単語を会場の参加者全員で発音練習もしました。

生中継でしたので、通信が途中で切れたりすることも何度かありましたが、横浜と福山を結んでの発音練習は貴重な機会でした。

せっかくの機会ですので、現在放送中の教育テレビの撮影裏話なども聞かせてもらいました。会場アンケートによりますと、このスカイプ中継は参加された皆さんの印象に残る時間となったようです。

………………………………………………

そして、最後に私の「初級者向け作文講座」でした。

アウトプットの中でも一番ハードルが高い分野になります。私自身は学生時代から文章を書くことが好きで、教室で3年ほど前からTOPIK 作文の対策もしております。

試験の改訂で指導方法も難しくなり、試行錯誤が続きますが、作文は学習者の伸びが見えやすく、やりがいのある分野でもあります。

今回のハンセミでテーマを作文に決めてから、多くの先生方にご意見をいただきました。

それで、今回は作文を広く、文字コミュニケーションであるという視点から「何を」「どのように」書けば伝わりやすいのか、という話を主軸にお話しました。

内容は、初級者も書きやすいテーマ(好きな芸能人や旅行についてなど)で、150-300字で実際に時間内に書いてもらうという内容です(改編前のTOPIK初中級の問題です)。

まずは日本語で「何を」書くか整理して、構成や接続詞など、論理的な矛盾がないように留意しました。

TOPIKⅡの意見文を書く前の段階です。楽しみながらこの段階を経ていくことの重要性を強く感じます。

作文は抵抗感をお持ちの方が多いだろうと覚悟していましたが、時間内に楽しそうに取り組んでくださる方も多くて、よかったです。

時間内に書き終える方もいらっしゃいましたので、その場で添削させてもらいました。

また、うちの教室では添削した作文を音読して録音したり、自分の間違いを自分で説明できるようにという活動もしているので紹介させてもらいました。

参加された先生方より、その活動に対する質問も頂きましたので、今後も研究していきたいです。

盛りだくさんの講義のあとは、懇親会で韓国語学習や指導について、お茶を飲みながら、参加者どうしで話し合う時間を持ちました。

………………………………

今回のハンセミは会員の先生のご意見をもとに開催されました。「ハンガンネットのイベントはいつも東京や大阪ばかり。通信が届くばかりで、地方在住の会員は離れていく方が増えている」

初めての地域での開催ということで、たくさんの課題が残りましたが、地元の鄭先生のご尽力で開催できました。ありがとうございます。

参加してくださった方々からは「楽しかった。また来たい」とのお声を多数いただきました。特に遠方(三重県、鳥取県、大阪府)よりご参加いただき、たくさんご意見をくださった先生方に感謝しております。

これからもハンガンネットへの要望やご意見を具体的な改善案とともにお寄せいただければ幸いです。